海外用SIMカードの使い方をご紹介◎海外でも楽々インターネット♪

スマートフォン

スマフォやタブレットは今や生活必需品の一つになっています♪お店を探してルート検索をしたり、友達とLINEをしたり、用途はさまざまです!そんな生活に慣れてしまうと海外旅行中も同じように使いたいと思いますよね♡今回は、海外でインターネットを利用する方法の中から特にSIMカードによる使い方をご紹介します♪

『海外旅行中のSIMカードを使ったインターネット接続を知りたい人』
『海外旅行中でもスマフォやタブレットが使いたい人』
におすすめ!

そもそもSIMカードって何なの?

SIMカード


SIMカードは、スマートフォンやタブレットを利用するために必須のICカードです!SIMカードの中には、利用者を識別する個別IDの情報などが入っていて、これによって電話会社が回線を利用しようとしているのがあなただとわかるので、音声通話やデータ通信が許可されて接続ができます♪

 

例えばSIMカードを入れ替えると?

つまり、友達のスマートフォンとあなたのスマートフォンでSIMカードを取り替えると、待ち受け画面や電話帳などは変わらないので、何も起きてないように見えますが、その状態で友達のスマートフォンを使った場合には、使用料はあなたに課金されます><

もちろん電話を受信した相手にも、あなたの電話番号が表示されますよ◎

 

海外でも日本と同じように自分のスマフォやタブレットが使いたい!

タブレット


ガイドブックの代わりにしたり、道案内に使ったり、海外でもスマフォやタブレットを使いたい人は多いですよね。

そんな人たちのために、ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアでは、海外でもそのままの電話番号が使える“海外ローミング”というサービスを提供しています。

 

海外定額サービス

また、データ通信に関しては、“海外定額サービス”などのサービスを提供しているので、日本で利用するのと同じ感覚で利用できます。

これは、日本の携帯会社各社が現地の携帯会社と提携して、現地であなたの電話番号がそのまま利用できたり、データ通信ができたりするようにしているサービスです♪ただし、これらのサービスは利用料が高いという問題があります。

 

ドコモ

基本パック 980円/24時間
日本で契約しているプランのパケット上限を超えると、速度制限がかかります。

 

パケットパック海外オプション(ドコモ)

au

世界データ定額 980円/24時間
海外で利用した通信料は、日本で契約しているプランのデータ容量から消費されます。

世界データ定額

ソフトバンク

25MBまで1980円/日 25MB以上2980円/日
1日とは日本時間の日本時間0時から23時59分までを指します。

海外で使う(ソフトバンク)

高額な利用料


渡航先によっては割引サービスがある場合もありますが、基本料金が割高なのがわかりますね!ドコモとauに関しては、あくまで海外で利用するための手続き料なので、パケットは毎月のプランから消費するのも気になるところです。

いざ、旅先で迷子になった時に速度制限で検索が遅い!なんて自体は避けたいものです^^;

 

海外定額サービス、音声通話はどうなるの?

音声通話に関しても、日本からの通信料が通常より高くなるのはもちろんですが、受信する側にも着信料がかかってしまいます。

旅行中もどうしても普段の電話番号にかかってきた電話に出られないと困る、というような理由がある人以外は、同じ電話番号を使える、という利点のために支払う額としてはもったいない金額にも思えます。

 

海外ローミングの稀にある事例

また、頻繁な事例ではないのですが、海外ローミングでは、電波の周波数や通信方式がマッチしてしまうと自分のキャリアが提携していない現地の電話会社に繋がってしまうことがあります。

これに気が付かずに使用してしまうと、後から数十万という高額な通信料を請求されることがあります!

海外旅行中のスマフォ利用(地球の歩き方)

そんな時のためのSIMカード!

これらの問題を解決する方法が、現地でSIMカードを購入する、または海外用のSIMカードを利用することです。
国によっては、短期の旅行であっても現地でSIMカードを購入する方法がもっとも安いのですが、言葉の問題事前に日本で準備することができないといった問題があるので、今回は日本の会社の海外用SIMカードを利用する方法をご紹介します♪

 

今使っているスマートフォン、海外用SIMカードが使えるの?

