空・海・風を全身で感じる!沖縄でパラセーリングにチャレンジ♪

パラセーリング

パラセーリングを知っていますか?パラセーリングは海の上で、船に引っ張ってもらいながらパラシュートに乗るスポーツです!地上からではわからない海や空の美しさ、気持ちのいい風を感じられます♪今回は、パラセーリングの基本と注意点、さらに沖縄でパラセーリングを楽しめる場所を、周辺の観光地と合わせてご紹介します♡ 

『パラセーリングをやってみたい人』
『いつもと違うマリンスポーツに挑戦したい人』におすすめ!

パラセーリングってどんなもの?

パラセーリング


パラセーリングとは

パラセーリングは、海の上で行うマリンスポーツの一種です!船に乗って沖に出て、船にパラシュートを引っ張ってもらうことで空を飛ぶ感覚を味わえます♪一般的に1人~3人で同時に飛べるので、カップルや友人同士で一緒に楽しめます♡

高いところが怖いから嫌だ!という人もいるかもしれませんが、パラシュートと船をつなぐロープの長さを変えることで、高さも変えることができるので大丈夫♪高さは大体、15m、25m、50mの三段階で、15mなら小さな子供でもOKな高さなので、高いところが不安なあなたもぜひチャレンジしてみて!

料金表では、ロープの長さで50m、100m、150mと表記しているところが多いので注意が必要です。

 

運動は苦手なんだけど…

パラセーリング


スポーツとはいいますが、写真のように救命胴衣の上からパラシュートのハーネスをつけたら、後は船が動き出して勝手に浮き上がるので、体力に自身のない人でも全く問題ありません!空を飛ぶ時間は10分にも満たない時間ですが、空から海を見下ろす景色は絶対に一生忘れられないものになりますよ♡

パラセーリングの魅力は、集合場所から移動してフライングポイントに船で行き、解散場所に戻ってくるまでだいたい約1時間という手軽さにもあります♪普段のリゾート旅行とは、ちょっと違ったアクティビティとして取り入れてみてはいかがですか?

 

パラグライダーとは違うの?

パラグライダー


ひょっとすると名前が似ているので、“パラグライダー”をイメージした人もいるかもしれませんね。パラグライダーの場合は、崖からパラシュートで飛ぶスポーツです♪

パラグライダーでは、十分な高さのある斜面に行って、自分でパラシュートを背負って走るので、ちょっと大変!パラセーリングではそういった大変さは全くないので安心してください♪

 

誰にでもできるの?

NG


パラセーリングNGな人

先にも書いた通り、パラセーリングは子供でもできるので、基本的には誰でもできますが、以下のような人はNGです!

 

  1. 体重が30kg未満、身長が120cm未満の人
  2. 飲酒をしている人
  3. 妊娠しているまたは、妊娠の可能性がある人
  4. 当日体調不良または重い慢性疾患がある人
    当日の体調不良は絶対にダメですが、慢性的な病気の場合は症状によりますので、かかりつけの医師に相談してみましょう!

パラセーリングをする時の注意点

パラセーリング


  1. 当日の服装は…
    基本的に水に浸かることはありませんが、念のため濡れてもいい服装がおすすめ◎
    夏なら思い切って水着でもいいかもしれませんね!
    また、飛ぶときには脱ぎますが、船の上は不安定なのでビーチサンダルや歩きやすい靴でいきましょう♪
  2. コンタクト・メガネの人は…
    ワンデーコンタクトで仮に飛ばされてしまってもOKと思える人はそのままでもいいでしょう。
    ハードコンタクトの人は飛ばされても当然、拾いには行けないのでメガネにするのがおすすめ
    メガネでパラセーリングする時には、スポーツ用のメガネ留めバンドをすると安心です♪
  3. デジカメ・スマフォで写真や動画を撮りたい人は…
    カメラやスマフォを持ってのパラセーリングOKのお店がほとんどですが、海に落ちても自己責任です
    コンタクト同様、落としても拾うことはできませんので、防水のケースに入れて首から下げられるようにしておくといいですね♪
    使い捨てカメラを販売しているショップもあるようです◎
  4. 乗り物酔いしやすい人は…
    フライングポイントまではたいてい船で数十分かかります!
    乗り物酔いしやすい人は酔い止めの薬を飲んでおいた方が安心ですよ◎
  5. とても大柄な人・体重が重い人は…
    3人でも乗れるのでちょっと体重が重いくらいでは気にしなくてもいいですが、極端に体格のいい人は、お店の人にあらかじめ相談してくださいね。

メガネをかけて運動する方のスポーツバンド(Amazon)

水面に浮く防水スマフォケース(Amazon)

沖縄でおすすめのパラセーリングができるショップ【1】:Sea World

本部港場所『本部港』


2か所からフライングポイントを選べるマリンスポーツのお店です。選べる場所は、集合場所が那覇空港から車で約10分、那覇市内の三重城港と美ら海水族館に近い本部港です♪三重城港のコースなら、短い日程でしか沖縄旅行に行けない人でも時間のロスなく参加できていいですね!

