学生最後の思い出作りにおすすめ観光地!日帰り卒業旅行スポット【9選】

Views:30

高校や大学、専門学校など卒業が決まったときには、皆で思い出作りに出かけましょう!忙しくなる時期を目前に控えているときには「日帰り旅行」なんてどうですか?短時間でも十分に楽しめるから、宿泊しなくても笑顔でいっぱいになる旅になりますよ!まだ計画を立てていない方は是非参考にしてくださいね♪

「日帰りで卒業旅行に行きたい」
「日帰りスポットを探している」という人におすすめ!

1:アクティブ好きなら「富士登山」に行こう!

 富士山は日本を代表する雄大な山。その「日本一の山に登る」という行動は、学生時代に区切りをつける良い機会となるでしょう◎富士登山はツアーも行われているため、準備を十分に整えれば初心者でも楽しめると言われています^^

 

富士登山の一番の魅力はなんといっても「達成感が得られる」ことではないでしょうか。初心者が頂上まで到達するには厳しい山ですが、ある程度の高さまで登ったら折り返してくることも出来ます。目標を「頂上制覇!」にするのではなく「富士山に会いに行く」として気軽に挑んでみてはいかがでしょうか?

自然を満喫し、絶景を味わい、厳しい山道をみんなで一緒に乗り越えながら友情を再確認していきましょう。

富士登山オフィシャルサイト

2:笑いの旅といえば「大阪」!

 個性豊かで見どころいっぱいの旅にしたいなら大阪がおすすめです。とはいっても日帰り旅行であるため、短時間で色々と観光できるルートをあらかじめ決めておきましょう。

 

1.新大阪駅からスタート!

2.数々の物語を生み出してきた「大阪城」へ

3.日本橋「黒門市場」で食べ歩き!

4.大御所から若手まで!「なんばグランド花月」

5.「アメリカ村」でウィンドウショッピング!

6.道頓堀でグリコ看板と写真を!

このルートはかなり濃密であるため急ぎ足になるかもしれません。観光や食べ歩きにゆっくり時間をかけたい場合には、スポットを絞るといいでしょう。

日帰りでもっと遊びたかった!と思えたら、また計画を立てるのもいいですね!

JR東海ツアーズ

3:温泉でまったりするなら「箱根」

 日本屈指の観光・リゾート地である箱根は、1年を通して人気のスポットです。食べ歩きも良し、自然を満喫するもよし、箱根細工などの芸術鑑賞をしても良し!

色々な楽しみ方ができるため、大勢で行ってもみんなが楽しめるでしょう。

箱根登山鉄道「強羅駅」から徒歩10分の所に「箱根クラフトハウス」というものづくりの楽しさを実体験できる施設があります。ここでは「吹きガラス体験」「陶芸体験」「ドライフラワーアレンジメント」などが体験できます。

 

ここでおすすめなのが「サンドブラスト体験」!旅の思い出に、皆でお揃いのグラスデザインをしてみてはいかがでしょうか?約1時間で作品が出来上がるため、完成したその場で盛り上がること間違いなしです!

photo byume-y『九頭龍神社』


「箱根神社・九頭竜神社」や「箱根彫刻の森」で観光をした後は、「箱根小涌園ユネッサン」で疲れを癒す。なんてルートはいかがでしょうか?その際は、水着をお忘れなく!

 

箱根町観光情報

箱根クラフトハウス

4:美しい海で思い出を!「沖縄」

沖縄に日帰りできる距離に住んでいるなら、沖縄への日帰り旅行もおすすめです◎是非訪れたいのが「首里城」や「国際通り」。そして、思い出作りに欠かせないのが「美しい海」です!

 

「海洋博記念公園」の中にあるエメラルドビーチは、「日本の海水浴場100選」にも選ばれており、常に整備が整えられている安全なビーチです。「美ら海水族館」と合わせて訪れたいですね。

photo bySatoru Fujiwara『ビオスの丘』


亜熱帯の自然を満喫したいなら「ビオスの丘」へ!ここでは水牛で園内散策ができ、湖水鑑賞船でジャングルクルーズ。貸しカヌーもあるため少人数に分かれて水上散歩なんていかがでしょうか◎

空旅.com

ビオスの丘

5:男子も楽しい!「季節の味覚狩り」はいかが?

手の中のいちご

 

3月上旬~ 「いちご狩り」

6月下旬~ 「桃狩り」

7月下旬~ 「ブルーベリー狩り」

8月上旬~ 「梨狩り」「ブドウ狩り」

9月下旬~ 「リンゴ狩り」「ミカン狩り」

このように、季節に合わせた「味覚狩り」も日帰り旅行にはおすすめです。

バスツアーなどで「体験パックツアー」で検索すると、お得な情報がゲットできますよ!

