【エリア別】オランダの見逃せないおすすめ観光スポット20選♪

オランダ

一言でオランダ旅行がしたいと思っても、定番の観光スポットはどこだろう?アムステルダム周辺にもおすすめの観光スポットはある?など、知りたい疑問は山ほどありますよね◎そんな悩みはこの記事を読めば解決♡エリア別に、外せないスポットをそれぞれご紹介していますので、ぜひ旅の参考にご利用くださいね^^

『オランダへ行く予定のある人』
『オランダの観光スポットを知りたい人』におすすめ!

オランダ北部(フローニンゲン・レーワルデン・アッセン・ズヴォレ)

1.マルティニ塔

塔

「photo @ マルティニ塔」


マルティニ塔は、高さ約100mの塔で500年前に建設されました。フローニンゲンの美しい街並み全体を眺めることができます^^天気が良い日であれば、ぜひとも塔を登ってみましょう♪

カリヨンの美しい鐘の音色はヨーロッパ有数と言われており、フローニンゲンの街に響き渡ります◎マルティニ教会と隣接しているため、教会にも足を運んでみると、パイプオルガンや壁画を楽しむこともできるでしょう♪

 

マルティニ塔

入場料 1ユーロ
電話番号 0503111277

2.プリンセン庭園

バラ

「photo @ プリンセン庭園」


プリンセンホフ・ホテル・レストランを抜け、裏側へ回ると、かわいらしいプリンセン庭園があります♡歴史は1596年からと非常に古くから。また、1626年にはバラ・ハーブが植えられたルネッサンス庭園として造営されてきました◎
ラテン語で刻まれた日時計が特徴的です。

プリンセンホフ・ホテル・レストランにはグランドカフェがあり、スコーンやケーキを食しながら、ティーガーデンを楽しんではいかがでしょうか♪

 

プリンセン庭園

電話番号 31503176555

3.オルデホーフェ斜塔

斜塔

「photo @ オルデホーフェ斜塔」


1529年、教会の建設が開始されましたが、地盤沈下の影響で塔の一部が未完のまま現在も残されています◎塔は傾いた状態ですが、登ることが可能で高さ約40mの高さからレーワルデンの美しい街並みを眺めることができます♡イタリアのピサの斜塔も有名ですが、レーワールデンのオルデホーフェ斜塔も実際に登ってみて比較してみると楽しいかもしれませんね^^

 

オルデホーフェ斜塔

入場料 3.50ユーロ
アクセス アムステルダム中央駅からICで約2時間15分、AmersfoortまたはAlmere乗り換え。レーワルデン駅から徒歩13分

4.ドレンテ博物館

ドレンテ

「photo @ ドレンテ博物館」


ドレンテ州の歴史に興味がある場合には、ドレンテ博物館を訪れてみると良いでしょう◎1885年から1973年まで議事堂として使用されていましたが、現在では地域の考古学資料を展示している博物館となっています◎ネオ・ルネッサンス様式の建物が美しいですね^^

博物館の最大の見どころは、再現された2千年前の湿地ミイラの顔!せっかくならぜひ、貴重な体験をしましょう♪

 

5.聖ミヒャエル教会

チャーチ

「photo @ 聖ミヒャエル教会」


15世紀の聖ミヒャエル教会は、文化的歴史を持つ建造物です◎ゴシック建築と有数の記念碑が有名で、4段鍵盤のシュニットガーオルガン(1721年)も世界的に有名であるため、ぜひとも見ておくべきでしょう^^

 

聖ミヒャエル教会

アクセス ズヴォレ駅から徒歩12分

オランダ中部(アムステルダム・ユトレヒト・ロッテルダム)

6.イン・デ・ワーフ

インデワーフ

「photo @ イン・デ・ワーフ」


イン・デ・ワーフは、アムステルダムのノイマルクト広場にあるレストラン&カフェです◎その外観からは、レストランやカフェであることが意外ですね^^1488年に城壁として建設されましたが、17世紀ころからは計量所として利用され、歴史価値の高い建物です。1階部分がレストラン&カフェとなっていますので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか♪

 

イン・デ・ワーフ

営業時間 9:00〜23:00
電話番号 31204227772
アクセス 地下鉄Nieumarkt駅から徒歩1分

7.アムステルダム中央駅

駅

「photo @ アムステルダム中央駅」


アムステルダム中央駅は、東京駅のデザインのモデルとなったとされる駅で有名です♪アムステルダムの象徴とも言えるその佇まいには、歴史の深さを感じることができます◎赤レンガ造りがたいへん美しく、まさにアムステルダムの中心地♡

