旅をする大学生は就活にも強い?その理由は・・・

Views:49

学生時代に旅行に行こうと考えている人は多いはず。旅に出ることは、単純に遊びに行くということ以外にも、自身の強みにつながるような経験をたくさんもたらしてくれます。そしてその経験は、就活の場面でも役に立つこと間違いなし!◎今回は、旅行で得られるスキルや、成長できる旅の具体例も紹介します。大学生の皆さんにぜひ読んで頂きたいです^^

『就活を控えている人』
『旅の経験を就活に活かしたい人』におすすめ!

就活で企業が知りたいこと

企業の面接の際「あなたは学生時代に何に打ち込みましたか?」という質問がよくありますよね。たくさん旅に行った人は「◯◯や◯◯へ旅行に行きました」と答えるかもしれません。

しかし、企業が知りたいのは、あなたがどんな人なのか、旅行を通してどんなスキルを身につけたかについて。

自分では自覚していなくても、ひとつの旅行を遂行することによって、必ずあなたのアイデンティティに影響を与えるなど、スキルが向上しているはずです^^!

 

企業が求めているのはこんな人

企業が欲しがる人物像は、実は旅行好きの人にぴったり当てはまるかもしれません。そのくらい、旅行では大切な経験が得られるのです。国内だけでなく、海外に飛び出せば、その経験値はさらにアップするはず!

ここからは企業が求めるのは、どんな人なのかピックアップしていきましょう。

 

バイタリティのある人

バイタリティ

大学生は時間があるように思われがちですが、学業はもちろんのこと、サークル活動やアルバイトなどで、意外と忙しく過ごしている人も多いですよね。

そんな中「旅をする」ということだけでも、かなりのバイタリティーが必要になると思います。
面倒な下調べや手配などを進んで行う積極性などを持っている人材を、企業は求めています。

 

計画性のある人

プラン

旅行と言えば「計画」というくらい、事前の調査やスケジュールの管理などが大事になってきます。

旅先の天気やイベントなどのチェックは、旅を成功させるのに必要不可欠です。先を見通した行動、計画性をもった行動ができることは、社会人になっても重要な要素になります。

 

柔軟性のある人

悩み

一見「計画性のある人」と矛盾してしまうかのようですが、計画一辺倒では済まないことは、仕事上たくさんあります。

旅先で突然のトラブルに見舞われることも、誰もが一度くらいは経験があるはず。そんな時も状況に合わせた対応で乗り切る柔軟性が必要です。

どんな時も代替案が出てくる余裕が欲しいですね。

 

コミュニケーション能力がある人

旅行会社

最近では、どんな企業でも重要視している「コミュニケーション能力」。社会に出ればわからないことだらけ、相談したいことだらけだと思います。そんな時、一人で抱え込まずに必ず周囲とコミュニケーションをとることは、とても大切。

 

もし、普段は消極的だという人は、学生時代に一人旅をしてみることをオススメします。現地で道に迷えば、誰かに訊く必要がありますし、移動や食事の際に相席になれば、見ず知らずの人と自然と会話が生まれるかもしれません。

 

旅先での小さな成功体験の積み重ねが、普段の自信にもつながってくるのではないでしょうか。

 

 

ひとりで考えて動ける人

男性

学生時代は、サークルでも授業でも、誰かと一緒に行動することができますよね。

社会に出れば、客先にひとりで行くことも当然あるでしょう。ひとりで海外出張を命じられる可能性だってあります。企業はひとりでもドンドン動ける人材を求めています。

何となくひとりが苦手という人は、学生時代に少しずつ克服しておく必要があります。今はSNSもあるため、困った時は誰かに助けを求めることもできます。

ここは勇気を持ってひとり日帰り旅から始めてみてはいかがでしょうか?一気に不安が解消できるかもしれません◎

 

チームで動ける人

チームワーク

自分で全て判断する一人旅もいいですが、大勢で旅行するというのも、また別の楽しみがありますね。社会人になればチームで仕事をすることも多く、チームの足並みを揃えることが重要となります。

チームの仲間たちとひとつの目標に向かって走り、達成する喜びは格別ではないでしょうか。

みんなで体験を共有するグループ旅行が好きな人は、チームワークを大事にできる人と言えるでしょう♪

 

チームを統率できる人

チームの仲間

いつも大勢の旅行の幹事をするような人は、企業にもかなりアピールできるのではないでしょうか。

チームがあればまとめる人材が必要になります。企業は常にリーダーシップのある人を求めています。

ただ単に自分勝手に仕切る人ではなく、メンバーの人望も集めるようなコミュニケーション能力を併せ持った人ならば、引く手数多になること間違いありません。

 

 

金銭感覚の優れている人

学生時代の旅行といえば、ちょっと貧乏なイメージ。やっとの思いで貯めたアルバイト代を最大限に活用するために、あらゆる手段で旅行代金を安くしようと頑張ります。

常に利益を追い求めている企業においては、無駄遣いすることなく、コストを削減しようという気持ちが大切になってきます。的確な判断でコストカットできる能力は、社会人として重要になってきます!

