埼玉県の定番&穴場温泉【10選】~“卒業旅行”におすすめの温泉情報~

Views:71
温泉

都心からもアクセスがしやすく、日帰りや週末を利用した“プチ旅”に最適な埼玉県。今回は、埼玉県内でも温泉が数多くある「秩父地方」をメインに、日帰りOKな定番(人気)&穴場の温泉とその周辺の人気観光地も併せてご紹介します!日程や予算的に日帰りでしか卒業旅行に行けない人におすすめの情報満載でお届けします♪

「埼玉の温泉を探している」
「日帰り温泉に行きたい」という人におすすめ!

埼玉の温泉街といえば秩父市を中心とした「秩父地方」

秩父の景色

埼玉県内には魅力的な温泉がたくさんあります。なかでも埼玉県西部に位置する自然豊かな「秩父地方」には、人気の温泉宿が多いです◎

 

秩父ってどんなところ?

秩父地方は、都心から西武鉄道特急電車を利用して約80分とアクセスも抜群で、観光地としても大人気!ハイキングや川下り、キャンプ等のアウトドアを楽しむ人や、全国的にも有名な「秩父夜祭」や「龍勢祭」、「川瀬祭」など、この地域ならではのお祭りを目当てに観光に訪れる人が毎年たくさんいます。

photo bykoroney『秩父夜祭』


他にも関東一のパワースポットと言われ毎月多くの人が訪れる「三峯神社」や34か所の観音霊場を巡る「秩父札所巡り」も大人気。

photo byPhotocon Japan『三峯神社』


「秩父礼所巡り」は一巡約100kmといわれ、静寂な山々と美しく雄大な自然の風光を背景に行う巡拝は秩父でしか体験することができないとも言われているのです。

 

「秩父観光なび」

秩父地方にはとにかく温泉がたくさん!

そんな観光地としても魅力に溢れる秩父地方には、様々な温泉・鉱泉があり、はじめて秩父地方に行く人は、どこに行けばいいのか迷ってしまうという人も多いはず。数多くある日帰り可能な人気温泉の中でも、おすすめの温泉を厳選して7カ所をご紹介します◎

 

秩父日帰り温泉と言えば「秩父温泉 満願の湯」

photo byOdyssey『満願の湯』


「秩父温泉 満願の湯」は、泉質が非常にまろやかな源泉かけ流しで、飲むことができる温泉としても知られています。露天風呂から見ることができる美しい「満願滝」の滝の音は、まるで天然のBGMのようで心が落ち着くと口コミでも評判!おすすめです◎

 

とても人気の日帰り専用施設なので、時期によってはかなり混雑しています。ゆっくり過ごしたい方は、何軒か日帰り温泉をピックアップしておくことをおすすめします◎

 

 周辺観光①『水潜寺、秩父華厳の滝』

photo byOdyssey『水潜寺』


施設から車で約5分の「秩父札所34番・水潜寺」。さらに600mほど奥に行くと「秩父華厳の滝」と呼ばれている美しい滝があります!◎

 

 周辺観光地②長瀞

photo byyamauchi『長瀞畳石』


長瀞を流れる「荒川」では、川下りも楽しむことができます♪

ライン下りの詳細

 

施設&日帰り温泉の詳細

名称:「秩父温泉満願の湯」
住所:埼玉県秩父郡皆野町下日野沢4000
電話:0494-62-3026
営業時間:10002100
日帰り利用料金:
【平日】 1日:800円/1700以降:600
【土日祝祭日】 3時間:900円/11,000

埼玉県秩父郡皆野町下日野沢4000

 

公式サイト

 

地元住民からも愛される「秩父湯元 武甲温泉」

温泉の湯

「秩父湯元 武甲温泉」とは?

横瀬川沿いに建ち、秩父住民からも愛される日帰り専用温泉施設で入浴できる温泉です。秩父の温泉には珍しく駅徒歩圏内という立地の良さなので、車がない人でも気軽に立ち寄ることができます。キャンプ場も併設されているので、こちらのキャンプ場を利用した際は是非利用してみてください◎

 

周辺観光スポット①『いちご狩り』

photo byKazuhiro Tsugita『いちご狩り』


周辺には観光農園も多く、1~5月期間中はいちご狩りが大人気。他にも、7~8月にはプラム狩り、8月中旬~10月上旬にはぶどう狩りなどが楽しめます◎

 

 周辺観光スポット②羊山公園

photo byajari『羊山公園』


羊山公園で4月中旬から5月上旬に咲き誇る芝桜は必見です◎!

