【和歌山】南紀白浜で訪れたいおすすめ絶景観光スポット7選♡

南紀白浜

一度は行ってみたい和歌山の「南紀白浜」♪一年を通じて温暖な気候であり「日本のハワイ」とも呼ばれています♡温泉やパンダなどでも有名ですが、絶景スポットが多いことも知られています^^今回は、自然が作り出したありのままの絶景スポットをいくつかご紹介します♪人の手が入っていない天然の絶景を堪能しましょう!

『南紀白浜に行く予定のある人』『南紀白浜の絶景スポットを知りたい人』におすすめ!

1. 千畳敷

千畳敷

撮影:rurinoshima 『千畳敷』


国の名勝にも指定されている「千畳敷」◎千畳敷は、広い岩畳のような大岩盤が広がる壮大な景観を誇る絶景です!瀬戸崎の先端から太平洋へと向けて突き出されたスロープ状の柔らかく白い岩は、第3紀(6500万年前~165万年前までの時代)層の砂岩から成っています。4ヘクタールもの広さを誇っており、千畳敷の名前の由来は、畳を千枚敷けるほどの広さというところから来ています^^長い年月をかけ、荒波に侵食されてこのような岩畳の景観となりました。自然が作り出した天然のアートそのものですね^^

白浜町のなかでは、三段壁・円月島・千畳敷の三大景勝地として有名です♪夕日を美しく臨むことのできる場所、「千畳敷」◎「日本の夕陽百選」にも選出されています^^1年中強風が吹いており、よく台風の中継地としてテレビに出ることも。大迫力の荒波は圧巻です。一方、残念なことに落書き被害が後を絶ちません。砂岩が非常に柔らかいため、硬貨で簡単に削れるとあってモラルのない観光客が落書きをして帰るのです。罰金などの罰則を定めており、自然に風化して消えていくのですが、書き込みのペースはそれ以上で、今現在も岩盤には無数の落書きを目にすることがあります。

 

千畳敷

電話番号 0739435511
アクセス JRきのくに線「白浜駅」よりバス「三段壁」行き(21分)→「千畳口」下車徒歩3分

南紀白浜観光ガイド

2. 三段壁/三段壁洞窟

三段壁

「photo @ 三段壁」


吉野熊野国立公園に指定されている景勝地で、千畳敷の南海岸にある三段壁◎そのそそり立つ断崖の高さは、およそ50m~60m!この大岩壁は南北に2キロにわたって広がっており、岩肌には激しく打ち寄せる黒潮がぶつかり、その絶景はあまりにもダイナミックで、自然の迫力をそのまま目の当たりにすることができます^^

三段壁の名前の由来は、「見壇(みだん)」。見壇は、地上から海を見張る場所のことであり、かつての漁師たちの見張りの場所であったとのこと◎それが「三段」に転じ、いつからか「三段壁」と呼ばれるようになりました。三段壁は恋人たちには有名な地であり、2016年4月「南紀白浜/三段壁」として選定されました◎全国140ヶ所、和歌山県内では和歌山マリーナシティに次ぐ、2ヶ所目の恋人の聖地として公式に選定されたのです♡

こうしたきっかけがあり、展望台付近にハートのモニュメントを設置したり、郵便ポストをピンク色に塗り替えたりと、まさに恋人同士の二人だけの世界を体感できること間違いナシ♡ハートのモニュメントは、二人の愛を誓う南京錠を付けることができますよ♪ポストは大切な人へ向けて、日ごろ伝えることのできない愛や感謝の気持ちを込めて投函することができるのです♡一方、三段壁洞窟内は、熊野水軍の船隠し洞窟だったと伝えられています◎パワースポットとしても有名であり、荒く激しい波が洞窟内を豪快に打ち寄せます!

