【国内】まるで芸術♡青の絶景が見られる観光地10選!

日本国内にはさまざまな観光地がありますが、絶景が見られる観光地は学生旅行でも人気のスポットで、人生で1度は訪れておきたいところですよね!今回は、そんな中でも日本国内にある青の絶景が見られる観光地についてご紹介します^^インスタ映えも期待できる観光スポットへ出掛けて、すてきな思い出をつくってみませんか?

『国内旅行に行きたい人』
『青の絶景を見に行きたいと考えている人』におすすめ!

1. 青い池(北海道/美瑛町)

photo @ 青い池(北海道/美瑛町)


北海道上川郡美瑛町白金にある人造池「青い池」水面が青く見える幻想的な風景を堪能できるスポットで、美瑛町の観光名所として親しまれています^^

フォトジェニックの写真を撮影したい方からも人気で、入場料金が無料なのもうれしいポイント*1年中観光することができますが、春にはグリーンブルー、初夏にはライトブルー、冬は凍結した湖に雪が積もった神秘的な光景とことなる景色を楽しめます♪

青い池

photo @ 青い池(北海道/美瑛町)


定期的に夜のライトアップイベントが開催されているので、公式サイトなどで情報をチェックしてから訪れることをおすすめします◎

青い池(北海道/美瑛町)

2. 青池(青森県・秋田県/白神山地)

photo @ 青池(青森県・秋田県/白神山地)


青森県と秋田県をまたぐ場所に位置する世界遺産白神山地には、コバルトブルーが美しい池「青池」があるのをご存じですか?世界最大規模ともいわれているブナの原生林があり、その広さは130,000haにも及ぶとのこと!

約8,000年前から存在しており、ハイキングなどの散策を楽しめるスポットとして地元の方たちからも人気です*周辺には大小33個の湖があり、その中のひとつが「青池」です。すべての湖をまわれるトレッキングコースもあるので、探索をしてみたい方は歩いてみるのもおすすめ♪

photo @ 青池(青森県・秋田県/白神山地)


青池をイメージしたソフトクリームや観光地として人気の岩肌「日本キャニオン」など見どころがたくさんあるのも魅力ですね!

青池(青森県・秋田県/白神山地)

3. 慶良間諸島(沖縄県)

photo @ 慶良間諸島(沖縄県)


沖縄県那覇からフェリーで35分ほどの場所に位置する島「慶良間諸島」。2014年には国立公園に指定され、観光地として人気を集めています♡

青く澄んだ海が美しく「ケラマブルー」と称されており、その透明度の高さは訪れた方たちの心を魅了し続けています!

渡嘉敷ビーチ

photo @ 慶良間諸島(沖縄県)


毎年1~3月はザトウクジラを見られる「ホエールウオッチング」のスポットとしても有名で、迫力満点のパフォーマンスを楽しめます◎

また、ウミガメとの遭遇率が高いことでも有名で、ダイビングやシュノーケリングなどのマリーンアクティビティを体験できるアクティビティも用意されていますよ^^

観光だけでなく、アクティビティも楽しみたい方におすすめです!

慶良間諸島(沖縄県)

4. 角島大橋(山口県/下関市)

橋

photo @ 角島大橋(山口県/下関市)


山口県の下関市に位置する「角島大橋」。テレビのロケ地としてもたびたび利用される人気観光地です^^

人口900人ほどとこじんまりとした島ではありますが、新鮮な海鮮料理や灯台、展望台など観光地もたくさんあります♡

photo @ 角島大橋(山口県/下関市)


真っ青な海に橋がかかっており、「青の絶景!」を見たいという方におすすめです◎日本の橋ランキングでNo.1にも輝く実力をもつ観光スポットなので、人生で一度は訪れておきたいですね♪

インスタ映えの写真がとれること、間違いなしですよ^^

角島大橋(山口県/下関市)

5. 堂ケ島天窓洞(青の洞窟)(静岡県/西伊豆町)

photo @ 堂ケ島天窓洞(青の洞窟)(静岡県/西伊豆町)


静岡県の西伊豆町にある「堂ヶ島」。ここにある「天窓洞」は、国の天然記念物にも指定されている静岡県を代表する観光地のひとつです^^

凝灰岩でできた岩を波が浸食して洞窟になったもので、その中を遊覧船でめぐるツアーなどが多数開催されています◎真ん中が天窓のように開いており、そこから降り注ぐ光が青く神秘的であることから絶景の見られるスポットとしても話題に……♡

遊覧船以外にも岩山の遊歩道を散策して観光することもできますが、洞窟の中にはいることはできないので、中まで見たいという方は遊覧船を利用してみてください♪散策をする際には、歩きやすい服装がおすすめです*

また、サンセットも美しいので時間に余裕のある方は昼間と異なる景色を堪能してみてください^^

堂ケ島天窓洞(青の洞窟)(静岡県/西伊豆町)

6. 寸又峡(静岡県/川根本町)

photo @ 寸又峡(静岡県/川根本町)


静岡県中部の川根本町に位置する「寸又峡」。ミルキーブルーの湖面を空中散歩することができる観光地です◎

大井川最後の秘境としても親しまれており、春には新緑が見られるスポット、秋には紅葉のスポットへと大変身!

