最安値で行く『宮古島』2泊3日モデルコース\んみゃ~ち宮古島♡/

東京(成田)~宮古島(下地島)に、LCCジェットスターが就航するのをご存知でしょうか??LCCのおかげで圧倒的に便利で安く利用できるようになる宮古島の2泊3日モデルルートを編集部が周ってみました♡海の青さ、豊かな自然が美しい宮古島の魅力をたっぷりとご紹介します◎

『宮古島に行ってみたい人』
『格安離島旅行がしたい人』におすすめ!

【1日目6:30】成田空港集合

東京~宮古島へ最安値で行く方法

2019年3月30日(土)に就航するLCCジェットスター東京(成田)~宮古島(下地島)を使えば、直行便でラクラクかつ片道¥6,990~というお手軽さで宮古島へ行くことができるのをご存知でしょうか!午前中のフライトなので、着いたその日から宮古島を満喫することができます♡

基本的に平日の方が航空券もホテルも安いこともあるので、学生の特権を駆使して平日に利用するのが狙い目◎卒業旅行でさくっと宮古島に行くのもありですね^^*

 

ちなみに2019年7月3日から、大阪(関西)~宮古島(下地島)へも片道運賃¥5,990~ジェットスター便が開通します!関西在住の方は要チェックです^^

 

チェックインもアプリで完結◎

ちなみにジェットスターは、スマホアプリひとつでチェックインから搭乗まで完了することが出来ます◎搭乗前日にアプリでオンラインチェックインを済ませておくと、空港でチェックインが不要なのでオススメです!
※国内線は48時間前~1時間前までオンラインチェックイン手続きをすることが出来ます。

 

搭乗券も発行や印刷の必要はなく、スマホアプリ上の”モバイル搭乗券”を使って搭乗することができるのでスムーズ♪

飛行機に乗り込み、いざ宮古島へ!旅がはじまり、ワクワクする時間です^^

【1日目10:30】下地島着

到着早々、この絶景が迎えてくれます!!

17END(ワンセブンエンド)と呼ばれるこちらは、下地島空港滑走路の北端に位置するビーチです♡

これまで離島には数え切れないほど訪れてきましたが、宮古島は本当にトップレベルの透明度。。宮古島の海の美しさは、毎回息を飲むほど。写真で伝えるには残念ながら限界があるので、皆さんも是非直接宮古に訪れてその美しさを感じて欲しいです。

17END(ワンセブンエンド)

【1日目12:30】おーばんまい食堂

下地島空港からレンタカーを借り、すぐお隣の伊良部島へ移動します。

まずは伊良部島でおすすめの食堂『おーばんまい食堂』で腹ごしらえ♪おーばんまい食堂は、その日に釣れたカツオやマグロを、新鮮な状態で提供しています♡

※写真は2019年2月現在


わたしは胡麻漬け丼(¥800)をオーダーしました^^

新鮮すぎるカツオやマグロを贅沢にも胡麻漬け丼にし、シソや海ぶどうをたっぷりと乗っけた一品♡ 海ぶどうのプチプチとした食感が合わさり、絶品!!一緒に出てきたアーサー汁も濃厚で染み渡りました・・。元気チャージです!

おーばんまい食堂

【1日目13:30】伊良部大橋

伊良部島から、いよいよ宮古島へ!!

途中の伊良部大橋では、最高の景色を望むことが出来ます。

個人的には日本で一番と言っても過言ではない、美しい橋です。長さにして3キロ以上の海上ロードを、爽快に走り抜ける時間は至福・・♡宮古島の風を感じながら一直線に走り抜けます。

【1日目14:00】竜宮城展望台

伊良部大橋を渡って30分ほどのドライブで、宮古島から車で行ける離島のひとつ”来間島”に到着します。宮古島は橋で繋がって行ける離島が沢山あるため、色んな島を楽しむことが出来るんです♪

来間島の高台に位置する『竜宮城展望台』は、宮古島の美しい海を一望するのにぴったりな場所です!

階段を登ると・・

鮮やかなエメラルドグリーンと青の世界が目の前に広がります!おすすめは、最上階へ着くまでは景色をあまり見ないで感動をとっておくこと。

宮古島と来間島を結ぶ来間大橋も見えます!