 

施設&日帰り温泉の詳細

名称:「秩父湯元武甲温泉」
住所:埼玉県秩父郡横瀬町横瀬4628?3
電話:0494-25-5151
アクセス:西武秩父横瀬駅から徒歩約10分/車:関越自動車道花園ICより約26km
営業時間:10002200
日帰り利用料金:【平日】 700円 【土日祝祭日】 800円 

公式サイト

 美肌の湯としても人気の「大滝温泉」

photo byRyan McBride(※実際の温泉と異なります)


「大滝温泉」とは?

大滝温泉は、道の駅にある「大滝温泉 遊湯館」で入浴することができます。美肌の湯としても知られており、女性には特におすすめです!浴室は1階にある桧風呂と地階にある岩風呂の2つですが、眺めがよく大きくゆったりとした造りなので、のんびりとしたひと時を過ごすことができますよ。

 

 周辺観光スポット①三十槌の氷柱

徒歩約11分の所にあるのが奥秩父の冬の名勝「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」。1月中旬~2月中旬まで見られる自然が創りだす天然の氷柱が、夜にはライトアップされるため、幻想的な氷柱を見ることができます!

 

宿&日帰り温泉の詳細

名称:「大滝温泉遊湯館」
住所:埼玉県秩父市大滝4277-2
電話:0494-55-0126
営業時間:(4/111/3010:0020:00/(12/13/3110:0019:00
日帰り利用料金: 700

埼玉県秩父市大滝4277-2

公式サイト

古い歴史を感じる「和銅鉱泉(薬師の湯)」

桶

「和銅鉱泉」とは?

「秩父七湯」のなかでも、最も古い歴史を持つと言われるのがこちらの「和銅鉱泉」、別名「薬師の湯」です。古くから近くに住む人々が目薬や切り傷の薬として使用していたそうです◎人気の温泉宿「ゆの宿 和どう」で、昔と変わることのない“薬湯の効能”をじっくりと体感することができます。

 

日帰り利用も可能ですが、利用可能時間が限られていたり、混雑時は利用できなかったりするので、事前に混雑状況を確認するか、時間がある場合は、宿泊するのもおすすめです

 

 周辺観光スポット①聖神社と和銅遺跡

photo byNori Norisa『聖神社』


「和銅遺跡」は、日本最古の通貨として知られる「和銅開珎」の材料となった和銅が発見された地に建っています。聖神社から徒歩10分ほどのところにありますよ◎「露天掘跡」や「製錬所跡」も見ることができます。

 

 周辺観光スポット②秩父夜祭

photo byblueskyfantasie『秩父夜祭』


車で約20分のところにある「秩父まつり会館」では、毎年123日に「秩父夜祭」が行われます。笠鉾・屋台コーナーや映写室、資料展示・実演コーナーなどがあるため、まるでお祭り当日のような「秩父夜祭」の雰囲気を味わう事ができますよ!

 

宿&日帰り温泉の詳細

名称:「ゆの宿和どう」
住所:埼玉県秩父市黒谷813
電話:0494-23-3611
アクセス:秩父鉄道「和銅黒谷駅」より徒歩約15分/花園ICから車で約40分など
営業時間:11:0014:00(日帰り利用可能時間)
日帰り利用料金:1,000

埼玉県秩父市黒谷813

公式サイト

 

 すべすべのお肌になる「新木鉱泉(御代の湯)」

「御代の湯」とは?

創業はなんと文政10年、第11代将軍徳川家斉の時代に発見されたのが「御代の湯(みよのゆ)」。当時、近くに住む人々に入浴させたところ“万病に効く”という評判が伝わり、現在まで多くの人々に親しまれて「秩父七湯」の一つにもなっています。「新木鉱泉旅館」で入浴することができます◎

 

湯泉はまるで卵の白身のような、とても滑らかな肌触りがすることから「卵水(たまごみず)」とも呼ぶ人もおり、健康効果に加えて何よりもすべすべのお肌になると美肌効果が高いことで知られているため、女性に大人気の温泉です!

 

 周辺観光スポット①羊山公園

photo byajari『羊山公園』


秩父市街地を一望できる「羊山公園」にある「芝桜の丘」は色彩豊かなデザインに植栽されて、その数はなんと約40万株と見る人を圧巻させます!

