【女子旅】富山でデトックス!体の中から健康になれるヘルシー旅

海鮮やブラックラーメンで有名な「富山」ですが、実は女子旅にもぴったりなヘルシースポットが盛りだくさん!今回は女子旅で楽しめる富山の魅力をご紹介します♡車がなくても楽しめるスポットを中心にレポートしています♩

『富山に行ってみたい』
『女子旅での旅行先を探している』という人におすすめ!

女子旅で楽しむ「富山」

ほたるイカ、白えびなどの海鮮や、ブラックラーメンなど美味しいものが沢山ある”富山”。

実はヘルシーなものが沢山あって、女子旅にもぴったりなんです!!

今回は体の中から綺麗になって楽しめる”富山の女子旅”の魅力を伝えます♡

スタートは富山駅から

東京からだと「かがやき」に乗って2時間半ほどで富山駅に到着!

富山市内には路面電車が走っています。可愛い!色んな色がありました。

基本的に富山駅周辺の見所観光であれば、車がなくても十分楽しむことができます◎

富山城でぶらり散歩

富山駅から富山城へは徒歩で向かいました。

道中、松川の情緒あふれる景色を見ることができます!!^^

道中ペットボトルで販売されていた「とやまの水」↓

富山は”水”の綺麗さでも有名で、水道水でも問題なく美味しく飲めるんですよ◎

水が綺麗なので、お米や日本酒もとっても美味しいのだとか♡

富山駅から徒歩15分足らずで富山城に到着!

鎧を着て、馬に乗れる体験も人気です◎

体験している人を側から見ると、一気にタイムスリップしたような気分になります・・!!

中は富山市郷土博物館となっていて、半世紀にわたる富山の歴史を展示を通して感じることができます。

富山は空襲の戦火で焼け野原となってしまった過去があるのですが、復興の力強さも伝わってきました。

富山観光遊覧船「松川遊覧船」でのんびりリフレッシュ

富山城を囲うように流れている松川を、遊覧船に乗って楽しむことのできるアクティビティがあります♡

私が行った季節は5月で緑が美しい季節だったのですが、春は桜が両岸に咲き誇り、息を飲むような絶景だそうです・・春にリベンジします。

とはいえ5月でも十分に楽しめて、アオサギとも出くわしました^^

約30分ほどの遊覧タイムで足も心もひと休み。。

ちなみに、松川遊覧船ではディナークルーズをすることもできます!

夕暮れ時、富山の郷土料理を味わいながら遊覧船で飲むビール一杯は格別です・・♡(お酒は20歳になってからにしましょう)

富山に訪れたらぜひ体験したいスポットです♡

松川遊覧船

日本を代表する作曲家「滝廉太郎」の歴史に触れる

松川茶屋に隣接して、滝廉太郎記念館があります。

「雪やこんこん」や「荒城の月」「鳩ぽっぽ」を作曲した当時の様子などを知ることができるので、興味のある方は是非のぞいて見てください^^

photo:隣接している「松川茶屋」


松川茶屋では、そば・うどんなどの食事ができるほか、団子・かき氷などデザートも頂くことができます♡

 

薬膳料理や薬を購入できる『池田屋安兵衛商店』

「富山の薬売り」と言われるように、富山は良薬の地。あらゆる体の不調を改善に導く良薬が集まるお店が「池田屋安兵衛商店」です。

看板にも大きく書かれている”反魂丹”は、富山の良薬の中でも特に有名な名薬で、飲みすぎや消化不良に効くとされています◎

貴重な反魂丹作りの経験もできたり・・

レトロで可愛らしい包装の薬をお土産に買って帰ることができます♡

photo:頭痛、解熱鎮痛剤など


photo:頭痛薬、滋養強壮など


たくさんありすぎて、どれを買おうか悩みます・・・

結局、お土産に可愛らしい生姜の飴を購入しました!^^ 喉が痛くなった時に重宝しそうです◎

 

薬膳料理で体の中から健康に♡

反魂丹の2階はレストランとなっており、体も喜ぶ薬膳料理を食べることができます!

四季に合わせてメニューが変わるので、旬の味を楽しめます◎

個人的に衝撃的だったのは、「黒米の山菜おこわ」。

ピカピカで真っ黒なお米はいかにも体に良さそう・・。味わいも今まで食べたことのない味で、すごく美味しかったです。これは女子旅にはマストで、ぜひ実際に食べて欲しいです^^味も現地でチェックしてみてください◎

池田屋安兵衛商店

砂糖を使わない天然の甘さに感動!「島川あめ店」

反魂丹から歩いていける場所に、レトロでかわいいお店構えの「島川あめ店」があります。

みなさんは「水飴」を食べたことありますか??

私は今まで食べたことがなかったですが、こちらで頂いてあまりの美味しさにお土産にも購入してしまいました!!

