オーストラリア常夏ケアンズで卒業旅行♡初めての海外旅行に◎

学生

卒業旅行はどこに行くか決まっていますか?せっかくだから海外旅行をしてみたい!だけど海外は初めてで不安…という学生さんでも大丈夫。オーストラリアのケアンズなら海外旅行の初心者さんでも楽しみ方はたくさんあります。そこで今回は常夏のケアンズで過ごす卒業旅行の楽しみ方をご紹介します。

『卒業旅行の行き先が決まっていない人』
『海外旅行初心者の学生さん』におすすめ!

グレートバリアリーフでシュノーケリング

グレートバリアリーフphoto@『グレートバリアリーフ』


ケアンズといえば世界自然遺産グレートバリアリーフが有名です。グレートバリアリーフとはコバルトブルーの海に巨大なサンゴ礁が広がる美しい場所。その広さは35万㎢もあり日本列島がすっぽり入るほどで、宇宙空間からも確認できるほどの広大さと美しさを誇ります!

そんなグレートバリアリーフは自然と生き物の宝庫。生息するサンゴは400種以上、魚や鳥などの確認数は2000種近くもあります。ここではクジラやイルカ、ウミガメ、ジュゴンなどの生息も確認されているのです。またディズニー映画でおなじみ「ファインディング・ニモ」に出てくるカクレクマノミにも会えるかもしれません♪

 

 美しい自然を守ろう!

グレートバリアリーフは自然環境問題が深刻化しています。近年の気温変動はサンゴ礁の生死にも関わるほど。また美しいサンゴ礁を食べてしまうオニヒトデの大量発生など問題は山積みです。そんな美しいグレートバリアリーフの自然環境を少しでも保つため、私たちも汚さないように観光先でのルールを守るようにしましょう。

 

 シュノーケリングに挑戦!

クマノミ

そんなグレートバリアリーフに行ったら挑戦したいアクティビティはシュノーケリングです。グレートバリアリーフに行くクルーズツアーは2種類あります。ポンツーンという海上に作られた施設に滞在するツアーと、クルーズから直接海へ入るツアー。泳ぐのが得意でない人もポンツーンで楽しく過ごすことができます◎

アドベンチャー感覚を楽しみたい人はクルーズから海へ入るツアーがおすすめです。こちらのポンツーンは先述したように海上に浮かぶ施設。お食事やシャワーをしてテラスでお昼寝をしてのんびり過ごすのもいい思い出になりそうです。他にもオプションで10分間のヘリコプター飛行を楽しむことも可能。空から見るグレートバリアリーフは潜るのとは違った景色を間近で見られます♡

 

ポンツーン滞在

ダイレクトダイブ

 グレートバリアリーフで見ておくべき離島

高速船を使えばケアンズから30分~40分で行ける島があります。今回は最も人気のある島を2か所ご紹介します!

グリーン島

グリーン島はケアンズから一番近いグレートバリアリーフの離島で、観光客に最も人気のあるビーチアイランドです。別名「ケアンズの宝石」ともいわれていて、そう呼ばれるのは6000万年前にサンゴ礁が隆起してできた島だから。小さい島ではありますが、心地よい潮風を感じながら真っ白な砂浜を歩くのもいいですね!

フィツロイ島

フィツロイ島はグリーン島に比べて、マリンアクティビティ満載のスポット。グレートバリアリーフに来たら「グリーン島かフィツロイ島のどちらにしよう…」で迷う人が多いそうです。アクティビティを楽しみたいならフィツロイ島、そうでない人はグリーン島にしたほうがいいかもしれません。

真っ白な砂浜からのシュノーケリングもできますし、泳ぐのもいいけど歩きたい!という人には熱帯雨林でのブッシュウォークにも参加してみてはいかがでしょうか。ブッシュウォークではサンゴ礁と熱帯雨林を同時に楽しめる欲張りツアーとなっています♡

 

離島滞在

ナイトマーケット&ラスティーズマーケットでお買い物

買い物夜の観光スポットでおすすめなのはケアンズのナイトマーケット。そして早朝からオープンしていて新鮮な農産物が手に入る朝のラスティーズマーケット。遊び所が満載のケアンズでは夢中になり過ぎて、なかなかお土産を買う時間がない人におすすめのスポットです。ゆっくりとお買い物を楽しみたい人は滞在中に一度は足を運んでみましょう◎

 

 ナイトマーケット

ナイトマーケットの敷地内はおよそ70のお店が軒を連ね、ファッションや雑貨などさまざまなジャンルが揃っています。海外旅行初心者の学生さんは「言葉が通じるかどうか」不安なところですよね。ここのナイトマーケットでは日本語のできるスタッフさんがいたり、日本語表記のPOPもあったりと、言葉の不安を抱えた学生さんでも安心です♪お土産以外にもマッサージやフードコートもあるため、買い物に疲れたら休憩がてら寄るのもいいですね。敷地内は警備員が常駐、防犯カメラも設置してあり安心して楽しくお買い物ができます◎