特に、週末には多くの外国人観光客が訪れる定番スポットとして有名です^^

 

アムステルダム中央駅

アクセス スキポール空港から電車で約13~17分

8.アンネ・フランク・ハウス

アンネ

「photo @ アンネ・フランク・ハウス」


アンネ・フランクの名はあまりにも有名です。第二次大戦中、ユダヤ人被害者として最も有名な人物であり、フランクフルトから逃げてアウシュビッツ強制収容所へと送られるまでの2年間をフランク一家など8名が過ごした家がこちらです◎

フランク一家は、実際には屋根裏部屋に隠れて過ごしていました。物音を立てることなく、誰にも存在を知られぬよう生きたフランク一家。ナチスの迫害から逃れるためには、隠れ家で生きるしかなかったのです。忘れてはならない戦争の恐ろしさをわたしたちも胸に刻んでおかなければなりません。全国から観光客が訪れるスポットであるため、常に行列です!オンライン予約がおすすめですよ♪

 

アンネ・フランク・ハウス

入場料 9ユーロ
電話番号 31205567105
営業時間 4-10月:9:00-22:00
11-3月:9:00-19:00
(土曜~21:00)
アクセス トラム13,14,17 Westermarkt下車

9.キューケンコフ公園

公園

「photo @ キューケンコフ公園」


大きな敷地の公園は、オランダを代表する花であるチューリップを中心とした、さまざまな種類の植物が植えられており、たいへんに美しいです♡チューリップの咲き盛りである3月中旬から5月中旬の開園にあわせて、世界中から観光客が訪れる人気の高い定番スポットとなっています^^

注意点として、これ以外の期間は休園しているので観光に行きたい際には注意しましょう!レストラン・カフェなども併設されており、散策に疲れても安心です♪

 

キューケンコフ公園

入場料 16ユーロ
営業時間 8:00〜19:30
アクセス スキポール空港から直行バスで約25分。アムステルダム市内から約1時間

10.ドム塔

タワー

「photo @ ドム塔」


オランダで一番の高さを誇るドム塔は、112m◎1321年から1382年に建設されました。塔の最上階までは、465段もの階段を登らねばならないため、歩きやすく履きなれた靴がおすすめ^^オランダを一望できる貴重な絶景は、ぜひ見ておくことをおすすめします♡また、鐘を鳴らす体験ができるところも魅力的♪

注意点として、塔を登るにはツアーガイドの予約が必要となります!ツアー時間は約1時間半で、英語・オランダ語のみ。
ただし、受付にて日本語のガイドパンフレットがもらえます^^

 

ドム塔

入場料 9ユーロ
電話番号 0031302360010
アクセス Utrecht Centraal駅の都市バスプラットホームでバス路線2(Ringlijn Museumkwartier行き)に乗り(約5分)、”Domplein”で下車後徒歩1分

11.ミッフィー博物館

ミッフィー

撮影:Nina A. J. G. 『ミッフィー博物館』


皆さんご存知の人気キャラクター、ミッフィーの生みの親、ディック・ブルーナの住んでいた町がユトレヒトです^^

2016年2月に改装してリオープンしたばかりであるため、今こそ行くチャンス♡館内は、日本語でのアナウンスも可能です!ミッフィーの原画・歴代の絵本のシリーズなどが公開されている、まさにミッフィー好きの子どもから大人まで楽しむことのできる博物館となっています♪

 

ミッフィー博物館

入場料 11ユーロ(セントラル・ミュージアム共通)
アクセス ユトレヒト中央駅より巡回バス2番 centraal Museum 下車

12.マーケットホール

マーケット

「photo @ マーケットホール」


アーチ状の珍しい形をした建物のなかには、食べ物屋さんが軒を連ねています◎約100軒の屋台・15の食関連の専門店・8軒のレストランが入っています。天井・壁には色鮮やかなイラストが描かれており、食べ物だけでなく目で見ても飽きることのないマーケットを存分に楽しみましょう♪また、お土産を探すのにも最適なスポットと言えるでしょう^^

 

マーケットホール

営業時間 Market stands
月曜-土曜 :10:00〜20:00
日曜:12:00〜18:00Albert Heijn
月曜-土曜 :8:00〜21:00
日曜:10:00~20:00

13.ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館

ミュージアム

「photo @ ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館」


ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館は、中世から現代アートまでの幅広い美術史を巡ることのできる美術館です◎芸術作品やデザインなど、約14満点をも超える所蔵品があります!なかでも、彫刻作品は隣接された彫刻公園でも鑑賞可能となっています^^