とろっとした水飴ははちみつと似ているようで、はちみつよりもあっさりとした甘みでついペロペロとなめ続けてしまいます。

砂糖を一切使っていない天然の甘さなので、おやつにもとってもヘルシー◎

オススメの食べ方は、

  • 大学芋
  • トーストにバターと一緒に塗って食べる
  • 豚の生姜焼きの隠し味に使う

などだそうです。

どれも試したい・・!レシピにも幅広く応用できるので、一つお土産に買っておいて損はないです^^*

photo:水飴。サイズによって値段が異なります◎


他にも気になったお土産をいくつか購入しました。

富山、女子に嬉しいお土産が多いです・・!!誘惑。。。

島川あめ店

ヘルシーなおやつ「かまぼこ」の魅力に迫る

梅かまミュージアム U-mei館も富山ならではの伝統とお土産を楽しめるスポット。富山市中心部からは車で25分ほどで到着します!

富山の伝統かまぼことは・・・とにかく、一度見て頂きたい。

このタイ。すごくないですか? これ、全てかまぼこで出来ているんです。

かまぼこは昔から縁起物として知られていますが、ここ富山では、細かい細工を施したかまぼこを販売しています。

しかも・・

そう。梅かまミュージアムでは、制作工程が見学できる仕組みになっているんです。

初めてみる技術に感動しました。かまぼこで絵を描いていく様子は、まさに職人技ですね・・

完成です・・!!

なんとなく、かまぼこの概念がひっくり返されたような気がしました。

カラフルなかまぼこ以外にも、おつまみにもぴったりなチーズや、ヘルシーなこんぶ飴など、こちらでも気になるお土産をチェックすることが出来ます◎

かまぼこは低カロリーで、タンパク質の補給にもぴったりなヘルシー食材です。

是非立ち寄ってみてください♡

梅かまミュージアム U-mei館

しろえびせんべいファクトリー(ささら屋立山本店)

富山で有名な”白えび”。その白えびの風味を存分に生かした白えびせんべい、さらに派生したグルメをたっぷりと味わえる人気スポットが「しろえびせんべいファクトリー(ささら屋立山本店)」です♡(こちらも富山中心地からは車で25分程度かかります)

店内には可愛らしいお土産がたくさん♡

せんべいに使用するお米を生かして作られた絶品団子も、こちらで味わうことが出来ます^^!

つやつやモッチモチだけど歯ごたえがあり、表現が難しいのですがしっかりとメリハリがあるような味わい深い「みたらし団子」。

いくらでも食べられちゃいます!!おすすめです◎

こちらの施設で、せんべいを焼く体験も出来ちゃいます!

自分で焼いた焼きたてのせんべいにタレをつけて頂くのですが、いつも食べているせんべいとは一味違った美味しさ。

体験としても珍しくて、楽しめます^^*

 

さらに・・・

 

富山の綺麗なお水で育ったお米と、白えびの風味がマッチしたせんべいを、ソフトクリームにさした「しろえびせんべいソフトクリーム」も要チェック◎

せんべいとソフトクリームが、こんなにマッチするとは思いませんでした^^;とっても美味しかったです♡

しろえびせんべいファクトリー(ささら屋立山本店)

富山市立図書館「TOYAMAキラリ」でガラス工芸品のお土産をGET!

富山駅から徒歩圏内に佇む「TOYAMA キラリ」。かの有名な建築家、隈研吾が設計した建築物としても人気です。

建物内にはガラス製品を中心としたお土産や、図書館のある贅沢空間が広がっています・・*

photo:お土産


photo:図書館


また、4階と6階にガラス芸術品の常設展示があり、大人¥700〜で観覧することが可能です◎

ガラスを使った印象的な作品や、一部屋を大胆に使った巨大作品も見ることができるので、ぜひ一度は訪れて欲しいところです!

富山私立図書館TOYAMAキラリ

富山と言えばこのお菓子!「月世界」のふわふわ菓子♡

「月世界」というネーミングからも、繊細さを感じるお菓子。

富山では有名な伝統的なお菓子です。ふわふわ新食感でほんのり甘いお菓子なのですが、あまり食べたことのない食感で説明が難しいので、詳しくは”食べてみてのお楽しみ”とさせて下さい◎

かわいい包装もあります♡

「月世界」切れはし。字面だけ見るとちょっと壮大な感じですよね。生産過程で出た切れはしのみを詰めたお得な商品で、開店の10時〜1、2時間ほどしか売っていないそうです。見かけたらラッキー♡

地元の方にもおやつとして人気だそうです◎

月世界

以上、富山を女子旅で巡るならおさえておきたいスポットをご紹介しました!

車を使って足を伸ばせば、他にも見所がたくさんあるので、以下の記事なども参考にしてみてください♡

学生旅行は富山へ!富山を満喫する2泊3日のモデルルート♪

【北陸ひとり旅】(石川・富山・福井)の紅葉スポット15選

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。