卒業旅行で使える英会話!覚えておけば間違いないフレーズ

学生時代の一区切りとして、卒業旅行に海外旅行を考えている方も多いでしょう。そんな時に心配なのが言葉の壁ですよね。国によって言語は変わりますが、英語が通じる国は多く、一般的によく使う会話を覚えておけば安心です。「英語を勉強しておけば良かった」と後悔しないように、メジャーな会話や覚えておくべきフレーズを確認していきましょう!

「旅行先で使える英語フレーズを知りたい人」
「卒業旅行に備えて英会話を学びたい人」におすすめ!

ホテルに着いたらチェックイン!

チェックインカウンター

日本では和製英語が飛び交っているので、英語圏でも単語なら使える!と思っている方は多い事でしょう。

しかし、実際は使えないことが多く、困惑してしまうことも。

ホテルで必要になる代表的な和製英語を見てみましょう。

 

  • コンシェルジュ

     Concierge/コンシアージ

  • コンセント

     Outlet/アウトレット

  • モーニングコール

     wake-up call/ウェイクアップコール

  • バイキング

     Buffet/ブッフェ

  • トイレ

     Bathroom/バスルーム(トイレとお風呂が一つの部屋にあるのが一般的)

チェックインの会話の例を見てみよう

ホテルに着いたら「reception」または「Front desk」でチェックインをします。

 

客  「I would like to cheack in.」チェックインしたいです。

ホテル「Do you have a reservation?」予約はしていますか?

客  「Yes I do」はい、しています。

ホテル「May I have your name,please.」お名前を伺えますか?

客  「I am〇〇〇」

ホテル「Thank you very much、would you please fill in the registration form.」

ありがとうございます。こちらのレジストレーションフォームにご記入ください。

※レジストレーションフォーム=宿泊台帳

客  「All right.」はい、分かりました。

ホテル「May I see your passport?」パスポートを見せてください。

客  「Sure, Here you are.」分かりました。どうぞ。

ホテル「Here is your passport」パスポートをお返しします。

   「Your room number 1212, here is your room key」

お部屋は1212号室、こちらがルームキーです。

客  「Thank you」ありがとう。

 

ホテルで要望を伝えよう!

会話する客

これは覚えておきたい!基本英会話

  • 予約しています。

     I have a reservation.

  • タクシーを呼んでください。

     Please call a taxi for me.

  • (外出しますので)キーを預かってください。ありがとう。

     (I will go out now.) Please keep my key, thanks.

  • 預けているキーをもらえますか?部屋番号は◯◯です。

     Can I have my key? My room number is ◯◯.

  • チェックアウトをお願いします。

     I’d like to check out.

 

さあ困った!トラブル発生!

ホテルの部屋

 

  • 別の部屋に移ることはできますか?

     Could I move to a different room?

  • 禁煙の部屋を探していただけますか?

     Could you find me a non-smoking room?

  • ◯◯泊延泊できますか?

     Can I extend my stay for ◯◯ more night?

  • シャワーの調子が悪いんですけど見てもらえますか?

     The shower does not work(well).Please fix it

  • トイレが詰まって流れません

     The toilet is not flushing

  • オートロックで部屋に入れません、新しいルームキーを下さい

     I am locked out(I locked myself out),May I have a new room key?

タクシーやバスなどの交通機関では

タクシーをとめる男性

移動に使う交通機関にはbus(バス)・taxi(タクシー)・train(電車)・metro(地下鉄)などがあります。

団体ツアーで旅行をする際には大型バスを借り切って移動することが多く、あまり使う機会が無いように思われますが、自由時間などには積極的に行動し、色々な所を観光したいですよね。

 

そんな時に覚えておきたいのが交通機関に関する英語です。

bus(バス)をmetro(地下鉄)などに言い換えて使うことができるため、基本的な英会話の例を覚えておきましょう。

 

