【デュアルライフ】今人気の新しい働き方&旅行の仕方◎

働き方や暮らし方が、多様化している昨今。多拠点を行き来しながら仕事や生活、旅行を楽しむ「デュアルライフ」という暮らし方が人気を集めているのをご存知ですか?今回は、デュアルライフの特徴から暮らし方の実例まで、詳しくご紹介します!読めばあなたの今後の働き方や旅の仕方も、きっと変わりますよ♪

『デュアルライフについて知りたい&始めたい人』
『新しい暮らし方や旅行の仕方を探している人』におすすめ!

デュアルライフって何?なぜ今人気なの?


そもそも「デュアルライフ」という言葉自体を聞いたことがない、という人もいますよね?まずは、デュアルライフがなんなのか、その特徴について見ていきましょう。

 

デュアルライフ(Dual Life)とは

「デュアルライフ」というのは、「二拠点居住」や「二地域居住」とも呼ばれるライフスタイルのあり方のひとつです。簡単に言えば、2つの地域に拠点を持って、双方を行き来しながら生活や仕事をすることを指します。

デュアルライフの定義は広く、

  • 平日は東京などの都市部で仕事、週末は田舎や郊外のセカンドハウスで休日を過ごすこと
  • 夏の間だけ郊外の別荘で生活や旅行を楽しむこと

など、これらはどちらもデュアルライフの1種になります。

中には、日本と海外という拠点の組み合わせをする人もいますから、個性が出て面白いですよね♪

 

デュアルライフに注目が集まる理由

頻繁に2地域を行き来するのも、休日を過ごすためのセカンドハウスを持つのも、富裕層じゃないと難しいのでは……と思う人も多いですよね?でも実は、一般家庭や若いビジネスマンにも、デュアルライフを実践する人が増えているんだそうです。

その理由として、

  • インターネット環境の飛躍的な整備と普及
  • シェアリングエコノミーという考え方の定着

などが挙げられます。

インターネット社会の現代では、Wi-Fiがつながる環境とパソコン1つあれば、どこでも仕事することが可能です。それにより、オフィス通勤ではなく在宅で仕事をする人も増え、生活の拠点を自由に選択できるようになりました。また、現在はシェアハウスやコワーキングスペースなど、家やオフィスを所有ではなくシェアする、シェアリングエコノミーが主流になっています。拠点を持つための資金が抑えられるようになったことが、デュアルライフへの関心が高まる要因になったと言えますね。

 

デュアルライフは誰でもできる?どんな人が向いてるの?


気軽にデュアルライフを始められるようになったとはいえ、自分でもデュアルライフを実践できるのかと、不安に思う人もいるはずです。

一例ではありますが、以下の項目に当てはまる人は、デュアルライフを楽しむのに向いていると言えるでしょう。

  • 旅行や移動、引っ越しが好きで苦じゃない人
  • 同じ場所に居続けるのが苦手な人
  • 都会の空気を浴び続けることに疲れた人
  • 移住や生活場所を変えようと考えている人
  • 知らない環境でもワクワクできる人
  • フリーランス(企業者含む)で働いている人
  • 在宅仕事など、リモート環境で仕事している人

このように、場所や時間を自由にできる人や、移動や変化を苦に感じない人は、デュアルライフのようなあり方を楽しめるはずです。

 

デュアルライフを取り入れるメリットとは?


自分に合った生活スタイルを構築できるデュアルライフは、様々なメリットがあります。

 

メリット1:ビジネスチャンスが生まれやすい

首都圏と地方を行き来することで新たな人脈を構築でき、思いがけないビジネスチャンスがつかめることも!特に、地方は若い人材や観光客が少ない分、フットワーク軽く仕事をこなしてくれるフリーランスを重宝してくれることも多いようです。

また、地方では行政や地元企業が主体となって、地域おこし活動を行っていることも多いので、そういったところと連携して仕事することで、新たなビジネスチャンスにつながることもあるかもしれませんよ!

 

メリット2:仕事や生活拠点を失うリスクを分散できる


地震や火山の噴火など、自然災害が多い日本。2011年に起きた東日本大震災で実際に体験した方もいるかと思いますが、災害に見舞われることで仕事や家を失ってしまう場合もあります。特にフリーランスや自営業だと、仕事をいっぺんに失うのはかなりの痛手ですよね。

複数の生活拠点を持ち、それぞれで仕事のアテをつくっておけば、1ヶ所拠点を失ったとしても、もう1ヶ所の拠点の家と仕事をキープできる可能性が高くなります。

 

メリット3:精神的余裕が生まれて仕事効率も上がる

田舎の澄んだ空気を堪能したり、現地の人たちと交流したり……。都会の喧騒から離れてのんびりした時間を過ごすことでリフレッシュでき、精神的に余裕が生まれます。疲れもとれた状態で仕事に臨めるので、仕事効率も格段に上がることでしょう♪

 

デュアルライフのデメリットは?


