旅人にも働き方改革を!好きな場所で働けるHafHってどんなサービス?

ビーチで働く

近年注目のワード、リモートワーク◎家やカフェで仕事をする人が増えています♪でも、それだと、なんとなく日常から抜け出せませんよね。そこで旅好きのあなたなら、さらに思い切った“リモート(遠隔)”でワークしてみませんか?それを実現してくれるサービスが“HafH”♪今回はサービスの仕組みや特徴などについてご紹介します♡

『旅をしながら仕事ができたらいいなと思っている人』
『リモートワークの新しい形を探している人』におすすめ!

あなたの職場ではリモートワーク導入済み?

オフィス


”リモートワーク”という言葉を最近、よく聞きますよね!意味は、リモート(遠隔)ワーク(働く)で、一般的にはオフィスではなく、家で仕事をすることを想定しています◎同じ意味のことばに、テレワークや在宅勤務があります。

販売業など一部の職種では導入することは難しいですが、最近は多くの会社が導入を検討しています。特に2020年の東京オリンピック開催時期には交通機関の混雑緩和のために政府主導でリモートワークを推進しているので、そこを目標に導入しようとしている企業もあるのではないでしょうか。

また、もともとフリーランスで仕事をしていて、作業場所には縛られない、という人もいますよね。そういう人たちには、”Coworking Space(コワーキングスペース)”が人気です♪”Co”とは”共同”という意味なので、日本語にするなら”共同作業空間”といったところでしょうか?

 

どうせならもっと非日常の中で仕事がしたい!

ビーチで仕事する女性


リモートワークが導入されて”好きな場所で働いていいよ”と言われても多くの人は、家かカフェ、コワーキングスペースなど結局、それほどオフィスと変わらない環境で仕事をしていますよね。それはどうしてなのでしょうか?

  1. 仕事をするにはインターネットなど最低限必要な設備がある
  2. 仕事をするために高い場所代を払うなら意味がない
  3. 非日常の中で仕事はしたいけれど、ワーキングタイムは自宅のように集中できる場所がいい

理由はさまざまだと思いますが、いざ、家やカフェ以外の場所でリモートワークをすることを考えると、心配なことが多くて踏み切れない人も多いでしょう。
それでも、旅好きなら、一度は旅をしながら仕事ができたらなあ…と憧れますよね^^;

その憧れを、憧れのままにしないサービスが実はあるのです!それが、毎月定額で多くの宿泊施設を利用できる”HafH(ハフ)”◎この”旅好きの理想の働き方”が実現できるかもしれない”HafH”についてご紹介します♪

 

HafHってどんなもの?

地球儀


”HafH(ハフ)”は”Home away from Home”の頭文字で、意味は”第2のふるさと”です!働き方が多様化する時代に、ひとつの場所にとどまるのではなく、旅をしながら仕事をしたいというワーキングスタイルを実現する新しいシステム♪

HafHの特徴は主に次のようなものです。

  1. 安心の定額制
    プランはなんと3000円~。月々定額で安心です◎
  2. 手続きはオンラインで完了
  3. 国内のみならず、15か国・世界約123か所の拠点を利用可能
    アジア・ヨーロッパ・南米・アフリカと旅行でもなかなかいかないような場所にも拠点があります!
  4. 敷金・礼金は料金に込み
    居住プランでも敷金・礼金は不要です!
  5. 光熱費も料金に込み
  6. 働き方に合わせて選べる多様なプラン
    プランは月に2泊だけの利用から1ヶ月の利用まであなたの働き方次第で選べます!
  7. うれしい登録初月無料
    登録月及びその翌月中の解約・プラン変更(ダウングレード)はできないので注意してください。

さらにHafHのプランを大きく分けると、”コリビング”・”トラベリング”・”コワーキング”の3つ。その中から旅好きにおすすめの”トラベリング”居住型の”コリビング”を詳しくご紹介します!

 

HafH

旅好きにおすすめのプラン:トラベリング

ドミトリー


”トラベリング”はその名の通り、旅をしながら仕事をしたい人向けのプランです◎定額料金で、HafHが提携しているすべての施設に宿泊することができます!また、すべての施設で仕事に欠かせないWi-Fiが完備されています。

また、リモートワークが導入されても、1ヶ月まるまる出社しないというのは珍しいでしょうから、利用したい日数に合わせてプランを選べるのもうれしいポイント♪もちろん、仕事をする目的以外にも利用可能なので、アイデア次第で使い方は無限大です♡

トラベリングで利用できるプランはこの4つ◎

 

