今や旅の必需品!海外で充電器を安心・安全に使う方法を知ろう◎

タブレット

スマフォやポケットWi-Fiといった機器は、海外滞在中も必需品になりつつあります◎これらの機器に不可欠なのが“充電器”!普段何げなく使っている充電器ですが、きちんと準備をしておかないと現地についてから充電ができないなどの困った事態に…^^;今回は充電器を使うときにきちんと理解しておきたいプラグと電圧についてご紹介します!

『海外に充電器を持っていく予定の人』
『自分の持っている機器を海外に持っていけるかわからない人』におすすめ!

電化製品には周波数・プラグの形・電圧の違いが国によってある!

充電


電化製品に関する基礎知識

電化製品とその充電器には、使える周波数・プラグの形・電圧が決まっています◎そのどれか一つでも違っていると、その国や地域では使えません!ですから、旅行で電化製品とその充電器を持っていきたいときには、渡航先に合わせられるように変換する道具が必要です♪

ただし、日本の場合周波数(どの国でも50または60Hz)については関東と関西で異なるため、持ち運びできるような製品は、どちらでも使えるようになっているので気にする必要はありません。旅行に持って行くときに、気にしなければならないのは、プラグの形と電圧です!

 

旅行で人気の国の電圧とプラグの形

日本⇒プラグ:A 電圧:100V

アメリカ⇒プラグ:A 電圧:120V

カナダ⇒プラグ:A/BF 電圧:120/240V

台湾⇒プラグ:A/C/O 電圧:110/220V

イギリス⇒プラグ:B/B3/BF/C 電圧:230/240V

フランス⇒プラグ:A/C/O/SE 電圧:127/230V

たったこれだけの国を見ただけでもまったくバラバラです!だからといって、旅行に行くためにスマートフォンやタブレットをレンタルしたり、買い替えたりする人はいませんよね◎ではどうすれば、今使っているものを安全に使えるのでしょうか?

 

世界の電圧・プラグの形状一覧表(ビッグカメラ)

※表中に現地のプラグとして書かれていても、現在はほぼ使われていない場合もあります。最新の国別詳細情報をチェックしてから変換プラグを購入してください。

まずはプラグについて知ろう!

コンセント


プラグって何?

日本人の多くは、電源のコードもそれを挿す壁の穴も特に区別せず、”コンセント”と呼んでいるのではないでしょうか?さらに”コンセント”は英語だと思っていませんか?実はこれ、和製英語なのです♪

“Consent”という英語はあるのですが、意味は”同意する”と、全く違います!海外のホテルで「コンセントはどこですか?」なんて聞いたら、相手は「???」となりますので、注意してくださいね^^;

では、正しくはなんというのでしょうか?その答えが”プラグ”です!ただし、英語では挿す方のコードを”Plug(プラグ)”壁の穴はアメリカ英語では”Outlet(アウトレット)”、イギリス英語では”Socket(ソケット)”と、呼び分けています◎

 

プラグは国によって違う!

プラグ


プラグの種類は全部で14種類!

プラグの種類はなんと全部で14種類!その中で、現在、主に使われているものは8種類です◎日本で使われているプラグはAタイプと呼ばれ、主にアメリカや中南米で使われているものと一緒です♪Aタイプのみが使われている国に行くときには、基本的にプラグはそのまま挿すことができます。

 

違うタイプのプラグの国で使えるようにするのが変換プラグ!

プラグ


Aタイプ以外の国に行く場合に必要になるのが、変換プラグです!プラグを変換プラグに挿し、それを壁のソケットに挿し込むだけで使用できます◎

 

同じ国でも違うプラグを使っている場合がある!

日本では、全国どこへ行ってもAタイプを使っていますが、先述の電圧とプラグの形にある通り、異なるタイプが混ざっている国もあります!これは国が合併してひとつの国になったり、あるタイプにすることに政府が決めても、古い建物では以前のものが残っていたり、と理由はいろいろです^^;

変換プラグはそれほど高いものではなく、重くもないので、複数持っていくのも一つの方法です。しかし、はっきりとどのタイプが使われているかわからない場合や、いろいろな国に行く場合には、この後、紹介する”マルチタイプ”の変換プラグを持っていく方が安心でしょう♪

 

おすすめの変換プラグ1:サンワサプライ 海外電源変換アダプタ

変換プラグ※画像はイメージです


先ほど述べたような国内で異なるタイプのプラグが使われている国へ行く人や複数の国へ行く人におすすめなのが、”サンワサプライ 海外電源変換アダプタ”です!2つのパーツを組み合わせることで、主に使われている8タイプすべてに対応することができます◎

 

サンワサプライ 海外電源変換アダプタ

おすすめの変換プラグ2:Evershop 海外変換プラグ

充電※画像はイメージです


ヨーロッパやオーストラリアなど多くの国で使われている4つのタイプのプラグに対応しています!スライドスイッチで切りかえるだけなので使い方も簡単♪でも最大の特徴は、変換プラグに4つのUSB Type-Cの差込口がついていて、同時に複数の機器が充電できちゃうこと♡友達4人のスマートフォンでも、iPadとスマートフォンでも組み合わせは自由自在♪

ただし、充電したい機器のUSBが違うタイプの場合は、機器にあったUSBコードが挿せる同タイプの変換プラグを購入する必要があるので注意してください。とはいえ、今後は、Type-Cの機器が増えると考えられます。他のUSBからType-Cへの変換アダプタは、種類によっては、100均にもありますのでそれを買って使った方が変換プラグを長く使えていいかもしれませんね。