SIMロック


“海外用のSIMカードを利用する”、と決める前に、一つ確認しないといけないことがあります。

それが、あなたのスマートフォンが海外用のSIMカードを利用できる機種かどうかの確認です。スマートフォンにはSIMロックがかかっているものSIMフリーのものがあります。

 

あなたのスマフォはSIMフリー?

SIMフリーのスマートフォンは、すぐに海外用のSIMカードを利用することができます。しかし、SIMロックのかかったスマートフォンはロックの解除をしないと海外用のSIMカードを使うことはできません。

今現在、格安スマフォといわれる会社のスマートフォンを使っている人は、基本的にSIMフリーなので問題ありません。大手キャリアの場合には、SIMロック解除の手続きをする必要があります。また、SIMロック解除には、各社一定の条件を設けています。

 

SIM解除の手続き(ドコモ)

SIMロック解除のお手続き(au)

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する(ソフトバンク)

SIMロックの問題はOK!じゃあ、どうやって使うの?

SIMカードをスマフォに挿入


  1. 海外用SIMカードを購入
    サービスを提供している会社のWebサイトやAmazon、大手家電量販店で購入できる場合もあります。
  2. WebサイトでSIMカードの情報を登録
    SIMカードの台紙には電話番号ある“MSISDN”とカードの識別番号である“ICCID”が記載されています。
    この番号を登録することでSIMカードが有効になります。
  3. クレジットカードやメールアドレスの登録
    多くの場合、SIMカードの情報を登録するのと同時にチャージに使うクレジットカード番号や連絡用のメールアドレスも登録することになります。
  4. 通信テストを行う
    SIMカードを実際にスマートフォンに挿し、テスト用のAPNを設定します。
    APNとはアクセスポイントネームの略で、SIMカードでインターネットにアクセスるのに必須の設定です。
    具体的なテスト方法は、利用する会社ごとに異なるので説明書を参照してください。
    また、テスト終了後は元のAPNに戻す必要があることも忘れないくださいね!
  5. プランの選択やチャージを行う
    通信テストで問題がなければ、初期のプランを選んだり、必要な量のデータをチャージしたりします。
  6. 渡航先のAPNを設定する
    実際に利用する際には、渡航先用のAPNに設定をします。

海外用SIMカードのメリット

インターネット


海外でインターネットを利用する方法としては、一般的なのはWi-Fiレンタルじゃないの?と思う人も多いかもしれません♪

テレビCMが流れていたのもあって、確かに知名度はこちらの方が高そうですね!どちらも一長一短あるので、どちらがおすすめかはあなたの旅のスタイル次第ですが、海外用SIMカードには色々なメリットがあります♪

 

スマートフォンに挿すだけなので、充電器など余分な荷物が増えない

レンタルWi-Fiの場合には、観光中もルーターを持ち歩く必要があり、更に充電器も必要になるので、少しでも荷物を減らしたい海外旅行では邪魔になりますね。

 

データを使い切ったらチャージできる

レンタルWi-Fiの場合は、1日あたりやレンタル期間中で使用できるデータ量が決まっているので、データ量を気にしながら使用しなければなりません。

大容量のプランもありますが、“旅行に行ってみたら実際にはそれほど必要なかった”という場合には、無駄なお金を使ってしまったがっかり感がありますね♪

 

音声通話にも対応

全てのプランや会社ではありませんが、データ通信だけでなく、海外用SIMカードなら音声通話にも対応しています。

レンタルWi-Fiでもスカイプの音声通話などを利用すれば、会話もできますが、親御さんが機械音痴でスカイプなどは苦手…という場合には、音声通話ができる方が、緊急時に連絡しやすいので安心させられますね♡

 

別行動での待ち合わせにも使える

待ち合わせ


グループで旅行に行くと、買い物をしたい人とスポーツ観戦をしたい人、やりたいことが違う場合がありますよね!