 

 ラスティーズマーケット

マーケットラスティズ・マーケットはケアンズ市内にある生鮮市場。野菜や果物などの新鮮な食べ物が直売価格で手に入るので地元の人にも評判のマーケットです。ケアンズの周辺は日本でもお馴染みのバナナやマンゴーなどのトロピカルフルーツが盛んに栽培されています。

そういったフルーツはもちろん、他にもスターフルーツやドラゴンフルーツといった珍しい果物もマーケットに並んでいます。営業時間も日によって違いがありますが早い日で朝5時から営業ケアンズ市民の台所として親しまれているので、一度はその活気ある風景を目にしておきたいですね。

 

熱気球から見る朝日

ケアンズ撮影者:WANG-HSIN PEIphoto@『ケアンズ』


太陽が昇る前の暗いうちにホテルを出発して、ケアンズの朝日を見に行きませんか?それも熱気球に乗って朝日が見られるツアーがあります。住民がまだ寝静まる静寂の中、上空から見渡すケアンズの緑豊かな景色と荘厳な朝日をお楽しみください。ツアーの詳細としては30分ツアーか、60分ツアーがあります◎

どちらも飛行保険料付きで思い出に残る「熱気球体験証明書」も最後に貰えます。60分ツアーにはホテルからの送迎付き、30分ツアーにはオプションで付けることが可能です。早朝開始のツアーということもあり、地上に降りた後はそのまま他のツアーに参加してみてはいかがでしょうか?

 

ケアンズ熱気球ツアー

激流で絆を深めるラフティング体験

撮影者:Gary Bembridge


ケアンズの大自然はサンゴ礁を望む海だけではありません。オーストラリア国内でも有数の激流でラフティング体験をしてみるのもおすすめ。経験豊富なインストラクターがレクチャーについてくれるので、初めての人でも安心してツアーに参加できます。

タリー川やバロン川は一年を通して豊富な水量を誇ります。つまり激しい流れの中スリリングなラフティングを体験できるということ。ラフティングとは大型のゴムボートに乗って急流下りを楽しむアクティビティの一つ。乗員はパドルという道具を使って急流を漕ぎ目的地までを目指します。

ラフティングにはチームが一丸となる必要があるため、友人との絆が深まるいい思い出になることは間違いありません。またこのときに乗り合わせたツアーの参加者とも仲良くなれるチャンスです。

 

タリー川1日ラフティング体験

こちらのツアーは1日かけてラフティング体験ができるツアーです。川沿いでのバーベキューを楽しめるランチ付きです。タリー川はケアンズからおよそ2時間南に下ったところにあります。タリー川のラフティングはグレード3~4といわれていて、急流のもうひとつ上の段階とされる「激流」という激しい流れにもチャレンジできるのです。

未経験者が参加できる最大のグレードとなっているので、体力に自信のある人やよりスリルを満喫したい人向けです。

バロン川半日ラフティング体験

こちらのバロン川はタリー川に比べると緩やかな急流となっています。それでもグレードは2~3あり緩やかな流れが続いても、急に流れが速くなることもあるので気は抜けません。ツアー自体は2時間で終わるので、そこまでスリルを求めていない人や体力にあまり自信のない人はこちらがおすすめです。

タリーリバー・バロンリバーラフティングツアー

いつかじゃなくて今チャレンジ バンジージャンプ

バンジージャンプ※実際の写真とは異なります


オーストラリアで最初に作られたバンジージャンプスポット。ここでは7エーカーの熱帯雨林に作られた、高さ50メートルのタワーからの絶叫体験が味わえます。初心者からリピーターの人まで幅広く楽しめるように、ジャンプスタイルは16種類を用意。ジャンプ台からはノーザンビーチ、そして遠くの方にはグレートバリアリーフを望むこともできます。

日本にもバンジージャンプを楽しめるスポットはありますが、せっかくですからケアンズでぜひバンジージャンプにチャレンジしてみましょう。飛び終えた後は「バンジーTシャツ」「ジャンプ証明書」が貰えます。卒業旅行の記念に友達同士でゲットしてみてはいかがでしょうか。

 

ケアンズバンジージャンプ

ケアンズでの卒業旅行を楽しむためのまとめ

いかがでしょうか。卒業旅行に海外旅行というとハードルが高そうなイメージがあります。

しかし下調べや準備をきちんとしていけば、学生さんでも充分に楽しめる卒業旅行になるのです。
今回ご紹介したツアーはおすすめの中でも厳選したごく一部に過ぎません。
これらを参考に思い出に残る卒業旅行にしてくださいね♪

【海外旅行】初めての海外で注意したい日本と海外の違い20選

オーストラリアの遊園地を満喫!ゴールドコーストの遊園地4選

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。