おうちで海外旅行気分を楽しもう♪簡単おいしい世界のレシピ8選◎

料理をする人

“海外旅行に行きたい!”そう思っても、すぐに出発できる人はなかなかいませんよね^^;予算や休暇、渡航先の治安の問題など、さまざまな理由で諦めなければならないこともありますよね◎がっかりした気持ちになりますが、そんなときは、おうちで世界の料理を作って気分を盛り上げましょう♪今回は、料理初心者でも作れる簡単レシピをご紹介します♡

『各国の料理を食べて旅行気分になりたい人』
『世界の料理に興味がある人』におすすめ!

簡単レシピでも世界の味を楽しめる♪

料理をする人


普段料理をしない人にとっては、海外の料理、しかも、その国の雰囲気を味わえるような、非日常的なメニューは、ハードルが高いかもしれません^^;でも、私たちにとって特別に見える料理も、その国では家庭料理!毎日の生活で普通の人が作っているのです♪

ただし、メニューによっては、材料を揃えるのが難しいことも。そこで今回は、日本のスーパーで買える材料で、簡単に作れる世界の料理のレシピをご紹介します◎

また、ほかの料理で使わないよ~!というような調味料などは、100均を利用すると、少ない量を購入することができるので無駄がありません^^

 

おすすめ①:チャプチェ(韓国)

チャプチェ写真『チャプチェ』


チャプチェは韓国の家庭で食べられているポピュラーな料理です!コツはあらかじめ、合わせ調味料を混ぜておくこと。野菜は、レシピにこだわらず、パプリカや玉ねぎなど好きな野菜に変えてもOKです♪

 

  1. 合わせ調味料を作る
  2. 春雨を袋の説明どおりにゆでて水で洗って水気を切る
  3. 野菜は4、5cmほどの大きさにそろえて切る。しいたけは薄切りに。
    きゅうり、にんじんの皮は、むきます。もやしはそのままでOK
  4. ごま油を中火で熱し、牛肉を炒める
  5. 牛肉の色が変わったら、きゅうり、もやし以外の野菜を入れる
    にんじん、しいたけ、もやしと硬い順に入れましょう
  6. 塩コショウを加えてしっかり炒める
  7. 春雨、きゅうり、合わせ調味料を加えて炒める
    水分を飛ばすように炒めます

材料(1人分)

牛肉小間切れ 100g にんじん 1/8本 きゅうり 1/4本 しいたけ 1個 もやし 25g

春雨(あれば韓国はるさめ)50g

ごま油 大さじ1杯 塩コショウ 少々

合わせ調味料:おろしにんにく 1.5cm しょうゆ 大さじ1 砂糖 小さじ1.5

おすすめ②:ガパオライス(タイ)

ガパオライス写真『パオライス』


最近は、カフェご飯としても人気のガパオライス♪おうちでも簡単に作れちゃうんです◎パプリカは、黄色と赤のどちらでもいいですが、2色使うとよりおしゃれになりますね♡

 

  1. パプリカを細切りにする
  2. サラダ油を熱し、強火でひき肉、にんにく、唐辛子を炒める
  3. ひき肉の色が変わったら、パプリカ、ナンプラー、オイスターソース加えて炒める
  4. お皿にご飯、炒めた具の順で盛り付ける
  5. 目玉焼きを作ってのせる

材料(1人分)

鶏ひき肉 100g パプリカ 1/2個 卵 1個 ご飯 1膳(140g)

ナンプラー 大さじ1 オイスターソース 小さじ1 赤唐辛子(輪切り) 1本

サラダ油 小さじ2 すりおろしにんにく 少々

おすすめ:アクアパッツア(イタリア)

アクアパッツア写真『アクアパッツア』


アクアパッツアは、イタリア語で”狂った水”という意味。でも、なぜ、おいしい料理にこんな名前が付いたのかは不明です^^;丸ごと1尾のイメージが強いかもしれませんが、もちろん、切り身で作ることができます♪野菜は黄色のパプリカやアスパラを加えると、さらに色どりがよくなりますよ!