 

 周辺観光スポット②ウォーターパーク・シラヤマ

車で約10分のところにある人気の川遊びスポット「ウォーターパーク・シラヤマ」では、川遊びからBBQまで楽しむことが出来ます◎!

 

宿&日帰り温泉の詳細

名称:「新木鉱泉旅館」
住所:埼玉県秩父市大字山田1538-1
電話:0494-23-2641
アクセス:西武秩父駅から車で10無料送迎あり/車関越道花園ICから24km
営業時間:12:0021:00
日帰り利用料金:平日(2h)800円/土日祝日(2h)900

東京都町田市鶴間1685−2

公式サイト

 

 目の前は絶景「白久の湯(大竜寺源泉)」

温泉

「白久の湯」とは?

100年以上の歴史を持つ奥秩父にある「白久の湯」。現在では、自然豊かな山々に囲まれた閑静な温泉宿「谷津川館」で入浴することができます。「谷津川館」には、大浴場や露天風呂があり、周囲の大自然が作り出す絶景を眺めながら入浴できるため、日ごろの疲れを癒したい人に最適◎日帰り入浴は、不定休のため事前確認は必須です!

 

 周辺観光スポット①花ハス園

photo byTANAKA Juuyoh (田中十洋)


車がある場合は、ホタル観賞で有名な「花ハス園」まで行くことができます◎さらに、美しく広がる芝桜で知られる「美の山公園」などもあります。山の中にあるため、車がないとなかなか周辺観光は難しいですが、山の中ならではの自然の美しさを体感できる観光スポットがたくさんありますよ♪

 

宿&日帰り温泉の詳細

名称:「谷津川館」
住所:埼玉県秩父市荒川白久455
電話:0494-54-1400
アクセス:秩父鉄道白久駅から徒歩15分(送迎マイクロバス有)/車関越道花園ICから37km
営業時間:11301430
日帰り利用料金:1000円(昼食付プラン)

埼玉県秩父市荒川白久455

公式サイト

 

 400年間親しまれてきた「柴原温泉(柴原の湯)」

温泉に入る女性

「柴原温泉」とは?

「柴原温泉」は「秩父七湯」の一つで、江戸時代初頭から約400年もの間、神経痛や胃腸病などの湯治として利用されてきたと言われています。カヤの木を使用した露天風呂が人気の温泉宿「かやの家」の日帰り入浴や、昼食休憩ができる人気の「奥秩父荒川 手打ちそばの宿 柳屋旅館」の2軒で入浴することができます◎

 

「かやの屋」は宿泊者のみ利用できるため、日帰り派の人は、「柳屋旅館」を利用することになります今回は「柳屋旅館」の詳細をご紹介します!

 

「柳屋旅館」とは?

「柳屋旅館」で入浴できる柴原温泉は、神経痛やリウマチ、胃腸病などに効能があると言われています。浴室はこだわりの木造造りで香りのいい檜風呂を使用しています。

 周辺観光スポット①

photo bypuffyjet『三峯神社』


関東最大のパワースポットとメディアで紹介され、注目の「三峯(みつみね)神社」があります。標高が高く行くのは少し大変ですが、毎月1日にしか販売されない「白い氣守」を目当てにこの日は非常に混雑しています。

 

宿&日帰り温泉の詳細

名称:「奥秩父荒川 手打ちそばの宿 柳屋旅館」
住所:埼玉県秩父市荒川贄川2048
電話:0494-54-0250
アクセス:秩父鉄道「武州日野駅」下車
日帰り営業時間:11301430
日帰り料金:700

公式サイト

宿泊も検討中の方は以下のサイトも参考にしてください

「かやの家」公式サイト

 

本当は言いたくない埼玉県にある穴場温泉【3カ所】

 歴史が深い!穴場といえど名湯「名栗温泉」

温泉の湯

「名栗温泉」は、鎌倉時代、湯で怪我の治療をしている鹿を発見した猟師によって発見されたという歴史を持つ温泉です。「名栗温泉」を堪能できる宿は、大正時代に創業された「名栗温泉 大松閣」のみ。大松閣には、周囲の豊かな緑を見渡すことができる展望大浴場や露天風呂、源泉の冷鉱泉が注がれる檜風呂などが設けられています。

 

 周辺観光スポット:名栗湖

photo byhiroaki maeda『名栗湖』


大松閣の近くの人気観光スポットと言えば、「名栗湖」。ダム湖である名栗湖は、周囲を一周する道路も整備され、カヌーや釣りを楽しむことができます。10月下旬~11月上旬に訪れる場合は、紅葉も楽しむことができ、特に名栗湖上流の「有間渓谷」沿い美しい紅葉を堪能できる散策スポットとして埼玉県内でも人気の観光スポットとなっています!

