この夏は長野へ!清涼感たっぷりの避暑地スポット15選

年々暑さが厳しくなっている日本の夏。涼しい場所に旅行して、気分をリフレッシュさせたいですよね。そんな方におすすめなのが、避暑地として人気の高い長野県!気温も涼しく、レジャースポットも満載なので、夏の旅行先にぴったりですよ♪今回は、この夏訪れたい長野の避暑地スポットを、15ヶ所厳選してご紹介します!

『休みに避暑地に出かけたい人』
『長野で避暑地をお探しの人』におすすめ!

1.360度の大パノラマ!約600種の高山植物が咲き乱れる「車山高原」

photo@「車山高原」


長野県の高原を結ぶドライビングロード、「ビーナスライン」の中で最も美しい高原と言われる、霧ヶ峰の最高峰「車山高原」。

標高1925mの山頂からの眺めは絶景で、天気が良ければ、標高3000mを超す乗鞍岳や八ヶ岳連峰、日本アルプスの山々や富士山を360度の大パノラマで一望することができます。

涼しい風が吹き渡るので夏でもとても涼しく、日が陰ると肌寒いほど!
羽織るものはもちろん、陽射しが強いので日焼け対策もしっかり行うのがおすすめです。

photo@「車山高原・夏の代名詞-ニッコウキスゲ」


車山高原は種類豊富な高山植物を鑑賞できることでも有名で、特に夏は、約600種類もの高山植物が草原一帯を咲き乱れます。

特に有名なのが、7月に咲くオレンジ色が鮮やかなニッコウキスゲで、見頃を迎える時期にはビーナスラインが渋滞するほどの人気っぷりなのだとか!

その他にも、ビーナスライン沿線で特によく見られるキバナノヤマオダマキや、草原に数多く点在するハクサンフウロなど、色彩豊かな植物が織り成す優雅な風景を楽しむことができます

ハイキング登山を楽しむも良し、リフトで高原の風を感じながら景色を楽しむも良し、さまざまな楽しみ方ができるのも魅力の1つです♪

車山高原 公式HP

2.日本屈指の山岳リゾート!透明度の高い川と緑濃い山々が美しい「上高地」

photo@「上高地」


信州好きの旅行者の間で大人気なのが、松本市にある標高約1500mの特別名勝地、「上高地」です。

穂高連邦の美しい山々に囲まれた自然豊かな地は、8月でも平均気温が20度を切るほど涼しく、湿度も高くない爽やかな気候なので、真夏の避暑地にぴったりな場所です♪

photo@「河童橋」


上高地の中心には、山々の雪解け水のよって氷のような冷たさをもつ「梓川」が流れており、その川にちなんだ水の名所や、川の水に育まれた緑豊かなスポットがたくさんあります。

中でも、

  1. 山の噴火や崩落で川がせき止められたことで誕生した「大正池」「明神池」
  2. 上高地のランドマークで、橋上から穂高連邦や梓川を望める「河童橋」
  3. 針葉樹林と四季折々の草花に囲まれたトレッキングコース
  4. 上高地の奥座敷「徳沢」

は、特におすすめ!

散策後は、穂高連邦の雄大な景色を眺めながら天然温泉につかれる、「中の湯温泉」や「坂巻温泉」で、疲れを癒すのも良いですよ♡

上高地 公式HP

3.子ども連れにもおすすめ!散策・森林浴が楽しめる「乗鞍高原」

photo by:peaceful-jp-scenery (busy)『牛留池』


飛騨山脈の南部に位置する「乗鞍高原」は、夏の避暑地以外にも、登山やスキーなどの観光産業が盛んな高原リゾート地です。
長野の高原の中でも珍しく、高台にも関わらず平地が続いており、遊歩道も整備されていることから、家族連れや女性に人気があります。

特に、乗鞍岳を遠くに臨む「一の瀬」や針葉樹に囲まれた透明度の高い池「牛留池」のエリアは起伏が少なく、遊歩道を歩きながら森林浴もできるのでおすすめですよ♪

photo@「善五郎の滝」


また、滝や池など水の名所が多いのも特徴の1つ。

  1. 標高1200m~1600mあたりの高台から勢いよく流れ落ちる「善五郎の滝」
  2. 「番所大滝」
  3. 木漏れ日を浴びながら涼しい渓流沿いを散策できる「千間淵遊歩道」

などのスポットは、癒されること間違いなしですよ!

