世界が目指すSDGsって何?海外の取り組みと達成度ランキングTOP5!

地球儀を囲む若者

SDGsという言葉を知っていますか?2015年の国連サミットで採択された“持続可能な開発目標”の略称です!目標はさまざまな分野の17のゴールと169のターゲットから構成されています。特徴は全地球規模で行う普遍的なものであること。世界を旅する人たちに知っておいて欲しい、海外と日本の取り組みと達成度ランキングをご紹介します!

『SDGsについて知りたい人』
『世界がより良くなるために、どんなことが必要なのか知りたい人』におすすめ!

SDGsって何のこと?

国連の旗


SDGsは”持続可能な開発目標”のことで、”エス・ディー・ジーズ”と読みます◎そして、”Sustainable Development Goals”の略称です!何かといえば、2015年9月の国連サミットで採択された、2016年から2030年までの国際目標のこと◎

具体的な内容は、”持続可能な開発のための2030アジェンダ”に記されています。アジェンダには計画や行動計画などの意味があります♪目標は17のゴールとそれぞれに更に細かい内容を示した合計169のターゲットから構成されています!

この目標の特徴は、一部地域に限られたものでなく、先進国、発展途上国のすべてが取り組むべき”ユニバーサル(普遍的)”なものであるということです!アジェンダの中では、”leave no one behind(地球上の誰一人として取り残さない)”と誓われています◎つまり、この目標は、日本という国単位だけでなく、私たち一人一人が当事者なのです♪

 

国連広報センター

つまりは何が目標なの?

地球儀


”そんなこと説明されても何の事だかわからない!”と思っている人は多いですよね^^;SDGsでは、わかりやすく、具体的な目標が決まっています!それが17のゴールと169のターゲットです♪ここでは17のゴールを見ていきましょう◎

※目標の番号はSDGsでつけられているものです。

 

人が暮らす上で大事な目標7つ

教室


  • 1.貧困をなくそう
  • 2.飢餓をゼロに
  • 3.すべての人に健康や福祉を
  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 5.ジェンダー平等を実現しよう
  • 6.安全な水とトイレを世界中に
  • 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

最初の6つの目標は、人が暮らす上で守られるべき項目ともいえます!発展途上国に対する目標のようにも読めますが、日本でも現在、貧困や教育格差などが問題になっています。貧困のため、きちんとした食事は給食だけ……という子供がいるのも現実です。

また、ジェンダー(男女)平等に関しては2018年度の世界ランキングで日本は110位でした!対象は149ヶ国ですからかなり下位です^^;セクハラだけでなく、医学部で女性を低評価にし、不合格にした問題もありましたね!

 

暮らしやすい世界のための4つの目標

多国籍の友人


  • 8.働きがいも経済成長も
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10.人や国の不平等をなくそう
  • 11.住み続けられるまちづくりを

日本では政府主導で働き方改革が行われていますが、いまだいろいろな批判があり、うまくいっていませんね!ブラック企業がたびたび話題になりますが、SDGsでは、働きがいがあり、人間らしい仕事が推進されています♪

”産業と技術革新の基盤をつくろう”は少し難しいですが、発展途上国の産業の安定や情報通信へのアクセスなどが挙げられています!私たちに身近なところでは、環境に配慮した技術や資源利用率などの目標があります♪

 

環境に配慮した4つの目標

ウミガメ


  • 12.つくる責任 つかう責任
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 14.海の豊かさを守ろう
  • 15.陸の豊かさも守ろう

瓶や缶、プラスチックのリサイクルなどに関しては消費者だけでなく、製造者にも責任を拡大する方向へ向かっています!これを環境用語で拡大生産者責任といいます♪

 

世界中の人が幸せに暮らすための目標2つ

パートナーシップ


  • 16.平和と公正をすべての人へ
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう

”平和”の中には戦争をしないといった大規模なものだけでなく、子供虐待防止など身近に起こりうる出来事も含まれています!

すべての目標は1ヶ国だけ努力しても、先進国の都合だけで実施しても達成することはできません。すべての国、先進国・発展途上国すべてが協力し合って初めて達成が可能です!

 

SDSN JAPAN

SDGs for all

取り組み達成度ランキング TOP5:オーストリア

オーストリア場所『オーストリア』


5位のオーストリアではおばあちゃんたちが平和を守り、人の不平等をなくそうと声を上げています!きっかけは”極右政党オーストリア自由党”が政権入りしたこと。おばあちゃんたちは、ここ数年、外国人排斥の方向へ向かう政府に、ナチスドイツの恐怖を重ねていました。

そしておばあちゃんたちはカラフルなニットを身に纏い、こう書かれたプラカードを持ってデモを行ったのです!”Omas gegen rechts(極右に反対するおばあちゃん)”と。現在、この運動はドイツにも広がり、65歳から85歳のおばあちゃんたちががんばっています!

おばあちゃんたちは活動のために編み物ワークショップを開きますが、最近はおじいちゃんも加わり、若い世代からも支持を受けています◎極右政党オーストリア自由党 党首はこの活動に批判的で軽んじるような発言をしていますが、おばあちゃんたちの勢いは止まりません!

