歴史を学ぶ!真珠湾を中心にハワイの歴史を学べる観光スポット10選

パールハーバー

ハワイといえば、日本人が大好きなリゾート地♡ショッピングにグルメに癒し、気候、自然など、ハワイの何もかもが大好きという人が多いのではないでしょうか。リピーターも多い魅力的なハワイですが、その昔に戦地となったことを知らない若者も少なくないのでは?大好きなハワイの歴史を、改めて知りたくはありませんか◎

『いつもとは違うハワイ観光をしたい人』
『真珠湾(パールハーバー)観光について知りたい人』におすすめ!

真珠湾(パールハーバー)について

昔

「photo @ パールハーバー」


日本名では真珠湾と呼ばれているパールハーバーは、かつては真珠貝が養殖されていたためにその名がつけられたといわれています。1941年12月7日、日本軍が真珠湾を攻撃しました。日本軍による壊滅的な打撃を受け、戦艦アリゾナは海中に沈没したのです。この奇襲がアメリカ軍の怒りを買い、第二次世界大戦へと突入していったとされています。

アメリカ人にとってはハワイといえば、オアフ島内の必須観光スポットでもある「パールハーバー・ビジターセンター」ですが、日本人からすると、戦争教育を受ける過程で一度は聞いたことがある程度、という人も多いのではないでしょうか。決して忘れてはならない戦争。
零銭、人間魚雷回天といったものを目の当たりにして、あなたは何を思うでしょうか。今回は、そんなハワイの戦争の歴史を知れる観光スポットをご紹介します。

 

1. パールハーバー・ビジターセンター

ハーバーセンター

「photo @ パールハーバー」


パールハーバー観光へ行くためには、まずパールハーバー・ビジターセンターを通らねばなりません◎ここが拠点となり、ここから記念館や博物館に向かうことができます。

 

パールハーバー・ビジターセンター

営業時間 7:00〜17:00
休日 1/11,11/25,12/25
電話番号 1-808-422-3399

2. アリゾナ記念館

アリゾナ

「photo @ アリゾナ記念館」


アリゾナ記念館は、1941年に大日本帝国海軍の真珠湾(パールハーバー)襲撃によって、沈没した戦艦アリゾナと乗組員を慰霊する施設です。戦艦アリゾナの上にアリゾナ記念館が建てられているため、館上から沈んだ戦艦アリゾナを見ることができます。ハワイを来訪するすべての人々にとって必見と言える目的地であり、毎年170万人以上もの人々が訪れているといいます。アリゾナ記念館は、1966年、アメリカの国家歴史登録財に登録されました。そして、1989年、国定歴史建造物に指定されました◎

戦艦アリゾナからは、戦後70年以上経っている今でもオイルが漏れ続けており、「アリゾナの涙」と呼ばれています◎かつて、戦艦アリゾナには1,177人の乗組員がおり、その中の1,102人、ほぼすべての人々が戦艦アリゾナと共に深い眠りについたのです。アリゾナ記念館の最奥には、戦死した乗組員全員の名前を大理石に刻んだ慰霊スペースがあります。混雑する日には午前中に整理券がなくなる場合もあるため、日程に余裕を持つようにしましょう。2011年12月には、3エーカーの土地面積から17エーカーへと拡張され、6500万ドルの敷地内を自由に探索することができますよ^^

 

アリゾナ記念館

3. U.S.S.ボウフィン潜水艦博物館

ボウウィン

「photo @ ボウフィン潜水艦」


U.S.S.ボーフィン潜水艦は、第二次世界大戦で活躍したアメリカ軍の潜水艦です◎大戦中は、敵国の潜水艦をおよそ44隻沈めた恐るべき水中の「魔王」と呼ばれています。

現在は、パールハーバーとアリゾナ記念館の隣に位置しています。アメリカ合衆国国定歴史建造物、博物館船となり、その艦内での生活模様や、任務がどのようなものであったのかを体験できるようになっています◎艦内の司令室・無線室、寝室、キッチンまでをも見学することが可能です!

また、公園内には日本の特攻魚雷「回天」や、アメリカ軍のMARK14魚雷、MARK45核魚雷が展示されています。「回天」は、一人乗りの日本の自殺魚雷であり、1944年に初めて使用されました。

U.S.S.ボウフィン潜水艦博物館

4. 太平洋航空博物館

ミュージアム

「photo @ 太平洋航空博物館」


太平洋航空博物館には、2つの第二次世界大戦当時の格納庫に収まっている航空機、展示物があります◎ジオラマや零銭、B25ミッチェル爆撃機などの戦闘機がずらりと並んでいます。

ワイルドキャットやトムキャット、イーグル、ファントムⅡ、ミグ、コブラ、シーホークなどは、皆さんも映画や書物の中など見聞きしたことのある名前ではないでしょうか。また、今現在復元中の戦闘機もいくつかあります。2006年12月、初めて一般公開されました日本語ガイドが艦内案内をしてくれる「飛行士ツアー」が人気を博しています◎

 

太平洋航空博物館

5. オクラホマメモリアル

オクラ

「photo @ オクラホマメモリアル」


2007年に完成した記念碑は、1941年のパールハーバー攻撃によってU.S.S.オクラホマが沈没した際に命を失った429人の船員、海兵隊へささげられました。脱出した乗組員の3分の2未満が戦死し、死者数はU.S.S.アリゾナの1,177人を上回りました。

1942年、海軍はオクラホマを救助するため計画を立てます。1943年11月にようやくオクラホマは浮上し、429人の犠牲者の遺体が埋葬のため回収されました。にもかかわらず、またしてもオクラホマは沈んでしまい、今現在、ハワイ諸島の北東540マイルの海底のどこかにひっそりと沈んでいます。