 

三段壁

電話番号 0739424495
アクセス ・「南紀白浜空港」より車で6分
・紀勢自動車南紀白浜ICより15分

【公式】三段壁洞窟

3. 白良浜

白良浜

「photo @ 白良浜」


白良浜は、2000年7月20日、ハワイ州ホノルル市「ワイキキビーチ」の姉妹浜となっています♪延長620mの遠浅の浜で、石英砂は90%珪酸を含んでおり、「白良浜」の名にふさわしい真っ白でサラサラの砂が特徴的です◎関西屈指のリゾートビーチであり、1996年に「日本の渚百選」のひとつに数えられています^^例年、5月3日に海開きが行われますが、この日付は本州のなかでは最も早い時期となっています◎

夏には多くの環境客でにぎわい、カラフルなパラソルが白い砂浜に咲き乱れます♪ビーチ内に無料で利用できる露天風呂「しらすな」(水着着用可)があり、足湯も利用できますよ♡また、「日本の渚百選」以外にも、2006年には環境省により「快水浴場百選」にも選定されています!ドラマなどにも使用されたことがあるほど、海が美しいですよ^^白良浜からは権現崎が見え、熊野三所神社が鎮座しています◎砂浜から鳥居が見え、境内は白砂の砂浜にあります。県の天然記念物に指定されています!

 

白良浜

電話番号 0739435511
アクセス JR「白浜駅」よりバス「新湯崎」または「三段壁」行きで20分、「白良浜」下車

南紀白浜観光ガイド

4. 円月島

円月島

「photo @ 円月島」


円月島は、南紀白浜のシンボルのひとつとして有名です◎円月島の正式名称は、「高嶋」。国の名勝に指定されています◎臨海浦の南海上に浮かんでおり、南北130m、東西35m、高さ25mの小島です。島中央に円月の形をした穴がぽっかり空いていることから、「円月島」と呼ばれ、地元民や観光客に親しまれています^^おすすめの時間帯は夕方♪せっかくなら美しい夕陽を見たくはありませんか^^円月島に沈む夕陽は「日本の夕陽100選」にも選ばれており、その絶景は格別♡夏の夕刻は18:30ごろ、冬は16:30ごろです◎

季節によって、絶景の夕陽を見ることができる時間は変わりますので、心配であれば事前にチェックしてから向かうと良いでしょう!また、年にたった2度しか見ることのできない特別な夕陽があります。それは、春分と秋分の時期にだけ見ることのできる夕陽◎なんと、円月島の穴に夕陽がすっぽりと沈んでいくのです!このタイミングを見計らい、多くの観光客やカメラマンがやってきて混み合います。また、おすすめスポットとして正面に円月島を臨むことのできる「御船足湯」♡無料で源泉かけ流しの足湯を堪能することができ、浴槽温度は41度とちょうど良い湯加減^^円月島を眺めながら足湯に浸かる……そんな豪華でゆったりとした時間をぜひ過ごしたいですね♡

 

円月島

電話番号 0739436588
アクセス ・「白浜駅」より車で15分
・南紀白浜ICより車で15分

南紀白浜観光ガイド

5. 熊野古道

熊野古道

「photo @ 熊野古道」


高野山・熊野古道は、2000年「熊野参詣道」として国の史跡に指定され、次に、「紀伊山地の霊場と参詣道」として、2004年世界遺産に登録されています◎「道」が世界遺産として登録されることは世界的にも珍しいことです。なお、道は三重県・奈良県・和歌山県・大阪府にまたがっています!

