【癒され旅♡】秋田のおすすめ観光スポット定番から穴場まで15選

ニュウトウ

秋田小町、秋田美人、秋田犬など名物がたくさんある秋田。自然豊かな観光スポットがたくさんあることでも有名です!今回は、そんな秋田でおすすめの観光スポットをご紹介。定番スポットからちょっぴり穴場スポットまで15選をピックアップ☆アクセスもバッチリの観光地を巡るべく!次の旅行は秋田に決めてみてはいかがでしょうか?

『秋田に旅行に行きたい人』
『国内旅行でどこに行こうか迷っている人』におすすめ!

【定番1】乳頭温泉

ツルノユ

photo@鶴野湯


7つの宿、7つの温泉から成る秋田を代表する温泉街☆
十種類以上の源泉があり、七湯をめぐる温泉浴は万病に効くとも言われています。

宿泊者だけが購入できる湯めぐり帖を購入すれば、組合加入の7軒(鶴の湯・妙乃湯・蟹場・大釜・孫六・黒湯・休暇村)に入浴することもできます◎

それぞれの宿に個性があるので、お気に入りを探してみてください^^

【定番2】横手公園

ヨコテジョウ

photo@横手公園


横手城の城跡が公園として整備されてできたのが横手公園。

お城には登ることができ、城内の展望台からは秋田を一望することができます^^
内部には郷土資料館も併設。

無料で入園できるバラ園では、6月頃から見ごろを迎え、約40種ものバラを楽しむことができます◎

園内には桜も多く植えられているので、お花見のシーズンにもおすすめです!

横手市オフィシャルサイト

横手公園

電話番号 0182322725

 

【定番3】秋田駒ヶ岳

コマガタケ

photo@駒ヶ岳


秋田県と岩手県にまたがる活火山で、日本で最も高山植物の豊富な山として有名です。

山頂に咲く数百種類の高山植物群は「秋田駒ヶ岳高山植物帯」として、国の天然記念物にも指定されています。

登山にも人気のスポットで、山開きは毎年6月1日に行われます。
標高1305m地点にある登山基地「八合目」までは車で行くことができるほか、シャトルバスも運行していてアクセス◎

新道コースは、景色がとてもきれいで急登がないので、初心者にもおすすめです^^

【定番4】角館

カクノダテ

photo@角館


今でも城下町の面影が残る秋田を代表する観光名所。
内町(武士の町)と外町(商人の町)が画然と区別されたつくりは、別名「みちのくの小京都」とも呼ばれます。

角館をより楽しみたい人には「かくの館歴史案内人組合」による約90分の観光案内がおすすめ☆
ガイドブックには載っていないより深~い歴史を、歴史案内人が紹介してくれます。

桜の名所としても人気があるので、春はベストシーズンといえるでしょう♪

角館

【定番5】抱返り渓谷

ダキガエリ

photo@抱返り渓谷


人がすれ違うときに、互いを抱き合って振り返ったことが名前の由来と言われている「抱返り渓谷」。
全長は約10kmにも及びます。

別名「東北の耶馬渓」と呼ばれるほど絶景の観光地として有名です。
巫女岩などの奇岩や、回顧の滝、百尋滝などが主な見どころです◎

下流には先ほど紹介した角館もあるので、秋田の定番観光ルートとして訪れる人が多くいます。

特におすすめは、紅葉のシーズン!
どこまでも続くような紅葉を楽しむことができます^^

抱返り渓谷

 

【定番6】亀田不動滝

カメダフドウ

photo@亀田不動滝


高さ約25m、幅約10mの荘厳な滝。
滝そのものが美しいことはもちろん、滝をとりまく緑や山道が非常に美しいことでも有名です!

亀田不動滝

【定番7】なまはげ館

ナマハゲ

秋田名物なまはげ!
そのなまはげについて「なまはげの全てに触れられる」をコンセプトにした資料館です。

なまはげのしきたり、伝承する人々の精神について触れることができるほか、実際に使用されていた110体のナマハゲのお面も見ることができます!