しかも、三重城港オールシーズン1日5回行われているので、参加しやすいのも魅力です♪パラセーリングだけでなく、シュノーケリングやホエールウォッチング(季節限定)もできるので、おもいっきりマリンスポーツを満喫したい人にも、もちろんおすすめですよ!

 

値段

7,000円/人

出発時間

  • 9時・11時・13時・14時30・16時(三重城港:オールシーズン)
  • 9時・10時・11時・14時・15時・16時(本部港: 4/48~5/9GW 7/1~10月末)
  • 10時・11時・12時・13時・14時・15時(本部港:10/1~3/31)
  • 10時・11時・14時・15時便(本部港:4/1~4/27 5/10~6/30)

 

Sea World

一緒に行きたい観光地:沖縄国際通り

国際通り

撮影:Alan Wat 場所『国際通り』


さまざまなお店が建ち並ぶお那覇のメインストリート国際通りお土産を買ったり、沖縄料理のランチをしたりと楽しんだ後にパラセーリングをして那覇空港から帰路へ、なんてコースも可能です◎

 

【公式】那覇市国際通り商店街

一緒に行きたい観光地:美ら海水族館

美ら海水族館撮影:rabbit_akra 場所『美ら海水族館』


本部港のコースの近くにあるのは美ら海水族館です♪沖縄旅行では絶対にはずせない人気スポットには、世界最大級のクリアパネルが使われた水槽、沖縄の海の珊瑚や深海を再現した水槽など沖縄らしい展示が特徴です!

また、ジンベイザメの多頭飼育やシンカイサンゴガニのように世界初展示や希少種の展示も数多くありますよ♡

 

沖縄美ら海水族館

沖縄でおすすめのパラセーリングができるショップ【2】:北谷海人の会

アラハビーチ場所『アラハビーチ』


北谷町のアラハビーチにあるのが北谷海人の会です!パラセーリングのほか、サーフィンやカヤックなども楽しめます♪また、マリンスポーツだけでなく、沖釣りの半日コースもありますよ◎

ドラゴンボートなどチューブ系のアクティビティが多いのも特徴♪仲間でわいわい盛り上がる旅行に最適です◎

 

値段

7,000円/人

出発時間

9時・10時30・12時・13時30・15時

北谷海人の会

一緒に行きたい観光地:美浜アメリカンビレッジ

アメリカンビレッジ場所『カーニバルパーク・ミハマ』


美浜アメリカンビレッジは、アラハビーチから5分ほどのところにある複合ショッピングエリアです。おしゃれなレストランやB級グルメ、お土産を買えるショップだけでなく、スパなどもあってここへ来れば、なんでも揃ってしまいます♪

敷地内にあるカーニバルパーク・ミハマには、かわいらしい観覧車もありますよ♡

 

美浜アメリカンビレッジ

一緒に行きたい観光地:okinawan music カラハーイ

沖縄舞踊※画像はイメージです


沖縄音楽で有名なりんけんバンドの照屋林賢がトータルプロデュースした施設です♪

平日と日曜日には4Kスクリーンとライティングを駆使した舞台演出+プロの沖縄音楽の演奏が、土曜日にはりんけんバンドの演奏で盛り上がります!ショーを観ながら沖縄料理やお酒も楽しめますよ♪

 

okinawan music カラハーイ

沖縄でおすすめのパラセーリングができるショップ【3】:マリンクラブ・ジジ

パラセーリング※画像はイメージです


パラセーリングは高さを調節できるから、“高いところが苦手な人でも大丈夫♪”と聞いて、“逆に高く飛びたーい”と思ったあなた!そんなあなたにおすすめなのが、マリンクラブ・ジジです!

ジジではなんと世界初の200mコースがあります!高ければ高いほど、風を感じることができるので、高いところが好きな人はぜひチャレンジしてみてくださいね^^場所は恩納村の前兼久漁港なので、きれいな海だけでなく、沖縄の島々も空から眺めることができますよ!

バラセーリングにグラスボード、シュノーケリング、体験ダイビングのどれかを組み合わせたコースもあるので、海を満喫できます♪また、真栄田岬の青の洞窟を訪れるツアーも人気です♡

 

値段

  • 50mコース 10,000円/人
  • 200mコース 15,000円/人

出発時間

9時・10時・13時・ 14時

マリンクラブ・ジジ

一緒に行きたい観光地:真栄田岬の青の洞窟

真栄田岬

撮影:keiyac 場所『真栄田岬』


青の洞窟というとイタリアを最初に思い浮かべる人が多いと思いますが、実は沖縄にもあるのです!

