旅行時の荷物をコンパクトに!スッキリさせるパッキング術

Views:140

旅行に行くときのパッキングに毎回頭を悩ませる・・筆者もそんな1人でした。しかし、衣類の収納法などパッキングのコツや100均で買える収納グッズさえ知っていれば、たくさんの荷物もコンパクトにたくさん持っていくことができます!今回は、そんなパッキングのコツをご紹介します◎

『パッキング術を知りたい人』
『旅行の荷物が多くなってしまう人』におすすめ!

①スーツケースのパッキング術

飛行機での旅行の場合には、荷物の重量制限があったり、持ち込めるカバンの数に制限があったりと、厳しいルールが存在します。そんな飛行機で使えるパッキングのコツからご紹介していきます◎

 

 

スーツケースの収納のコツ

スーツケースの収納は、重い荷物はまず下のほうに詰めて、壊れる恐れがあるものは真ん中あたり、衣類などはスーツケースの外側に敷き詰めることで、クッションとしての役割も果たします。

 衣類のパッキング

  1. 圧縮袋を利用する
    くるくると丸めるだけで空気が抜けて洋服が圧縮され、余分なスペースをなくすことが出来ます◎
  2. 風呂敷で包む
    ぎゅっとまとめるだけで洋服のかさを意外となくすことが出来ます◎
  3. 服をくるくるとまるめて畳む
    畳むのではなく、くるくるまるめると、隙間を活用した収納にもなります◎

このような方法はパッキングにあたりとても便利ですが、どうしてもシワはついてしまうもの。シワがあっても目立たない洋服を選ぶようにすると良いでしょう。

 

 化粧品のパッキング

  1. シャンプーはトライアルキットか、ホテルのアメニティを利用する
  2. 化粧水は100均などに売っているケースに詰め替える。コンタクトケースも代用できます◎

 その他のパッキング術

  1. 靴にはシャワーキャップをかぶせる
  2. 靴下は靴の中に収納する
  3. 女性の場合、ブラジャーの中にも靴下や下着を入れておく。
    カップ崩れの防止にもなります◎
  4. 薄い洗濯ネットを仕切りの袋として使用する
  5. ドライヤーなどの小型家電は、洋服やタオルでくるくると包む
  6. ナイロン製の折りたたみ鞄をひとついれておき、帰りお土産などが増えても大丈夫なようにする
  7. コードは輪ゴムなどでしばっておく
  8. どうしても入らない・・場合一度フタをしてスーツケースを揺さぶる。重いものが下にいき、隙間ができる可能性が高いです。

 

スーツケースのサイズ

スーツケースには、いくつかのサイズがあります。

  1. 【2~3泊】
    30~49リットル。国内旅行やアジアなどの旅行、日帰り旅行に最適。
  2. 【3~5泊】
    50~59リットル。国内旅行や短期海外旅行にもおすすめ。
  3. 【5~7泊】
    60~89リットル。
    気候が異なる地域に行くときも、余裕をもって荷物を入れることができます。
  4. 【10日以上~長期】
    90リットル以上。
    留学や長期出張に。家族旅行のカバンをひとつにまとめるときなどに便利です。

 

スーツケースサイズの制限

飛行機の機内持ち込みOKとされているのが、3辺の合計が115センチ以内であること。国内線に関しては、各辺の長さが55センチ×45センチ×25センチ以内であること。また、飛行機へお預け荷物として預けられるスーツケースのサイズは、3辺の合計が158センチ以内であることと制限があります。(※それぞれの航空会社により、異なる場合があるのでご注意ください。)

②リュックサックのパッキング術

国内への旅行へは、電車や新幹線を利用することも多くなります。そんな旅には小さいスーツケースや、リュックサックを使用する方も多いのではないでしょうか?リュックサックのパッキングをご紹介いたします!

  1. 重心を安定させるため、重みのあるものは背中側にいれていく
  2. 荷物が分散しないよう、ポーチや小袋を活用する
  3. よく使うものはサブポケットに入れる
  4. 旅券や地図などはクリアファイルに入れる
  5. 貴重品やお土産をいれるサブバックがあると◎

 帰りに荷物が溢れてしまったとき

 

 

どうしても荷物が減らないときは?

行きは入ったのに、帰りが溢れてしまう…ということが多い方には、現地で捨てられるものを持っていくという方法があります。パジャマ類は現地に捨てても大丈夫な使い古したTシャツ、靴下は使い捨てのもの、南国ならばサンダルは100均のものを持っていって現地に捨てていくというようなものです。

 

パッキングのコツまとめ

アイテム

旅行で使えるパッキングのコツ、みなさんはすべてご存知でしたでしょうか。カバンの種類に合わせて、さまざまな収納法があり、必要なアイテムも、ほとんど100均で簡単に買うことができます。

これは使える!と思ったパッキングのコツがあったら、次回の旅行のパッキングで活用してみてください◎スーツケースに余裕ができて、いつもより少し多めにお土産が買えるかもしれません♪

 

合わせてこちらの記事もチェック!↓

宿泊日数・スタイルから選ぶ【おすすめスーツケーツ15選】

海外旅行の必需品!これをおさえればひとまず安心な【基本の持ち物リスト】

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。