Wi-Fiを持って海外旅行に行こう!学生さんにおすすめのWi-Fiレンタルは?

wifi

スマートフォンやタブレットは毎日の生活に欠かせないツールになっていますよね。友達や家族と連絡を取ったり、調べ物をしたり…海外旅行中も同じように使えたらなあ、と思ったことはありませんか?そんなあなたにおすすめなのが、海外Wi-Fiレンタルです。気になるレンタル料やプランの選び方についてご紹介します!

『格安海外Wi-Fiレンタルを利用したい人』『海外旅行中も自分のスマートフォンを使いたい人』におすすめ!

海外Wi-Fiレンタルiを利用するメリットは?

Wifiマークのラテ

スマートフォンやタブレットが普段通り使える!

ホテルの近くのおいしいレストランやお店で見かけた気になる商品、現地の言葉でこんな時どういうの?

という疑問など、日本にいたらスマートフォンですぐに調べるのに!と思うシチュエーション、色々ありますよね。

Wi-Fiをレンタルしていけば、あなたが普段使っているスマートフォンやタブレットがそのまま使えます

もちろん、LINEやスカイプも使えるから、日本にいる家族に気軽に連絡ができて安心
また、地図アプリのGPS機能を使えば、道に迷うこともありません。

Googleマップ

友達とシェアできる!

海外で自分のスマートフォンやタブレットを使う方法としては、海外で使えるSIMに変更する、または、契約している携帯会社の海外定額プランなどを利用する、という方法があります。
でも、この2つの方法だと、契約した1台だけしか使えません。

Wi-Fiならば、それぞれ、自分のスマートフォンが使用できます。
また、利用料をみんなで割れば、お金の節約もできますよ!

ただし、Wi-Fiの場合は、ルーターの近くにいないと使えないので、観光や買い物で別行動をするような計画の場合には海外向けSIMも検討した方がいいでしょう。
現地で通話をしたい人も同様です。

海外旅行でお供にしたい海外用プリペイドSIMカード8枚

Free Wi-Fiじゃダメ?

フリーWi-Fiのイメージ

渡航先によっては、空港やホテルだけでなく、街中でもFree Wi-Fiが使えるところもあります。
これらのFree Wi-Fiはとても便利ですが、問題点もあります。

  • セキュリティ面で必ずしも安全とは言えない
  • その都度、設定をしなければならず、使いたいときにすぐに使えない

Free Wi-Fiは誰でも使える反面、セキュリティが甘いので、ウィルスの感染やデータを盗まれるなどの心配があります
できれば、ホテルや空港、公共施設など、信頼できるところ以外のFree Wi-Fiは避ける方がいいでしょう。

 

更に、Free Wi-Fiの場合、利用時にその都度設定をしなければなりません。
すぐに使えない、面倒だ、というだけでなく、街中でもたもたと設定していると、スリのターゲットにされるような危険もあります。
その点、レンタルのWi-Fiならば、事前に設定しておけるので安心です。

 

どうやって借りればいいの?

空港サービスカウンター

空港カウンターで

もっともシンプルで手間のかからない方法が空港にある業者のサービスカウンターで出発当日にレンタルセットを借り、帰国後、同じく空港で返却する方法です。

ただし、この方法の場合には、利用できる業者が限定されてしまいます。
空港で手続きできる利便性を優先するか、とにかく安い業者がいい!このプランがいい!などのこだわりを優先するかはあなた次第なのでよく検討してくださいね。

また、出発便が多い時間帯はカウンターも混みますので、空港で受け取る場合には、余裕をもって空港に到着しましょう。

空港でレンタルできるWi-Fiルーター事業者

宅配便で

何らかの理由で空港での受け渡しが難しい場合、業者のカウンターが空港にない場合などは、宅配便でレンタルセットを受け取る方法もあります。
この方法の場合には、事前に受け取ることができるので、早朝便利用のときなど、出発時間前に余裕をもって空港に着くのが難しいときにも便利です。

ただし、宅配便での受け取りの場合、送料を負担しなければならなかったり、帰国した当日に返送したりしなければならないなどのデメリットもあるのでよく確認しましょう。

 

 その他

上記以外に、業者によっては現地空港で受け渡しができたり、業者のオフィスでの受け渡しができたりする場合があります。利用する業者を決める時には、料金プランだけでなく、自分にあった受け渡し方法が利用できるかもチェックしましょう

受取/返却の方法の例(GLOBAL WiFi)

自分に合った業者とプランを選ぼう!