それが真栄田岬の青の洞窟♪マリンクラブ・ジジでもツアーをやっていますので、美しい青の洞窟を見てみたい人はぜひチェックしてみて!

 

真栄田岬

一緒に行きたい観光地:琉球焼 青風窯

琉球焼写真『琉球焼』


沖縄の伝統的な陶器、琉球焼の窯元で体験教室に参加できます♪ろくろ体験やシーサーを造る本格的なものから、湯呑に絵を描く気軽な体験まで好きなものが選べます

併設のギャラリーカフェ“土花土花”も海を臨むテラス席があって人気のスポットです♡

 

青風窯

沖縄でおすすめのパラセーリングができるショップ【4】:COCO MARINE

トロピカルビーチ場所『トロピカルビーチ』


宜野湾市・トロピカルビーチのすぐそばにあるCOCO MARINEです!ここでのパラセーリングでは、宜野湾の美しい海だけでなく、遠くには宜野湾市の街並みが見えて他とは少し違った景色が体験できます♪

また、2名から参加できるロマンティックなサンセットコースもありますよ♡ショップでは、ジェットの力で空中に飛び上がる新しいマリンスポーツ・フライボードやジェットスキーも体験できます!パラセーリングとのセットプランが充実しているのも魅力です♪

 

値段

  • 50mコース 5,000円/人
  • 100mコース 6,000円/人
  • 150mコース 7,000円/人
  • ちゅらサンセットパラセール 20,000円/2名~ 9,000円/1人追加

出発時間

9時・10時・11時・12時・13時・14時・15時・16時

COCO MARINE

一緒に行きたい観光地:ぎのわん海浜公園

ぎのわん海浜公園場所『ぎのわん海浜公園』


トロピカルビーチや野外劇場、テニス場などのスポーツ施設が揃った公園です!トロピカルビーチでは、手ぶらでバーベキューもできる(要予約)ので、沖縄のきれいな海を見ながら、ビーチパーティーで盛り上がるのもいいですね♪

 

ぎのわん海浜公園

一緒に行きたい観光地:佐喜眞美術館

佐喜眞美術館撮影:Tamaki Sono 場所『佐喜眞美術館』


沖縄戦やその後の沖縄の状況に関して考えるアートなどが展示されている美術館です。沖縄以外に住んでいると沖縄の美しいところをイメージして、観光でもそういったところを中心に訪れることが多いと思います。

“もの想う場”として造られた
佐喜眞美術館を訪れて、沖縄の歴史や平和について考える時間をもつのもいいのではないでしょうか?

 

佐喜眞美術館

沖縄でおすすめのパラセーリングができるショップ【5】:海の遊び処 なかゆくい

平和記念公園からの眺望場所『平和記念公園(糸満市)からの眺望』


糸満市にある一組貸し切制のショップが海の遊び処なかゆくいです!パラセーリングはシュノーケリングまたは体験ダイビングとのセットになっていますが、自分たちだけのリクエストに合わせた内容にしてもらえるのが魅力♪

また、送迎付きで移動が楽々なのもうれしいポイントですね♡

 

値段

  • シュノーケリングセット 14,000円/人
  • 体験ダイビングセット 20,500円/人

出発時間

要問合せ

遊び処 なかゆくい

一緒に行きたい観光地:ひめゆりの塔

ひめゆりの塔撮影:Shinya Suzuki 場所『ひめゆりの塔』


戦時中に看護要員として学徒動員された女学生、ひめゆり学徒隊の慰霊碑です。

普通の女学生だった彼女たちが、戦闘で死んでゆく兵士たちのお世話をある日突然任されたという状況と、その後の運命を思うと戦争と平和について深く考えさせられます。ひめゆり平和祈念資料館にもぜひ立ち寄ってください。

 

ひめゆりの塔(沖縄観光チャンネル)

一緒に行きたい観光地:琉球ガラス村

琉球ガラス村場所『琉球ガラス村』


琉球ガラス村は、沖縄最大の手作り琉球ガラス工房です♪お土産として琉球ガラスの製品を買ったり、工房の見学をしたりするだけでなく、体験教室に参加することもできます!おしゃれな琉球ガラスのアクセサリーなどオリジナルのお土産を自分や大切な人に作ってみませんか?

 

パラセーリングを前から知っていた人も、今回初めて知った人も、興味がでてきましたか?
次のお休みには、ぜひ沖縄の美しい海を空から眺める冒険の旅にでてくださいね!

海外でアクティビティ♡スリル満点のおすすめ15選!

【女子旅に】とっておきのアクティビティ9選◎

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。