【欧州の穴場ハンガリー】おすすめ観光スポット20選♡

世界有数の温泉大国として有名なハンガリー。名前は知っていても「詳しくは?」という人も多いのではないでしょうか。「ヨーロッパいち美しい」「ドナウの真珠」といわれる首都ブダペストの美しい街並みは、きっと一度見たら忘れられないことでしょう♪一度訪れたらもう一度行きたくなるハンガリーの魅力たっぷりご案内します♡

『ヨーロッパ旅行を計画している人』
『海外旅行にの旅先に悩んでいる人』におすすめ

ハンガリーってどんな国?

photo@ハンガリー


ハンガリーといえば何を思い浮かべる人が多いでしょうか?ハンガリーのルーツは、マジャル人と呼ばれるアジア系の民族。そのため、親日国としても知られていますよ◎

美しき青きドナウ川が流れる首都ブダペストには、9つの橋が架けられており、「ブダ地区」と「ペスト地区」に分けられています。また、「ドナウの真珠」といわれるほど夜景がとても美しく、実際にその景色を目の当りにしたら、その美しさに圧倒されてしまうかもしれません♡

 

1.【ブダペスト】ブダ城

photo@ブダ城


数世紀にわたり、破壊と再生を繰り返してきたハンガリー王国。現在の姿に至るまで、長い年月を費やしました。何度も破壊と再建が繰り返されたので、再建するたび建築様式が異なり、ゴシック様式からバロック様式まで、その姿は多岐にわたります。現在は2万点以上もの膨大な展示物が飾られており、全部見学するには半日以上かかるかも……?

 

2.【ブダペスト】国会議事堂

photo@国会議事堂


「世界一美しい国会議事堂」として有名なブダペスト。画像でもわかる通りの豪華絢爛な外観はもちろん、内装の豪華さは世界の観光名所と比較しても劣らないとか。中にはハンガリーの至宝、聖王冠などが飾られています◎

とにかくいつも混んでいる国会議事堂は、各国語ガイドツアーの予約が必須で、個人はその残り枠になってしまいます。ほとんどは団体予約のため、個人の場合はインターネット事前予約をおすすめします^^

 

3.【ブダペスト】セーチェーニ鎖橋

photo@鎖橋


橋の両脇にある「舌のないライオン像」とセットで有名なセーチェーニ鎖橋。日中の美しさはもちろんですが、ナイトクルーズでのライトアップで見る絶景は「世界一」「欧州の宝石箱」と称されるほど、さらに魅力的です!

ハンガリーのシンボルともいわれるこの橋は、ぜひとも立ち寄ってみてください◎

 

4.【ブダペスト】漁夫の砦

photo@漁夫の砦


ブダペストの王宮の丘にあり、ドナウ川を望む「漁夫の砦」。1896年建国千年祭における、街の美化計画の一環として建造されました。

7つの可愛い白亜の塔は、ハンガリーの建国神話に由来する「遊牧民マジャール人の7部族」を表しており、この「ブダの丘」と「ドナウ川沿岸」は世界遺産に登録されています♪

 

5.【ブダペスト】セーチェーニ温泉

photo@セーチェーニ温泉


ここセーチェーニ温泉は、温泉王国でもあるハンガリーが誇るヨーロッパ最大の温泉。画像からもわかる通り、豪華な宮殿にある混浴のスーパー温泉浴場です。ただし、日本人が好む41~42度のお湯ではなく40度未満のお湯設定なので、入浴する際にはご注意を!

 

6.【ブダペスト】聖イシュトバーン大聖堂

photo@聖イシュトバーン大聖堂


初代ハンガリー国王イシュトバーン1世に由来し、建国1000年を記念して建てられたカトリック教会。教会内には、聖遺物として、その国王の右手が保管されていることで有名です。

 

7.【ブダペスト】国立博物館

photo@国立博物館


ハンガリーの歴史を学ぶなら、このハンガリー国立博物館はおすすめです◎初代イシュトバーン1世の使用した「戴冠式のマント」や、オーストリア皇后エリザベートが暗殺時に着用していた「黒いジャケット」など、非常に貴重な展示品が飾られています。

 

8.【ブダペスト】マーチャーシュ教会

photo@マーチャーシュ教会


ハンガリーの歴史を象徴する、ネオゴシック様式の見た目も可愛らしい教会♪正式名称は「聖母マリア聖堂」ですが、一般的には15世紀の国王マーチャーシュ1世にちなんで「マーチャーシュ教会」と呼ばれています。

 

9.【ブダペスト】英雄広場

photo@英雄広場


こちらもハンガリー建国1000年を記念して建設された、ハンガリーの歴史に欠かせない、歴代の国王や英雄などが建立されています。36mもある中央ポールでは、ハンガリー王国をキリスト教国として誕生させたと伝えられている「大天使ガブリエル」が、王冠と二重十字架を持ち、街を見守っています◎

 

10.【ブダペスト】ブダペスト中央広場

photo@中央広場


ハンガリー旅行でも不動の人気を誇るブダペスト中央広場は、フードコートと民芸品のお土産ゾーンが主流です。

フードコートには家庭的なハンガリー料理も多く並びます◎パプリカを主流に使うハンガリーでは、オレンジ色の料理が多いと言われています^^ちなみにハンガリー土産は、サラミとフォアグラが定番だそうですよ♪

