卒業旅行は【グルメ・絶景・癒し】すべてが叶う九州一周で決まり!

卒業旅行に国内を選ぶと高い航空券代が必要ない分、宿に予算を回せる、言葉の心配がないなど良いことが色々♪そこで今回は国内で人気の旅行先から、卒業旅行におすすめの九州一周の旅をご紹介!九州は、おいしいもの、一生に一度は見てみたい絶景、そして癒しの温泉と旅行の楽しみがぎゅっと詰まった卒業旅行に最適の場所ですよ♡

『卒業旅行で九州に行きたい人』
『卒業旅行の行先に悩んでいる人』におすすめ!

九州について

阿蘇山場所『阿蘇山』


九州は福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県の7つの県で構成されています。
北海道・本州・四国と並ぶ日本の主要4島の1つで3番目の大きさです!阿蘇山(熊本)や桜島(鹿児島)など現在も活発に活動する火山があり、それによって豊富な温泉が湧き出ています

また、長崎は鎖国政策が行われていた江戸時代でも、オランダや中国との交易が許されていたため、現在も残る異国情緒漂う街並みが観光客に人気◎それ以外にも各県ごとに特徴のある郷土料理や観光列車などさまざまな経験ができる九州は卒業旅行にぴったりの場所です♡

 

九州一周を計画に関するQA

九州一周に必要な日数は何日?

これはとても難しい質問です。主要な観光地だけを回って一周するか、離島にも足を延ばすか、それによっても違ってきます!今回は1つの県に1泊、つまり7泊を基本として見逃せない観光地を中心にしたコースを紹介します♪

ただし、時間があったらぜひ寄って欲しい場所も紹介するので、あなたの予定や好みに合わせて上手に計画してくださいね♡

 

九州一周の移動手段は何がいいの?

人気の移動手段はレンタカーやマイカーでの移動です♪これは有名な観光地であっても電車やバスの本数が少なかったり、そもそも車でしか行けない場所が多かったりするのが理由。

でも、長期の旅行でマイカーだけだと運転する人は後半疲れてしまったり、酒蔵やお土産物屋に立ち寄っても試飲できなかったり、と残念なことも…。

そのため、おすすめは公共交通機関とレンタカーを上手に組み合わせる方法です◎JR九州の九州ネットきっぷを利用すれば、早割などお得な切符が見つけられます♪また、レンタカーは、比較サイトで探せば、好きなところで借りて、乗り捨てられる会社も見つけられるので便利です!

 

九州ネットきっぷ

たびらいレンタカー比較(九州)

楽天トラベル(九州レンタカー比較)

九州一周はどこからスタートするのがいいの?

九州以外の場所から九州に行く方法としては、飛行機、新幹線などの電車、フェリー、高速バス、車とさまざまな手段が選べます。

たとえば飛行機ではLCCのジェットスターが成田から7県すべてへの路線を運航しているなど、どこからでも、九州一周を始めることが可能です♪そのため、旅行日程よっては一番安い航空券代の空港がある県から始めるというのも予算を抑える方法の一つ◎そこで、今回は全国各地からの交通が便利な福岡からスタートするプランをご紹介します!

 

1日目:福岡

1日目の福岡は何時に到着できるかで観光ルートも変わってくるので新幹線や飛行機は早めに予約しましょう!

 

クロスロードふくおか

大宰府天満宮(福岡市)

大宰府天満宮場所『大宰府天満宮』


まずは学問の神様、大宰府天満宮に卒業のご挨拶♪表参道のスターバックスは、他にはないユニークな造りなので散策に疲れたら立ち寄って!