 

Evershop 海外変換プラグ

おすすめの変換プラグ3:エレコム 海外用電源変換プラグ

変換プラグ※画像はイメージです


マルチタイプの変換プラグは2000円前後しますが、単体のプラグなら200~300円、メーカーによっては100円以下のものも!また、種類は限られますが、ダイソーでも購入できます♪

次に海外旅行に行くのはいつかわからない、好きな国があって同じ型のプラグだけ何度も使うという人は割り切って、このタイプの変換プラグをいくつか持っていくのもありですよ◎

 

エレコム 海外用電源変換プラグ

番外編:これで友達と喧嘩にならない!海外対応延長コード

テーブルタップ※画像はイメージです


せっかく変換プラグを必要なだけ持っていっても、意外に問題になるのが、”ホテルの部屋で使えるソケットの少なさ”です!ホテルによっては固定されていて、ランプなどのプラグを抜くこともできずに困ってしまう…。

そんなときに誰か一人が、周りを気にせず使っていたら……、”旅行の疲れも手伝ってイライラが溜まって喧嘩してしまった”、なんて残念な話も聞きますよね!そんな無駄な喧嘩を防いでくれるのが海外でも使える延長コードです♪

4つのソケット2つのUSBポートまであって、みんなで仲良く充電ができますよ◎
これなら変換プラグも1つで済むので、旅行に行く人数や充電したい機器の数によっては、”変換プラグ+延長コード”のセットを持っていくのが、おすすめ♡

 

海外対応延長コード

次は電圧について知ろう!

鉄塔


電圧って何?

学校の理科で習ったので、覚えている人も忘れてしまった人もいるかもしれませんが、電圧とは簡単にいうと”電気を電線に流すときに押し出す力”です!日本の電圧は、100V(ボルト)なので、プラグの形とは違い、まったく同じ電圧の国はありません。

しかし、最近のスマートフォンやタブレット、ポケットWi-Fiなどは、幅広い電圧に対応できるように作られています。本体、または充電器を見てみましょう。”AC100ー240V”と書いてあれば、どの国でも利用可能です◎

 

電圧をその国に合わせて変更できるのが変圧器(トランス)

ドライヤーの故障


海外旅行でよく携行されるような製品は、ほとんど海外でも使えるように作られていること、変圧器はそれ自体が重いので、特別な事情があってどうしても代替え品のない機器のために持っていきたい人以外には変圧器を持っていくことはあまりおすすめしません

特にドライヤーなど消費電力が大きく連続使用時間が長いものは、変圧器を使用すると、煙がでたり、ホテルの電気系統に損傷を与えるような事故につながるおそれがあります!ホテルで借りるか、どうしても持っていきたい場合は、海外対応製品を購入して持っていきましょう♪

 

パナソニック イオニティ マイナスイオンヘアドライヤー

変圧器の選び方

それでも変圧器が必要な人は、現地の電圧だけでなく、消費電力を考えて選ぶ必要があります!再び、本体、または充電器を見てください。電圧の近くに”〇〇W(ワット)”と書いてあるはずです。これが消費電力で、このワット数を上回る消費電力に対応しているものを購入する必要があります。

同時に複数の機器を使いたい場合は、それらの消費電力の合計に対応している変圧器を購入してください。また、機器によっては消費電力が変圧器の対応消費電力以下であっても故障するおそれがあります。より安全に使用するためには製造元に確認してください。

 

変圧器の選び方ガイド(楽天)

おすすめの変圧器:BESTEK 海外旅行用変圧器

変圧器※画像はイメージです


延長コードに似た形状なので、ソケットが不便な位置にあっても使いやすい変圧器です!また、3口のソケット4つのUSB差込口があるので、友達と一緒に使えます◎使用できる消費電力は250Wで、例えばコンタクトの煮沸消毒器を友達と同時に使うのにも十分な容量です♪

 

BESTEK 海外旅行用変圧器

その他に充電器を海外で使う時に注意すること

注意する女性


バッテリーは必ず手荷物に!

デジカメなどでは予備のバッテリーを持っていくこともあると思いますが、預け入れ荷物に入れると事後原因になるおそれがあるので、すべてのバッテリー類は、手荷物にしましょう!

 

PCのコードは一部”AC100ー240V”の電圧に対応していない!

PCの電源アダプタが”AC100ー240V”の電圧に対応していてもソケットからアダプタの部分のコードは対応していません。短期間なら問題ないといわれていますが、心配な人や長期に滞在する人は家電量販店などでその部分だけ購入できるので、取り替えるようにしましょう。

 

海外旅行で安全に電化製品と充電器を使う方法はわかったでしょうか?せっかく色々持っていっても現地で使えなかったらがっかりしてしまいますし、事故を起こしてホテルの設備を壊して、賠償請求されるなんてことになったら大変です!

自分が持っていきたいものが、”このまま使えるのかな?”などよくわからないときは、必ずメーカーやお店で確認して、曖昧なまま現地で使わないようにしましょう!プラグと電圧をよく理解して、安心・安全に電化製品と充電器を旅行中にも使ってくださいね♡

海外旅行の必需品!これをおさえればひとまず安心な【基本の持ち物リスト】

海外ってwifi環境どうなってるの?海外のwifi環境事情

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。