【外岩ボルダリング】自然のすごさを全身で感じよう♪

オリンピックの種目に採用されたこともあり、始める人が増えているボルダリング。屋内の壁に設置された人工石を登るのが一般的ですが、上級者にもなると自然の岩場を使った「外岩ボルダリング」に挑戦するのだとか!そこで今回は、外岩ボルダリングの必要知識や、自然の中でボルダリングができるスポットをご紹介します♪

『自然の中でボルダリングがしたい人』
『ワンランク上のボルダリングに挑戦したい人』におすすめ!

外岩ボルダリングって何?誰でもできる?


「自然の岩場を登るなんて、素人には難しいんじゃ?」と、もうすでに尻込みしてしまっている人も多いのではないでしょうか?でも実はボルダリングは、自然の岩場を登るロッククライミングから発生した競技だということをご存知でしたか?

元々はハーネスやロープなどの人工的な登攀道具を使って行われていたロッククライミングですが、次第に安全確認用のロープのみで、手や足で岩場をつたいながら登る「フリークライミング」が誕生。さらにそこから、ロープを使わないで岩を登るボルダリングが発生したと言われています。

つまり、ボルダリングは元々登攀道具なしで始められるものなので、外岩ボルダリングも誰でもできると言えます。ただし、落ちても致命的なケガを負わない高さであればという注釈がつくので、登れる岩場は最高でも5mが限度のようです。

 

外岩ボルダリングをする上でのマナーや注意点


実際に、自然の中でボルダリングをやろうと思った場合、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?ルールや求められるマナーなどはあるのでしょうか?

 

外岩ボルダリングに必要な装備

外岩ボルダリングには、登攀道具などは必要ないと前述しましたよね。しかし、手がかりや足がかりにする道具は必要ないというだけで、アウトドア活動をするためのそれ相応の装備は、やはり揃えて置く必要があります。

  • ボルダリングマット…落下地点に敷く衝撃吸収用のマット
  • クライミングシューズ…滑りにくく、岩場に引っかけやすい形状をしたシューズ
  • チョーク&チョークバッグ…岩をつかみやすくするための滑り止め&収納バッグ
  • ブラシ…岩についたチョークを落とす清掃用具
  • ライト…暗い時間帯に登る際や遭難時に使う灯り

その他にも、岩場が濡れている時に使うシートや着替え、トポと呼ばれるエリアマップなども用意しておくと便利です。

 

アウトドアに適した服装を準備!


外岩ボルダリングでは動きやすい服装はもちろん、防寒やケガにも配慮した服装を心がけましょう。長そでなどを着こむと動きづらいかもしれませんが、半袖では崩れてきた石片でケガをする恐れがありますし、冷えで体の動きが固くなる場合もあります。

体温を保持できるアウターをしっかり着込み、肌の露出は極力控えてください。登りづらいという人は伸縮性のある生地の服や、可動域が広いクライミング用のパンツを用意しておくと良いかもしれませんね。

 

他のクライマーや登山者への挨拶や配慮を!

外岩ボルダリングは、自然の中の岩壁や大きな石などを登って行うもの。屋内のボルダリング場のように設備が完備されているわけではなく、国有地や登山コースの途中にある場所がほとんどです。

他のクライマーや登山者に迷惑をかけてしまっては、今後そこでボルダリングができなくなる恐れがあります。地元の人やアウトドアを楽しむ人への挨拶や譲り合いはもちろん、岩のかけらを落として他の人にケガをさせることがないよう、十分配慮してください!

 

違法なキャンプや焚火は禁止!


前述したように、外岩ボルダリングができる場所は国有地や登山コースの途中にあることが多く、移動にはそれなりの時間がかかる場合がほとんどです。中には、近場でキャンプや車中泊をして、ボルダリングをしようと思っている人もいるかもしれません。

しかし、指定地以外でキャンプや車中泊をするのは、原則禁止です。また、灯りや暖房がわりに焚火を行うなどもってのほか!近隣住民の迷惑になりますし、最悪山火事が起きる危険性もあります。緊急時以外は、地元の宿泊施設を活用するようにしましょう!

 

チッピングはご法度!

チッピングとは、登攀道具を使って岩を人為的に削ったり、加工したりする行為のことです。ブームに釣られてボルダリングやクライミングを始める人の中には、ルールやマナーを知らない・守らない人が多く、チッピング行為も急増しているようです。

クライミング・ボルダリング界では、チッピングはかなりのご法度行為です。岩が欠けて人気の岩場ルートが消失することもあるので、絶対に避けてくださいね!

 

岩場はキレイにしてから帰る

ボルダリングをする時に滑り止めにチョークを使うかと思いますが、岩に付着したチョークを放置しておくと、ヌメってケガをする恐れがあります。登り終わった後は必ず、岩に付着したチョークを落して帰りましょう。

もちろん、岩場付近で出したゴミやマットなどの装備品なども、放置せず忘れずに持ち帰ってくださいね!