 

大宰府天満宮

キャナルシティ博多(福岡市)

キャナルシティ博多

撮影:kumiko 場所『キャナルシティ博多』


大型ショッピングモールのキャナルシティ博多では噴水のショーが人気!レストラン街には福岡で人気のラーメン店が複数入っているのでランチに迷っている人にもおすすめ◎

 

キャナルシティ博多

小倉城(北九州市)

小倉城撮影: 写真『小倉城』


お城好きのあなたは電車に乗って小倉城へ。運がよければ天守閣から小倉城庭園のきれいな桜が見られますよ♪

 

小倉城

門司港レトロ(福岡市)

門司港レトロ

撮影:Kay Li 場所『門司港』


門司港レトロは昭和初期までの建物を大正時代風にアレンジした人気スポット異国情緒漂う街並みと海風が心地いいですよ!福岡に連泊して早朝から行動できる人は早起きをして門司港でおいしいお魚の朝食も◎

 

門司港レトロ

時間に余裕がある人は…「白い鳥居と夫婦岩」(糸島市)

白い鳥居と夫婦岩場所『白い鳥居と夫婦岩』


お天気のいい日に時間に余裕がある人は桜井二見ケ浦の白い鳥居と夫婦岩を訪れてみて♪透明度の高い海に沈む美しい夕陽にうっとりしますよ♡

 

糸島市観光協会

宿泊は便利な市街地(福岡市)で!

中洲屋台

撮影:Toomore Chiang 場所『中洲・屋台』


夕食は福岡市内に100以上あるという屋台で地元の人とワイワイと!屋台を見て決めるのもいいですが、屋台の公式マップも参考にして♪食事の後は、歩いて帰れる市街地に宿泊するのがおすすめ◎

 

福岡屋台MAP(福岡市 公式シティガイド)

2日目:佐賀

福岡から佐賀へは博多駅からJRで移動できますが、佐賀県内の観光にはレンタカーの方が便利です♪

 

あそぼーさが

吉野ヶ里遺跡(神崎市)

吉野ヶ里遺跡撮影:YAMASHITAS 場所『吉野ヶ里遺跡』


誰もが歴史の授業で習ったことのある吉野ヶ里遺跡です!ものづくり体験や古代の赤米を食べられるレストランがありますよ♪

 

吉野ヶ里歴史公園

唐津城(唐津市)

唐津城場所『唐津城』


現在の唐津城は観光施設として再現されたものですが、5階の展望台からの眺望は玄界灘も見渡せて抜群です!唐津は焼き物でも有名で唐津焼は、「日本三大茶陶器」といわれています。

工房で人間国宝の作品を見学したり、お土産ちょっとしたものを購入したりするのもいいですね♪

 

唐津観光協会

祐徳稲荷神社(鹿島市)

祐徳稲荷神社場所『祐徳稲荷神社』


日本三大稲荷に数えられる神社です!楼門、神楽殿は大変美しく、「鎮西日光」とも呼ばれています♪

 

時間のある人は…「御船山楽園」

三船山楽園場所『御船山楽園』


御船山楽園は国指定記念物で江戸時代から続く庭園です。桜の季節と重なれば、絶景が見られますよ!

 

御船山楽園

宿泊は嬉野温泉(嬉野市)へ!

嬉野温泉撮影:一人寿司-Hitori Sushi 場所『嬉野温泉』


嬉野温泉は大変歴史の古い温泉で、奈良時代初期の書物に既に記されています♪夕食にはぜひ、佐賀牛や嬉野温泉名物のとろけるような温泉豆腐を楽しんで!

 

嬉野温泉情報局

3日目:長崎

嬉野温泉から長崎市までは高速で約50分です。長崎は長崎市周辺に見どころが集まっているのでレンタカーは乗り捨てできる会社を選ぶといいでしょう◎

 

ながさき旅ネット

長崎新地中華街

撮影:koemu 場所『長崎新地中華街』


長崎駅から路面電車で約8分のところにあるのが、長崎新地中華街です♪中華雑貨のお店やびーどろのお店もあるのでお土産を探しに行くのもいいですね◎

 

四海樓(長崎市)

四海樓撮影:lohasteru 場所『四海樓』


長崎といえばちゃんぽんが有名ですが、四海樓の初代店主が考案したのが始まり♪せっかくなので、本場で発祥の味を体験して!中華街から路面電車で約5分です。

 

四海樓

定期観光バス(長崎市)

旧リンガー邸撮影:ume-y 場所『グラバー園・旧リンガー邸』


長崎駅から10:00と12:00の1日2回出発しています!原爆資料館や大浦天主堂、グラバー園など市内の主要な観光地を約5時間で周るので楽々観光できちゃいます♪乗車には事前予約が必要です。