この景色は写真では伝わらないので、是非現地で感動を味わってみて欲しいです。

竜宮城展望台

【1日目15:00】AOSORAパーラー

15時のおやつには、来間島内にあるAOSORAパーラーにやってきました♡

20種類以上のスムージーやフラッペを提供していて、素材にもこだわっているそうです^^

お店の前のお庭に、ちょっとしたフォトジェニスポットもあるのでチェック◎

こちらは『黒糖抹茶プレミアム』。沖縄多良間産の黒糖を使用していて、沖縄のさんぴん茶が隠し味に入っているスペシャルなフラッペです♡

暑い沖縄のドライブ後の体に染み渡ります・・・ギラギラの日差しの中、飲むスムージーは絶っっ品です。

AOSORAパーラー

AOSORAパーラー

【1日目16:30】長崎浜

AOSORAパーラーからもほど近いところにある『長崎浜』。岩場に囲まれ、こじんまりとしたプライベートビーチ感が人気の浜です◎

長崎浜入り口まで車で行くことができますが、周辺の道の雰囲気はこんな感じで、南国を感じることができます。

ゆっくりとした長崎浜で、夕焼けまでぼーっとすることで移動の疲れや、日々の忙しさを忘れる時間を過ごすことができますね^^

夕暮れ時の雰囲気が素敵でした*

天気によっては波が高いことがあるので、海に入る際には十分注意してくださいね◎

長崎浜

【1日目18:30】島唄居酒屋 郷家

来間島から30分ほどで、宮古島市内にある『島唄居酒屋 郷家』に到着します。郷家は宮古島に来たら初日に訪れたい、”宮古の文化を体験できる居酒屋”です♪

記事タイトルにも入っている「んみゃーち」、これは宮古島で「ようこそ」の意味^^

宮古島には”ん”ではじまる言葉がいくつかあるので、シリトリが終わらないのだとか。笑

2階の「郷家はなれ」では、新鮮な食材を使った沖縄創作料理やお刺身を楽しめるのはもちろん、1階の「郷家」では三味線の生演奏も聞けちゃいます◎

サプライズ演奏にも対応しているようなので、誕生日祝いなどにもぴったりです!

そして演奏のラストにはお客さん全員が楽しめる、あるパフォーマンスがあります♡これは、ぜひ現地でのお楽しみにしてみて下さい。宮古島初日の夜を、楽しい思い出にしてくれること間違いなしの演出です^^♪

島唄居酒屋 郷家

島唄居酒屋 郷家

【1日目21:00】ホテルシーブリーズカジュアル

1日目はこちら、『ホテルシーブリーズカジュアル』に宿泊。郷家から車で20分ほどですが、お酒を飲んでいる場合は運転代行を利用してください◎

大体、5kmまでは1,000円、以降1km毎に200円プラスになっていきます。郷家からホテルシーブリーズカジュアルまでは13kmほどなので、通常3,000円程度で向かうことができます!

昼間に撮った写真ですが、外壁がカラフルで可愛らしい雰囲気のホテルでした^^

快適なホテルで翌日に備えてゆっくり休みましょう!

ホテルシーブリーズカジュアル

※宮古下地島空港ターミナルからホテルまで車で約50分、または宮古下地島空港からホテルまで送迎あり(要事前予約)

ホテルシーブリーズカジュアル

【2日目8:00】朝食

ホテルのプールサイド朝食から2日目スタート!バイキング形式の朝食なので、食べたいものばかりガッツリ頂きました◎

宮古島2日目がスタートです♪

【2日目9:30】漲水御嶽

宮古島にはいわゆる”パワースポット”のような神様のいる神聖な場所がいくつかあります。そのうちの一つ、市内にあって行きやすいのが『漲水御嶽(はりみずうたき)』です。

猫がたくさんいました^^

漲”水”御嶽といいますが、実は宮古島と”水”は切っても切れない関係にあります。沖縄の離島の中でも近くの西表島や石垣島と違って、宮古島は山がないとても平たんな島。そのため本来、山から流れて川となる水源が宮古島には存在せず、かつて島の人の重要な水源は”湧き水”でした。

 

場所によっては10メートル以上の地下へ湧き水を毎日汲みに行くのが、かつて女性の役割だったそうです。湧き水がなくなると綺麗な水を得ることが出来なくなってしまうことから、水の湧く場所が神のいる神聖な場所として、今でも大切に守られているのです。

漲水御嶽

【2日目10:30】渡口の浜

宮古島の美しい海に触れるためにかかせない場所『渡口の浜』。

鮮やかな緑と、真っ白な砂と、息を飲むほど美しい海の色のコントラストが、およそ800mに渡って続きます。宮古島のハッと息を飲むような”絶景”のひとつです。

午前中の日差しがまだ柔らかいうちに訪れると、透明感のある繊細な海の色を眺めることができます…♡

ちなみに、宮古島にある美しい天然ビーチでは、このような小さな貝を拾うことができます♡ 宮古島の浜で集めた貝殻を瓶に詰めて、旅の思い出として持って帰るのもおすすめです◎

旅先で集めたものは、いつか見返した時に当時の記憶を蘇らせ、とても懐かしい気持ちにさせてくれます^^

【2日目11:30】 Caféウエスヤ

2日目のお昼は『Caféウエスヤ』で頂きました!