 

移動力のある人

空の旅

職種にもよりますが、社会人になれば普段の電車や車の移動から、飛行機を使った出張まで、ありとあらゆる移動がつきものになってきます。
特に車の運転ができるかどうかは、営業を目指す人にとっては必要不可欠なスキル。

また、たくさん旅に出ていれば各地の地理にも詳しくなりますし、飛行機での出張の際にもまごつくことはありませんから、仕事に専念できますね。

 

体力のある人

体力

社会人たるもの、ちょっと風邪をひいたくらいでは、ゆっくり休んでいられません。

しかし不思議なことに、重要な会議の日やどうしても抜けられない仕事の前に限って、体調を崩してしまいがち。
そうならないためにも、学生時代から怠けることなく、強い体づくりをしていきたいものです。

学生時代の旅行は、お金を節約するために体力で補うことが多いため、知らず知らずのうちに体力がついていることも◎

 

語学力のある人

社内の公用語が英語という企業もあるくらい、英語や中国語などの外国語の需要がますます増えています。

今の時代、企業の中では部署異動などでいつ英語が必要になるかわかりません。海外旅行が好きな人ならば、外国語への苦手意識も薄く、挨拶やちょっとした買い物くらいならできちゃいますよね。


ペラペラに話せなくても、外国語に慣れているというだけでも、自分の仕事の幅も広がり、企業にとってはプラスのポイントになります。

 

様々な価値観に触れてきた人

たとえ外国語が話せなくても、海外旅行で得られる様々な価値観はとても重要です。日本とは全く異なる人、環境、文化に触れていることで、生まれるアイディアも幅が広がります。

グローバル化著しいこれからの企業で働く上では、日本の外に視線を向けることが必要不可欠と言えるでしょう。
旅先で友人でもできれば、あなたの世界は一気に広がりますね。

 

あなたをスキルアップさせる旅はこんな旅!

さてここまで、企業が「採用したい」と思う人物像をあげてきました。

ではいったい、どういった旅を経験していると、企業から引っぱりだこの人材になれるのでしょうか?具体的な事例を考えてみましょう。

 

バックパックを背負って世界1周のひとり旅

遺跡を旅する女性

これができればチームワーク以外のすべてのスキルが格段にアップすること必至。旅の最高峰である世界1周旅行です。

 

言葉の心配はありますが、スマホの翻訳機能が進化してきた今の時代なら、コミュニケーション能力さえあればなんとかなってしまうものです。

様々な文化に触れ、現地の人々と交流することは、あなたの一生を左右するような出会いにつながる可能性も秘めています。

 

世界1周は難しくても、海外をひとり旅するだけで、周囲から一目置かれること間違いなし!社会人になったら長期休暇はなかなか取れませんから、学生時代の夏休みなどに、ぜひとも挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

↓こちらの記事など参考にしてみてくださいね♡

世界一周の旅行を身近に感じられる♡おすすめブログ9選

面白いツアーを企画して実行する

ボランティア

ひとり旅では養えないスキルがチーム力や統率力です。そのスキルを育むためには、大勢での旅行を自分で企画して主催者となることが近道です。


  • 何か自分が興味を持っている場所や事柄をテーマにして、一緒に旅したい人を募集する。
  • サークルやゼミなどの合宿幹事を買って出る。

人数が多ければ多いほど、たくさんの要望・意見が交錯して、まとめるのにもひと苦労。

しかし、そこを乗り越えた先に見えてくる景色は、また格別ではないでしょうか。それと同時に、メンバーとの親睦も深まり、学生時代の大きな思い出になるはずです。

↓関連記事も参考にしてみてください!

【ゼミ合宿の準備と注意点】幹事向けアドバイスやおすすめ合宿地5選◎

スキルアップにならない旅をしてたらもったいない!

階段

旅はあなたを成長させるもの。しかし、旅をすれば何でもいいというものでもありません!
心がけてほしいポイントがあります。

単なる仲良しグループのプチ旅行で終わらせない

エステを楽しむ女性グループ

いつも一緒にいるメンバーは、気を遣わなくてとっても居心地がいいものですね。
しかし、自分を磨くには、少しの緊張感や新鮮な環境が必要です。


  • 仲のいい友人と行くならば、海外などの少し勇気がいる場所に行く。
  • 近場や行ったことのある場所に行くなら、フレッシュなメンバーを誘う。

このように、日常と違う行動を意識的にとってみることをおすすめします。

合宿・ゼミ旅行などでは係を買って出る

豚の貯金箱

団体旅行の場合、ただ参加して着いていくだけでは、なかなか自分の成長につながりません。幹事や役割を担うことで、「予定通りにいっているかな?」「困っているメンバーはいないかな?」と、自然と考えて行動するようになります。

 

「若い時の苦労は買ってでもせよ」とよく言われますが、旅においても楽な道を選ばず、自分に役割を科すようにすることが、成長への近道と言えるでしょう。

さあ、どんどん旅に出かけよう!

マップ旅の経験と仕事について、まとめてみました。

旅の経験があなたをどれだけ成長させてくれるか、それによって、就活がとても有利になることが少しでも伝わったら幸いです。

将来、やりたいことがわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな人は、悩んでいるよりまずは旅に出てみてください^^◎

その先にあなたの夢につながるものがあるかもしれません。
一生の友人ができるかもしれません。

 

そのくらい、学生時代の旅は意義のあるものです!
大切な時間を有効に使って、限られた学生時代を満喫してください。

 

よかったらコチラの記事も参考にしてみてください^^♪

旅をしながらできる仕事まとめ【20選】

旅をする本当の意味とは?人生という旅について考える【旅にまつわる30の名言】
旅をする意味って何?あなたもきっと行きたくなる旅の魅力BEST20

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。