有名なバベルの塔を所蔵しているということもあり、世界的にも名高い美術館のひとつです。また、草間彌生さんのミラールームがあり、写真撮影も可能ですので、この機会にぜひ♡

 

ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館

営業時間 火曜-日曜: 11:00〜17:00

オランダ南部(アイントホーフェン・ティルブルフ・ミデルブルフ・ブレダ)

14.フライング・ピンズ

フライングピンズ

撮影:Ruud van Eck 『flying pins』


アイントホーフェン工科大学の隣にあるアート作品が、「Flying pins」です♡非常に目立つ存在であり、アイントホーフェンのシンボル的作品のひとつであると言っても過言ではありません◎

作品名通り、ボーリングのピンがまるで空を飛んでいるようなユニークな世界観あふれる素敵な作品ですね^^
そして、大きさもかなりの迫力が!ぜひ、目の前で見てみてはいかがでしょうか♪

 

flying pins

15.ベークセベルゲン・サファリパーク

サファリパーク

「photo @ ベークセベルゲン・サファリパーク」


ベークセベルゲン・サファリパークは、ベネルクス最大の野生動物園です◎貴重な野生動物に出会うチャンスです!ぜひ、ガイドツアーに参加して、動物たちと交流を図りましょう♡

アフリカのビッグ5(ライオン・ヒョウ・ゾウ・サイ・バッファロー)の普段見ることのできない日常を、自家用車から観察することができます^^また、自家用車だけでなく、ボートやバスを使ってサファリ探検を行うことも可能です♡ショーや餌付けの様子も、ぜひ間近で見てみたいですね♡

 

ベークセベルゲン・サファリパーク

電話番号 31889000360

16.Hasselt Chapel

チャペル

「photo @ Hasselt Chapel」


礼拝堂は小さな広場に佇んでおり、その歴史は、1536年までさかのぼります。また、マリア像は、1796年に追加されました◎最近では、主に結婚の場として使用されることの多いチャペルでありますが、月に一度は礼拝が行われています。

 

Hasselt Chapel

電話番号 31134681089

17.市庁舎

市庁舎

「photo @ 市庁舎」


15世紀の美しいゴシック建築の建造物です◎見どころとしては、建物正面にあるゼーラント地方を治めた25名の伯爵・伯爵夫人の像が飾られています。

見学は、ガイドツアーのみ可能となっています。また、オランダ語・英語・ドイツ語・フランス語のみで、日本語ガイドは対応していませんので、注意しましょう!

 

市庁舎

入場料 4.25ユーロ
アクセス アムステルダム中央駅からVlissingen行きに乗車・2時間45分。ミデルブルグ駅から徒歩10分

18.東教会

東教会

「photo @ 東教会」


1667年、ミデルブルフで初めて建てられたバロック様式のプロテスタント教会が東教会です◎オランダ国内でドームのある教会は全部で4つあり、そのうちのひとつがこちらになります!ひときわ目を引くのが、正面玄関上の骸骨の彫刻です。悲惨な死を遂げた男を表し、道徳を厳しく説くことの戒めとして造られました。

教会建設資金は、ビールやワインの税金から賄ったそうです◎

 

19.ブレダ城

城

「photo @ ブレダ城」


12世紀の公式記録に初めて登場したブレダ城。街の歴史を通じ、重要な役割を果たしてきました。ブレダの軍事関連の資料・歴史をまとめて展示しているのがこのブレダ城です◎落ち着いた美しい造りの内部は見学可能であり、ブレダの歴史に触れてみたい方にはぜひおすすめしたスポットのひとつです^^

 

ブレダ城

電話番号 9005222444

20.ファルケンベルグ公園

パーク

「photo @ ファルケンベルグ公園」


心地よく、どなたでも気軽に散策できる広大な敷地をほこる公園です^^ゆっくり見て回りながら、緑のマイナスイオンに触れてリフレッシュできるスポットとして人気上昇中です♪

 

ファルケンベルグ公園

 

オランダといえば、チューリップや風車が有名ですよね。
ただ、それだけでなく、建築物や世界的に有名な画家を輩出しているなど、芸術に優れた国でもあります◎

また、アムステルダムは観光都市として、年々人気が高まっている都市でもあります^^
世界中から観光客が集まるアムステルダム。
そして、アムステルダムから周辺の地域も観光スポットに入れて、幅広くオランダを楽しんで見てはいかがでしょうか♡

これは使える!!海外旅行に役立つ英会話フレーズ①

2019年ゴールデンウィークにおすすめの穴場旅行先【海外】12選

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。