のりくら高原観光案内所HP

4.阿寺ブルーの川が美しい!透明度抜群の清流に癒される「阿寺渓谷」

photo@「阿寺渓谷」


「阿寺渓谷」は、名古屋から電車で約2時間の距離にある、大桑村を代表する名勝地です。
阿寺川の両岸を木曽五木が延々と続く渓谷は、その美しさから絵画や写真、俳句のモチーフとしても人気があります。

阿寺渓谷の見どころは何といっても、全長約15kmも続く透明度の高い渓流!
「阿寺ブルー」と呼ばれるエメラルドグリーンの美しい清流と、四季折々の自然が生み出す渓谷美は、まさに圧巻の一言です。

その他にも、

  1. 昔渓谷に生息していた動物の名前にちなんだ「狐ヶ淵」や「熊ヶ淵」
  2. 伝説や民話にちなんだ「犬帰りの淵」や「ウナリ島」

など、ユニークな名前を持つインスタ映え間違いなしの美しいスポットが満載。

美しい清流に心癒されながら、ハイキングやキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか♪

大桑村観光協会 公式HP

5.南アルプスの絶景を望む!日本のチロル「下栗の里」

photo@「下栗の里」


景観などがオーストラリアのチロル地方に似ていることから、日本のチロルと呼ばれている「下栗の里」。

標高800m~1000m、南アルプスを望む高地に点在して建ち並ぶ家屋や耕地の景観は美しく、「天空の里」としてにほんの里100選にも選出されています。

下栗の里でぜひ体験したいのが、里の歴史や伝統芸能を教えてもらいながら絶景ビューポイントを巡る、地元民案内ツアー

コースはA~Dまでの4つがあり、所要時間も案内してくれる場所もそれぞれ異なるので、内容を確認した上で予約することがおすすめです!

下栗の里 公式HP

6.信州随一の大きさ!大規模な花火が楽しめる「諏訪湖」

photo@「諏訪湖」


「諏訪湖」は、南信地方に位置する諏訪市の中でも、特に有名な観光スポットの1つ。
大ブームを巻き起こしたアニメ映画、「君の名は。」の聖地として、若い世代を中心に大人気の避暑地です。

面積13.3平方km、湖周15.9kmという信州随一の大きさを誇る湖では、遊覧船や水陸両用観光バスで、湖上の涼しい風を感じながら景色を楽しむことができます。

photo@「諏訪湖-花火大会」


また、諏訪湖の夏の風物詩と言えば、湖上に打ち上げられる花火!
全国有数の規模、4万発もの花火が打ち上げられる「諏訪湖際湖上花火大会」や、諏訪湖温泉宿泊者への感謝の気持ちを表現した「上諏訪湖温泉宿泊感謝イベント」など、7月~9月にかけて、下記のような花火大会が開催されます。

  • 「上諏訪湖温泉宿泊感謝イベント」…毎年7月の海の日に開催
  • 「諏訪湖サマーナイト花火」…7月下旬~8月下旬まで毎晩開催
  • 「諏訪湖際湖上花火大会」…毎年8月15日に開催
  • 「全国新作花火競技大会」…9月第一土曜日に開催

毎年曜日が異なる花火大会もあるので、気になる方は花火大会関係のHPでスケジュールをチェックしてみてくださいね♪

諏訪市観光ガイドHP

7.北アルプスに育まれた水と緑の街「安曇野」

photo@「安曇野-燕岳」


北アルプスの澄んだ伏流水に緑濃い田園風景、真夏でも15度を下回ることも多い清々しい気候が魅力の「安曇野」。

  1. 「安曇野ちひろ美術館」を始めとした景観の美しい美術館
  2. 登山やトレッキングが楽しめる「燕岳」や「蝶ヶ岳」などの北アルプスの美しい山々

など、自然豊かな観光地が満載の癒しスポットです。

photo@「大王わさび農場-三連水車」


また、安曇野と言えば、わさびを思い浮かべる方も多いですよね。
綺麗な湧き水が流れる安曇野は、その湧き水で育てられた良質なわさびの一大産地になっています。

中でも開拓から100年を迎えた「大王わさび農場」は、東京ドーム11個分という広大な敷地を持つ、日本最大級のわさび田として有名!

