今がねらい目!今年行きたいマイナーな国5選と観光地♪

漠然と、どこか旅行に行きたいと考えている方はいませんか?週末を利用したショートトリップや、長期休みを利用したバケーションなど、楽しみ方はさまざま◎今回は、その中でも聞いたこともない場所もわからないようなマイナーな国のおすすめ観光地についてご紹介していきます^^これから旅行の計画をたてる方は、ぜひチェックしてみてください♪

『海外旅行に行きたい人』
『あまり知られていない国へ旅行に行くのが好きな人』におすすめ!

1.セントクリストファーネイビス

photo @ セントクリストファーネイビス


大西洋とカリブ海に浮かぶ2つの島「セントクリストファーネイビス」。大きい島がセントクリストファー島で、島内のほとんどが休火山で占められており火山湖もあります◎

もともとはサトウキビのプランテーションとしても使用されていました^^現在は史跡や宿泊施設になっています!

 

セントクリストファーネイビスの基本情報

  • 首都:バセテール
  • 言語:英語
  • 通貨:東カリブ・ドル
  • 時差:-13時間
  • 直行便:なし
    アメリカを経由して乗り継ぎ、首都バセテールにある「ロバート・L・ブラッドショー」へ行くのが一般的

セントクリストファーネイビス

セントクリストファーネイビスのおすすめ観光地1:ブリムストーン・ヒル要塞国立公園

photo @ ブリムストーン・ヒル要塞国立公園


西インド諸島最大の要塞の史跡として知られている「ブリムストーン・ヒル要塞国立公園」。38エーカー以上の広大な土地をもつセントクリストファーネイビスの世界遺産です◎90年の年月をかけてつくられ、ところどころに大砲のレプリカが据えられているのが特徴^^

1999年に世界遺産に登録されて以来、海外から訪れる多くの観光客でにぎわうスポットです◎敷地内にある石造の壁は迫力満点!ぜひチェックしてみてくださいね^^

 

セントクリストファーネイビスのおすすめ観光地2:バース・ホテル&スプリング・ハウス

※写真はイメージです


バース・ホテル&スプリング・ハウスには、18世紀に発見された温泉が存在します!島内の中でもチャールズタウンに位置し、カリブで最も古いスパリゾートといわれています^^

施設内にはお土産が買えるストアもあるので、ショッピングも楽しめます♡外国の温泉に入ってみたいという方は、利用してみる価値ありですよ♪

 

2.コスタリカ


photo @ コスタリカ


太平洋岸とカリブ海に美しいビーチを持つ「コスタリカ」。中米の花園として親しまれています^^

コスタリカの熱帯雨林や海、川には貴重な動植物が生息していることから国の4分の1が自然保護区として指定されています◎環境保護の精神国でもあり、美しい自然を守り続けながら観光にも力を入れているのだとか♡

 

コスタリカの基本情報

  • 首都:サンホセ
  • 言語:スペイン語
  • 通貨:コロン
  • 時差:-15時間
  • 直行便:なし
    アメリカを経由して乗り継ぎ、またはメキシコを経由して乗り継ぎ首都サンホセへ行くのが一般的。

コスタリカ

コスタリカのおすすめ観光地1:コスタリカ国立劇場

photo @ コスタリカ国立劇場


コスタリカの首都であるサンホセに位置する「コスタリカ国立劇場」。新古典主義建築の建物が特徴で1891年に建設が始まり、1897年に完成しました♪

1965年に国の歴史的建築物にも指定され、コスタリカの貴重なスポットとして地元の方たちからも人気を集めています^^入場料を支払えば中を見学することもできるので、要チェック!夜にはミュージカルやコンサートの劇場としても利用されています◎

 

コスタリカのおすすめ観光地2:ココ島国立公園


photo @ ココ島国立公園


宝島やジェラシックパークなどの舞台地であったとされている「ココ島国立公園」。ココ島は、世界遺産にも登録されている貴重なエリアです^^約250万年前の火山活動の地殻変動で形成されており、人の手が加わっていないのが特徴◎ハンマーヘッドシャークやネムリブカマグロなどのめずらしい生き物が生息していることでも有名です♡

また、イルカやジンベイザメ、マーブルレイ、バショウカジキなどを見られることからダイビングスポットとしても人気で、ダイバー憧れの地ともいわれているのだそう♪船を利用してアクセスすることができます^^

 

3.キルギス

中央アジアの真珠として親しまれている「キルギス」。大自然を擁する保養地として有名で、まだまだ馴染みがない国ですが注目されつつありますが、まだまだマイナーな国のひとつ^^今後人気が急上昇するため、いまの時期が訪れるのにピッタリです♪

 

キルギスの基本情報

  • 首都:ビシュケク
  • 言語:キルギス語、ロシア語
  • 通貨:キルギス・ソム
  • 時差:-3時間
  • 直行便:なし
    ソウルを経由して乗り継ぎ、カザフスタンのアルマトイ空港へ行くのが一般的。

キルギス

キルギスのおすすめ観光地1:イシク・クル湖

photo @ イシク・クル湖


琵琶湖の9倍の広さを持つ内陸湖「イシク・クル湖」。深さもあるのでパッと見、海と見間違えてしまうほど!