そんな時、各自のスマートフォンが使えれば、メッセンジャーや音声通話で用事が終わった後に簡単に合流できます♪逆にパッケージツアーなどで常にみんなで同じ行動をする場合には、レンタルWi-Fiの大容量プランを契約してシェアした方が安上がりになります◎

 

複数の国への旅行も特別な手続きが必要ない

利用する海外用SIMカードの会社が対応している国であれば、特別な手続きは必要ありません

レンタルWi-Fiの場合には、1ヶ国プランや周遊プランなどあらかじめ決められた国でしか使えないので、使う予定にない乗継や電車で通過するだけの国でうっかり使ってしまったり、国境沿いを旅行していて、ちょっと観光の予定が変わってお隣の国で使ってしまったり、そういった時に高額な請求をされることになります。

 

SIMカードは再利用できる

海外用SIMカードはレンタルではなく、3000円ほどで購入します。そのため、SIMカードは最後にチャージした日から1年ほど有効な会社が多く、会社によってはデータも繰り越せるので再利用が可能です。

あなた自身が繰り返し使うことも、家族で使いまわすこともできますので、あなたや家族が海外旅行に行く機会が複数回あるなら、どれだけデータが残っていても返却したら終わり!のレンタルWi-Fiより無駄がありませんね♪レンタルWi-Fiともっと詳しく比較したい人は過去記事をチェック!

 

Wi-Fiを持って海外旅行に行こう!学生さんにおすすめのWi-Fiレンタルは?

おすすめの海外用SIM

スマートフォンを使う人たち


200ヶ国で利用できる“TAKT”

有効期限が1年の代わりに、2980円で500円分のデータがチャージ済みのTAKT SIM カードLITEや空港でのみ購入できるヨーロッパ周遊用など種類が選べます

その中で、もっとも特徴的なのは、TAKT SIMカード。4980円で1000円分がチャージ済みとSIMカードの値段は少し高めですが、日本国内でチャージやデータ通信だけでなく、残高確認をするだけでもその日から1年間有効期限が延長されるので、実質、無期限で利用できます。

 

30分の無料通話がついてくる“IIJmioトラベル”

格安SIMでも有名なIIJmioの海外用SIMカードです。音声通話付のスタートパックなら、30分の無料通話がついてきます!受信・発信合わせて30分ですが、ホテルのチェックイン時間に遅れる時の連絡など、旅行中に考えられる通話には十分な時間ですよね。

データや音声通話の有効期限は14日または1日ですが、SIMカードは最後にチャージした日から1年間です。料金体系やリチャージのための会員専用ページ、データや通話時間の残量がSMSで通知されるなど、初心者にわかりやすいのもうれしいポイント♪

 

IIJmioトラベル

Amazonで購入可能な“Mightysim”

データ通信専用のSIMカードで、渡航先や使用料によってさまざまなプランが用意されています。SIMカードの有効期限が無期限なので、1年以内に操作をするのをうっかり忘れてしまって無効に……ということがないので便利です。

特徴的な機能としては、オートチャージ機能で、設定しておくとデータの残量がなくなると自動でチャージをしてくれます。ただし、この機能を利用すると気が付かないうちに高額な請求が!ということもありますので、十分に注意して使ってくださいね!

 

MightySIM

ここ数年で、日常生活でも旅行先でもスマフォやタブレットがすっかり必需品になりました♪

その分、海外旅行であれば海外用SIMカードや海外ローミング、レンタルWi-Fiや渡航先のフリーWi-Fiなど、サービスも増え、複雑にもなっています!

面倒くさーい!と思うかもしれませんが、せっかくですから、さまざまな情報を比較して、賢く、お得に、便利に海外旅行でもインターネットを利用してくださいね♡

海外用SIMカードを使えば旅行中も安くて便利!学生さんにおすすめなのは?

ヨーロッパ周遊でヨーロッパ専用SIMを利用してみたレポート

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。