スマートフォンを使っている人

渡航先で使えるか確認する

当たり前といえば当たり前ですが、最初に確認するのは渡航先で使えるか?ということです。
特に注意が必要なのは、ヨーロッパ旅行などで、複数の国を訪れる場合です。
レンタルWi-Fiの場合、利用する国を事前に申請しなければなりません

 

複数の国を旅行する場合には、渡航先で使えるかと同時に、周遊プランなど、複数の国で利用可能なプランがあるかも確認しましょう。
申請していない国で利用すると高額な請求をされしまうので注意してください

 

使うデータ量を考える

海外Wi-Fiレンタルのプランは1日使えるデータ量が決まっています
あらかじめ、どのくらいのデータ量を自分たちが使うか考えてプランを選びましょう。
一般的なプランは250M/日、500MB/日、1GB/日の3種類です。

 

でも、250MBでできること、と言われてもピンときませんよね。
そこで、よく使う機能が多くの業者で標準プランとされている250MBでどのくらい使えるのかをご紹介します。

 

  • Web閲覧 約1000ページ
  • メール(500Kの画像つき) 約500通
  • LINE(500文字) 約12万5000回
  • グーグルマップで道を調べる 約67回
  • Skype音声通話 約67分

データ通信量について(GLOBAL WiFi )

 料金を比較する

1日に必要なデータ量を計算して、プランが決まったら、料金を比較してみましょう。
この時、忘れてはならないのが通信速度のチェックです。
データの通信速度は2G<3G<4Gの順で早くなります。
安いと思って契約したら速度が遅くてストレス…などということがないように、プランの料金だけでなく通信速度も確認しましょう

主な渡航先の料金の目安(250MB/日・4Gの場合)は次の通りです。

  • アメリカ 164円/日~
  • カナダ 484円/日~
  • オーストラリア 375円/日~
  • ハワイ 145円/日~
  • 香港 460円/日~
  • 韓国 184円/日~
  • イギリス 279円/日~
  • ヨーロッパ周遊 434円/日~

渡航先やキャンペーン内容によっては、容量が大きい方が1日当たりの利用料が安い、なんてこともあります。
業者を一括比較できるサイトを利用して、お得なプランを探してみましょう。

海外Wi-Fiレンタル主要サービス一括比較(価格.com)

 サポートや補償を確認

機器の操作に不安のある人は24時間365日電話でサポート受けられる業者もあります。
また、持ち歩くものなので、旅行中に機器を故障させてしまうこともあるかもしれません。
そんな時の補償やサポートがどうなっているかなども、現地で慌てないように契約前に確認しましょう

人気の海外Wi-Fiレンタル業者3選◎

Wi-Fiマークのスマフォ

 イモトのWi-Fi

  • 24時間365日、日本人専任スタッフによるサポート
  • ルーター初期設定済みで簡単
  • 200以上の国・地域に対応

イモトのWIFI

 GLOBAL WiFi

  • 24時間365日電話・LINE・Skypeによるサポート
  • 受取/返却できる空港の数が多い
  • コンビニ支払・銀行振り込みによる支払いが可能

GLOBAL WiFi

 Wi-Ho!

  • 24時間365日コールセンターが対応
  • 大容量・周遊型のプランが豊富
  • 3000円以上の契約をすると宅配料金無料

Wi-Ho!

海外Wi-Fiレンタルのデメリットと注意点は?

デメリット

落ち込む人

  • 事前の申し込みが必要
  • 全日程分の利用料を支払う必要がある
  • ルーターを持ち歩かないといけない
  • 充電が必要な機器が増える

Wi-Fiのレンタルの場合、事前に申し込みをしなければなりません(一部、出発当日申し込み可能な業者もあり)。
また、当然ながら、現地で急にレンタルすることもできません。
携帯キャリアの海外定額プランは申し込みなしで利用できるので、その点では便利です。

また、Wi-Fiレンタルの場合は、利用の有無に関わらず、旅行の全日程分の利用料を支払う必要があるので、使い方によっては割高になる可能性もあります。
旅行プランを見ながら、よく検討しましょう。

 

利用の際に注意すること

お金

  • 使えるデータ量には上限がある
  • 申請していない国で利用すると高額請求
  • スマートフォンに集中しすぎない

プラン選びで述べたとおり、海外Wi-Fiレンタルには1日に使えるデータ量に上限があります。
注意しなければならないのは、機器の設定上の問題で、上限を超えた後も使える場合があるということです。
そのまま使い続けてしまうと後から高額の請求が来る可能性があるので、注意しましょう。

 

データ量を節約する方法としては、ホテルなどの信頼できるFree Wi-Fiがあるところでは、Free Wi-Fiを利用する、Googleマップなど事前にダウンロードして使えるものは、日本で出発前にダウンロードしておくなどがあります。

 

これも料金プランのところで述べましたが、申請していない国で使用すると高額の請求をされてしまいます
注意したいのは、乗り換えで滞在先と別の国を経由する場合です。
飛行機の待ち時間にWi-Fiを利用したい場合は、忘れずに申請するか、空港のWi-Fiを利用するようにしましょう。

 

海外Wi-Fiレンタルについてイメージが掴めましたか?
上手に活用すれば、重いガイドブックや辞書などをわざわざ持っていかなくても、知りたいことを知ることができ、地図アプリは安全な旅の手助けにもなります。
ぜひ旅の計画と合わせて利用を検討してみてくださいね!

続いてはこちらの記事もおすすめ!↓

海外旅行の必需品!これをおさえればひとまず安心な【基本の持ち物リスト】

海外旅行に持っていきたい100均グッズ!意外に便利なものまで30選◎

旅行に役立つアプリ15選!旅行はアプリでもっと楽しくなる◎

これで安心!海外旅行で英語に困らないためにチェックしたいアプリ15選

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。