一度は泊まりたい!憧れのニューカレドニア『水上コテージ』

「天国に一番近い島」と呼ばれるニューカレドニア。ニューカレドニアと言えば美しい海はもちろん、そしてその海に浮かぶ『水上コテージ』です。ここでで過ごすひとときは何よりの贅沢です。今回はそんなニューカレドニアと、その海に浮かぶ水上コテージを中心にニューカレドニアの観光地や魅力についてご紹介していきます。

『ニューカレドニアに行ってみたい人』
『水上コテージに泊まってみたい人』にオススメ!

1:ニューカレドニアってどんなところ?

ニューカレドニア ラグーン

photo@「ニューカレドニア」


「天国に一番近い島」と呼ばれるニューカレドニアをご存知でしょうか?日本からおよそ8時間南下して少し東へ寄った、ニュージーランドの上あたりに位置するニューカレドニア。

正式国名はフランス領ニューカレドニア、公用語はフランス語です。

  • 「天国に一番近い島」と称されるに値する美しいビーチ
  • 世界遺産に認定された世界最大面積のラグーン
  • 南仏を思わせるオシャレな雰囲気
  • 絶品のフランス料理

このようにニューカレドニアには魅力がたくさん詰まっています!1年を通して気温の変化が少なく、温暖な気候のニューカレドニア。南半球に位置するため日本と季節が逆になります。

また、リゾート地はとっても高いイメージがありますが、パラオやモルディブと比較したらニューカレドニアは比較的安価に行けるところも魅力のひとつ◎

 

2:水上コテージって?

ヌメア

photo@「ニューカレドニア ヌメア 海上レストラン」


水上コテージとは、簡単に言うと海の上に建てられた小屋のことです。世界中で数ある水上コテージ。中でも有名なのはやっぱりニューカレドニア!!

浅瀬(ラグーン)が美しく波が穏やかな青い海で、夜は満点の星空を眺めることができます。またニューカレドニアにはたくさんの離島がありますが、水上コテージがある島はメトル島だけです。

水上コテージの魅力とは?

水上コテージ、美しい海、景色とすべてが素晴らしいメトル島ですが、泊まって初めて感動することもたくさんあります。

風の音や波の音。この静寂は日常では味わえないのはもちろん、窓の外に広がる透き通った青い海の包まれながら休日を過ごせるのは最高の贅沢ですね。

水上コテージのメリットとはやはり、プライベート空間で自由気ままに過ごせること。コテージからそのまま海にダイブしたり、シュノーケリングを楽しむこともできちゃいます。

ではそんな魅力溢れるニューカレドニアの中で、メトル島にある『水上コテージ』とその周辺の観光スポットについて、たっぷりご紹介します!

 

3:メトル島の水上コテージ♡

メトル島って?

ニューカレドニアの首都ヌメア市内からボートでわずか20分ほどに位置する、珊瑚礁に囲まれた小さな島がメトル島です。白砂ビーチと珊瑚礁が美しい島で、島自体は小さいため徒歩30分で1周できます。

 

そしてこの島全体が『ESCAPADE ISLAND RESORT(エスカペードアイランドリゾート)』となっていて、ここがニューカレドニアで唯一の水上コテージがあるリゾート施設になります。

ESCAPADE ISLAND RESORT

先ほども紹介しましたが『ESCAPADE ISLAND RESORT』はメトル島に建てられた水上コテージがあるリゾート施設です。

メトル島photo@「メトル島」


島まるごとがリゾート施設で、プライベート感にあふれているのが特徴です。

客室のタイプは

  • 水上バンガロー(水上コテージ)
  • 緑に囲まれたガーデンバンガロー

この2タイプが用意されています。

それでは詳しく施設内の様子をご紹介していきます。

 

水上コテージの特徴

photo bydavid takes photos


水上バンガローは25室のみです。12歳以下のお子様は滞在不可となっていて、まさに大人のための空間といえます。

モルディブやタヒチなどの水上コテージと比べてみると、各部屋が大きく、室内はスタイリッシュな内装でとてもおしゃれ。ベッドルームとリビングは分かれていて、水上コテージの大きなテラスには、ラグーンへつながる階段がついています。

photo bydavid takes photos


そのためお部屋から直接ラグーンへ降り、そのままシュノーケリングを楽しめます。寝室やリビングルームの窓から見えるオーシャンビュー、コテージのバルコニーでのんびり海や夕日を眺めることもでき、この上ない贅沢なひとときを過ごせること間違いありません。

また大理石調の広々としたバスルームも快適です!

 

水上コテージでの楽しみ方

photo byBehan


お部屋から直接ラグーンへ降りられるため、朝から夜まで一日中シュノーケリングを思う存分楽しめます。

海に入るとカラフルな魚たちが寄ってきますし、このラグーンならではの特徴はウミガメやエイなどに逢えるチャンスが高いことなんです!

