Byron Bay〜僕が1番好きなサーフカルチャータウン~

今日は以前の記事で少し書いた僕の1番好きな街であるバイロンベイについて書きたいと思います!
バイロンベイは本当にいい街だとみんな口を揃えて言います◎
僕も魅力的な街がたくさんある中で、このバイロンベイという街が本当に好きです!そこには行った人にしか分からない雰囲気が漂っていました。
今回はそのバイロンベイについて行き方・観光地についてもっと詳しく紹介したいと思います。

『ブリスベンに行きたい人』
『サーフィンに興味ある人』

 

今回は以前の記事で少し書いた僕の1番好きな街であるバイロンベイについて書きたいと思います!

以前の記事はこちら

 

Byron Bayとは?

バイロンベイはオーストラリア最東端の街でとても小さい街です。

サーフタウンとしてもとても栄えており、良い波が来ることで有名なため、沢山のサーファーが集まっています!スローライフという言葉がとても似合い、昼間にはたくさんの人がビーチでリラックスして過ごしていました。

オーガニックフードがとても有名で、ファストフードやチェーン店などがなく、多くのご飯屋さんはオリジナル店として地元の方が経営されています。

僕が入ったピザ屋さんではモニターでサーフィンの映像がずっと流れており色んな場所でサーフカルチャーを感じる事ができました。また、行く際にはファッションにも注目してみると面白いと思います。バイロンベイという街の雰囲気が服装にも表れていてとても好きでした!

 

行き方 Brisbane ~ Byron Bay

僕は今回ブリスベンシティから行きました。シドニーからもいけるみたいですが、今回の記事ではブリスベンからの行き方を書きたいと思います!行き方としてはタクシー、バス、プライベートバス、Uberなどがありますが、僕がお勧めする行き方はプライベートバスです。

僕が今回利用したプライベートバスは、オーストラリアでとても大きいバス会社であるグレイハウンドです。ブリスベンシティのローマステーションの3にチケット売り場があるので行き先を伝えここで購入します。
*ネットHPからの予約の方が安いみたいです

 

値段は片道$AUS45(日本円で約3400円)くらいでした。少し高いですね笑所要時間は2.5時間でした。バスの中にはUSBもトイレもあります!また直行便があるので、とても快適に行くことが出来ます◎

 

Byron Bay おすすめプラン

  • 1.帰りのバスを取る!

    バイロンベイに着いたらまず帰りのバスチケットをとることをお勧めします。

  • 特に夕方の時間は混雑するため、早めにバスチケットは取っておきましょう!ちなみに僕は5時ごろに取りに行ったら9時のバスしか   残ってなく、ブリスベンに着いたのは12時前でした(笑)

 

  • 2.ランチを食べる

バイロンベイには沢山のオーガニックフードのお店があります!12時頃からはランチ価格になるのでランチタイムに行くことがお勧めです。私のおすすめはBeloporto Burger Bar です。

この飲食店は僕が最もおすすめする場所なので是非チェックしてみてください!

 

3.オーストラリアの最東端 Light houseへ行こう!

ご飯を食べてエネルギーチャージしたら是非行って欲しい場所がホワイトハウスです。バイロンベイの象徴とも言えるこの灯台へは歩いて行くこともできます!

 

僕は歩いて行きましたが、大自然を感じながらのハイキングはとても気分が良かったです!灯台の近くにはカフェなどもあり、広大な自然を見ながらのお茶も良いと思います。ホワイトハウスへ行けばバイロンベイの大自然を目の当たりにすることができるので必ず足を運んでほしい場所です◎

 

4.メインストリートでショッピングやマーケットを楽しむ

日本でもおなじみのサーフブランドなどもたくさんありますが、僕が1番お勧めしたいのがAfendsというアパレルブランド!このブランドはバイロンベイ発祥でアイテム全てがバイロンベイの雰囲気をよく捉えています。

日本でも売っていますが、現地で買うと3割ほど安いのでとてもおすすめです。他にもバイロンベイらしいお店が沢山あるのでチェックしてみてください◎

 

 

 

5.メインビーチでくつろぐ

バイロンベイはスローな雰囲気の流れる街なので、ビーチはただ座って話している人でいっぱいです。また実際にサーフィンをしてみるのもおすすめです!

ビーチ沿いの店では有料ですが気軽にレンタルすることが出来るので、海外の波に乗って楽しむのもアリですね。このようにバイロンベイではいつもの忙しい日を忘れゆっくりとした一日を過ごしてほしいと思います!

 

終わりに

いかがでしたか?バイロンベイに行きたくなりましたか?

都会の喧騒を離れ、海外でスローライフを送ってみるのも良いかもしれませんね。

オーストラリアに行く際には、是非訪れてみてください◎

オーストラリアの遊園地を満喫!ゴールドコーストの遊園地4選

 

卒業旅行でのオーストラリアの楽しみ方”まるっと”ご紹介◎

 

 

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。