 

よかとこコース(定期観光バス)

稲佐山(長崎市)

稲佐山撮影:かがみ~ 場所『稲佐山』


稲佐山からの夜景は「1000万ドルの夜景」と称され、日本三大夜景の一つでもあります!展望台まではロープウェイで登ります♪

 

長崎の夜景(あっ!とながさき)

長崎ロープウェイ

時間のある人は…「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」

﨑津教会場所『﨑津教会』


2018年7月に世界文化遺産に登録されました!一部鹿児島県も含む広い範囲に教会などがあるので、じっくりと時間をかけて見て周りたいですね!教会の見学には事前連絡が必要なので注意してください。

 

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター

宿泊は稲佐山温泉(長崎市)へ!

稲佐山撮影:かがみ~ 場所『稲佐山』


夜景で有名な稲佐山には温泉も♪稲佐山温泉にはバリ風リゾート温泉があるホテル西日本最大級の日帰り温泉施設があります!

 

稲佐山温泉 ホテルアマンディ

稲佐山温泉 ふくの湯

4日目:熊本

長崎駅から熊本駅までは特急かもめと九州新幹線を組み合わせれば約2時間で到着です!また、日程に余裕があって雲仙や島原を観光する人はフェリーを利用すると45分で熊本県側に移動できます♪

 

なごみ紀行

有明フェリー

加藤神社

加藤神社撮影:Richard, enjoy my life! 場所『加藤神社』


熊本城を築城した、加藤清正公を祀る神社です♪熊本城の天守閣を間近に見られるビュースポットでもあります!インスタ映えするお城の写真を撮りたい人にもおすすめ◎

 

加藤神社

熊本城(熊本市)

熊本城撮影:trasroid 場所『熊本城』


加藤清正によって築城されたお城です♪城下には都市開発の進む繁華街と緑豊かな公園が共存しています!熊本城の全容を眺めたい人は市役所の14階にある展望台がおすすめ◎

 

熊本城

桜の馬場 城彩苑

撮影:josaien011 場所『桜の馬場 城彩苑・桜の小路』


熊本城ミュージアムや熊本の文化、食を体験できる観光施設です。その中でも桜の小路には県下から選りすぐりのお食事処・お土産物店が23店舗出店しています♪ランチに熊本の郷土料理を食べたり、お土産を買ったり1か所でできるのは便利ですね!

 

桜の馬場 城彩苑

阿蘇山(阿蘇市)

阿蘇カルデラ場所『阿蘇カルデラ』


熊本市から阿蘇山へは公共交通機関もありますが、電車は一部不通、バスも本数が限られるため、レンタカーでの移動がおすすめ

阿蘇山周辺はユネスコ認定のジオパークにもなっているので、見どころであるジオサイトを見学したり、時間が合えばツアーに参加するのもいいですね♪

 

ASOVO

阿蘇ユネスコジオパーク

時間のある人は…「阿蘇山の雲海」

阿蘇山の雲海場所『阿蘇山・雲海』


阿蘇山で雲海を見るためには早朝に阿蘇山に行く必要があります♪阿蘇山周辺の温泉に一泊して、早起きして出かけてみてくださいね!

 

あそおんせんネット

宿泊は人吉温泉(人吉市)へ

青井神社撮影:C K Leung 写真『青井阿蘇神社』


九州の小京都と呼ばれる人吉温泉は500年続く歴史ある温泉です♪そのため、国宝に指定されている青井阿蘇神社をはじめ、歴史的遺産も残っています。

 

人吉温泉観光協会

5日目:鹿児島

人吉温泉から鹿児島市までは電車で2時間強、車だと1時間半弱です♪旅も後半に入って疲れも出るので、朝は少しのんびりしてもいいかもしれませんね♡

 

どんどんかごしまの旅

桜島(鹿児島市)

桜島

撮影:yuko 場所『桜島』


桜島へは鹿児島中央駅から電車20分+フェリー15分で行くことできます♪島内にある月讀神社は、今、注目のパワースポット◎桜島は日常的に噴火していて、通常、観光に支障はありませんが、念のため当日は火山情報をチェックしてくださいね!

