【徹底調査】ハワイで日本のスマホを使うには??(海外Wi-Fi編)

PR

ハワイへの旅行が決まっている方、またはこれからハワイへ行こうと思っている方へ、ホテルやツアーの予約、スーツケースを探したり、パスポートの期限を確認したり、ESTA(エスタ)の申請をしたり、、と事前に準備することはたくさんあります。

そんな中、意外と盲点なのが現地でのインターネット環境。何も準備しないで行くとせっかくスマホでブックマークしておいたツアーの予定や、美味しいお店の情報が現地で見れない、、ということも。

今回は海外旅行先でも日本のスマホを使う方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

>>海外WiFi人気ランキングはこちら<<

『ハワイのインターネット環境やWi-Fi事情が気になる人』
『海外でスマホを格安で使う方法を知りたい人』
におすすめ!

ハワイでスマホからインターネットを使うには?

日本で使っているスマホを使って、ハワイでインターネットに接続する方法は、主に以下の3つです。

1)現地のWi-Fi無料スポット
2)携帯キャリアのローミング
3)海外Wi-Fiルーターのレンタル

それぞれメリット、デメリットがあるので簡単に紹介します。

1)現地のWi-Fi無料スポット

メリット
・無料Wi-Fiスポットなので「無料」で利用できる(時間制限がある場合もあり)
・ハワイなら主要な観光地やホテル、ショッピングモールにだいたい無料Wi-Fiスポットがある

デメリット
・無料Wi-Fiスポットがあっても、人が大勢いるところだと繋がりにくかったり、途切れてしまう場合がある。
・バスやタクシー等での移動中は、無料Wi-Fiスポットがないのでインターネットの利用が出来ない。
・誰でも無料Wi-Fiスポットに接続ができるため、セキュリティ面の不安がある。

2)携帯キャリアのローミング

メリット
日本で使っているスマホさえあれば、インターネットや電話を利用できる
他にルータ等がいらないので持ち運びも便利。

デメリット
・日本にいる時に専用プランの申込やスマホ(アプリ)の設定が必要。
・ほとんどの携帯キャリアで利用料金が1日あたり3,000円程度かかる。
・電話やSMSは定額ではなく、従量課金の場合が多いのでさらに高額になることも。

3)海外Wi-Fiルーターのレンタル

メリット
1台のWi-Fiルーターで複数のスマホやPCを接続することが出来る
・Wi-Fiルーターを持っていればバスやタクシーの移動中もインターネットが利用可能
・キャンペーンを使うと1日数百円程度と格安でレンタルできる

デメリット
・Wi-Fiルーターを常に持ち歩かなければ接続できない。
・(別行動をするとき等、)Wi-Fiルーターを持っていない人はインターネットが使えない。
・日本の空港で受取と返却の手続きが必要になる(現地のカウンターでレンタルできる場合もある)

3つの方法ともメリット、デメリットありますが、いろいろ検討した結果、今回は「移動中もインターネットが繋がらないと不便。でも料金は安く抑えたい」ということで、海外Wi-Fiルーターをレンタルすることにしました

今回使用した「海外Wi-Fiルーター」の詳細はこちら

海外Wi-Fiルーターをお得にレンタルする方法

日本の空港や現地にカウンターがあり、 そこで海外Wi-Fiルーターを貸りることができます。

ただし、夏休み等の混雑時期は当日にいざレンタルしようと思っても、混んでいて手続きに時間がかかってしまったり、最悪の場合、「渡航先に対応したWi-Fiルーターの在庫がなくて借りられない。。」ということもありえるので、インターネットからの事前の申込みをおすすめします。

インターネットからWi-Fiルーターを申込

今回はたくさんある海外Wi-Fiルーターの中から一番人気のあるWi-Fiルーターを探すため、全28種類のWi-Fiサービスを比較できる価格.comを使って探しました。

まず、TOPページで行き先や日程、利用する空港等の情報を入力します。
例えば、「ハワイ、5日間、成田空港」で検索すると以下のようなランキングが表示されます。

今回は、3人で旅行するので人気1位の1GB/日の利用制限があるプランだと少し足りないかもしれないと思い、人気2位の「無制限プラン」にすることにしました。

5日間でも総額が2,000円台なので、大手携帯キャリアのローミング料金の1日分よりも安い金額でレンタルすることができます!