澄んだ川の中で回る風情ある水車に、延々と広がるわさび田、収穫したわさびで作られた料理を堪能できるレストランや売店など、見どころ満載ですよ♡

安曇野市観光協会HP

8.希少な高山植物の宝庫!天空の花畑「千畳敷カール」

photo@「千畳敷カール」


氷河期時代の氷で削り取られたことでお椀型となった「千畳敷カール」は、真夏でも最高気温が20度という涼しい気候が人気の氷河地形です。

標高2600m超えというかなりの高地にあり、アルプスの山々が連なるダイナミックな景観、春~夏にかけて高山植物が一面咲き乱れる天空のお花畑など、他ではお目にかかれない、息をのむほどの絶景を見ることができます。

標高は高いですが、「駒ヶ岳ロープウェイ」や40~50分ほどのトレッキングが楽しめる遊歩道も整備されているので、女性や子どもでも絶景を見ながら散策を楽しめますよ♪

photo@「コバイケイソウの大群落」


千畳敷カールの夏にしか見ることができない絶景が、高山植物「コバイケイソウ」の大群落!

花をつけるのは数年に一度だけという幻の絶景で、当たり年には、まるで雪が降り積もったように一帯が白く染まる、幻想的な光景を見ることができます。

ただし毒性があるので、綺麗だからといって軽率に触るのは避けてくださいね!

信州駒ヶ根ガイド

9.まるで別世界!幻想的な苔の森が広がる「蓼科大滝」

photo by:BJ TENKINZOKU『蓼科大滝』


長野県茅野市にある「蓼科大滝」は、蓼科温泉があるプール平の苔むした原生林の中にある、小さな滝です。

原生林内に整備された滝までの遊歩道は、苔むした岩や木々が周囲を覆い、まるで別世界に迷い込んだような気分を味わえます。

遊歩道を進んだ先に姿を現す緑濃い森に包まれた大滝は、息をのむほどの透明度と気品ある美しさ!
幅10mの広い滝口から躍動感たっぷりに流れ落ちる光景は、インスタ映え間違いなしですよ♪

苔の森を楽しむなら夏の時期がおすすめですが、秋には美しい紅葉も楽しむことができます。
ぜひ、四季折々の自然の美しさを堪能してみてください!

蓼科高原観光ガイドHP

10.長野オリンピックの会場地!北アルプスの大自然が広がる「白馬村」

photo@「白馬村」


北アルプスの山麓に位置する「白馬村」は、1998年に開催された長野オリンピックの会場になったことで有名になった、自然豊かな観光地。

色とりどりに咲き誇る高山植物に、北アルプスが育んだ山と水辺が織り成す絶景は、夏休暇に訪れるのにぴったりの避暑地です。

photo@「白馬岩岳ゆり園」


夏の時期、特に訪れてほしいのが、標高約1289mの高地にある「白馬岩岳ゆり園」!
白馬連峰の大パノラマをバックに、約30万株の色とりどりのゆりが辺り一面に咲き乱れる光景は、他ではお目にかかれない美しさです♪

ゆっくりゆり観賞するのはもちろん、ウォーキングやアスレチック施設でのアクティビティを楽しむのもおすすめですよ!

吹きぬける涼風に匂いたつゆりの甘い香り、聞こえてくる鳥のさえずり、癒しの一時を堪能してみては♪

白馬村観光局 公式HP

11.軽井沢の大人気スポット!地下水源流の美しい滝「白糸の滝」

photo@「白糸の滝」


避暑地・軽井沢の中でも特に人気のある観光スポットの1つである「白糸の滝」は、幅70m、高さ3mの小さな滝です。
湾曲した岩壁を透明度の高い絹糸のような水が流れ落ちる光景は、清涼感と癒しを与えてくれます。

毎年7月~8月の夏季1ヶ月間は、ライトアップとプロジェクションマッピングのイベントが開催されています。
色とりどりのライトに照らされた滝と、緑濃い木々とのコラボレーションは抜群!

日本夜景遺産にも登録された美しさ、ぜひお見逃しなく!

