【海外初心者】カンボジアに行く際の持ち物と注意点

カンボジアへの初めての旅行に役立つ知識をまとめています◎初めての海外、初めての国、楽しみだけど不安もたくさん・・・。カンボジアに行く際の必需品から、あったら便利な物まで、あなたの不安の軽減に役に立つ情報をお届けします。

『カンボジアに行ってみたい』
『海外旅行初心者』の人におすすめ!

カンボジアでの必需品

パスポート

ビザ発行の関係上、カンボジア入国時に6カ月以上の有効期限が残っているものが必要です。

ビザ

日本で取得した場合は、忘れずに持って行きましょう。

 

証明写真

カンボジアでビザを取る場合に必要です。サイズは、パスポートのサイズと同じになります。

お金

カンボジアで使うお金は、全てドルが使えます。お釣りはリエルというカンボジアの公定通貨でかえってきます。ちなみに現在、1ドル≒4065リエルです。カンボジアのナイトマーケットなどでは、現金で払うことが多いです。そのため、クレジットカードの使用はあまりないです。

 e-チケット

飛行機に乗る前に行う、チェックインの際に使います。e-チケットはPC画面、メール、郵送などで航空券を予約した際に送られます。

変圧器

カンボジアと日本では、電圧が異なります。(カンボジア:220V、日本:100V)そのため、日本で使っているドライヤーは使用できません。使うと…壊れます。ドライヤーを使う際には、変圧器が必要になります。または、変圧ドライヤーというのを持っていくと便利です。

着替え

基本的には、半袖、半ズボンで過ごせます。ちなみに、とても暑いのですごく汗をかきます。カンボジアでタイパンやTシャツを購入して着ている人もいます。2.3ドルと安く買うことが出来ます。タイパンとは、エスニック風の動きやすく、涼しいズボンです。しかし、このタイパンは色落ちが激しいので、洗濯する際には十分に注意し、手洗いがおすすめです。

カンボジアではサンダルを履いている人がほとんどです。

タオル

とにかく汗をかくので、フェイスタオルは必須です。また宿泊先により、バスタオルが必要になります。
また、雨季では湿度が高いため、タオルなど厚手のものは乾かないこともあります。そのため、大めに持っていくことをおすすめします。

洗面用具

リンス、シャンプー、歯ブラシ、歯磨き粉などは、宿泊の日数を考慮して用意しましょう。洗濯用の洗剤も必要です。

手荷物かばん

リュックよりも斜め掛けなど、自分の前に持ってきておけるもののほうが安心です。万が一のことを考え、斜め掛けを前に持ってきてホールド式を推奨します。

ウェットティッシュ

食前に、衛生面を配慮して、食器や手指を拭いてから食べます。多めに持っていき、毎回拭くことがおすすめです。

ティッシュ、トイレットペーパー

トイレには、紙がなく水で流す式のものもあります。紙がないところが結構あるので多めに持っていき、常に持ち歩きましょう。
トイレットペーパーは芯を抜き、潰しておくと持ち運びしやすいです。

常備薬、正露丸、整腸剤、酔い止めなどです。そして、虫よけスプレーも大事な持ち物です。

その他

熱中症対策に、スポーツドリンクを作る粉や、冷えピタ、塩分チャージの飴やタブレットを持って行くことをおすすめします。
そして、気になる日焼けについては、SPF50+の日焼け止めでも焼けます。少し質の高いもののほうがおすすめです。

 機内持ち込みについて

液体、刃物は持ち込むことが出来ません。スーツケースに入れましょう。シャンプー、化粧水、制汗剤、ハサミ、コンタクトの洗浄液などをうっかり手荷物に入れないように注意しましょう。液体は、規定内の量なら透明の密閉した袋に入れると持ち込みが可能です。

カンボジアの気候

カンボジアには雨季と乾季が存在します。

乾季は、11月上旬から5月中旬で、前半は年間で最も涼しく、過ごしやすい季節ですが、後半は最も暑く、日中の気温は35~40度にもなります。雨季は、5月下旬から10月下旬です。雨季と言っても一日中降り続けるのではなく、定刻に強い雨が降るスコールで、1,2時間でやんでしまいます。ちなみに、観光には乾季がおすすめです。雨が降る心配はほとんどないです。

飛行機の中は冷え込むこともあるので、手荷物に上に羽織るものをいれておくことをおすすめします。

食べ物

食前には除菌用のウェットティッシュで手と食器は拭きましょう。

また、カンボジアの水は硬水なので、普段日本で軟水を飲んでいる私たちの身体には順応せず、お腹を壊してしまうことが多いので、水道水を飲むことは控えることをおすすめします。水道水で作っている氷にも気をつける必要があります。きれいな所もありますが、注意しましょう。

衛生環境が悪い、食べ物にあたったなどではなくても、普段とは違うものを食べるためお腹を壊したり、体調を崩すことはあるので、薬を持って行くと安心です。

カンボジアの治安

いまだに紛争のイメージや地雷、貧困のイメージが強くあるカンボジアですが、実際はそんなことはありません。日本がとても治安が良い国なので、日本のようにはいきませんが、過度に治安を心配する必要はないと思います。しかし、安心とは言えないので、夜道やナイトマーケットを一人で動くのは気をつけてください。

移動手段としてよく使われる、トゥクトゥクという乗り物があります。三輪タクシーです。これに乗る際には必ず、乗る前に行き先がわかっているか確認し、値段交渉をして値段を決めてから乗車します。後になって、ぼったくられたり、面倒なことが起こることもあるので、乗車の前に必ず決めましょう。

 

さいごに

最後にはなりますが、ここまで読んで頂きありがとうございます!

私たちは学生国際協力団体Michiiiiといいます。映画「僕たちは世界を変えることができない。」(https://youtu.be/rHPX9gzxwV4)のモデルとなったカンボジアの小中学校を継続支援しています。

私たちは一人でも多くの人が、何かをきっかけにカンボジアの現状を知り、支援への一歩を踏み出していただければと思います。

また、私たちの活動理念は「誰かのために何かしたい人へ、新しい一歩を提供する」です。私たちの活動が皆様の新しい一歩のきっかけになれば幸いです。

Michiiiiは各SNSなどで、こうした情報をお届けしています!よかったらぜひチェックしてみてください↓↓↓

HP
Twitter

Facebook

大学生必見!学生のうちにカンボジアへ行くべき理由とは?

IMATABI公式支援学生団体『学生国際協力団体Michiiii』インタビュー*

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。