湖には5種類の魚のみしか生息していないという、不思議な現象も◎ほかにも、どんなに寒い日でも湖の水が凍ることがないなど、不思議なことが起こる湖としても知られています♪過去には龍が生息していたとの伝説も言い伝えられています^^

 

キルギスのおすすめ観光地2:ブラナの塔

photo @ ブラナの塔(シルクロード:長安-天山回廊の交易路網)


キルギスの世界遺産「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の構成資産として知られている「ブラナの塔」。トクマクに位置し、首都のビシュケクから東に向かった場所にあります◎

現在の塔の高さは24メートルですが、当時は45メートルもありました!実際に登ることもでき、山々の美しい景色を楽しめます^^また、周辺には100基を超える石人像が見られる博物館もあります♪ひとつひとつに異なる表情があるので、注目してみてください♡

 

4.パラオ

photo @ パラオ


常夏の楽園気分を味わいたいなら「パラオ」がおすすめ!親日家が多い国といわれており、日本統治時代に移住した日系人が多く生活しています◎

日本からアクセスが良く、時差もないので海外旅行初心者にもピッタリ!退屈することなく、楽しめる豊富なアクティビティがあります♪

 

パラオの基本情報

  • 首都:マルキョク
  • 言語:パラオ語、英語
  • 通貨:米ドル
  • 時差:なし
  • 直行便:なし
    台湾を経由して乗り継ぎ、またはソウル・中国を経由して乗り継ぎ、ロマン・トメトゥチェルへ行くのが一般的。

パラオ

パラオのおすすめ観光地1:ロックアイランド

photo @ ロックアイランド


パラオで外せない観光地といえば、「ロックアイランド」でしょう!コロール島とペリリュー島の間に位置し、200から300ほどの島のから成り立っています◎

2012年には世界遺産に登録され、徐々に知名度をあげてきている観光地です^^400種類ほどのサンゴが生息しており、世界の中でも指折りのダイビングスポットともいわれています♪ロックアイランドではツアーを利用した無人島の観光がおすすめ♡1日コースを選択すればロックアイランドを思う存分、満喫できますよ^^

 

パラオのおすすめ観光地2:ドルフィンズ・パシフィック

photo @ ドルフィンズ・パシフィック


東京ドーム約2個分のひろさをもつ観光施設「ドルフィンズ・パシフィック」。観光教育と誰もが楽しめること、パラオ観光産業振興を基本理念としてつくられました◎

敷地内には8頭のハンドウイルカが生息しており、スキンダイブをしたり一緒に泳いだりなどの6種類のプログラムを体験できます^^浮き浅橋で海の中に浮いているのが特徴♡イルカと触れ合える最高の時間を過ごせますよ♪

 

5.ジョージア

photo @ ジョージア


コーカサス地方に位置する国「ジョージア」。一度は耳にしたことがあるのだけれど、どんなところかはわからないという方が多いのではないでしょうか?

ジョージアは、日本の5分の1ほどの小さな国で、黒海とカスピ海に挟まれた南コーカサスに位置しています◎

 

ジョージアの基本情報

  • 首都:トビリシ
  • 言語:ジョージア語
  • 通貨:グルジア・ラリ
  • 時差:-5時間
  • 直行便:なし
    イスタンブール、アムステルダム、フランクフルト、ミュンヘン、ロンドン、パリ、ウィーンを経由して乗り継ぎ、またはソウル・中国を経由して乗り継ぎ、トビリシ国際空港へ行くのが一般的。

ジョージア

ジョージアのおすすめ観光地1:ツミンダ・サメバ教会

photo @ ツミンダ・サメバ教会


首都トビリシの近くに位置する「ツミンダ・サメバ教会」。三位一体という意味をもち、キリストの生誕2000年を記念してつくられました^^数ある教会の中では比較的新しく、建物がキレイであると評判です!

ソビエト時代には、聖遺物や大切な宝などを保管する場所としても使用されていたのだそう◎標高5000メートルを超えるカズベキ村の山頂に建っているため、限りなく天国に近い教会とも呼ばれています♡万年雪化粧の山々は美しく、心奪われること間違いなしでしょう^^

 

ジョージアのおすすめ観光地2:古都ムツヘタ

photo @ 古都ムツヘタ


グルジアの古都である「ムツヘタ」には、「スヴェティツホヴェリ大聖堂」と「サムタヴロ教会・修道院」、「ジュワリ修道院」の3つの世界遺産が存在します。

聖なる場所としても崇められている貴重なスポットです◎眺めの良い場所なので、絶景を見ることもできます^^日帰りでも存分に楽しむことができますよ♪

 

まとめ

世界にある訪れてみたいマイナーな国についてご紹介しました。

あまり知られていない国ですが、どれも魅力のある国ばかり^^マイナーな国だからこそ、今この時期に訪れておくのがおすすめです♪

人と同じじゃつまらない!【国内海外】穴場の卒業旅行先12選◎

【海外】学生旅行におすすめ!中米で訪れたいおすすめの国6選◎

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。