※ランキングや料金は2019年8月20日時点のものです。最新情報は申込前に遷移先のサイトで必ずご確認ください。

「お申し込み 公式サイトへ」のボタンを押すと以下のような申込ページが表示されます。

レンタルする日数や出発や到着の空港情報を入力して「上記内容でお見積もり」ボタンを押すと、割引が適用され、ランキングで表示されていた金額で申込することができます。

在庫があることも確認できるので安心です!

申込情報やクレジットカード決済の情報を入力して申込完了。あとは、出発当日に空港でWi-Fiルーターを受け取るのを忘れないようにするだけです。

今回レンタルした「海外Wi-Fiルーター」はこちら

出発当日

インターネットから申し込みしたWi-Fiルーターを受け取りに行きます。

成田空港の場合、今回レンタルしたWi-Ho!のカウンターはこのような感じでした。
(各社ごとにレンタルする場所は異なるので、もし他のWi-Fiルーターをレンタルした場合は、申込完了メール等で受け取り場所を確認してください。)

朝7時くらいに受け取りに行きましたが、前に1人並んでいただけで5分もかからず、すぐに受け取ることができました。

ちなみに、受け取りには本人確認のできるパスポートか免許証が必要でした。友達に搭乗手続きをしてもらおうとパスポートを持たず受け取りにきたのですが、クレジットカード等では認められず、一度友達のところまでパスポートを取りに戻ることになってしまいました。。

パスポートを提示すれば、申し込み時に届いたメール内に記載されてある申し込み番号を伝えるだけで、すぐに端末を渡してもらえました。

※飛行機に乗る前の注意
必ず携帯電話の設定を機内モードにしておきましょう。現地についてからも機内モード(キャリアの通信ができない状態)にしていないと、勝手にローミングされてしまう(高額なローミングの通信料が発生してしまう)場合があるので要注意です。

iPhoneの場合、日本で飛行機に乗る時から帰りに日本の空港に到着するまで、ずっと機内モードにしておいて、あとは海外Wi-Fiルーターを日本で通常のWi-Fiルーターを繋ぐようにSSIDを選んで、パスワードを入力すれば簡単に接続することができました。

【徹底調査】ハワイの観光スポットでWi-Fiルーターは繋がるのか?

ついに到着。ハワイで海外Wi-Fiルーターは使えるのか、観光スポットを巡ってレポートします!

ホノルル空港

まず、到着したら海外Wi-fiルーターの設定をします。Wi-Fiルーターにも説明書もちゃんと付いてますが、日本で使うWi-Fiルーターと同じように、電源を入れて端末に表示されているSSIDを選んでパスワードをスマホのWi-Fi設定画面で入力するだけで簡単に接続することができました。

インターネットにも問題なく接続でき、試しにGooleマップを使ってみたのですが、ちゃんとハワイの地図が表示されました!

今回レンタルした「海外Wi-Fiルーター」はこちら

ワイキキビーチ

ホテルにチェックインした後は近くのビーチへ。ホテルが何軒も近くにあるので無料Wi-Fiもたくさん飛んでいました。

(無料Wi-Fiには繋いでいないので不明ですが、)レンタルしたWi-Fiルーターで問題なくインターネットに接続できました。

ちなみに、Wi-Fiルーターは防水ではないので、水に濡れないよう要注意です!