 

宿&日帰り温泉の詳細

名称:「名栗温泉 大松閣」
住所:埼玉県飯能市大字下名栗917
電話:042-979-0505
アクセス:武池袋線飯能駅下車国際興業バス40名栗川橋下車徒歩5無料送迎バスあり
営業時間:プランにより異なる
日帰り利用料金:日帰り昼食プラン8,640円(税込)~

公式サイト

 

 桜や紅葉の季節におすすめ「嵐山渓谷温泉」

photo byNori Norisa『嵐山渓谷』


都心から電車で約1時間半の好立地にあるのが、温泉施設「嵐山渓谷温泉(らんざんけいこくおんせん)健康センター 平成楼」。日帰りでサクッと足を運ぶのはもちろん、BBQやハイキングスポットとして人気の「嵐山渓谷」が近いので、おもいっきり遊んだ後の疲れをリフレッシュするのにもおすすめです◎

 

 周辺観光スポット:嵐山渓谷

photo byИнариский『嵐山渓谷』


周辺観光地と言えばやはり「嵐山渓谷」。埼玉県を代表する景勝地で、四季折々の豊かな自然たちが様々な表情を見せてくれます!

 

施設&日帰り温泉の詳細

名称:「嵐山渓谷温泉 健康センター 平成楼」
住所:埼玉県比企郡嵐山町千手堂395
電話:0493-62-1188
アクセス:東武東上線「武蔵嵐山駅」より送迎バスあり/東松山IC~約10
営業時間:5:008:0010:0024:00/金・土・祝前日のみ10:00~翌朝8:00
日帰り利用料金:980円(プランにより異なる)

公式サイト

 

1日温泉に入りまくるのもおすすめ「杉戸天然温泉」

温泉の桶

「杉戸天然温泉」を楽しむことができる施設「杉戸天然温泉 雅楽の湯(うたのゆ)。こちらでは、源泉を流し込んだ「生源泉内湯」や「つぼ風呂・石風呂」をはじめ、「高濃度炭酸温泉」、超微細気泡の乳白色のお湯の「シルク風呂」、屋敷林の下で寝転びながら浸かることのできる「寝湯・寝ころび湯」、中庭を眺めながら入れる「足湯」など、様々な種類のお風呂を楽しむことができる穴場温泉の一つです。

 

 周辺観光情報:東武動物公園

photo byTomoaki Kato『東武動物公園』


周辺には人気の「東武動物公園」や埼玉県内唯一の自噴温泉「百観音温泉」などがありますよ♪動物園での遊び疲れを癒すのもよし、温泉のはしごしてみるのもよしの周辺環境です。

 

宿&日帰り温泉の詳細

名称:杉戸天然温泉 雅楽の湯(うたのゆ)
住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸2517
電話:0480-53-4126
アクセス:東武伊勢崎線「東武動物公園駅(東口)」より送迎バスあり/幸手ICから約7
営業時間: 10:0024:00
日帰り利用料金:平日1050円/土日祝日1150円(利用時間により異なる)

公式サイト

 

埼玉県は温泉の宝庫日帰り卒業旅行におすすめ

今回は、人気(定番)の温泉と穴場温泉、合計10カ所ご紹介しました。アクセスもよく日帰りも可能なので、卒業間際に色々と予定が詰まっている学生さんも“日帰り卒業旅行”として埼玉県の温泉へ出かけてみてはいかがでしょうか?思い出に残る素敵なひと時を過ごしてください♪

 

続いておすすめの記事はこちら!

卒業旅行にもぴったり!学生の間に巡りたい関東の人気温泉15選

卒業旅行におすすめ温泉5つをご紹介!大学生や社会人になる前に温泉でリフレッシュ

卒業旅行は温泉へ!気軽に行ける関東からの日帰り温泉をご紹介◎

卒業旅行に“国内有名温泉巡り”はいかが?おすすめ温泉ランキングBEST10【最新版】

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。