タクシーの乗り方や会話を見てみよう

国や都市によっても違いますが、ここではニューヨークのタクシーを例に見てみましょう。

ニューヨークでは車体が黄色い「イエローキャブ」が認可を受けたオフィシャルなタクシーです。

ドア部分に「T」マークがあるので覚えておくと安心ですね。

 

タクシーの上にあるランプが点いていたら空車、消えていたら乗車中や予約が入ったタクシーということ。

ランプが点いているタクシーを見つけたら、手をあげてタクシーが必要だということをアピールしましょう。

 

映画などでは片手をあげ道路に身を乗り出し「hey,taxi!」なんて呼んでいることもありますが、街中の雑踏で運転手にその声が届くことはありません。

 

これは、タクシー運転手や周りの人に「私は、人に挨拶しているのではなくタクシーを必要としています」という一種のアピールなので、みなさんがタクシーを捕まえる時には日本と同じく片手をあげ、運転手とアイコンタクトを取るだけでタクシーは止まってくれます。

 

タクシーが横に止まったら自分でドアを開けタクシーに乗ります。

 

客   「Could you take me to ○○,please?」〇〇まで行ってくれますか?

タクシー「All right」ハイ分かりました。

 

~~目的地に到着

支払いをするときには料金の15~20%のチップが必要になります。

荷物が多くトランクを使わせてもらったときなどは、少し多めに渡して感謝を伝えましょう。

運賃で12ドル+チップで3ドル渡したいのに20ドル札しかない!という時は20ドル札を渡しながら「Give me back $5.」と言って5ドルのおつりを貰います。

 

クレジットカード支払いをしたいときは

「Do you accept credit cards?」(クレジットカードは使えますか?)と聞いて、後部座席に付いているモニターに金額を打ち込みカードリーダーにクレジットカードを読み込ませればOKです。

きちんとチップの金額を打ち込むことを忘れないでくださいね。

 

これは覚えておきたい!基本英会話

  • タクシー乗り場はどこですか?

     Where is the taxi stand?

  • このバスは◯◯に行きますか?

     Does this bus go to◯◯?

  • ◯◯までお願いします。

     Could you take me to ◯◯, please?

  • ◯◯までの運賃はいくらですか?

     How much is the fare to ◯◯?

 

レストランでオーダーをしたい時に

オーダーをする男性

レストランではスマートにオーダーして、食事を楽しみたいですよね。

しかし、日本とは少し勝手が違うことがあるため注意が必要です。

まずはお店に入ってから着席までの流れを見てみましょう。

 

レストラン 「Hi, welcome to 〇〇. Do you have a reservation?」

いらっしゃいませ〇〇へようこそ!予約はございますか?

客     「Hi. No, I don’t.」いえ、予約はしていません。

レストラン 「Alright. How many?」かしこまりました。何名様ですか?

客     「Table for 4, please.」4名です。テーブル席でお願いします。

という流れで席に案内されます。

日本では接客してくれる人を「ウェイター/ウェイトレス」と呼びますが、英語圏では「server(サーバー)」といい、テーブルのお世話をしてくれます。

 

料理を頼んでみよう!

サーバー「I’m 〇〇 and I’ll be serving your table tonight.」

今夜、お客様のテーブルを担当する〇〇です。

※サーバーは名前を名乗り自己紹介をするのが通例です。

「Here’s the menu. Can I get you something to drink first?」

こちらがメニューです。先にお飲み物はいかがですか?

客   「Yes please. Could we have two bottled water?」

ハイ、ではお水を2ついただけますか?

※ミネラルウォーターでも通じますが、有料の水はbottled waterが一般的です。

サーバー「Sure, I’ll be right back with your drinks.」

かしこまりました。お飲み物をすぐにお持ちします。

 

 

飲み物を持ってサーバーが戻ってきました。

サーバー「May I take your order?」料理のご注文はお決まりですか?