 

11.エステルゴム

photo@エステルゴム


ハンガリー初代の国王戴冠の地で、周囲を畑に囲まれた静かな古都「エステルゴム」。平原の多いハンガリーの丘の上にそびえ立つ大聖堂は、ハンガリーカトリックの総本山ともいわれています。

 

12.【バラトンフュレド】バラトン湖

photo@バラトン湖


内陸国のハンガリーには、ヨーロッパ最大の湖「バラトン湖」があり、「ハンガリーの海」と呼ばれています。淡いエメラルドグリーンをした珍しい湖はまさにインスタ映え!湖北側には高級リゾートのティハニ島があり、観光客が多いこの地は、物価も少々お高いです><

 

13.ヘーヴィーズ温泉湖

photo@ヘヴィーズ


湖全体が温泉になっていて、温水プールに入る感覚の温泉湖です。もちろん湖なので、水深は深いところで38mあり、足はつきませんのでご注意を!浮いているか泳ぐか、浮き輪を使ってプカプカ浮かぶのもいいですね^^

料金は3時間コースで約1202円程度、施設内の支払いは現金のみとなっていますので気を付けてくださいね♪

 

14.【パンノンハルマ】べネディクト修道院

photo@ベネディクト修道院


1000年以上続くハンガリーの歴史の重みを感じる修道院は、その周辺環境とともに世界遺産に登録されています。内部には40万冊もの蔵書がある図書館や、天井まで積み上げられた聖書や古文書が、壁一面に並べられていると言われています。

 

15.アッグテレク鍾乳洞

photo@アッグテレク鍾乳洞


ユネスコ世界遺産にも登録された、ハンガリー隣国スロヴァキアとの国境にあり、スロヴァキアまでつながるアッグテレク鍾乳洞。現地には712もの洞窟があり、入り口は5か所、一般的な観光コースは「バラドラ鍾乳洞」の1時間コースです。

200万年前から形成され始めたといわれる鍾乳石は、16世紀に発見され、19世紀前半には鍾乳洞内の地図が作成され、1935年には照明も設置されていたと言われています!中には大きな空洞があり、なんとコンサートが開催されることもあるのだとか♪

 

16.【ミシュコルツ】洞窟温泉

photo@ミシュコルツ


温泉大国ハンガリーのミシュコルツにある洞窟温泉。日本の温泉とは違って、30℃くらいのぬるいお湯であるため、日本人にとって温水プールの感覚に近いかもしれません!ちなみに、この温泉洞窟は自然に出来たものですが、温泉特有の臭いもしないんですよ◎

洞窟を出ると、外は遊園地のプールのようになっています!

 

17.【ゲデレー】ゲデレー宮殿

photo@ゲデレー宮殿


フランツ・ヨーゼフ皇帝夫妻の居城ゲデレー宮殿は、首都ブダペスト郊外のゲデレーにあります。こちらも現在は博物館になっており、ここでしか見ることのできない数多くの肖像画が飾られています♪

ハンガリー王朝の中でも国民に親しまれている、シシィ女王の宝物がたくさんあるため、ファンには必須の観光スポットになっています◎

 

18.美しき青きドナウ川

photo@ドナウ川


ハンガリー旅行の醍醐味ともいえるドナウ川クルーズ。昼の風景から夕焼け、夜景、どの景色も全く違って見え、まるで映画の世界や中世ヨーロッパにタイムスリップしたかのように、訪れた人をたっぷりと魅了してくれますよ♡

 

19.ホッロークー

photo@ホッロークー


世界で初めて世界遺産に登録された、ハンガリーで最も美しい村です。

村全体が不思議な空気に包まれているホッロークーは、村全体を歩いても10分ほど!パローツ様式といわれる古民家が並んでいます^^現地に観光に行くと民族衣装を着た案内人が、案内してくれますよ♡

 

20.センテンドレ

photo@センテンドレ


首都ブダペストの北にある都市で、ブダペスト観光から足をのばして訪れる人が多い、小さな芸術の街です。「ドナウ川の曲がり角」という意味を持つセンテンドレには20世紀に入ってから若い芸術家たちがこぞって集まり、現在は、街中に多くの美術館や博物館などギャラリーが点在しています。

また、ハンガリーの伝統工芸で有名なカロチャ刺繍を始め、可愛らしいブティックや雑貨屋さん、カフェなども立ち並び、冬のクリスマスマーケットではより一層町が賑やかになります♪

 

小さい国ながらも魅力あふれるハンガリー

ハンガリーの魅力、伝わりましたか?ヨーロッパのほぼ中央に位置するハンガリーには8つの世界遺産や、ドナウ川・鍾乳洞など数々の絶景スポット、など魅力がたくさんあります。

行った人が「もう一度訪れたい」と言うハンガリー!ぜひ行ってみてくださいね^^

【ヨーロッパ周遊の旅】計画の立て方~準備まで周遊手順をご紹介!

海外ってwifi環境どうなってるの?海外のwifi環境事情

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。