さらに水上コテージの周りにはジュゴンもよく現れるそうです。まさにシュノーケリングパラダイスですね。

メトル島photo@「メトル島」


ここはまるで大自然の中の水族館といってもいいほどの美しい海が広がっているので、読書をしたり、何もせずのんびり過ごすだけも贅沢な休日となります。

夜はコテージやビーチ周辺での星空ウォッチングがおすすめ。夜空をさえぎるものがないので息をのむような満天の星空を満喫できます。

 

リゾート内の施設

  • リゾート内にはマリンジェットやカヌー、バナナノートなどのアクティビティあり
  • リゾート宿泊者はシュノーケリングセットを無料でレンタル可
  • シェフ自慢のレストラン(食事は三食ビュッフェスタイルです)
  • 生演奏を楽しめるバー
  • 人魚に変身できるマーメードフォトプランやポセイドンフォト

リゾートライフをゆったりとお楽しみいただける施設も充実のリゾートアイランドです。

Escapade Island Resort

4:メトル島だけではもったいない!周辺の観光スポット【イルデパン島】

イルデパン島photo@「イルデパン島」


白い砂浜と澄んだ青色の海が美しいイルデパン島。地元の言葉で“海の宝石箱”と呼ばれるにふさわしい美しい島です。

ヌメアから南東へ約100kmに位置し、国内線で約25分と近いため、日帰りでの観光も可能です。もちろん高級ホテルや、快適なプチホテルがもあるため、数日間の滞在もおすすめ◎

 

まるで島を縁取るかのように続くパウダーサンドのクト湾とカヌメラ湾、神秘的な天然プール“ピッシンヌ・ナチュレル”、無人島ノカンウイなど、自然が創造した宝石箱のような絶景が広がります。

ここでもまた日常から離れ、ビーチやプール、海水浴やシュノーケリングで美しい海を満喫できます。

 

ピッシンヌ・ナチュレル

ピッシンヌナチュレルphoto@「ピッシンヌ・ナチュレル」


ジャングルのような一本道を15分ほど歩くと『ピッシンヌ・ナチュレル』へたどり着きます。ここはイルデパンでは絶対に外せないスポットです。

海水がせき止められて出来たまるで自然のプールの中の珊瑚には、カラフルな魚が集まりシュノーケリングにもってこいのスポット。

波も立たず、比較的いつも穏やかなのでシュノーケリング初心者でも安心して楽しめます。

 

カヌメラビーチ

photo bymy LifeShow


まるで絵葉書のような美しい風景が広がるカヌメラビーチ。
白砂と青い海、南洋杉や小島と岩に囲まれ、まるで入り江のようになっているビーチです。

カヌメラビーチのおすすめの楽しみ方♪

ここでも色とりどりの魚が集まりシュノーケリングが楽しめます。

ビーチの真ん中には大きな岩があり、潮がひくと岩まで地続きになります。
岩への立ち入りは禁止となっていますが、近くまで行くことは可能です。

水がきれいであるため、天気が良い日には海底のサンゴまで光が届きとてもきれいですよ。

このビーチはイルデパン島の中で最も美しいビーチと言われています。

夜の星空も綺麗に見ることができ、幻想的な世界を楽しめます。

 

名物はエスカルゴ!

イルデパンのエスカルゴは丸いエスカルゴではなく、円錐形のちょっと大ぶりな形が特徴です。身が大きく歯ごたえもしっかりしています。ガーリックバター風に調理されたエスカルゴ料理はビールやワインとよくあう絶品です。

輸出が禁止されているためイルデパン島でしか食べる事ができない貴重な一品ですので、ぜひお見逃しなく!!

 

5:メトル島だけではもったいない!周辺の観光スポット【ヌメア市内】

photo byBrian Quan『ヌメア』


ヌメアはニューカレドニア最大の街で、港に浮かぶヨットやコロニアル調の建物などがまるで南フランスを彷彿させる観光地です。

観光スポットはもちろんですが、高台から目の前に広がる南太平洋を満喫したり、市街地の有名広場にあるマルシェをぶらぶらしたり、いろんな楽しみ方があります。

おいしいフランスパンのお店もたくさんあるので食べ比べしてみるのも良いですね♪

フランスの植民地時代の名残が残るヌメア。ここでのおすすめスポットをご紹介します!

 

F.O.L.の丘

F.O.Lの丘photo@「F.O.Lの丘」


ヌメアの街を一望できる地として有名なエフオーエルの丘。F.O.Lと呼ばれる文化センターがあり、ヌメア屈指の景勝地で絶好の観光スポットです。

目の前にはサン・ジョセフ大聖堂、そしてその奥にはヨットハーバー、またヌメア市街が一望できます。

 

アメデ島

アメデ島photo@「アメデ島」


島の中心にシンボルの灯台がそびえ立つのがアメデ島。モーゼル湾から高速船で約40分。こちらは小さな無人島です。

この島のシンボルである白い灯台はナポレオン3世によって約150年前に建てられたという歴史ある灯台です。

目の前に広がる青く美しい海と、白い砂浜がつくる眺めは絶景です。島内ではシュノーケリングをはじめ、グラスボトムボート、ダンスショー、ヤシの木登り、パレオショーなどたくさんのアクティビティーが用意されています。

 

ヌメア朝市

野菜、フルーツ、お花、肉、魚などたくさんのお店が出ていて見て回るだけでも楽しめます。屋外には雑貨、洋服なども販売しているお店もあるので、地元ならではのお土産選びにぴったりです。

 

まとめ

ニューカレドニアの美しさとともに水上コテージの魅力が伝わりましたでしょうか!

日ごろの喧騒から離れて、のんびりしたひとときを過ごしたい方にはピッタリのニューカレドニア◎ぜひ水上コテージで至福の時を過ごしてください^^♪

知る人ぞ知る!行ったら自慢になる「穴場リゾート地」15選

青い海を独り占め!他の人には教えたくない海外の穴場ビーチ10選

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。