 

みんなの桜島

仙巌園(鹿児島市)

仙巌園撮影:Tzuhsun Hsu 場所『仙巌園』


江戸時代に建てられた島津藩主の別邸とその庭園です。邸内と庭園の見学のほか、島津藩や南九州に関する展示がある博物館があります♪また、薩摩切子の工場が隣接していて、工場見学をすることもできますよ!

 

仙巌園

霧島神宮(霧島市)

霧島神宮撮影:Gordon Cheung 場所『霧島神宮』


坂本龍馬が新婚旅行で参拝したと言われている県内屈指のパワースポット!霧島の七不思議など神秘的な見どころが満載です♪

 

霧島神宮

丸尾の滝(霧島市)

丸尾の滝場所『丸尾滝』


一見普通の滝に見えますが、実は珍しい温泉が流れ落ちている滝なのです!そのため、寒い日には湯けむりが立ち上ります♪夜にはライトアップもされてロマンティック♡

 

丸尾滝(どんどんかごしまの旅)

時間のある人は…「奄美大島」

奄美大島場所『奄美大島』


鹿児島にいくつかある離島の一つで沖縄との中間にあります。美しい海やこの島にしかいない生物などが見られます!また、卒業旅行のシーズンにはホエールウォッチングツアーが楽しめます♡

 

奄美大島観光協会

宿泊は霧島温泉郷(霧島市)へ

霧島温泉撮影:Ray Swi-hymn 場所『霧島温泉』


霧島市周辺を観光したら、そのまま霧島温泉郷に宿泊しましょう!霧島温泉郷は大小8か所の温泉からなっています。その中の硫黄谷温泉にある霧島ホテルは坂本龍馬も訪れたといわれる由緒あるホテルです◎

 

霧島温泉郷について(霧島温泉市場)

霧島ホテル

6日目:宮崎

霧島市から宮崎県内へは近いので移動は電車でも問題ありませんが、宮崎県内の観光にはレンタカーの方が便利です♪

 

みやざき観光情報サイト 旬ナビ

青島神社

青島神社撮影:NISSAN MOTOR CO., LTD. 場所『青島神社』


縁結びや安産のパワースポット!青島に渡る橋のたもとには黄色いポストがあり、幸せの黄色いポストと言われています♡黄色いポストと青島をバック写真を撮ればインスタ映え間違いなし♪

 

青島神社

宮崎県庁舎

宮崎県庁舎は、全国の県庁舎のなかで4番目に古い建物です。九州では唯一戦前から残っている建物でもあります!宮崎市内にはご当地グルメのチキン南蛮のお店がたくさんあるので、ランチに寄ってみてくださいね♪

 

宮崎県ホームページ

綾の照葉大吊橋

照葉大吊橋撮影:鵬智 Bird 賴 Lai 場所『綾の照葉大吊橋』


歩いて渡る吊り橋としては世界最大級です♪好きな人と渡れば、「吊り橋効果」で恋が叶っちゃうかも♡

 

照葉大吊橋(綾町ホームページ)

天岩戸神社

天岩戸神社撮影:TANAKA Juuyoh (田中十洋) 場所『天岩戸神社・天安河原宮』


日本神話の中で天照大御神が隠れていたとされる洞窟の天岩戸がご神体の神社です。また、写真の天安河原は八百万の神が相談をした場所と言われています。

 

天岩戸神社

時間のある人は…高千穂峡

高千穂峡撮影:hayami 場所『高千穂峡』


天岩戸神社がある高千穂町には天然記念物の高千穂峡やミシュラングリーンガイドで1つ星に選ばれた国見ヶ丘など絶景がたくさん♪日程に余裕がある人は、ぜひ雄大な自然を満喫してください!

 

高千穂町観光協会

宿泊は高千穂市内で!

高千穂駅撮影:tabibird 写真『高千穂駅』


高千穂には昔ながらの旅館や隠れ家風の宿、リゾートホテルなどさまざまな宿があります♪残念ながら、温泉のある宿はないので温泉に入りたい人は高千穂温泉または天岩戸温泉の日帰り温泉を利用しましょう!