軽井沢ナビ

12.舟遊びに花火大会!夏ならではの体験ができる「天竜峡」

photo@「天竜峡」


飯田市を流れる天竜川を挟む「天竜峡」は、国の名勝地に指定されている、自然豊かな渓谷です。
両岸にそびえ立つ巨岩奇岩に、四季折々の表情を見せる草花が、まるで山水画のような風情ある景色を作り出しています。

見逃せない!天竜ライン下り

夏の天竜峡観光でおすすめなのが、熟練した船頭が天竜川を舟で案内してくれる「天竜ライン下り」
ダイナミックな流れの天竜川の水しぶきに、渓谷の清々しい風、天竜峡の自然を全身で感じてみてはいかがでしょうか!

その他にも、「灯ろう流し」や「花火大会」など、夏ならではのイベントも開催しています。
澄んだ空気が流れる天竜峡で、涼しい夏を満喫してみてください☆

天竜峡温泉観光協会HP

13.マリンアクティビティが満載!1年中遊び倒せる「白樺湖」

photo by:girakku『白樺湖』


標高約1500mの高地に位置する、周囲約4kmの小さな湖「白樺湖」は、白樺の木々と湖のコントラストが美しいリゾート地です。

湖の周囲には、スキー場や遊園地、美術館や乗馬などのレジャースポットが満載で、1年を通して遊べる人気観光地になっています。

夏におすすめなのが、蓼科山を望みながら湖上をのんびり漂う、「ボート遊び」
その他にも、カヤック体験や釣りなど、楽しめるマリンアクティビティがたくさんあります。

8月には花火大会も開催されるので、ご家族や仲の良い友人たちと訪れてみては?

白樺湖観光案内HP

14.人の手がほとんど入っていない神秘の絶景!高地最大の天然湖「白駒池」

photo@「白駒池」


北八ヶ岳の東麓に広がる八千穂高原、その頂上の標高約2115mに位置する「白駒池」は、日本で最も標高が高い天然湖

面積11.4ha、湖岸線1350m、高地にある湖としては最大の大きさを誇っており、水の透明度も群を抜く美しさです。

人の手がほとんど入っていない大自然に、息をのむほどの神秘的な美しさ。
長野に旅行に来たら、一度は訪れておきたい絶景スポットの1つです。

photo@「苔の森」


白駒池と共に見ておきたいのが、池の入り口である原生林に広がる「苔の森」。
森には485種類もの苔が生息しており、時間帯や天候によって表情や見え方が変わる、神秘的な光景を見ることができます。

また、白駒周辺には苔の森が10ヶ所ほどあり、それぞれで生息する苔の種類が違います。
あなただけのお気に入りの苔の森を見つけてみてはいかがでしょうか♪

佐久穂町観光協会 公式HP

15.長野屈指の絶景スポット!満点の星や雲海が美しい「美ヶ原高原」

photo@「美ヶ原高原」


長野県のほぼ中央に位置する「美ヶ原高原」は、富士山や乗鞍岳を始めとした日本を代表する山々を、360度の大パノラマで眺望できる絶景避暑地。

ビーナスラインの終点に位置し、交通料金も無料なことから、ドライブスポットとしても人気があります。

photo by:和椛山水『雲海と日の出』


美ヶ原高原で特におすすめなのが、日の出や雲海、満天の星が織り成す絶景
標高2000mの眼下に広がる神秘的な雲海に、辺りを赤く染め、刻々と表情を変える日の出、空いっぱいに広がる美しい星々…。

天体観測ができるナイトツアーやアルプスの山々の絶景を眺望できる早朝ツアーなど、無料で参加できるツアーを開催している宿泊施設もあるので、日帰りはもちろん、泊りがけで訪れるのもおすすめですよ♡

美ヶ原観光連盟 公式HP

行ってみたい長野県の避暑地は、見つかりましたか?
日本アルプスの山々に囲まれた長野は、酷暑の東京と比べて、気温が低くて過ごしやすい観光地です。
ぜひ、今年の夏は長野に出かけて、最高の思い出を作ってみてください♪

【関東の避暑地】涼しい夏を満喫できる避暑地スポット15選

涼しい夏を求めて!軽井沢おすすめ観光スポット15選♡

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。