 

Omas gegen rechts(ドイツ語)

取り組み達成度ランキング TOP4:フランス

フランス場所『フランス』


4位のフランスでは積極的に政府がSDGsに取り組んでいます!まず、SDGsを周知するためのホームページを開設しました◎ここでは”手をとりあう世界へ(Pour une planète solidaire)”というロゴをダウンロードできるようにし、人々に結束を求めています。

また、実際に行動もしています!2018年には低所得者層に光熱費の利用料金を援助したり、水質の向上と管理を目指す水会議を行ったりといった活動です◎他にも建物をリノベーションして第三次産業用建物のエネルギーを2050年までに60%削減するなど具体的な目標も立てています。

 

世界初の水素燃料船

さらに、船長のヴィクトリアン・エルサール氏によって創設されたプロジェクトでは、世界初の水素燃料船である”エネルギー・オブザーバー”が、世界 50 カ国の101 都市を6年かけて周っています。

この航海は、環境に関する教育、啓発および革新的ソリューションの発見を目的としています!水素燃料船が今どこにいるかはWebサイトで確認できますよ♪

 

L’Agenda 2030 en France(フランス語)

ENERGY OBSERVER(英語)

取り組み達成度ランキング TOP3:フィンランド

フィンランド場所『フィンランド』


3位は北欧のフィンランドです!北欧ではそれぞれの活動以外に北欧5ヶ国(フィンランド・スウェーデン・デンマーク・ノルウェー・アイスランド)による”2030世代プログラム”が立ち上げられました。これは北欧全体で協力して、目標の達成を加速させるためのものです!

”2030世代”とは、子供や若者が目標達成に果たす役割の重要さを示すとともに、彼らの未来を保証をするものだということを強調しています♪その中でフィンランドは男女平等では常に世界トップランク(2018年度は4位)、また、クリーンエネルギーなどの利用実績も長く、これらを発展途上国に適用したり、さらに技術革新をもたらしたりすることができる技術力を持っていることが高評価につながったといえるでしょう。

 

2030世代プログラム(英語)

取り組み達成度ランキング TOP2:スウェーデン

スウェーデン場所『スウェーデン』


これまで3年連続1位だったスウェーデンが今回は2位となりました!そうはいってもスウェーデンでは官民ともに、SDGsに力を注いでいます。特に政府は熱心に活動しています◎例えば、行政機関と国営企業はそれぞれの取り組みを政府に報告する義務があります。

また、企業だけでなく、有名人や科学者などが個人として積極的にSDGsについて発言するので国民もより積極的にその人たちの話を聞き、身近なこととして考えているようです◎日本では、ピコ太郎さんが外務省への協力として動画に出演しましたが、個人でSDGsについて発言している有名人の人は少ないですよね^^;

 

取り組み達成度ランキング TOP1:デンマーク

デンマーク場所『デンマーク』


スウェーデンに代わって今回1位になったのは、同じ北欧のデンマークです!やはり、北欧の国々は積極的に協力しているだけあって目標の達成率が高いようですね♪ちなみに、残りの2ヶ国、ノルウェーは8位、アイスランドは14位でした◎

デンマークは、SDGsの17すべての目標を達成すべく、首都コペンハーゲンの南部になんと村を作ります!完成は2023年、その名も”UN17 Village”この村には400戸の住戸とゲストハウスやワークスペースといった一般的な施設のほか、雨水を利用したコインランドリーや各建物の屋根にソーラーパネルなど環境に配慮した設備が設置されます◎

 

ゴミの概念がない!?

また、この村ではごみという概念がなく、エネルギーや資源は循環をつづけます♪役目を終えたものも、廃棄物ではなく、”資源”と考えるのです!

そもそも建設に使われる資材も捨てられるはずだった廃材やガラスを”アップサイクル”したもの!アップサイクルとは、捨てられるはずだったものに新しい価値を付加するリサイクルの上をいく再利用の形です◎村が完成した際には、ぜひ訪れてみたいですね♡

 

UN17 Village(英語)

日本は何位?

国会議事堂撮影:keyaki 場所『国会議事堂』


上位ランキングをご紹介しましたが、SDSNの報告書では、すべての目標を順調に達成している国は1つもないとされています!特に環境に配慮した4つの目標で紹介したものは達成度が低く、特に”海の豊かさを守ろう”はどの国も取り組みが遅れているといわれています。

その中で日本の順位は2年連続15位です!特徴的なのが先述のどの国も達成できていない目標以外に”ジェンダー平等を実現しよう””パートナーシップで目標を達成しよう”についての達成度の低さが指摘されています。これには、女性国会議員の数の少なさや男女の賃金格差などが関係しています。

 

JAPAN SDGs Action Platform(外務省)

SDGsについて少しは興味がでたでしょうか?国レベルの問題となると難しすぎてわからなくなるかもしれませんが、さまざまな国の人と交流したり、ちょっとしたリサイクルをしたりと身近なところから始めてみましょう♪

また、旅行に行く機会がある人は、UN17 Villageや都市レベルでSDGsに取り組んでいる場所を訪れて、あなたの街との違いを感じてみるのもいいかもしれませんね◎

【LGBT】日本ではどうなの?海外で同性婚が認められている国・地域

世界の消費税が高い国TOP3をご紹介♪消費税10%は高い?低い?

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。