今回レンタルした「海外Wi-Fiルーター」はこちら

アリイオラニハレ (ハワイ州最高裁判所)


翌日はツアーで観光スポット巡り。まずは、ハワイ州最高裁判所へ。

カメハメハ大王像が有名ですが、後ろに見えている最高裁判所も海外ドラマで使われていたそうで見学もできるようです。

今回は前を通り過ぎただけですが、移動中のバスの中でも快適にインターネットに接続することができました

今回レンタルした「海外Wi-Fiルーター」はこちら

ハナウマベイ

そして、ハナウマベイに到着。湾になっているので、波が穏やかで透明度が高く、たくさんの魚を見ることができます。

(自分たちは見れませんでしたが、、)運が良ければウミガメも見ることができるようです。

駐車場から受付で並んでいる間に予習をしようと、Googleで検索してこのサイトを見ていたのですが、ここでもWi-Fiルーターは繋がり、問題なくサイトを見ることができました。

今回レンタルした「海外Wi-Fiルーター」はこちら

カラカウア通り

夜はお土産を買いに、カラカウア通りへ。街中なのでWi-Fiルーターも問題なく接続できます。

途中、別行動をすることになったのですが、その時はWi-Fiルーターが使えなくなるので不安でした。。

「もしもの時は、無料Wi-Fiスポットを見つけてLINEで連絡を取り合おう。」ということにしていたのですが、迷子になることもトラブルもなく、集合時間に3人とも集まることができ、無料Wi-Fiスポットに繋がなくても大丈夫でした。

この他にもツアーのバス移動でいろんな場所に行きましたが、Wi-Fiルーターが圏外で繋がらなくて困った。という場所はなかったです。

日本に帰国してから返却前に通信量を見てみると、ハワイにいる4日間で5GBを超えていたので、平均すると1日あたり1.5GBくらい使っていたようです。

(日本で通信制限に引っかかってしまうような動画を見続けたりしていたわけでもなく、普通にGooleマップやLINE、アプリを使っていただけなのですが、勝手にアプリの更新がされてしまったのでそれが原因で通信量が増えたのかもしれません。)

300MBや1GBのプランでは足りなかったかもしれないので、Wi-Ho!の無制限プランにしてよかったです!

今回レンタルした「海外Wi-Fiルーター」はこちら

まとめ

無料Wi-Fiスポットは実際には繋いでいないのですが、スマホのWi-Fi設定画面を見ると、街中やほとんどの観光スポットで無料Wi-Fiが表示されていたと思います。

Wi-Fiルーターの充電がなくなったり、別行動するなどWi-Fiルーターが使えないときに無料Wi-Fiスポットに頼る。というのはいいかもしれませんが、一番スマホでインターネットを使っていろいろ調べたいのは、(日本での癖なのか)バスやタクシーで移動している時なんですよね。

そういうときにWi-Fiルーターがあったので、ほとんどの場所で3名同時にスマホを使ってもみんな不自由なくインターネットに繋ぐことができ、観光地やレストランの口コミを見たり、Googleマップで場所を確認したりすることができて本当に便利でした。

というわけで、ハワイで快適にインターネットをしたいなら海外Wi-Fiルーターをレンタルするのがおすすめです。

今回レンタルしたWi-Fiルーター「Wi-Ho!の無制限プラン」は3人で旅行するなら1台借りるだけで十分でした。

Wi-Fiルーターから離れるとネットに繋がらなくなるので、別行動することが多くなりそうなときは、通信量の少ない安いWi-Fiルーターを複数台レンタルしたり、無料のWi-Fiスポットがあるところを事前に確認しておく等で、うまく乗り切りましょう。

海外旅行におすすめのWi-Fiルーターですが、ハワイ以外にも旅行先ごとのプランはこちらからチェックすることができます。

「海外Wi-Fiレンタル」のプラン一覧を見る

※Wi-Fiルーターのレンタル料金やキャンペーン内容は時期によって変動します。
※この記事は2019年8月20日現在の情報をもとに作成しました。Wi-Fiレンタルの料金やキャンペーン内容は変更される場合がありますので、最新情報はこちらから確認してください。

【裏技】知らないと損!海外旅行先でもスマホを格安で使う方法

香港旅行で海外Wi-Fiルーターを最安値でレンタルしてみた!

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。