【スイス・学生旅行】実は物価が安い?!おすすめ観光地20選◎

スイスといえば白い山や自然いっぱいの雰囲気を想像する方も多いのではないでしょうか?実は日本からスイスまでは直行便が出ています。飛行時間は12~13時間と少し長めですが、時間が自由に使える学生のタイミングこそチャンス!また、日本で買うよりも、物価が安いものもあるというから驚きです!そんなスイスのおすすめ観光地をご紹介します。

『学生旅行に行きたい人』
『スイスへの旅行を考えている人』におすすめ!

スイスのおすすめ観光地16選

マッターホルン


photo @ マッターホルン


一生に1度は行きたい絶景スポットにも、多数選定されているスイスの「マッターホルン」。世界でも有名なスイスの名峰で、アルプス山脈に属する山のひとつです◎

スイスとイタリアの国境にまたがった場所に位置し、ロープーウェイを利用して展望台まで行くと絶景を眺めることができます^^スイスに訪れたら外せない観光地のひとつといえるでしょう♪

 

マッターホルン

ユングフラウ

photo @ ユングフラウ


スイスの「ユングフラウ」。多くの観光客が訪れる観光地のひとつで、スイスの代表的な観光名所です◎3つの村から成り立つユングフラウには、絶景スポットがいくつか存在し、季節によって異なる表情を楽しめます^^

 

ユングフラウ

ユングフラウヨッホ

photo @ ユングフラウヨッホ


標高3366mの高さをもつ「ユングフラウヨッホ」。ユングフラウとメンヒの間にあるのがユングフラウヨッホで、電車を利用して訪れることができます◎

交通費の高さが話題になることも多いスイスですが、スイスパスを利用すると鉄道を乗り放題で利用できるので、お得に観光することができますよ♡観光プランを決めて、計画的にまわってみましょう!

 

ユングフラウヨッホ

ピラトゥス山

photo @ ピラトゥス山


スイスのルツェルン周辺に位置する「ピラトゥス山」。数々の伝統をもつ山で、神秘的な絶景を見られるスポットです◎「世界最大傾斜」の登山列車も有名で、標高は2,128mにも及びます。ロープウェーを利用して山頂まで行くと、湖や山などの絶景と自然が楽しめます^^

 

ピラトゥス山

カペル橋

photo @ カペル橋


ヨーロッパで最も古い木造橋として知られている「カぺル橋」は、ルツェルンを流れるロイス川にかけられている橋です◎

橋の途中には、「水の塔」と呼ばれる給水塔があり、お土産屋さんとして利用されています♪スイスならではの名産品や雑貨が、日本よりも手頃に購入することができるので、ぜひチェックしてみてください!

 

カペル橋

ライン滝

photo @ ライン滝


ヨーロッパ最大の滝として知られている観光名所「ライン滝」。ここでは、遊覧船ルートがあり、遊覧船を利用してスイスの街並みを観光することができます。

オーディオガイド付きの大周遊ルートには、日本語も用意されているので、言葉が心配な方も安心して体験できますね^^春から夏の時期には、水量が多くなり迫力満点の滝を見られます♡

 

ライン滝

ルツェルン湖

photo @ ルツェルン湖


スイスで4番目に大きい湖「ルツェルン湖」は、スイスの中央に位置しています^^スイス連邦発祥の地である4原州を結ぶ湖で、通年、湖船クルーズが運行されています♡いくつかのコースがあるので、自分のお好みのものを選べるのも嬉しいポイント♪

ランチクルーズやサンセットクルーズ、ジャズクルーズなどの豊富な種類のサービスが用意されています◎ステキな旅の思い出となること、間違いなしですね!

 

ルツェルン湖

アレッチ氷河

photo @ アレッチ氷河


アルプス山脈最大の氷河「アレッチ氷河」。アレッチ氷河と周辺の山は、スイスの世界遺産にも登録されており、それらを総称して「アレッチ氷河」と呼ばれています♪『ベットマーホルン展望台』と『モースフルー展望台』、『ホーフルー展望台』、『エッギスホルン展望台』と4つの展望台があり、氷河の絶景ポイントとなっているので、忘れずに訪れてみてくださいね!

 

アレッチ氷河

クライネシャイデック

photo @ クライネシャイデック


ベルン州に位置するスイスの峠「クライネシャイデック。ヴェンゲルンアルプ鉄道でアクセスすることができ、春から夏には高山植物の花々、秋から冬にかけてはウィンタースポーツを楽しむことができるスポットに変身します♪

1年を通してハイキングを体験することができるため、体力に自信にある方はぜひお試しください!