クラブツーリズム

6:意外と知らない?!「東京ツアー」

 東京や近郊に住んでいる人は、意外と生活圏内以外の東京を知らないかもしれません。

「皇居」や「浅草寺」「スカイツリー」や「隅田川遊覧船」などは、「いつも見てはいるけど体験したことがない。」あるいは、「子どもの頃行ったけど最近は行っていない」スポットになっているでしょう。

photo@『隅田川』


「浅草花やしき」がミシュラン公認のレジャースポットになっていることをご存知ですか?日本の伝統文化である「歌舞伎座」や「両国国技館」に足を運んだことがありますか?

なかなか機会がないと訪れにくい場所も「卒業旅行」と題せば、楽しいイベント気分で観光することができますよ。

 

たまには自分が住んでいる場所の再確認をしてみるのもおすすめ!就職などで東京を離れる友達がいれば、一緒に「東京ツアー」で思い出作りをしてみましょう!

はとバス

 

7.北海道なら「旭山動物園」に行きたい!

ペンギン

開園50周年を迎えた「旭山動物園」。この動物園の特徴である「行動展示」も定着してきましたね。

 

新たに始まった異なる動物を一緒の場所で飼育する「混合展示」では、オジロワシとオオセグロカモメをゴマフアザラシと一緒に展示したり、ジェフロイクモザルとカピパラシロテテナガザルとキョンを一緒に展示したりしています。

photo byTomoaki Kato『旭山動物園2月』


「ほっきょくぐま館」では巨大なプールの中、ダイナミックな飛び込みを見ることができ、普段目にすることがないホッキョクグマの泳ぐ姿が見られます。

ここに設置された「シールズアイ(カプセル)」からは、アザラシの視点からホッキョクグマを見ることができ、ちょっとした興奮体験を味わうことができますよ。

photo byVancent Photo『旭山動物園』


冬になると「ペンギンの散歩」が始まり、雪の中をヨチヨチ歩くペンギンが間近で見られます。「ぺんぎん館」の館内では360度見渡せる水中トンネルの中を、ペンギンたちが泳ぎ回っています。

まるで、空を飛んでいるようなペンギンの姿は一見の価値ありです!

 

そして見逃せないのが「あざらし館」。館内に入ると「マリンウェイ」と呼ばれる円柱水槽があり、この中をゴマフアザラシが優雅に泳ぎまわります。このマリンウェイ周辺はフォトジェニックポイントとなっており、たくさんの人がアザラシと一緒に記念撮影をしています。

皆さんも写真を撮るときはフラッシュをたかないよう気を付けて撮影してくださいね。

旭山動物園

8.歴史と伝統を感じる「京都」の旅

赤い橋

京都は有名な観光地であり、皆さんも修学旅行や家族旅行で一度は訪れているのではないでしょうか?

そこで、今回はあまり知られていない京都をご紹介しましょう。

 

日本一リアクションが取れる町「激辛商店街」

京都府向日市にある「激辛」を掲げた仮想商店街

この商店街では、カレーやラーメン、和菓子やおばんざいなど全部激辛なんです!!

photo byKoichiro Yoshida『激辛商店街マップ』


「商店街」と称していますが店舗が密集しているわけではなく、「激辛商店街」に入会した店舗の総称が「激辛商店街」として激辛メニューを出しています。「唐辛子梅酒」や「激辛大福」なんて強者もいますので、辛いもの好きにおすすめです!

 

らくがきOK!「単伝庵」

山門を入った正面に見える「大黒堂」の白い壁に、直接お願いを書き込むことができる「らくがき寺/単伝庵」。大黒様が見やすいように、願い事をお堂の壁に書いてもらおう!と始まったものだそうです。

 

毎年、年末に壁を白く塗り替えるそうなので白い壁にお願い事を書きたいなら年初め、みんなの願い事を見たい方は年末に訪れると楽しいかもしれません。

 

成人限定!「酒蔵巡り」

月桂冠・宝酒造・黄桜などの有名な蔵元が集まる伏見地区。ここでは様々な名酒が作られており、酒作りの歴史や道具、手法などを学べる「月桂冠大倉記念館」があります。

「きき酒」が堪能できる酒屋もあるので、成人なら日本酒の心を学びに訪れてみましょう。

photo @『嵐山』


このほかにも京都には「金閣寺」「清水寺」「鈴虫寺」「太秦」「嵐山」など、有名な観光スポットがたくさんあります!何度訪れても毎回違う顔が見られる京都は、卒業旅行におすすめの観光地です。

 

京都観光

激辛商店街

思いっきりはしゃげる!「ユニバーサルスタジオジャパン」

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」は、様々なアトラクションを体験しながらエリア別に分かれたイベントを楽しめる感動の別世界!映画を見たことがある方もまだ見ていない方も楽しめるスポットです。

卒業旅行におすすめの観光地ですよ!

 

有名映画のアトラクションを楽しもう!

photo byTAKA@P.P.R.S『ユニバ』


「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」では、ホグワーツ城が皆さんを出迎えてくれます。グリフィンドールの談話室・ダンブルドアの校長室・闇の魔術に対する防衛術の教室を巡った後は、冒険へ出発です!

