女子旅は危険?これだけは押さえておきたい危険を回避する心得◎

女子旅

「女子旅で海外へ♡」なんて、夢のような旅の計画を立てている方は必見!治安が安定していない国や性犯罪が多い国、女性だけの外国人観光客を狙っている治安の悪い危険な国も数多く存在します。気を付けたい国や、どうやって危険を回避するか、リスク管理を徹底するかなど、この記事をぜひ参考にしてみてくださいね^^

『女子旅の計画を立てている人』
『女子旅へ行くことが決定している人』におすすめ!

女子だけで行かないほうが良い国

1.インド

インド

「photo @ インド」


「性犯罪」が増加の一途をたどるインド◎また、「強姦」といった性犯罪にとどまらず、詐欺・ぼったくり・スリといった軽犯罪も多く、油断すると大変危険な国であるとも言えるでしょう。

また、2018年の最高裁の発表によれば、インドでは6時間に1人のスピードでレイプ事件が起きているそうです。(幼児や男子も含まれます!)

インドで身を守る行動とは◎

  • 足を見せないこと
  • ホテル代はケチらないこと
  • 危険な場所を把握し、路地に入らないこと

2.トルコ

トルコ

「photo @ トルコ」


記憶に新しいかもしれませんが、トルコでは、人気の世界遺産のある地域で日本人女性が殺傷されるという残忍な事件が発生しました。トルコでは、海外から観光に訪れる無防備な女性旅行者に対して行われる、性犯罪が急激に増加しているのです!

また、トルコならではの文化的思考と呼ぶのでしょうか。トルコでは、女性が無防備に外を出歩くのが悪いなどといった、被害者を差別する考え方が多く、難しい論調を巻き起こしています。

 

3.アフガニスタン

アフガニスタン

「photo @ アフガニスタン」


アフガニスタンでは、争乱状態が繰り返されており、決して安全な国とは言えません。男性優位とされる社会の中で、女性は極端に下位に扱われることも。

また、外国人が珍しいということもあり、外国人の女性は標的となることが懸念されます。また、トルコ同様、被害者の女性に非があるとされることが多く、周囲に味方がいないといった恐ろしい事態に巻き込まれることもなきにしもあらず、です。

 

4.エジプト

エジプト

「photo @ エジプト」


エジプトは、現在厳重な警戒が呼びかけられている国でもあります。公共の場でテロなどが行われるおそれがあるためです。

女性が注意すべき行動とは◎

  • アイコンタクトに注意。目が合っただけで誘惑されていると勘違いする男性がいます。サングラスをかけるのがおすすめ!
  • 地下鉄では女性専用車両に乗りましょう。
  • タクシーよりもウーバーを使った方が良いでしょう。
  • 肌が出る服を着用せず、体の線が出ないようなゆったりした服装で手首や足首まで隠しましょう。髪の毛も同様です。

5.モロッコ

モロッコ

「photo @ モロッコ」


テロが発生する危険性が高いため、女性を問わず観光先として選ぶ国としては危険な部類に入り、注意が必要です◎しつこい物乞いが多く、スリ・ひったくり・路上強盗・押し込み強盗など様々な犯罪があちらこちらで発生している治安の悪い国です。

女性の身を守る行動とは◎

  • 露出の多い服装をしない
  • 口笛を吹かれたりヤジを飛ばされたりするが気に留めないようにすること

6.ジャマイカ

ジャマイカ

「photo @ ジャマイカ」


ジャマイカの首都である「キングストン」や「モンテゴ・ベイ」は特に凶悪犯罪が多数発生している地域です!人気のあるリゾート地は比較的安全ですが、一歩離れると要注意◎ただし、リゾート施設内にて従業員の男らが女性旅行客を狙い、性的暴行事件を起こしたケースが過去1年で十数件も報告されています。

女性が注意すべき行動とは◎

  • 肌の露出を控えること
  • バッグは必ず斜め掛けに!

7.コロンビア

コロンビア

「photo @ コロンビア」


観光客を誘致しようと、観光業を盛り上げている「コロンビア」◎その効果もあってか、観光客数は増加傾向にありますが、国内の治安状況は芳しくありません。そこで、外国人女性観光客が狙われる、という悪循環を引き起こしています。

また、警察も頼りなく、あらゆる犯罪の検挙率が非常に低いところが特徴的な国です。

 

8.エクアドル

エクアドル

「photo @ エクアドル」


エクアドルも決して治安が良い国ではありませんが、ガラパゴス諸島は良好です^^ただし、都市部では犯罪件数が増加傾向にあり、日本人というだけで狙われることも。

女性が注意すべき行動とは◎

  • 日が落ちてからの外出は避ける
  • 華美な服装に注意
  • 常に目立たなくしていよう!

9.バハマ

バハマ

「photo @ バハマ」


バハマでも女性を狙った性犯罪が発生しています。発生場所として多いのは、カジノ・クラブ・ホテル周辺など◎また、性犯罪に関係なく、「日本人は世界のカモ」と思われていることをしっかりと認識して、旅先では慎重に行動しましょう!

