セブ島ローカルエリアの勧め ~ダウンタウンには魅力がいっぱい~

私はセブ島に2か月ほど留学を兼ねて滞在しました。その中でも土日には様々な場所を観光する機会がたくさんあったのですが、セブ島には本当に魅力がいっぱいだなと感じたので、今日はその中の一つコロンという場所について紹介します。

『セブ島のローカル観光地を知りたい』
『セブ島に興味がある』人におすすめ!

コロンストリート

コロンはいわばセブ島でも有名なダウンタウンです。それゆえ、連日多くの人でにぎわい、様々なものが安価で購入できます。

ただ、ダウンタウン故、少し危険なところもあり、行く際には団体行動を心掛け、すりやひったくりなど軽犯罪に巻き込まれないようかばんを前に抱えたり、スマートフォンや財布をポケットに入れたりしないなど、十分な注意が必要です。

私自身は語学学校の先生と一緒に行ったため、何の危険な目にもあうことなく、帰ってこられましたが、一人で行っていたらかなり危険であったかなという気もします。特に夜は、かなり暗く、人通りの少ない路地もたくさんありました。

そんな中私が見つけたコロンに行ったら訪れたい観光スポットをいくつか紹介します!ちなみにコロンへはタクシーか、ジプニーで行くことができます。ジプニーもスリなどの軽犯罪にあう可能性があるので、しっかりと注意が必要です。ただ、ジプニーの場合一回7ペソ(約15円)と非常に安く、セブ市内あちらこちらを走っているため見つけやすくおすすめではあります。下の写真がジプニー内から他のジプニーを撮影した時のものです(笑)

① サンペドロ要塞

この場所はスペイン人によるフィリピンの植民地時代に建設され、19世紀にはフィリピン人の反乱に対する拠点となっていたそうです。大人は一人当たり30ペソ(70円ほど)で入場することができます。

② マゼランクロス

キリスト教布教のために1521年マゼランがセブ島を訪れた際に、建てられたという十字架。多くの観光客でにぎわっており、マゼランの偉大さを感じました(笑)

次に紹介するサントニーニョ教会の出口を抜けたすぐ先に見えます。観光客がいなければ、見落としてしまうのではないかというスケールでした。

③ サントニーニョ教会

1565年に建設されたカトリック寺院。フィリピン最古であるらしく一月に大規模に行われるシヌログ祭りではこのサントニーニョを祝うために、町中がお祭り騒ぎとなります。私が訪れた日は日曜日ということもあってかなり多くの人で埋め尽くされており、お祭りのような賑わいがありました。

こちらは、聖堂を抜けてすぐのところにある部屋に飾られたキリスト像。

④ カルボンマーケット

魚や果物、野菜などローカルな食べ物が安価で手に入ることから連日多くの人で賑わいをみせる、セブ屈指のマーケット。

夜のマーケットは昼とはまた違って少し気味が悪い場所も存在していたので、訪れる際にはより一層周囲に警戒をしておかなければならないでしょう。ただ、探検していると食べ物だけでなく、洋服やかばんなど生活用品も数多く売られている場所を発見しました。値段ももちろんショッピングセンターよりも格段に安いです。

⑤ その他

コロンストリートを歩いていると、ピアスやネックレス、リングなどアクセサリー類が路上でも多く販売されています。その他にも、お土産によさそうなセブ島らしいアクセサリー類がたくさん。洋服などを取り扱っているお店も多数存在しますが、そこまで価格や質に大差はないだろうなという感じでした。

いかがでしたか?今回紹介したスポットは、すべて同じエリアに存在するので一日、いや半日もあればすべてまわれるでしょう◎

安全にさえ配慮しておけば、ローカルな一面を自分の目で観察できる最高の場所ではないでしょうか。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

提供by IMATABIアンバサダー takaya

takyaさんの記事をもっと読む

“今だからできる旅” IMATABI公式 学生アンバサダー募集開始!

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。