客   「Yes. I’ll have this one, Grilled Rib Steak.」はい。このグリルドリブステーキをお願いします。

サーバー「How would you like your steak?」焼き加減はどういたしますか?

客   「Medium, please.」ミディアムでお願いします。

 

お会計の場面では

食事を楽しんだらお会計です。料理が残ったら持ち帰りましょう!

客   「Just the check, please.」お会計をお願いします。

    「Can I have a box to go?」持ち帰り用の箱をいただけますか?

サーバー「Sure,Do you need change?」かしこまりました。おつりは必要ですか?

ここで、注意が必要なのは海外ではチップが必要なことが多いとです。

国によって違いますが、飲食代の15~20%が目安と考えておきましょう。

チップを含めた金額をサーバーへ渡し「No thanks. It’s all set.」おつりは(チップとして)取っておいてください。

と、言えればOKです。

 

クレジットカード決済の場合はサイン欄の下にチップを記入する欄があるので、その金額を記入しましょう。

飲食代+チップ代を含めた金額が引き落とされます。

 

レストランで使える英会話

  • おすすめは何ですか?

What do you recommend?

  • これはどのくらいの量ですか?

How big is this?

  • メニューをもう一度見せてもらえますか?

Can I see the menu again?

  • コーヒーをもう1杯いただけますか?

Can I have another cup of coffee?

 

ショッピングで「これいくら?」と聞くには!

カードを渡す女性

旅行の目玉であるショッピングを楽しむにも、ちょっとした英会話が必要になります。

それを恐怖に感じる方もいると思いますが、会話がはずめば良い思い出にもなりますし、自信にもつながるかもしれません。

 

店員  「Hi, there. How’s it going?」こんにちは!調子はどうですか?

客   「Hi, I’m good. Thanks!」こんにちは!いい調子ですよ。ありがとう!

店員  「Can I help you?」何かお探しですか?

客   「Just looking. Thank you.」見てるだけなので大丈夫。ありがとう。

購入する物が決定しました。

客   「I’ll take this.」これください。

店員  「Thank you.How would you like to pay for this?」

ありがとうございます。お支払方法はどうなさいますか?

客   「I’ll pay in cash」現金で支払います。

店員  「Thank you. Have a good day.」ありがとうございます。良い1日を!

 

ショッピングで使える英会話

  • 〇〇を探しています

    I’m looking for 〇〇.

  • これの赤色はありますか?

     Do you have this in red?

  • これの小さいものはありますか?

     Do you have a smaller

  • 買うかどうか考えたいとき

     I’ll think about it.

  • 贈り物なのでラッピングしてもらえますか?

     It’ a gift, so could you wrap it, please?

両替するときに必要な英語集

 

  • どこで両替ができますか?

Where can I exchange money?

  • ◯ドルに両替してもらいたいです。

     I need ◯$

  • 手数料はいくらですか?

     How much is the handling fee?

  • こちらのトラベラーズチェックを現金化してくれますか?

     Could you cash this traveler’s check?

会話を楽しむことから始めてみましょう!

英語の会話=コミュニケーションは慣れることが大切です。

卒業旅行などで海外に行き英語を使う時は、最初は恥ずかしかったり「この英語で合っているかな?」と心配になったりすることもあるでしょう。

しかし、会話を続けて慣れてくると反射的に言葉を返すことができるようになり、恥ずかしさや心配よりも「もっと会話をしたい!」という気持ちの変化を感じられることでしょう。

会話を続けるには、その国の言葉を知り、文化を知ることがとても大切です。

まずは基本的な英語をマスターし、積極的に簡単な会話をすることを心がけてみましょう。

卒業旅行が何倍にも楽しい思い出になるはずです!

続いておすすめの記事はこちら!

旅行に役立つアプリ15選!旅行はアプリでもっと楽しくなる◎

【あると嬉しい便利グッズ】旅行のシーン別持っていって良かった!【30選】

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。