店内は趣あるアンティーク調で、のんびりとした時間が流れています*

“Asian宮古そば”という一風変わったメニューも販売しています。トッピングのパクチーの有無、量は調整できるそうです♡

“グルクン(魚)のフライプレート”、”タコライス”を注文。タコライスはよく混ぜると卵とジューシーなひき肉があわさって、ピリッと辛い味付けが最高に美味しかったです♡

Caféウエスヤ 食べログ

Caféウエスヤ

【2日目13:00】DESIGN MATCH

Caféウエスヤから歩いて5分の場所に、『DESIGN MATCH』お土産ショップがあります。

店内にはオリジナルデザインの雑貨やお土産がたくさん・・!カラフルな色使いでトキメキます♡

この辺りにはいくつかお土産ショップが点在しており、宮古島ならではのお土産をゲットできるので、是非立ち寄ってみてください♪

DESIGN MATCH

DESIGN MATCH

【2日目13:30】Riccoジェラート

『Riccoジェラート』は宮古島で人気のジェラート屋さん。ランチのデザートとして立ち寄るのがオススメ♪

味の種類はとっても豊富!わたしは”ピスタチオ”と”紅芋”の組み合わせをオーダーしました♡

ゆっくりしたい場合は、イートインも出来ます。

Riccoジェラート

Riccoジェラート

【2日目14:30】佐良浜まち歩き

宮古島には、まるで海外にいるようなカラフルな集落スポットがあります。『佐良浜』という地域ですが、迷路のように細い道がいりくみ、角を曲がる度に映画のワンシーンのような景色に出会うことが出来るので、とってもオススメです^^◎

宮古島ひとときさんぽ』ツアーに申し込むと、島のおばぁに各スポットの成り立ちやエピソードを聞きながらまわることが出来るので、宮古島についてより深く知ることができます。

 

佐良浜まち歩きの見どころはたくさんありますが、個人的に気に入った写真スポットをご紹介します◎

↑貝で形作られたシーサーが海を眺めている高台。なんで椅子とテーブルがあるのか気になります・・

↑曲がるとどんな景色が待っているんだろう?とワクワクするような曲がり角。シーサーが道行く人を見守っています。

↑細い道の先に海が見えてくる道。こういう景色を見るとなんとも言えずに懐かしい気持ちになるのは、私だけではないはず。

↑開けた先には下に続く階段が現れます。どんどん探検したくなります・・

いずれも佐良浜のまち歩きで出会うことの出来る景色なので、是非足を運んで散策してみてください^^♪

宮古島ひとときさんぽ 佐良浜まち歩き「やーがまくーがま」

【2日目16:00】島の駅みやこ

まち歩きを終えたら、『島の駅みやこ』に立ち寄りましょう◎ここでも宮古島ならではのお土産をみることができます。

また、宮古島で生産されている”雪塩”の濃厚アイスが販売されており、美味しく頂きました♡

島の駅みやこ

【2日目17:00】サンセットクルーズ

宮古島の東急&ホテルリゾーツがアクティビティとして提供している『サンセットクルージング』は、晴れた日には真っ赤に染まる空に包まれたクルージングが出来るので是非チェックしてみて下さい♪

ここから、夕日に向かって真っ直ぐに出航します*

宮古島の広大な水平線に沈む太陽を見て、自由に旅が出来る幸せに感謝してみるのも良いかもしれません^^

サンセットクルージング

【2日目19:30】ファンキーフラミンゴ

2日目の夜は1日日と正反対の雰囲気の、50年代・60年代のアメリカカルチャーを再現したオールディーズライブ&ダイニングバー『ファンキーフラミンゴ』に行ってみました。

会場では数回に分けて生演奏があり、ホールでは歌に合わせて楽しくダンスも出来る空間になっています!なかなか味わえない雰囲気のバーで新しい体験をすることが出来ました◎

ファンキーフラミンゴ

ファンキーフラミンゴ

【2日目21:30】宮古島 東急ホテル&リゾーツ

2日目の宿泊先は『宮古島 東急ホテル&リゾーツ』。サンセットクルージングの前にチェックインを済ませていたので、そのままお部屋にイン!