 

ハリーと一緒にスニッチを追いかけるアトラクションは、とてもダイナミックなスケールで思わず声が出てしまうかも!他にも「動く肖像画」や、あの「太った夫人の肖像画」に出会えます。

 

ミニオン好きなら「ミニオンパーク」がおすすめ!「ニューヨークエリア」ではスパイダーマンやターミネーター、エルモ達セサミの仲間と出会えます。

 

チケットの買い方を確認!

photo bydurrah03『ユニバ』


USJではチケットの不正な転売行為を禁止し、転売者が発売したチケットのQRコードを無効化しています。ここはしっかりと正規ルートでチケットを購入し、思いっきりUSJを堪能したいですよね!

 

ということで、お得にチケットを購入できる方法をご紹介します。パーク入場に必要なチケットの種類は2種類。入場券のみの「スタジオ・パス」、1年間何度でも楽しめる「年間パス」です。

 

この入場チケットにプラスできるのが、優先搭乗が可能な「ユニバーサル・エクスプレス・パス」、ショーや食事を楽しめる「期間限定などのチケット」です。

 

入場に必要な「スタジオ・パス」は、1デイ・スタジオ・パスなら大人7,400円、2デイなら12,540円となっています。

そしてプラスして購入したい「ユニバーサル・エクスプレス・パス」は、入場日やアトラクションによって価格が変わってくるので注意が必要!

例えば、全部で7つの人気アトラクションの待ち時間を短縮できる「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」なら6,852円~となっています。

 

チケットは当日にUSJ窓口でも購入できますが、事前にWeb予約してローソンやみどりの窓口で受け取る。といったことも可能です。しかし、USJまでの交通費や入場料、アトラクションのチケットを別々に購入すると予算オーバーになってしまうことも。。

 

そんな時には「バスツアー」を探してみましょう。夜間出発でUSJに朝到着すれば1日中遊ぶことができ、「スタジオ・パス」が付いてくるツアーも多いため気軽に出かけることができます。

USJ

夜行バス比較ナビ

9.王道はやっぱり「東京ディズニーリゾート」!

「ディズニーランド」と「ディズニーシー」に分かれたディズニーパークなら、個性豊かなメンバーでも十分に楽しめるでしょう。

 

「ディズニーランド」で元気に遊ぶ!

「アドベンチャーランド」では「カリブの海賊」でキャプテン・ジャック・スパロウに会い、「ジャングルクルーズ」でワイルドな探検を!

「ウェスタンランド」では「ビックサンダー・マウンテン」でスリルを味わい、「蒸気船マークトウェイン号」で優雅な船旅を!

「ファンタジーランド」や「トゥーンタウン」では、有名なキャラクターに出会えるかもしれません!

「トゥモローランド」はスピード感あふれるアトラクションが目白押し!

パレードも見逃せませんね!

元気に遊びたい方にはディズニーランドがおすすめです◎

 

「ディズニーシー」でゆったり大人の遊び方を?!

「シー」は「ランド」よりちょっと大人のスポットです。

なんといっても「夢の国でお酒が飲める!」というところがポイントでしょう。

その他にも様々なアトラクションやキャラクターとの写真撮影、幻想的なパレードやショーを見ていると心が癒されてくるのを実感できます。

もしかすると、ここでカップル誕生!なんて奇跡も生まれるかもしれませんね。

 

遺跡好きにはたまらない「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー」、「ファインディング・ニモ」に出てきたクラッシュとおしゃべりできる「タートル・トーク」、「タワー・オブ・テラー」で恐怖体験をしてみませんか?

 

チケットは事前準備がおすすめ!

 

チケットは1デーパスポート7,400円。

このチケットを購入すれば「ディズニーランド」か「ディズニーシー」どちらかのパークを1日中楽しむことができます。

「USJ」と同じように「チケットの不正な転売行為を禁止」しているため、必ず正規ルートでチケットを購入しましょう。

 

チケットは当日に窓口でも購入できますが、事前にWeb予約をして自宅のプリンターで印刷することも可能です。

東京ディズニーリゾートは混むこと必至!

チケットを購入するためだけに販売窓口に並ぶのは避けたいですよね。

チケットの自宅郵送も可能なので、無駄な時間を使うことなく仲間と思い切り遊びましょう!

 

東京ディズニーリゾート

最高の笑顔をお土産にしよう!

笑う人々

学校を卒業すると忙しくなったり、遠距離になったりしてなかなか会えなくなる友達もいることでしょう。

その前に思い出を楽しみながら作っておきたいですよね。

日帰りでも行ける観光地なら、多人数でもスケジュールを合わせやすいのではないでしょうか?

 

念のため「学生証」を旅行に持っていくと、学生割引きをしてくれる施設などがあった際に便利です。

学生生活の特典をフル活用して、楽しく卒業旅行を満喫してください!

 

続いてこちらの記事もおすすめ!↓

 

卒業旅行は温泉へ!気軽に行ける関東からの日帰り温泉をご紹介◎

【女子旅日帰りにおすすめ】学生でも気軽に行けるスポット15選

ひとり旅におすすめ!日帰りで行けるおすすめ旅行先【関東・関西それぞれ10選】

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。