  1. まずはここから:お試しハフ  2泊  3,000円
    2日泊なので、毎月短期旅行をする感覚で始められます!在宅ワーカーの気軽な気分転換や自分が共有環境で仕事に集中できるか知りたいという人にもおすすめ◎
  2. 慣れてきたら:ちょっとハフ  5泊  16,000円
    5日間あれば、夕方までは仕事に集中して、夜は観光、などメリハリのある1日が過ごせますね!今月は夏休みだからまるまる旅行に…なんていうのもOKです!
  3. 上級者向け:ときどきハフ  10泊  32,000円
    連泊する必要はないので、仕事のスケジュールに合わせて5泊ずつ別の場所に泊まるなど、より利用方法が広がります!
  4. もはや職業旅人?!:いつもハフ「風」 1ヶ月  82,000円
    1ヶ月まるまる各拠点に滞在するプランです!今週は東京、来週はマレーシア、その次はオーストラリアなどLCCを使って国を渡り歩くアドレスホッパーにもなれちゃうかも!

今話題の”アドレスホッパー”って何?

旅人


”アドレスホッパー”という言葉を聞いたことがありますか?特定の住所を持たず、旅をしながら仕事と生活をしている人たちのことです!多くはフリーランスで生計を立てている人ですが、なかには会社勤めをしながらホステルを渡り歩く強者も…^^;会社勤めの場合、会議や出張などで出社するときは近くのホステルで、それ以外は好きな場所でのんびりと仕事をする、というライフスタイルのようです。
なんだか楽しそうで理想の暮らしのようにも思えますね!

しかし、日本の場合は、どこかしらに住民票を置くことが法律で定められていますので、正確には住所は実家などで、居住実態はない、ということになります。そのため、公的郵便や更新されたクレジットカードなどは住所地で受け取る必要がある、など大変なことも多々あるそう。ちなみに、”アドレスホッパー”は“Address(住所)”が”Hop(動き回る)”するという英語由来ですが、このライフスタイルの第一人者といわれる”市橋正太郎さん”が名づけた和製英語ですのでご注意を!くれぐれも海外で”I’m a address hopper !”と自己紹介しないでくださいね^^;

 

拠点を住まいに:コリビング「いつもハフ 土」

リビング


こちらはいつもハフ「風」と同じく1ヶ月まるまるですが、1つの場所を拠点とし、住民票も置けるプランです。その代り、現在利用できるのは、東京2ヶ所、長崎2ヶ所、オーストラリア、マレーシアに限定されています。

さらに、1ヶ月のうち10日間は料金内で他の拠点を利用可能で、住居としている拠点に荷物を置いて置くこともできます。リモートワークのスケジュール次第では、マレーシアに住んで、必要なときは、LCCを利用して会社に近い拠点から出社、なんてことも夢じゃありませんね♪

 

いつもハフ「土」

料金:82,000円

その他費用:敷金・礼金・光熱費込み

月10日、その他の拠点を無料で利用可能

HafHを利用するときの注意点

寝室


自分が向いているか確認するため、必ずお試しハフから始めよう!

自分はバックパッカーの経験があるから大丈夫!と思っている人でも、”旅行だけ”と”旅行+仕事”では、疲労の仕方や気の使い方が違います◎実際に仕事をしてみて効率が下がりすぎたり、疲れてしまうようならやめておきましょう♪

 

体調管理に注意しよう!

常に他人がいる環境で暮らすことは思いのほか疲れるものです。その疲れが仕事だけでなく、体調にも影響することがあります。そんなときには個室を利用するなど、ひとりになる時間を作って休みましょう♪

ときどきハフでは月にHafH Coinが200、「風」と「土」では500付与されます。このコインを使って個室の利用が可能なので、上手に使ってくださいね◎ただし、拠点によっては、ドミトリーのみの場合もあるので注意が必要です!

 

コリビング希望の人は物件の空きを確認してから登録を!

せっかく、登録初月無料なのに、登録してから空きがないとわかったらもったいないですよ!無料期間を無駄にしないためにも、先に問い合わせましょう。そのほかのプランで特定の拠点を利用したい場合も同様です◎

 

利用しない期間はお休みハフの手続きを!

プランの変更は前月の末日まで可能なので、予定に合わせて無駄のないプランを選択できます!また、利用しない月は休会も可能なので忘れずに手続しましょう。※プラン変更に関する詳しいルールは規約を参照してください。

 

フリーランスの人だけでなく、働き方改革によって、さまざまな職種の人たちがリモートワークで働けるようになりました!それによって、働く場所に関する選択肢も増えています♪そのうちのひとつである”HafH”は、旅と仕事を両立する旅好きにうれしいシステムです◎

フリーランスの人やリモートワークが導入された人は、ぜひ、利用してみてくださいね◎

旅でプライベートが充実すれば、きっと仕事にもいい影響もありますよ♡

文/clochette417

【デュアルライフ】今人気の新しい働き方&旅行の仕方◎

学生でもなれる!人気の”トラベルライター”の仕事って?

 

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。