こちらも清潔なお部屋で、ゆっくりと疲れをとることが出来ました♡

宮古島 東急ホテル&リゾーツ

宮古島 東急ホテル&リゾーツ

【3日目8:00】朝食

東急ホテルリゾートの朝食もバイキング形式で、プールサイドで優雅に頂きました♡快適なホテルで名残惜しいなか、3日目の旅がスタートです^^

【3日目9:00】与那覇前浜ビーチ

朝食を食べたら、ホテルの目の前に広がる与那覇前浜ビーチ(通称前浜ビーチ)まで歩いていきましょう♡ここも宮古島を代表する絶景ビーチスポットです!

宮古島と来間島を結ぶ来間大橋も見えています◎

与那覇前浜ビーチ

【3日目10:00】東平安名崎

ホテルから車で30分ほどに位置する『東平安名崎』。ここは宮古島の最東端で、景観の美しさから日本の都市公園百選にも選ばれています◎

宮古島の風が吹き抜ける開放的な空間で、天気が良ければ空と海が同化するような景色を大パノラマで見ることができます!

東平安名崎のスケールの大きさは、是非現地で一度体感してみてください。360℃海に包まれる感覚が味わえます♪

東平安名崎

【3日目11:00】シースカイ博愛

『シースカイ博愛』は海中散歩ができるツアー船です。所要時間45分の海中散歩で、事前の予約が必要なので注意してください◎

船の地下がガラス窓になっているため、船内から海中の様子を眺めることができます。間近に見える海の様子に感激!!

たくさんの魚はもちろん、高確率でウミガメを見ることも出来ちゃいます!

私の回でもウミガメを目撃することができて写真も撮ったのですが、写真だと平べったい岩のようにしか写らなかったので・・こちらも是非実際に会いに行くことをオススメします^^

博愛シースカイ

博愛シースカイ

【3日目12:30】島cafeとぅんからや

3日目のランチは『島cafeとぅんからや』。ここは海を眺めながらランチのできるカフェとして、島でも人気のカフェです♡

スムージーやかき氷などライトな食べ物もありますが、おすすめは名物の”もずくハンバーグ”。

もずくが入ることで口当たりがふわっと軽くなったハンバーグから、溢れ出る肉汁を特性のソースと絡めながらいただきます♡ペロっと食べられちゃうほどの美味なので、ぜひ食べてみてください♡

こんな感じで海を眺めながら食べることができます^^*至福のひと時です…♡

セットでスムージーも注文しました。なんともフォトジェニック*

とぅんからやにはTIDAというお土産屋さんも併設されていて、店内には厳選された宮古島グッズがずらりと並びます◎

貝殻細工のコースターや、島の妖精”キジムナー”をモチーフにした可愛らしい置物まで。小物以外にもTシャツやワンピース、ポシェットなど幅広いラインナップで、見ていて飽きないお店でした♡

島cafeとぅんからや 食べログ

島cafeとぅんからや

【3日目14:30】佐和田の浜

島cafeとぅんからやから下地空港に向かう途中、時間があれば『佐和田の浜』に寄ってみましょう◎

ポツポツと岩が点在するちょっとめずらしい光景を見ることができます。この不思議な光景は、200年以上も前に起こった大地震によって引き起こされた大津波が運んだものとされています。

一風神秘的な佐和田の浜は、津波の恐ろしさを現代にまで伝えてくれる、貴重なスポットと言えます。

佐和田の浜

【3日目15:00】下地島空港

※下地島空港 完成予想図


2泊3日充実した旅を終えて、下地島空港から帰路へ。

宮古島の美しい海と、豊富な観光スポットはいかがでしたでしょうか?^^*

日々の忙しさから離れて、宮古島の空気に触れるとどこかほっとする心の落ち着きを感じれるはず◎ 何度も帰ってきたくなるような宮古島ですが、LCCのお陰で気軽に行くことが出来るようになったこの機会に、ぜひ訪れてみてください♪

穏やかで温かい宮古島が、あなたを歓迎してくれます♡

 

※表示運賃は、エコノミークラス「Starter」片道運賃です。支払手数料が別途必要です。受け取り手荷物の料金は含まれていません。また、諸条件が適用されます。

沖縄 宮古島『HOTEL LOCUS』宿泊券があたる!IMATABIキャンペーン6

【沖縄本島&離島の絶景スポット15選】今すぐ行きたくなる!沖縄観光情報をお届け♪

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。