 

  1. あさりを濃い塩水(塩は材料に含まず)に30分以上つけて砂抜きする
  2. パセリは粗く刻み、ミニトマトは半分に切る。また、にんにくは包丁の平らな面で潰しておく
  3. 鯛に塩少々を振り、10分経ったら、ペーパータオルで水気を切る
  4. 鍋に鯛の身を下にしておき、ミニトマト、あさり、にんにく、ワインを加えて中火で煮る
  5. 煮立ったら、水とオリーブオイルを加え、ふたをしてさらに5分煮る
  6. 塩で味を調節したら、オリーブオイルをまわしかける
  7. お皿に盛り付けたら、パセリを散らす

材料(1人分)

鯛 1切れ あさり 100g ミニトマト3個

にんにく 1片 白ワイン 1/8カップ イタリアンパセリ 適量 塩・オリーブオイル 少々

おすすめ:ヤンソンさんの誘惑(スウェーデン)

ヤンソンさんの誘惑写真『ヤンソンさんの誘惑』


このユニークな名前、日本では、厳格な菜食主義者のヤンソンさんが、あまりにもおいしそうなので誘惑に負けてアンチョビ入りなのに食べてしまったから…と紹介されることが多いのですが、真偽のほどは不明◎まあ、おいしければ何でもいいですよね^^;

普通のグラタンのようにホワイトソースを作る必要がないので簡単ですし、最近は、アンチョビも100均でも買えるので作ってみてください。

 

  1. 玉ねぎを薄切りに、じゃがいもは皮をむいて太めの千切りにする
  2. アンチョビを粗く刻む
  3. 玉ねぎをバターでしんなりするまで炒める
  4. 耐熱皿に、玉ねぎ、じゃがいもを入れ、アンチョビを散らす
  5. コショウを振りかけたら、生クリームをまわし入れる
  6. パン粉と粉チーズを振りかける
  7. アルミホイルをかぶせて250度のオーブンで25分焼く
  8. アルミホイル外したら、焦げ目がつくまで再度焼く

材料(1人分)

じゃがいも 2個 玉ねぎ 1/2個 アンチョビフィレ 2枚

生クリーム 90ml 粉チーズ 大さじ1 パン粉 大さじ2

バター 適量 粗びき黒コショウ 少々

おすすめ:ガーリックシュリンプ(ハワイ)

ガーリックシュリンプ写真『ガーリックシュリンプ』


ハワイの定番メニューです!殻なしの海老でも作れますが、殻付きの方が出汁がでておいしくなります♪コツは漬けダレに海老をしっかり漬けこむことです◎海老はいろいろありますが、バナメイエビで作ると殻ごと食べられます

 

  1. 海老を片栗粉と塩でもみ、流水で洗う
  2. キッチンばさみで海老の背側の殻に切り込みをいれ、背ワタを爪楊枝で取る
  3. ジップロックなどの料理用ポリ袋に海老とつけダレの材料を入れ、よくもむ
  4. 冷蔵庫で一時間以上漬ける
  5. 海老をタレごとフライパンに入れ、中火から強火の間で焼く
  6. 焦げ目がついたらひっくり返す
  7. 塩コショウをし、バターを加えて軽く混ぜる

材料(1人分)

バナメイエビ(大) 8尾 片栗粉 適量 塩 小さじ1/2

漬けダレ:にんにく みじん切り2片 or チューブ小さじ1 玉ねぎみじん切り 1/4
オリーブオイル 大さじ3 レモン汁大さじ2 塩 小さじ1/2

バター 20g 塩・粗びき黒コショウ 適量

おすすめ:シュクシュカ(イスラエル)

シュクシュカ写真『シュクシュカ』


イスラエルでは、朝ごはんの定番料理です!トーストしたフランスパンと一緒に食べるのがおすすめ♪また、生の唐辛子を刻んで入れると辛いもの好きの人向けのアレンジになりますよ◎もし、スキレットを持っている人はスキレットで作ると映える一品にも♡

 

  1. トマト、玉ねぎ、パプリカを1㎝角に切り、チョリソーも1㎝の斜め切りにする
  2. 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ、香りがしてきたら、トマト以外の具材を加え炒める
  3. 玉ねぎがしんなりしてきたら、トマトとスパイスと塩を加え、弱火でさらに炒める
  4. トマトに火が入ったら、トマト缶を加え、真ん中にくぼみを作って卵を割りいれる
  5. ふたをして3分ほど蒸し焼きにし、卵を半熟に。最後にパセリを散らす