1年で異なる景色が楽しめるのも魅力ですね♪吊り橋は少し勇気がいりますが、そんなスリリングな体験が楽しめるのもここ寸又峡の魅力のひとつ!

また周辺には、「寸又峡温泉」があり肌がつるつるすべすべになる「美女づくりの湯」があることでも話題になっています^^

観光のあとに立ち寄って、疲れた体を癒しながら潤い肌をゲットしてみてはいかがでしょうか?

寸又峡(静岡県/川根本町)

7. 仁淀川(高知県/佐川町)

photo @ 仁淀川(高知県/佐川町)


愛媛県から高知県に流れる川「仁淀川(によどがわ)」。仁淀川として親しまれていますが、愛知県側からは「面河川(おもごがわ)」と呼ばれているのをご存じでしたか?^^

ここには、にこ淵と呼ばれる観光地があり神秘的な青の滝つぼが拝見できます♪「仁淀ブルー」として有名で、日光が当たる晴れた正午の時間帯は、とくにうつくしい光景を楽しめますよ^^

にこ淵に行くまでには、少し急な階段や細い道が続いているので歩きやすい服装でおとずれることをおすすめします*

仁淀川(高知県/佐川町)

8. 百合ヶ浜(鹿児島県/与論島)

photo @ 百合ヶ浜(鹿児島県/与論島)


鹿児島県の与論島に位置する「百合ヶ浜」。天国に一番近い幻のビーチとも呼ばれている絶景が見られる観光名所です*

真っ青なビーチが有名ですが、春から夏にかけて干潮時にあらわれる真っ白な砂浜も美しく「死ぬまでに行きたい100景」に登録されているほど^^

満潮のときに地表に砂州があらわれる現象を見てみたいという方は、出現スケジュールを公式サイトで公開しているので、事前にチェックしてプランを作成してみてください◎

photo @ 百合ヶ浜(鹿児島県/与論島)


ビーチでは、シュノーケリングなどのマリーンアクティビティを楽しみたい学生たちの旅行の行き先としてもピッタリ♪

また、「年齢の数だけ星砂を拾えば幸せになれる」という伝説が言い伝えられているので、ゆっくりと砂浜を散策しながら星砂を探してみてはいかがでしょうか?

百合ヶ浜(鹿児島県/与論島)

9. エメラルドビーチ(沖縄県/本部町)

photo @ エメラルドビーチ(沖縄県/本部町)


沖縄県の海洋博公園内にある「エメラルドビーチ」。人工ビーチとは思えないほどの美しさをもつことから、観光客だけでなく地元の方たちからも人気のスポットです♪

エメラルドビーチは大きく「憩いの浜」「眺めの浜」「遊びの浜」の3つにわかれております◎その中でも1番大きな広さをもつのが「遊びの浜」。

コバルトブルーの大海原で、沖縄の中でも水質がAランクに認められている貴重なスポット。平成13年には「水浴場八十八選」、平成18年には「快水浴場百選」に認定されました♡

近くには沖縄美ら海水族館もあるので、水族館で観光を楽しんだ後にビーチに立ち寄ってみるのもおすすめ♪

エメラルドビーチ(沖縄県/本部町)

10. 伊良部大橋(沖縄県/宮古島市)

photo @ 伊良部大橋(沖縄県/宮古島市)


沖縄県にある宮古島と伊良部島を結ぶ宮古島市に位置する橋「伊良部大橋」。無料で渡れる橋としては、最長3540メートルと日本一長い橋として知られています♡

宮古島には「来間大橋」と「池間大橋」の2つの橋がありましたが、伊良部大橋が開通したことにより、宮古島・来間島・池間島・伊良部島・下地島の5つの島を渡ることができるようになりました♪

宮古島

photo @ 沖縄県/宮古島市


またインスタ映えのスポットとしても人気で、日本各地から多くの観光客が訪れる人気スポット♪青く澄んだ海と空のコラボレーションが最高の絶景地です^^レンタカーを借りて絶景を見ながら、ドライブをしてみるのもよいですよ*

また、伊良部島側にある牧山展望台まで行くと標高の高い位置から絶景を一望することができるビューポイントもあります^^時間に余裕のある方は、あわせて立ち寄ってみてはいかがですか?

伊良部大橋(沖縄県/宮古島市)

まとめ

日本国内で楽しめる青の絶景についてご紹介しました^^

ベストシーズンをねらって美しい光景を見に訪れてみてくださいね!

【日本の絶景ビーチ】世界に負けない♡国内ビーチ15選!

【海外絶景スポット】次の旅行に!世界のおすすめビーチ20選♡

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。