あれもダメ?【飛行機持ち込みNG】の物を知っておこう

楽しい飛行機の旅。準備の段階で持ち物のチェックは欠かせません。しかし念入りに準備をしていても、機内に持ち込もうとしたら止められるパターンも意外と多いのです。これは電車やバスの旅と違って、飛行機の中に持ち込める物は細かい制限があるからです。そうならない為に、今回は持ち込み制限についてまとめてみました。

『機内への持ちこみが不安な人』
『機内手荷物について知りたい人』におすすめ!

持ち込みできる手荷物の大きさや重さ

 ANA・JALの手荷物条件

■100席以上 3辺合計115cm以内(55cm×40cm×25cm以内)

■100席未満 3辺合計100cm以内(45cm×35cm×20cm以内)

■カバンのハンドルやキャスター、ポケットなどの付属品を含む、重さ10Kg以下の荷物であれば機内に持ち込めます。

 

 LCCの手荷物条件

3辺の合計が115cm以内(※航空会社によって微妙な違いはあります)

■ジェットスターは7Kg以下となっていますが、それ以外のLCCは10Kg以下なら持ち込み可。

※格安航空LCCの場合は持ち込めなくなった荷物を預ける場合、4000円ほどの預け代金をとられてしまうことが多いので注意しましょう。

 海外の航空会社

身近な所で大韓航空だと、利用クラスにもよりますが3辺の合計が158cm以内、重さは23Kg以下は持ち込めます。日本よりややゆったりとした印象ですね。ユナイテッド航空は3辺の合計が113cm以内とこちらの基準は少し小さめのようです。

入れてしまいがちな物

これらの物品は機内持ち込みが禁止されているものです。

  1. ハサミ・ナイフ・カッター類
  2. オイルタンク式ライター※通常のライターも1人1個まで
  3. キャンプ用などのガスボンベ、炭
  4. 花火やクラッカー

凶器と分類される物は機内への持ち込みができません。法律違反とみなされ50万円以下の罰金刑となるので気を付けましょう。ハサミなどを持参している場合は、機内には持ち込まず、必ず手荷物カウンターで預けるのを忘れずにしましょう。

 

念のため気を付けておくべきNGな物

これくらいならいいかな?と思われるようなものでも持ち込みがNGな物もあります。

  1. 傘(先の尖った傘は鋭利な刃物として判断される場合があります)
  2. アウトドア用品(スキー用ストック、登山用のトレッキングポール、ピッケル、アイゼンなどは鋭利な刃物として判断される場合があります。また、ゴルフクラブも凶器に分類されます)
  3. アルコール(以下の制限があります)
    24%以下 機内持ち込みOK
    70%以下 機内持ち込みOK(※一人5リットルまで)
    70%以上 機内持ち込みNG

 

 

細かいけれど実は持ち込みNGな物

  1. リチウム電池(ノートパソコンやビデオカメラに内蔵されているリチウム電池ですが、本体に内蔵されている電池、予備電池は共に2g以下であれば機内への持ち込みができます)
  2. 電動車椅子(飛行機の振動により、車いすに電源が入り動き出す。気圧の変化によって、バッテリーの中にある硫酸などの電解液が漏れてくる。振動の衝撃でバッテリーが発火する。などの可能性があるためバッテリーの状態などがチェックされます)

 

液体物の持ち込み(※国際線)

液体物の持ち込みですが国際線においては細かい制限があるので、間違えないようにチェックしておきましょう。前提として、国際線では100ml(g)を超える液体物の持ち込みは一切できません。

「液体」には、以下のようなものが該当します。

  1. 化粧水
  2. シャンプー・リンス・液体ソープ
  3. スプレー(ヘアスプレーなど)
  4. 歯磨き
  5. 日本食(みそ、缶詰、びん詰め、漬物、ヨーグルト、ゼリー)

 

これらを複数持ち込む際には、容量が1リットル以下のジッパーがついた透明のプラスチック袋に余裕をもって入れなくてはなりません。プラスチック袋の大きさで言えば縦横20cm以内であるという条件があります。透明のプラスチック袋でなければ100ml以下であっても、機内への持ち込みができないので注意が必要です。もしも100mlを超えてしまう物については手荷物カウンターで預かってもらいましょう。

 

ただし出国手続き後に、免税店で買った飲料水や化粧品は、100mlを超える液体物でも機内への持ち込みが可能です。これについては、制限なく機内への持ち込みが可能となります。

 

手荷物カウンターに預ける場合について

手荷物

 預ける場合の制限

ANA・JALのエコノミークラスの場合は、重さが23Kg以下であれば無料で預けることができます。荷物の3辺の合計JALは203cm以下、ANAは158cm以下で2個まで無料としています。他の航空会社でもそこまで差はありませんが、2個ではなく1個までと定めている所が多いので注意しましょう。

 

超過料金が発生した場合は航空会社や距離など、条件によって様々ですが大体3,000円から20,000円の間です。超過料金を支払いたくない人は、事前に荷物を少なくするなどの工夫をしていきましょう。持ち込みや手荷物預かりについてはこちらを参考にしてみてください。

ANA持ち込み詳細

JAL持ち込み詳細

手荷物カウンター

いかがでしたでしょうか。
機内に持ち込める荷物について知っておかなければ、手荷物カウンターまで戻らないといけない場合、最悪の時は破棄しなければいけない場合なども出てきます。その様な手間を少しでも増やさない為にも、万全の態勢で行きましょう◎!

 

続いてこちらもチェック↓↓

旅行時の荷物をコンパクトに!スッキリさせるパッキング術

【国内線・国際線ルール】何分前に到着すれば大丈夫!?

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。