デュアルライフにはメリットが多い一方、様々な面でデメリットもあります。

 

デメリット1:移動費用や居住費用がかかる

何と言っても、2地域を行き来するための移動費用がかかることは避けられません。電車や飛行機ではなく、バイクや自家用車を使うことで、交通費を安くすることは可能ですが、結局ガソリン代などの出費はあるので、移動費用を0にすることは諦めてください。

また、シェアリングエコノミーにより、居住費が安く抑えられるようになったとはいえ、場所のレンタル(賃貸)費用や家賃はどうしてもかかります。家や別荘を所有することを選択した場合は、住宅購入費に加え、維持費もかかってしまうので、今の生活の2倍近くは出費が出ると覚えておいた方が良いでしょう◎

 

デメリット2:人や物の移動が大変


移動費用の増加に付随する問題ですが、2地域を行き来するので移動時間は大幅に増えてしまいます。それにより、仕事や休日に充てられる時間も削られることにもなるでしょう。

あとは、生活や仕事に必要となる物を、運搬する手間も増えます。家具や仕事用の機器が備え付けられているなら、持って行く物は衣類などの生活用品だけで済みますが、仕事用の機器も一緒に持って行かなければならないとなると、かなりの手間になりますね……。

 

デメリット3:スケジュール調整が難しい

仕事でもプライベートでも、スケジュール調整が難しくなります。特に移動回数が多いと、すき間時間に会う時間をつくる、なんて余裕はないでしょう。仕事であれば、スカイプでの打ち合わせという選択肢がありますが、プライベートでそれは味気ないですよね。

デュアルライフをやってみたいという方は、上記のデメリット面も考慮した上で、自分の生活に取り入れるかどうかの検討をしてくださいね。

 

デュアルライフの実践例とは


デュアルライフを実践する目的は、人によって様々。100人いれば、100通りのライフスタイルがあります。ここでは、デュアラー(※デュアルライフを送る人)がどのような暮らし方をしているのか、いくつか実例を見てみましょう♪

 

1.子どもの健康改善や子育てのためのデュアルライフ

主婦デュアラーに多いのが、

  • 「喘息などの子どもの病気を、空気の良い場所で治療したい」
  • 「田舎で子どもをのびのびと育てたい」

など、子育てのために田舎に拠点を持つパターンです。小学校などの入学を機に田舎に移住する家族もいれば、週末だけ旅行がてら拠点を行き来する家族もいるようです。

ちなみに地方によっては、子どもが地方と都市の2つの学校を行き来して、異なる環境の生活を体験する、「デュアルスクール」を実施している学校もあります。通っている学校にそういったプロジェクトがあれば、参加させてみると子どもの良い経験になるかもしれませんね。

 

2.地域活性のためのデュアルライフ

人口減少が続き、さびれてしまった地域を活性化させるために、都市部で培ったスキルを活かしてプロモーション業などに従事する人もいます。人とのつながりを感じたい人や、役立つことで自分の存在意義を感じたい人が実践することが多いようです。

こちらは別荘などを購入するよりも、シェアハウス(コリビング施設)やコワーキングスペースを利用することがほとんどです。場合によっては、者が集まれるコワーキングスペースをつくることから、始める場合もあるようですよ。

 

3.趣味や旅行を満喫するためのデュアルライフ

デュアルライフを実践する人は、仕事や子育てが理由の方が多いのですが、趣味や旅の時間を満喫するために、デュアルライフを選択する人も一定数います。

別荘で都会の疲れを癒す人もいれば、サーフィンやキャンプなど、そこでしかできないアクティビティを満喫する人も多いようです♡

 

悩んでいる人は「おためし移住」を試してみよう!


昔よりデュアルライフを選択しやすくなったとはいえ、別の土地に住居や別荘を持つことに勇気が出ない、という人も多いですよね。そこでおすすめなのが、全国の自治体が支援・取り組みをしている、「おためし移住」体験です。

おためし移住は様々なプランがあり、以下のような内容の体験ができます。

  • 住宅を借りて、一定期間現地に滞在できる「おためし住宅」
  • あらかじめ決まった施設や空き家を視察できる「パッケージ型ツアー」
  • 参加者自身で視察場所や体験内容を決められる「オーダーメイド型ツアー」
  • 農業や漁業など、現地できる仕事を体験できる「職業体験ツアー」

最短2日間から体験利用ができるので、あまり休みや時間が取れない人でも安心ですよ!地域住民と交流したり、実際の移住者の体験談を聞いたりもできるので、デュアルライフのイメージがふくらませやすいですね♪

以下のようなサイトで、おためし移住の受け入れや支援をしてくれる自治体を見つけることができるので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

移住・交流促進機構「JOIN」

お試し住宅・地方移住応援HP「Furusato」

生き方や価値観が多様化した現代だからこそ合う暮らし方、デュアルライフ。メリット・デメリット、合う・合わないはありますが、しっかり準備して実践すれば、人生をより豊かにしてくれるはずですよ。

田舎暮らしをしてみたい方や旅行好きな方、自分の暮らしを一段階上にアップしたい方は、ぜひデュアルライフに挑戦してみてはいかがでしょうか♪

世界が目指すSDGsって何?海外の取り組みと達成度ランキングTOP5!

学生でもなれる!人気の”トラベルライター”の仕事って?

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。