体験コーナーでは、実際になまはげコスチュームを着て記念撮影ができるほか、なまはげ彫師によるなまはげ面の手彫りの実演まで見ることもできますよ♪

オリジナルの受注販売も行っているとのことで、秋田観光の思い出やお土産にもおすすめです☆

なまはげ館オフィシャルサイト

なまはげ館

営業時間 8:30〜17:00
電話番号 0185225050

【定番8】刺巻水芭蕉

サシマキ

photo@刺巻湿原


田沢湖刺巻湿原は、約10平方キロメートル、ハンノキ林に囲まれた湿原です。
4月上旬~5月中旬の見ごろになると、約6万株の水芭蕉が咲き誇ることで有名です。

見ごろの時期に開催される「刺巻水ばしょう祭り」では、郷土料理や特産品の販売が行われます。
散策後のイワナの塩焼きは絶品☆

一周徒歩約30分ほどと、気軽に楽しめるところも嬉しいですね^^

刺巻湿原

【定番9】雲昌寺

オガクラウド

photo@雲昌寺


15年もの年月をかけて副住職の方が大切に育てたというアジサイが絶景の観光スポット。
独自の育て方によって、1つの株につく花の数が多いのもこの絶景を生み出す秘訣。

6月中旬~7月上旬に見ごろを迎えます☆
日中はもちろん、夕日に照らされたアジサイもとてもキレイです^^

雲昌寺

電話番号 0185332537

【定番10】田沢湖

タザワコ

photo@田沢湖


水深423.4m
日本一の深さを誇る湖が田沢湖☆
湖畔には歴史ある旧跡のほか、遊覧船、レジャースポットなど、四季折々様々に楽しめる観光スポットです^^

周囲が約20kmということもあり、ドライブやサイクリングも楽しめます◎

見どころの一つは「御座石神社」。
永遠の美を願い泉の水を飲んだ結果、龍に変えられてしまった…という辰子の伝説が残る神社です。

そのご利益は、美貌成就・不老長寿と、女性に嬉しいご利益ばかり!
「辰子」が姿を映したと言い伝えられる「鏡石の近くには願い橋があり、その橋にかけた願いは叶う、と言われています。 

田沢湖

【穴場1】くまくま園

アニクマ

photo@くまくま園


ツキノワグマとヒグマに会える動物園☆
阿仁熊牧場が、くまくま園として2014年にリニューアルオープンしました。

園内では、クマの生態を間近で見ることができるだけではなく、園内で販売しているエサをあげることもできます。

コグマと触れ合えるイベントが開催されることも!
冬場の見学は要予約なのでご注意を☆

くまくま園

営業時間 4月下旬~11月上旬
9:00~16:00
電話番号 0185842626

 

【穴場2】秋田犬ふれあい処

アキタイヌ

JR大館駅前にの新スポット「秋田犬ふれあい処」では、実際の秋田犬と戯れることができます。

駅前とアクセス抜群なので、本場の秋田犬とふれあいたい!という方はぜひお立ち寄りくださいね♡

秋田犬ふれあい処

営業時間 平日 9:00〜15:30
(定休日:月・木)
電話番号 0186437072

【穴場3】竿燈祭り

カント

毎年8月上旬に行われる竿燈祭り。
4日間に渡って開催され、120万人もの来場者でにぎわいます!

もともとの起源は、夏の病気や邪気を追い払う行事。
灯火を付けた長い竿を十文字に持ち、太鼓を打ちながら町を練り歩き、その中で「竿燈妙技」と呼ばれる竿燈の扱いを競います。

最大の竿燈は、高さ12m、重さは50kgにも及び、それらを手のひらや肩、腰へと移す竿燈妙技はまさに圧巻です!

【穴場4】かまくら雪まつり

カマクラ

「みちのく五大雪まつり」のひとつが横手市のかまくら雪まつり☆
毎年2/15~16に開催されます。

子供たちがかまくらの中で甘酒やお餅を振る舞うほか、いくつにも連なるかまくらがライトアップされ、とても幻想的なお祭りです。

横手市は「恋人の聖地プロジェクト」に参画し、恋人の聖地にも認定されているロマンチックスポット♡
バレンタインデーから雪まつりを楽しむコースもおすすめです☆

【穴場5】男鹿水族館GAO

オガスイゾクカン

photo@男鹿水族館GAO


11コーナーに400種、1万点の生き物と出会える秋田最大の水族館!

そんな男鹿水族館で1番の人気物が、ホッキョクグマの豪太くん^^
ロシアのモスクワ動物園で生まれ、この男鹿へやってきたそうです。

その他にも、ペンギンやアザラシなど、魚以外の生き物も充実。

営業時間が不規則なので、事前にチェックしてから行くことをおすすめします。

男鹿水族館GAOオフィシャルサイト

男鹿水族館GAO

営業時間 営業カレンダーに準ずる
電話番号 0185322221

【グルメ1】きりたんぽ

キリタンポ

秋田を代表する郷土料理☆

硬めに炊いたご飯をつぶし、杉の棒に巻き付けて焼いたもので、味噌をつけて食べたりだし汁に入れて煮込んだりして頂きます。

秋田に行った際には必ず食べたい定番グルメです。

【グルメ2】稲庭うどん

イナニワ

秋田県南部を発祥とし、手延べ製法によって作られる干しうどん。
日本三大うどんのひとつとしても有名です。

うどんというよりもそうめんに近く、打滑らかな食感が絶品です。

各地に伝わるふるさとの味として、農林水産省により「農山漁村の郷土料理百選」としても選ばれるほど、実力の秋田グルメ。
秋田に行った際にはぜひ食べてみてくださいね♡

おわりに

いかがでしたか?
自然もグルメもたっぷり楽しめる秋田☆
ぜひ日本の良さを再発見しに行ってください^^

ひとり旅をするなら東北へ◎県別おすすめ観光スポットまとめ

【大自然が魅力】宮城のおすすめ観光スポット定番から穴場まで15選!

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。