 

オクラホマメモリアル

6. 戦艦ミズーリ記念館

ミズーリ

「photo @ 戦艦ミズーリ」


大本命!戦艦ミズーリ号は、第二次世界大戦の降伏文書調印の舞台となった戦艦ということもあり、非常に有名です◎当時の大統領のハリー・S・トルーマンがミズーリ州出身であったことから、その名が選ばれました。ジャンボジェット機4機分の長さ(207.4m)・20階ビルの高さ(64m)の大きさには、度肝を抜かれること間違いナシです。

ミズーリ号に攻撃した日本の神風特攻隊の様子、マッカーサーと日本の代表が調印した甲板などを見学することができます。また、主砲や副砲、ミサイルの見学や乗組員の居住区などといった、当時の様子をうかがい知ることができる施設の見学をすることも可能です。降伏文書調印の舞台といった歴史もあることから、日本とは非常に密接したかかわりを持つ戦艦ミズーリ。歴史的な平和のシンボルとも言える戦艦ミズーリを後世に受け継いでいくためにも、多くの人々が触れておくべき場所でもあると言えるでしょう。

日本語ツアーでは、歴史の舞台をより深く理解することができるのでオススメです◎ツアーの所要時間は約35分ほど。歴史を学びながら艦内を見学すると、より感慨深さを感じられそうです。戦艦ミズーリの前では、バトルショップ(お土産品屋)や軽食などが食べられるお店があり、無料のwi-fiスポットまであります◎

 

戦艦ミズーリ記念館

7. アロハスタジアム

スタジアム

撮影:Nick Olino 『アロハスタジアム』


アロハ・スタジアムは、アメリカのハワイ州ホノルルに位置している球技場です◎ハワイを代表するほどの大型競技場で、ハワイ大学アメフトチーム「ウォーリアーズ」の本拠地となっています!プロボウルといったNFLの招待試合の開催やサッカー試合、コンサート、イベント会場といった、さまざまな用途に使用されることが多くあります◎

スタジアムとは別に、スワップミートの開催場所としても非常に有名です。スワップミートとは、ハワイアンのフリーマーケットといったところでしょうか。衣料品や雑貨、土産物、家具、家電、生鮮食品など、ありとあらゆる商品が取り扱われています^^

 

アロハスタジアム

8. ホノルルハーバー

ホノルル

「photo @ ホノルルハーバー」


ホノルルハーバーは、アロハタワーをシンボルマークとするホノルル港の停泊地でもあります^^ショッピングや食事をするにも比較的落ち着いており、ハワイのなかでもオススメしたい観光スポットです♡新鮮な魚介類中心の料理が提供される人気レストランで、ぜひお食事を楽しんでください♪

シンボルマークであるアロハタワーは、1926年に建設された時計台です◎当時は、ハワイで最も高い建物でした。飛行機のなかった時代には、ハワイの表玄関といえば、このホノルルハーバーを指していました。近隣にあるアロハタワー・マーケットプレイスには、およそ30ほどの店舗やレストランがあります。ホノルルハーバーは、ワイキキ方面からは車で約20分ほどです^^

 

9. ハワイ・プランテーション・ビレッジ

ビレッジ

「photo @ ハワイ・プランテーション・ビレッジ」


ハワイ・プランテーション・ビレッジは、歴史的資料施設です◎現在のハワイの多様な文化につながるまで、ハワイの始まりともされるプランテーション時代の移民たちの、生活様式が展示されています◎日本や韓国、中国、フィリピン、ポルトガルなどといった多くの国からの移民者たちが暮らしたプランテーション・ハウスを、そのまま復元!当時の生活スタイルを見学することが可能です^^

また、当時のプレンテーション農園での暮らしも見学可能!ツアーも行っており、1日5回、10時から1時間おき。日本語ツアーもあるので安心です!ツアーの所要時間は、1時間30分ほどです◎アクティビティなどもあり、楽しめる人気スポットです♪

 

ハワイ・プランテーション・ビレッジ

入場料 大人:15ドル
ツアー 月~土:10時~14時
電話番号 808-677-0110

10. ダイヤモンドヘッド

ダイヤモンド

「photo @ ダイヤモンドヘッド」


ダイヤモンドヘッドは、ハワイ諸島のオアフ島にある火山です◎オアフ島のシンボルとも言える、有名な山です!山の中央部分がクレーターとなっており、深くくぼんでいます。山頂付近には、四層構造の砲撃統制所、観察所といった軍事施設の名残を感じる建築物が今でも残されており、自然とともに歴史にも触れることのできる貴重な山となっています。

山のふもとから山頂までは、片道およそ30分~45分程度と気軽に登れるため、多くの人々がトレッキングを楽しんでいます^^山頂からは、360度パノラマの絶景が広がります♡ワイキキビーチやハワイの街並みを上空から見渡すことができますよ!せっかくハワイに行くなら、一度は登ってみたいものですね♪

 

ダイヤモンドヘッド

営業時間 6:00〜18:00
休日 12:00〜22:00
入園料 1ドル(車は1台5ドル)

おわりに

歴史を知れる、真珠湾(パールハーバー)の観光地を主にご紹介しました◎

皆さんがリゾートを満喫するハワイとは少し違った、歴史を歩む観光スポットもハワイには数多くあります。

これらの観光スポットで、第二次世界大戦について、真珠湾(パールハーバー)攻撃について、後世に引き継いでいかねばならない歴史を、少しでも多くの人々が学んでほしいものです◎

【日本全国の城】歴史・お城好きにおすすめの観光スポット20選

アンコールワットだけじゃない。知っておくべきカンボジアの歴史スポット

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。