 

クライネシャイデック

グロスミュンスター大聖堂

photo @ グロスミュンスター大聖堂


スイスの歴史的建造物のひとつ「グロスミュンスター大聖堂」。チューリヒに位置し、13世紀から14世紀に建設されました。1度火災で焼失し、18世紀に建て直され、いまの姿へと変貌を遂げたのです^^

グロスミュンスター大聖堂の見どころは、再建されたときにつくられた双子になっている塔。塔の頂上は展望台になっており、チューリッヒ市内を一望することができます*

 

グロスミュンスター大聖堂

ザンクト・ガレン修道院

photo @ ザンクト・ガレン修道院


スイスの世界遺産「ザンクト・ガレン修道院」。黒い天井画と白い柱が特徴で、オーストリア人の建築家ペーター・トゥンプによって建設されました*中には図書館もあり、11月~12月を除いて年中利用することができます♪

スイスで最大の文献数を誇るといわれているので、訪れる価値はあります^^

 

ザンクト・ガレン修道院

アーレ川

photo @ アーレ川


スイスを流れる河川「アーレ川」。スイスで最も長い川でその長さは、約30kmに及びます◎アーレ川は、エメラルドグリーンの色をした水が特徴で、川の一部が遊泳エリアになっています♪夏になると川遊びを楽しむ地元の方たちも多く現れる人気スポットです^^

 

アーレ川

スイス国立博物館

photo @ スイス国立博物館


スイスの歴史について学ぶことのできる「スイス国立博物館」。スイスの文化や歴史、先史時代の出土品から、芸術、工芸、民具、武具などが展示されています◎

「チューリッヒカード」を利用すると、無料で入館することができるので、旅費を節約したいという方は利用してみてはいかがでしょうか?

 

スイス国立博物館

ベルン旧市街

photo @ ベルン旧市街


世界遺産「ベルン旧市街」。スイスの首都で代表的な観光地が多数存在するエリアです◎ラウベンと呼ばれるアーケードには、ヨーロッパで最長といわれているショッピングプロムナードがあります♡

物価が高いといわれているスイスですが、木彫り製品や民芸品「カウベル」、「刺繍製品」などは日本よりも比較的お手頃に購入することができるので、興味のある方は探してみてください*

ベルン旧市街

ラヴォーのブドウ段々畑

photo @ ラヴォーのブドウ段々畑


世界遺産に登録されている「ラヴォーのブドウ段々畑」。32kmに渡るぶどう畑で電車に乗ってその景色を観光することもできます♪秋にはブドウの葉っぱの紅葉が始まり、美しい景色を見られます^^

 

ラヴォーのブドウ段々畑

ベッリンツォーナ旧市街の3つの城と防壁・城壁群

photo @ ベッリンツォーナ旧市街の3つの城と防壁・城壁群


スイス南部に位置する「ベッリンツォーナ旧市街の3つの城と防壁・城壁群」。カステルグランデ、モンテベッロ城、サッソ・コルバロ城の3つのお城があり、スイスの世界遺産にも登録されています♡

頂上からは街を見下ろすことができ、絶景を一望できます^^旧市街に接しているので、アクセスも良く観光客にとっても行きやすいのがうれしいポイントです*

 

ベッリンツォーナ旧市街の3つの城と防壁・城壁群

スイスのおすすめお土産2選

スイスは物価が高いとよくいわれていますよね。実際に物価が高いのは事実ですが、その分お給料が高く生活が窮屈かというと決してそんなことはありません。そんなスイスで、日本よりも安く購入することのできるおすすめのお土産についてもご紹介していきます。

 

チーズ

photo @ チーズ


スイスといえば「チーズ」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?実際にスーパーマーケットに行くとたくさんの種類のチーズが置かれており、その数は400種類を超えるともいわれています。チーズは持ち帰るのは難しいのではと思われがちですが、密閉包装された状態のチーズを購入しておけば、持って帰って日本で食べることもできますよ^^

クラッカーと一緒に食べたり、ワインのお供にしたりと、それぞれの楽しみ方にあった食べ方で食べてみてはいかがでしょうか?

 

腕時計

photo @ 腕時計


スイスというと、物価が高いと思われがちですが、ものによっては日本よりも低価格で購入することができます◎おすすめは、「腕時計」。

ロレックス、オメガ、フランク・ミュラー、ロンジンなどの高級ブランド品を扱うお店がショッピング街に立ち並んでいます^^自分のお土産として、一生使える腕時計をこの機会に選んでみてはいかがでしょうか?

 

スイスのおすすめ郷土料理2選

ブラートヴルスト(bratwurst)

photo @ ブラートヴルスト


“ブラートヴルスト”とは、豚肉や牛肉で作られたソーセージで、まわりの皮がほかのソーセージと比べると柔らかめであることが特徴です!スイスの郷土料理で、街中のお持ち帰りのできるお店などでもよく販売されており、食べ歩きをしながら楽しめるのもうれしいポイント♡

マスタードをつけて食べるのが一般的ですが、個人的にはブラウンソースをつけて食べる食べ方もおすすめです^^

 

チーズフォンデュ

photo @ チーズフォンデュ


“チーズフォンデュ”もスイスの郷土料理のひとつです。日本国内でもチーズフォンデュを食べられる場所は多数存在しますが、本場の味も外せないところ◎食べ方は、溶かしたチーズに白ワインと一緒に温めてパンと食べるのが主流^^

電子レンジで温めて食べられるチーズフォンデュも販売されているので、自分用、友達用のお土産にもおすすめです♡

 

まとめ

スイスのおすすめ観光地、お土産、グルメについてご紹介しました♡ぜひ参考にしてみてくださいね^^

【時差ボケの対処法】日本との時差が少ない海外旅行先もご紹介♪

宿泊日数・スタイルから選ぶ【おすすめスーツケーツ15選】

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。