材料(1人分)

パプリカ(黄) 1/4個 トマト 1/2個 玉ねぎ(あれば紫玉ねぎ)1/4個 チョリソー 1本

クミンパウダー 小さじ1/4 ナツメグ 小さじ1/4 コショウ 小さじ1/2 塩 小さじ1/2

卵 1個 トマト缶 60g パセリ 適量

おすすめ:セビーチェ(ペルー)

セビーチェ写真『セビーチェ』


ペルーが、世界的に料理のおいしい国として評価されていることを知っていますか?そのペルーの代表的な料理のひとつがセビーチェです!魚介類は、タコや海老のボイル、そのほかの白身魚など、お好みでアレンジができます♪

また、風味が少し変わりますが、ライムをレモンで代用することも可能です。その場合は、味を見ながら、量を調節してくださいね◎ちなみに、コリアンダー・パクチー・香菜は、全部同じものです^^;

 

  1. 鯛を1.5㎝に切り、ライムのしぼり汁、唐辛子、にんにく、塩とあえて冷蔵庫で冷やす
  2. 玉ねぎを薄切りにして水に10分ほどさらし、コリアンダーは1㎝、セロリは小口切りにする
  3. 鯛が白っぽくなったら、野菜と合わせて軽く混ぜる

材料(1人分)

鯛(刺身用) 100g コリアンダー 1束 セロリの茎 10㎝

玉ねぎ(あれば紫玉ねぎ) 1/4個 ライムのしぼり汁 1個分

赤唐辛子(輪切り) 1本 おろしにんにく 小さじ1/4 塩 小さじ1/2

おすすめ:マフェ(マリ)

マフェ写真『マフェ』


マリ発祥といわれ、西アフリカで広く食べられている料理です!ピーナッツペーストを使ったシチューのことを指すので、お好みの具で作ることもできます♪日本では、シチューをご飯にかけるのはありか、なしか、で意見が分かれていますが、マフェはご飯にかけて食べるのが一般的です^^

 

  1. 玉ねぎは薄切り、にんにくはみじん切りにする
  2. 鍋にバターとにんにくを入れ、香りがしてきたら、塩コショウをした手羽元を加える
  3. 手羽元に焼き色がついたら1度取り出す
  4. 玉ねぎを手羽元を焼いた鍋に入れ、量が半分になるまで炒める
  5. 手羽元を戻し、スープの材料を加える
  6. とろみがつくまで10分ほど煮込む

材料(1人分)

手羽元 2本 玉ねぎ 1/4 にんにく 1/2片 バター 15g 塩・コショウ(下味) 適量

スープ:水 50ml 無糖ピーナッツバター(あればピーナッツペースト) 25g
コンソメ 1/2個 トマトピューレ 75g 鷹の爪 1/2本
ローリエ 1枚 塩・コショウ 各ひとつまみ

番外編:世界一周もできちゃう♡

世界地図


今回紹介した国以外の料理に興味がある人や世界一周に興味がある人は、さまざまな国の料理を紹介するレシピ本を買ってみてはいかが?最近は、スーパーで買える材料にアレンジされている本もありますし、写真も多いので、見ているだけでも楽しくなりますよ♪

世界一周のルートを決めて、その順番に作ってみるのも面白いかもしれませんね!

 

全196ヵ国おうちで作れる世界のレシピ(Amazon)

海外気分を盛り上げるにはさらにもうひと手間♪

料理を食べる女性


行ってみたい国の料理や作ってみたくなった料理はありましたか?海外旅行気分を盛り上げるには、もうひと手間かけましょう♪まずは、家にあるお皿でいいので、盛り付けにもこだわってみること、飲み物もペットボトルや缶ではなくグラスに注いで!

そして、その国の音楽や動画を再生しながら食べれば、さらに気分も盛り上がるはず◎次に旅行に行くときに訪れたい場所やお店を考えながら、ゆっくり食事を楽しんでください♡今は旅行に行けなくても、その日に向けたモチベーションがきっと上がるはずですよ!

おうちでスイーツ食べ歩きの旅を!全国おすすめのお取り寄せ15選♡

絶品ご当地グルメやお酒の宝庫!食べ物が美味しい都道府県上位10選

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。