各地から多くの観光客が訪れ、日本の宗教や文化の発展、交流に大きな影響を及ぼしているだけでなく、周辺の景観が良好な形で維持されているとして、貴重な文化遺産としても評価されることとなりました◎なかでも、和歌山県の街道としては、高野参詣道・紀伊路・中辺路・大辺路・小辺路・南街道となっています。

初心者でも気軽に歩くことのできる、熊野古道ウォークコースもありますよ♪近年には、パワースポットとしても「熊野古道」は注目されているのです^^熊野古道の歴史は平安時代までさかのぼるほどに古く、当時の皇族や貴族が歩き始めた道を、武士や庶民も歩くこととなり、そして現在、私たちや世界中からやってくる観光客も同じように歩くことができる「道」◎壮大な自然や景観を眺めるだけでなく、実際に体感することで、そのパワーを体中に吸収してくださいね♪

 

熊野古道

電話番号 0735420735
アクセス 白浜エリアへは新大阪からJRで「白浜駅」まで(2時間20分)

熊野本宮

6. 白浜海中展望塔

展望

撮影:TaoTaoPanda 『白浜海中展望塔』


日本初の海中展望塔♡竣工は1987年、公開は1988年です◎白浜海中展望塔は、別名「コーラルプリンセス(サンゴ礁の女王)」と呼ばれています◎白浜海中展望塔は、沖合100m、高さ18m、水深8mの全天候型の展望塔です!展望塔内にある12ヶ所の丸い窓からは、海中を泳ぎ回るチヌ・グレ・カサゴ・メジナといった約30種類ほどの魚たちを鑑賞することができます^^季節によっては、チョウチョウウオやルリスズメダイなども鑑賞できます!それはまるで海底散歩といっても良いでしょう♪

展望塔を入ると、海底付近まで続くらせん階段があります。その先には、魚たちの暮らす別世界が広がっています^^岩間からはブクブクと気泡が上がっていることも。これの正体は魚ではなく、温泉が海底から湧き出ている証拠だとも言われています♪丸い窓と一緒にパネルに魚のイラストと名前が描かれており、窓越しに見える魚と比較しながら鑑賞してみると、楽しさは2倍になるはず♡海底を出て展望塔へ上がっていくと、一面オーシャンビューの美しい絶景が◎「ホテル・シーモア」の沖合100mの地点に設置されており、現在も白浜を代表する観光スポットのひとつです^^

 

白浜海中展望塔

電話番号 0739431100
アクセス 「南紀白浜IC」より40分

白浜海中展望塔

7. 白浜花火大会

花火

「photo @ 白浜花火大会」


白浜町最大のイベントであり、毎年7月~8月に行われる南紀を代表する白浜花火大会♡白良浜海水浴場の沖合300mから打ち上げられる早打ちスターマインや水中スターマイン、仕掛け花火など、趣向を凝らした花火が満点の星空にたくさん打ち上がります!

特に、フィナーレの湾全体を銀世界に包む約1kmにも及ぶ圧巻のナイアガラは一見の価値アリ♪音楽と花火のハーモニーは白浜ならではです♡会場となる白良浜海水浴場には露天が多く立ち並び、県内外から多くの観光客が訪れにぎわいます◎

 

  1. 打ち上げ数:3,000発
  2. 例年の人出:155,000人
  3. 人気:和歌山県内で5位

白浜花火大会

電話番号 0739435511
アクセス ・JR紀伊本線「白浜駅」より車で15分
・バス「白良浜」下車すぐ

南紀白浜観光局

南紀白浜の絶景を見て回ろう!

白浜

「photo @ 千畳敷」


南紀白浜の絶景スポットを7ヶ所ご紹介いたしました◎和歌山県の南紀白浜は、「日本のハワイ」とも言われている場所です^^白い砂浜・美しい青い海が広がる白良浜をはじめとした、絶景ポイントが多くある人気の観光エリアでもあります♪

ハワイに行くのは遠すぎる、時間がない、沖縄までは少し遠い……そんな方にぜひおすすめしたい、魅力的な絶景スポットの多い「南紀白浜」♡東京から飛行機でわずか80分ほどの近さなのです!夏休みや冬休み、ゴールデンウィークといった長期休みには、ぜひ南紀白浜へ旅の計画を立ててみてはいかがでしょうか♪

日本のハワイ!?自然豊かな和歌山県を1泊2日でまわってみた!

和歌山県のおすすめ有名&穴場観光スポット20選をご紹介!

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。