 

外岩ボルダリングができる場所1:北山公園

※写真はイメージです


「北山公園」は、阪急甲陽園駅から徒歩15分の場所に位置する、兵庫県森林管理署が管理している国有林です。「日本のボルダリング発祥の聖地」と称される通り、兵庫で外岩ボルダリングをするならまず北山公園と言われるほど、クライマーに人気の高いスポットです。

花崗岩を中心とした岩場が広がる北山公園は、昔からたくさんのクライマーに開発されただけあって、登りやすい&面白い岩場が100個以上もあります。中でも「ショーギ岩」と呼ばれる岩場は女性でも登りやすいと言われているので、挑戦してみると楽しいですよ♪

 

ボルダリング総合サイト CLIMBING-net【北山公園】

外岩ボルダリングができる場所2:小川山

photo by:Kumpei Shiraishi『小川山』


長野県南佐久郡に位置する「小川山」は、「クライミングの殿堂地」「日本のクライマーの聖地」などと称される、花崗岩の造形が美しい人気の高いクライミングスポットです。山というだけあってかなり広く、北山公園と同様に昔から開発されているものの、まだまだ登りきれないほどのルートやボルダーがあるのだそう。自分だけのお気に入りの岩場を見つけるのも楽しそうですね♡

ちなみにこちらは他の外岩ボルダリングと違い、キャンプ場や山荘があり、トイレも完備されています。長期滞在をしながらボルダリングするのにはもってこいですよ♪ただし、最寄り駅がかなり遠く、交通の便もあまり良くないため、車がないと行けないエリアとなっています。行こうと思っている人は、マイカーやレンタカーを忘れずに用意してくださいね!

 

ボルダリング総合サイト CLIMBING-net【小川山】

 

外岩ボルダリングができる場所3:御岳

photo@「多摩川」


東京都青梅市、多摩川沿いにある「御岳(※御岳ボルダ―とも呼ぶ)」は、関東で最も親しまれている外岩クライミングスポットです。アクセスの便が良く、付近にボルダリングマットのレンタルショップもあるので、初めて外岩ボルダリングをする人にも向いています◎

2018年以前には、「忍者返し」や「蟹」「虫」と呼ばれる人気の岩場があったそうですが、チッピング被害に遭い、現在はなくなってしまっているそうです……。ただ、「とけたソフトクリーム岩」や「すべり台岩」と呼ばれる3m程度の小さめな岩場や、絶壁のような「日陰岩」など登れる岩場は、まだまだ数多くあります。色々と挑戦して、お気に入りに岩場を見つけてみてくださいね♪

 

ボルダリング総合サイト CLIMBING-net【御岳ボルダー】

 

外岩ボルダリングができる場所4:広沢寺

※写真はイメージです


神奈川県厚木市にある「広沢寺」は、広沢寺温泉入口から歩いて15分、現れた林道のすぐ脇に見えてくる岩壁です。ロッククライミング講習にもよく使われており、初めて外岩クライミングやボルダリングをする人にもおすすめのスポットとなっています。

こちらが初心者向けと言われている理由は、「弁天岩」と呼ばれるスラブ壁があるためです◎他の外岩ボルダリングスポットではまず見られない緩やかな傾斜の岩壁なので、脚を使って登る感覚を養うのにぴったりなのだそうです。広沢寺で行われるロッククライミング講習は、山岳ガイドつきで道具の扱い方から教えてくれるので、一度参加してみてはいかがでしょうか?

 

ボルダリング総合サイト CLIMBING-net【広沢寺】

 

外岩ボルダリングができる場所5:笠置

photo by:ababhastopographer『笠置』


国の史跡名勝にも指定されている京都の「笠置」は、「石の国」と称されるほど、渓谷一面に巨岩奇石が連なるスポットです。小川山などと並び古くから開拓されてきたボルダリングエリアで、かつては関西2大ボルダーとも呼ばれていたのだとか。

現在は120個以上もの多彩な岩場やルートがあり、初心者から上級者まで楽しめる人気ボルダリングスポットとなっています。電車・車どちらからのアクセスも良く、トイレも完備されているので、初めてでも利用しやすそうですね♪また、キャンプ場がある他、温泉施設も近場にあります。渓谷では巨岩奇石や四季折々の自然の絶景も楽しめるので、ボルダリングと観光の両方を楽しんでみてください♡

 

笠置 公式HP

難しそう・大変そうというイメージが強い外岩ボルダリングですが、やり方を学べばそんなに難しいものではありません。屋内のボルダリング場では味わえない自然の雄大さや爽快感を、皆さんもぜひ味わってみてください♪

海外でアクティビティ♡スリル満点のおすすめ15選!

【女子旅に】とっておきのアクティビティ9選◎

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。