夜行バスを快適に過ごす方法!夜行バスに乗る前にぜひ♡

夜行バス

旅行となると、宿泊費や遊興費、食費など、様々なものにお金がかかりますよね。そんなときに節約できるとしたら、まず移動手段を選択肢に入れてみましょう♪夜行バスは眠れなさそう、混雑していたら嫌など、不安に思うこともありますが、それ以上にメリットも多いことを知っていますか◎夜行バスの時間も、快適な旅にしちゃいましょう♪

『夜行バスに乗る予定のある人』
『夜行バスでの旅を計画している人』におすすめ!

1.夜行バスを快適に過ごす工夫

ファッションはゆったりと♪

ファッション

体を締め付けるような服装は避けましょう!例えば、細身のジーンズやスーツ、シワが付いたら大変そうなパンツやジャケット、タイトスカート、きつめの下着など◎

リラックスできるような、ゆったりとした服装がおすすめです^^例えば、ふわりとしたワンピースや気軽に羽織ることのできるシャツ、ゴムのゆったりとしたボトムス、トレーナー、パーカーなど◎

 

リラックスできる音楽を聴こう♪

ミュージック

眠りにつく際には、耳栓で周囲の音を完全にシャットアウトするか、自分の好きな音楽を聴くのがいいですね^^

ただし、自分の好きな音楽と言っても、激しいクラブミュージックやヒップホップなどの思わず踊りだしたくなるような音楽よりも、リラックス効果のあるヒーリングミュージックなどがおすすめです♡クラシックや自然の音などが良いでしょう♪

 

温度調節が大事!

毛布

寒かったり暑かったりすると、快適に過ごすことが難しくなります。脱いだり着たりすることが気軽にできるカーディガンや上着が1着あると安心です^^また、女性の場合は冷え性の方も多いため、ブランケットやストールなどがあると重宝します♡

暑がりの方は冷えピタシート、真冬の場合はホッカイロなど、季節や自身の体調に合わせて温度調節できるグッズを選ぶと良いでしょう♪

 

ストレッチのすすめ♡

ストレッチ

夜行バスでは長時間同じ姿勢で座り続けるために、首や肩が凝ったり腰が痛くなったりすることも。どんな姿勢で過ごすのかは、かなり重要な問題です◎また、痛みの予防・防止のためにも、狭いスペースでもできる軽いストレッチで体をほぐすと良いでしょう^^

また、座り続けるのを避けるために、トイレ休憩でサービスエリアへ停車する際には、ぜひとも車外に出ましょう!このときにストレッチするのもおすすめです♡

 

映画鑑賞し放題♡

映画

どうしても眠ることができないといったときには、この際観たかった映画を観まくるというのも選択肢の一つです^^動画配信サービスに登録すれば、観たい映画やドラマが見放題です♡モバイルwifiの持参やwifiに対応している夜行バスを利用するなどの事前準備が必要な場合もあるため、確認しておくと良いでしょう。

また、もう一つの注意点として、スマホやタブレットの画面の光は明るいものです。周囲の人の快眠を妨げてはいけませんので、ブランケットをすっぽりと被って鑑賞するなどの工夫が必要です♪

 

読書し放題♡

本

映画鑑賞し放題と同じようなものですが、読書もし放題ですよ♡夜行バスは照明を落としてしまうため、紙ベースの本を読むことは難しいかもしれませんが、電子書籍ならどうでしょうか♪

あらかじめ、前から読みたいと思っていた小説やコミックなどをダウンロードしておくと良いでしょう^^また、本が読み放題ですが、ビジネス書や参考書で勉強することも可能ですよ♪注意点としては、乗り物酔いしないことです◎

 

あると便利な持ち物リスト

  1. アイマスク:外部の光を遮断させることにより、リラックスして眠ることができるでしょう♪
  2. マスク:車内は乾燥していることがほとんどであるため、できれば濡れているマスクがおすすめ♪また、寝顔を隠したりすっぴんを隠したりするのにも大活躍♡嫌な臭いも少しは和らげることができますよ^^
  3. 耳栓:周囲の音をシャットアウトさせることで、安眠できるはず◎完全にシャットダウンして爆睡してしまうと、トイレ休憩や到着のアナウンスが聞こえないこともあるため、使用時にはそうした注意点も踏まえておきましょう!
  4. ネックピロー:首用の枕◎バスや飛行機に乗る際には、首が痛くなることが多いもの。ネックピローで首を固定させることにより、安眠できること間違いナシ♪
  5. タオル:顔を隠したり、マスク代わりにしたりすることもできる優れもの♪丸めて腰やお尻、首など、痛くなりそうな部位に置くのもアリでしょう◎
  6. モバイルバッテリー:スマホをいじる予定のある人は、あると便利ですし安心ですね◎
  7. スリッパ:日本人は、靴を履いている状態ではリラックスできないことも多いはず。家や部屋のなかで靴を履いていることが習慣としてないからです◎そこで重宝するのが、スリッパ♡裸足になったり靴下になったりするのは、周囲へのマナーとして避けたいものです◎

2.快適な夜行バスのご紹介

WILLER EXPRESS・NL-LINE

ウィラーエクスプレス

撮影:Kwok Ho Eddie Wong 『WILLER EXPRESS』


進化系シート

斬新なシートが揃っているのが特徴的なWILLERのバス◎「コクーン」は、2列で斜めに配置されており、座席間がパーティションで仕切られたプライベート感あふれるシートです^^プライベートモニター・ミラー・ラックも付いていますよ♡

また、電動リクライニング機能付きシートや、寝顔を隠すことのできるフード付きシートなどの面白いシートも存在します^^

宇宙船のようなバス

スマホ向けオンラインゲーム「INGRESS」とコラボしたバスNL-RINE◎関西中心に運行しています♪青い光、独特のデザインはまるで宇宙船のよう♡

水曜日はお得に!