 

高千穂の宿リスト(高千穂町観光協会)

高千穂温泉(高千穂町観光協会)

天岩戸温泉(高千穂町観光協会)

7日目:大分

大分県内の観光も前半は車の方が便利です◎前半は車で、後半大分市に着いたら乗り捨てるのがいいでしょう♪

 

大分県観光情報公式サイト

白水ダム

白水ダム撮影:Kenta Mabuchi 場所『白水ダム』


白水ダムは日本一美しいダムとも言われています。山深い場所にあるので、車でないと訪れることのできない場所です!CMに使われたことがあるので、見覚えのある人もいるのでは?

 

白水ダムへの道のり(タケタン!)

うみたま&つくみイルカ島

うみたまご撮影:knakajp 場所『うみたまご』


うみたまごは別府湾に隣接した水族館です♪その立地を生かして建物や照明も美しく工夫されています!館内では約500種類の海の生物やイルカショーが見られますよ◎

また、隣の津久見市にあるつくみイルカ島はうみたまごとコラボした体験パークです。イルカのショーだけでなく、イルカと写真を撮ったり、泳いだりすることもできちゃいます♡

 

うみたまご

つくみイルカ島

べっぷ地獄めぐり

血の池地獄撮影:Christian Kaden 場所『血の池地獄』


地獄とは温泉の噴出口の事です♪7つの地獄はそれぞれ違った個性があり、それを見て周るのが地獄めぐり!地獄によっては、足湯や地獄や温泉卵、地獄蒸し焼きプリンなどが楽しめます◎

 

べっぷ地獄めぐり

とり天

とり天撮影:dreamcat115 場所『とり天』


温泉で有名な別府ですが、大分のご当地グルメとして有名なとり天発祥の店、東洋軒もここ別府に!現在は別府市内にとり天を食べられるお店が120店舗以上もあるそうですよ♪お店によって味付けなどが異なるので、食べ比べるのもいいですね◎

 

東洋軒

時間のある人は…「耶馬溪」

耶馬溪撮影:gtknj 場所『耶馬溪』


耶馬溪は日本新三景、国名勝、日本遺産の3つに選ばれている絶景です!広大な敷地の中には自然が造り出した甌穴などのほか、城跡やお寺など見どころ満載です♪ちなみに、耶馬溪ある中津市はから揚げの聖地としても有名です◎

 

耶馬溪特集(中津耶馬溪観光協会)

からあげマップ(なかつ観光)

宿泊は由布院温泉(由布市)へ!

由布院場所『由布院温泉・金鱗湖』


由布院の温泉街には昔ながらのお店だけでなく、おしゃれな雑貨屋さんや美術館もあります♪そのため、女性に人気の温泉地でさまざまな人気の温泉アンケートでも1位に

”湯布院”という漢字
で覚えている人もいるかもしれませんが、その場合には、湯平温泉・塚原温泉の2つの温泉と合わせた3つの温泉のことを指すんですよ◎

 

由布院温泉

最終日:ゆふいんの森で博多へ!

撮影:Richard, enjoy my life! 場所『別府駅・ゆふいんの森』


旅の最終日は人気の観光列車ゆふいんの森でのんびり博多へ戻りましょう♪クラシカルでおしゃれな内装の列車です♡車内販売ではミシュラン一つ星のお店が監修したお弁当や大分県産の柚子を使ったゆずみつスカッシュなどが販売されています!

グループの人数によってはボックスシートを予約して沿線の景色を眺めながら旅の思い出をおしゃべりするのもいいですね◎由布院からは12時台・15時台・17時台の3本が運行しています♪全席指定ですので、忘れずに予約をしてくださいね!

 

ゆふいんの森(JR九州)

駆け足で巡る九州一周の旅のプランをご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

九州はとても広いので、1度の旅ですべての見どころを周るのは難しいと思います。テーマを決めたり、ここだけは必ず行く!という場所を決めたりして上手に計画してくださいね♪

【ひとり旅で行く!】おすすめの九州ゲストハウス12選◎

【夏におすすめ】九州にある絶景の見られるおすすめ観光地20選

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。