女性が注意すべき行動とは◎

  • 露出度の高い服を着ない
  • 夜道は1人で出歩かない
  • 知らない人についていかない

10.メキシコ

メキシコ

「photo @ メキシコ」


世界中で最も危険な都市ランキング上位を複数、抱えているのがメキシコです。マフィアや麻薬の温床といっても過言ではなく、治安は極端に悪化しています。あらゆる種類の犯罪が起こる国です。

例外なく、女性が狙われる性犯罪も含まれていることを認知しておきましょう◎

 

危険を回避するための持ち物

1.ストール

ストール

  • 寒い場所:防寒用
  • 暖かな場所:ビーチシート代わりに

無地のストールは、イスラム圏や文化圏の国では、肌の露出をせずに肌を隠すのに役立ちます◎

持ち運ぶ際にはカバンに巻き付けるだけで良いので、邪魔になることもありません^^

2.ロングスカート

スカート

「ザ・旅人」というスタイルでは様々な理由で狙われることもありそうですが、ロングスカート姿ではどうでしょうか◎地元の人々に紛れるには持ってこいのスタイルではないでしょうか^^

  • 冬場:ヒートテックのレギンスを履けば防寒対策も◎
  • 夏場:ビーチに行く際には着替えも楽ちん♪

デニム生地よりも、軽くて柔らかな素材選びをしましょう◎イスラム圏の人々に溶け込みやすい服装を心がけることがベストです♪

 

3.ブーツ

ブーツ

スニーカーやビーチサンダルよりも、長時間歩くことを想定しているのであれば、ブーツがオススメ♡軽い素材のものを選ぶのがポイントです◎

ブーツであれば、急な雨でも雨靴代わりになりますよね^^また、色々なファッションに合わせても違和感がないところも魅力的です♪

 

4.モバイルバッテリー

バッテリー

モバイルバッテリーは、今や多くの種類が出回っておりいったいどれを選んだらいいのか分からない!という方も少なくはないでしょう◎

  • 緊急用として考えている人
  • 持ち運びがしやすいもの

危険を回避ということを念頭に置くと、選ぶ商品も変わってくるかもしれませんね◎

 

5.南京錠

南京錠

通常のカギとして使うという用途の他にも、バックパックに付けるなどしても防犯意識が高まります

100均ショップにて実に多くの商品を見かけますが、防犯グッズを実際にそろえたいというのであれば、ちゃんとしたメーカーの品を買う方が防犯上安全です。せっかく買っても、壊れやすいと無意味ですからね◎どうせ買うなら、しっかりした南京錠をおすすめします!

 

6.貴重品入れ

貴重品入れ

貴重品入れですが、その中にすべての貴重品を入れてしまうのは危険です!リスクは分散させねばなりません◎

貴重品入れは、その名の通りセキュリティ目的であるため、絶対に盗まれてはいけないものを最小限入れるようにしましょう。例えば、パスポートなどですね◎

 

7.防犯ブザー

ブザー

万が一危険やトラブルに巻き込まれそうになった場合、大音量で周囲の人に知らせることができる防犯ブザー&防犯アラームは非常に役立つことでしょう♪

危険な場所へ近づかないのは当たり前のことですが、万が一の備えとして、持っているに越したことはありません◎ましてや、今や日本という安全な国でも持っていて損はないと言われるほど!軽量ですし、携帯するのがおすすめです^^

 

8.ワイヤーロック

ロック

長距離移動の際に荷物棚に括り付けたり、ホテル・ゲストハウスにおいてもワイヤーロックで荷物を固定したりして、大切な荷物を守りましょう◎

南京錠単体よりも、ワイヤーが付いている方が利便性があります^^

 

9.ウエストポーチ

ポーチ

ウエストポーチは女子旅の必需品と言っても過言ではないでしょう◎旅のお供には最適です♪

これにはメリットとデメリットがあり、メリットとしては、首からかけるわけではないので首や肩が凝らないこと。デメリットとしては、暑い時期や国では汗をかくため、肌に密着するウエストポーチでは暑いかもしれません◎

 

10.ダミー財布

バッグ

ダミー財布として財布を2個持ち歩くことによって、万が一スリなどの被害にあっても被害は半分で済みます◎

また、スリではなく強盗に遭遇した場合にもこのダミー財布を手渡すことにより、被害は最小限で済むことでしょう!

 

危険を回避する行動とは

危険を回避する行動は多くあります◎

  1. 「海外旅行保険」に加入しておく
  2. その国の「助けて!」などの最低限の緊急ワードを覚える
  3. 勝手に写真を撮影しない
  4. 重要な情報はスマホ内ではなく、プリントアウトしておく
  5. ハンドバッグで街を歩かない
  6. 海外の公道でスマホをチェックしない
  7. いきなり話しかけてきた外国人に愛想笑いで対応しない

今回挙げた国の国民が、全員悪人であるというわけではありませんので、その点は忘れないようにしてください◎女性だけの旅というものがいかに危険と隣り合わせであるか、助けを求めても届かない時がどれだけあるか、ということを肝に銘じておきましょう。

自分の安全は、自分以外には守ることはできません◎女子だけでの旅行では避けた方がいい国でも、どうしても行きたい国も存在することでしょう。そうした国にはいつか男性の友達や恋人、仲間と行くという方法もあります。「楽しく安全に」をモットーに、女子旅を満喫してくださいね^^

盗難防止策と危険度が高い国・低い国まとめ◎海外旅行をより安全に!

世界一周女子旅!女性が安全に楽しむための事前準備と注意点◎

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。