「水曜WILLERでGO」は、毎週水曜日17時から期間限定プラン販売開始♪通常より断然お得な料金は調べる価値アリです!

VIPライナー

シート

写真はイメージです。


待合所はラウンジ

バスを待つ際には、フリードリンク・マッサージチェア・無料で利用できるパソコンなどでくつろぐことができます◎パウダールームやフィッティングルームも完備◎

一斉リクライニング声かけサービス

消灯時間になると、リクライニングをフルで倒すようにとのアナウンスが入ります♪これで、後ろの座席の人に遠慮することなく座席を倒すことができるため、実にありがたいサービスですね^^

東京―大阪間が500円?!

ワンコインシートは、東京―大阪間、東京―名古屋間がなんと500円で乗車できてしまうというもの!VIPライナーオフィシャルサイト限定で不定期に販売しているため、常にチェックしておくと良いでしょう♡

3.夜行バスのメリット

格安!

チケット

やはり、何と言っても安いというのが夜行バスの最大の魅力と言えます♡

例えば、東京―大阪間であれば、片道2,000円~3,000円ほど。飛行機では1万円、新幹線では15,000円ほどです。どれだけ格安なのかお分かりいただけますでしょうか◎

 

混雑することが少ない

空いてる

深夜帯に走る夜行バスは、道路がすごく空いています◎交通トラブルに巻き込まれることなく、スムーズに走り続ける夜行バスであれば、安心して眠ることができるのではないでしょうか♪

 

時間の有効活用も♡

時間

夜行バスは、朝に目的地に到着します。そのため、到着した1日目はフルで旅を楽しむことができます◎

朝発のバスであれば、どこへ行くにしろ、午後・夕方・夜間になってしまいますよね。そうした時間のロスを失くすためにも、睡眠時間を移動時間に充てることのできる夜行バスは、魅力的です♡

 

寝坊の心配ナシ!

寝坊

夜行バスの車内で例え爆睡してしまったとしても、寝坊する心配はありません!目的地に到着すると強制的に起こされるため、寝坊で失敗をする、ということはありません^^

 

荷物がたくさんあっても大丈夫♪

荷物

夜行バスには、荷物を入れることのできるスペースが外側に存在します^^大き目のスーツケースやかさばるリュック、キャリーバッグなどは、荷物置き場に置いておけば邪魔になることはありません◎

バス車内には、ハンドバッグなどの必要最低限の持ち物だけ持参すると良いでしょう♪

 

4.夜行バスのデメリット

到着が朝早すぎる

時計

目的地に到着する時間帯は、だいたい早朝となります><あまりにも朝早く到着してしまった場合には、お店や施設などが開いてなく、開いているのはコンビニや24時間営業のレストランやファーストフード店、マンガ喫茶などしかないといった場合も。

目的地があったり、現地で待ち合わせなどをしていたりする場合には、どこかで時間を潰さなくてはなりません◎

 

安眠できず疲れやすい

疲労

長時間座りっぱなしで足を伸ばせなかったり、パーキングエリアで休憩を挟むたびに点灯したりする車内の明かり。ちょっとした物音も気になります。これらの悪条件のなか、ずっと眠りにつけなかったという方も。

眠れたとしても、きゅうくつで眠った気になれず熟睡できていないと感じる方も多いでしょう◎

 

防犯・事故などの不安がある

事故

交通事故に巻き込まれることは、誰にでも起こりうることです。また、車内には見ず知らずの人ばかりがいるために、いざ眠ってしまった場合の防犯について、不安を感じることも自然な気持ちと言えるでしょう◎本当に大事なものは、バスの荷物入れにしまうこと!その他のものは、盗まれない工夫を施す必要があります。

例えば、貴重品はポーチなどにまとめて、腰の後ろなどに置いておく。スマホやタブレット、ノートパソコンの場合は、眠るときには座席のサイドにしっかり保管するなど、注意しましょう◎

 

遅延の可能性もアリ!

渋滞

夜間は道路も空いていますが、目的地に近づくにつれて、渋滞に巻き込まれることがあります。ラッシュの時間と被ってしまっては大変です。通常、ラッシュの時間と被らないよう到着する予定となっていますが、何らかの理由により、出発時間が遅れるなどの不測の事態が発生することもあります。早朝に到着する予定であったのに、まさかの10時、という可能性もあるということを念頭に置いておきましょう◎


夜行バスは、時間を気にすることなく安く移動したいという方には、ぜひおすすめしたい移動手段
です^^

夜行バスで、ゆったりのんびりとした旅を楽しむのもアリではないでしょうか♡

【格安夜行バスの利用】バス会社の料金比較・メリットデメリット

【まとめ】夜行バスに少しでも快適に乗る方法・コツ・お役立ちグッズ

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。