【スコットランド観光】絶景・歴史・不思議がつまった世界へ♡

バグパイプ

スコットランドは、グレートブリテン島の北部にあります。首都のエジンバラは、街全体が世界遺産です♪歴史的には別の国であるため、ロンドンなどとは異なる不思議な雰囲気をしています♡文化や景色の中には、バグパイプやネス湖などあなたも1度は目にしたものがあるはず!今回は、観光におすすめの場所をご紹介します◎

『スコットランドに行きたい人』
『歴史や絶景が好きな人』におすすめ!

スコットランドは国なの?地域なの?

スコットランドと英国の旗


私たちは、普段、”イギリス”や”英国”という言葉を、あまり深く考えずに使っています!しかし、これ、そこに住む人たちからすると、場合によっては”とても不愉快”なことだって知っていましたか?
イギリスの正式名称は、”グレートブリテン及び北アイルランド連合王国”です◎

これは、イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランド、という4つの王国が集まってできている”連合王国”になります♪そのため、それぞれの人は、自分のことを日本人が言う”イギリス人”ではなく、スコットランドの人であれば、”スコットランド人”だ、と思っているのです◎

現在は、王国ではなく、カウンティという州や県のような行政区のひとつですが、各地域には、”独立派”の人たちもいて、また、ほかの3つとは別の国だという意識を持っている人も多いです!ですから、スコットランドの人やもののことは、”ブリティッシュ”ではなく、”スコティッシュ”と呼びましょう^^;

スコットランド(英国政府観光庁)

スコットランドはどこにあるの?

UKの地図


”グレートブリテン及び北アイルランド連合王国”は、主に2つの島からなっています。地図などで右側にあるグレートブリテン島に、イングランド・スコットランド・ウェールズがあり、北部の約1/3を占めるのがスコットランドです。

スコットランドへの行き方は?

エジンバラ空港場所『エジンバラ空港』


日本からスコットランドへの直行便はありません。そのため、スコットランドにどのように行くかは、あなたの旅の仕方によって変わってきます。

スコットランドだけを旅行する場合

国内線として、ロンドンのヒースロー空港を経由して行くこともできますが、広いうえに混雑していて乗り換えが大変です!料金も大切ですが、航空券を選ぶときには、乗り換えのしやすい空港で乗り換えられる便の利用をおすすめします。

スコットランドの空の玄関口は、首都エジンバラにある国際空港のエジンバラ空港です。エジンバラ空港から市内への移動方法はいくつかありますが、おすすめは以下の3つになります。

  1. エクスプレスバス
    片道£4.5/人 約30分で市内のバス停に到着します!日本語のページで日本から予約していけるので安心です◎
  2. トラム(路面電車)
    片道£6.5/人 約30分で市内の中心地に到着します!エジンバラ・パークとヘイマーケットで電車に乗り換えられるので、ホテルが駅に近いなど、乗り換えたい人はトラムが便利です◎
  3. タクシー
    £20~£25 約25分で市内に到着します!荷物が多い場合やホテルが不便なところにあるときにおすすめです◎安全のため、メーター制の公認タクシーに乗りましょう♪

エアリンク(GET YOUR GUID)

Edinburgh Trams

ロンドなどほかの地域も観光する場合

キングス・クロス駅場所『キングス・クロス駅』


ロンドンからは、長距離電車での移動がおすすめです♪ヴァージン・トレインなど数社が運行しています!ロンドンのキングス・クロス駅など中心部から、エジンバラやスコットランドで、もっとも人口の多いグラスゴーの中心地へ乗りいれているので移動が簡単です♪移動時間は4時間半ほどになります◎

easyJetなど、LCCの航空路線もありますが、市内から遠い空港が多いため、移動が大変です!飛行機に乗っている時間は短くても、5時間以上必要になってしまいます^^;値段を気にしないのなら、ブリティッシュ・エアウェイズが、市内に一番近い、ロンドン・シティー空港から発着しているので便利です◎

ちなみに、キングス・クロス駅は、”ハリーポッター”で、ホグワーツに向かう電車のホームがある駅♪スコットランドはロケ地でもありますので、”ポッタリアン”の人は、あえてロンドン経由でもいいかもしれませんね♡

Virgin Trains

easyJet(英語)

ブリティッシュ・エアウェイズ

旅の基本情報

カラニッシュ立石場所『カラニッシュ立石』


ベストシーズン

スコットランドは、冬でも雪が降るようなことはありませんが、日照時間が非常に短く、お天気の悪い日も多くなります!そのため、ベストシーズンは、5月下旬ごろから8月の日が長く、晴れの日が多い時期です◎真夏でも、平均気温は20度を下回るで、上着を忘れずに持っていきましょう♪

日数

スコットランドのみをじっくり観光する場合には、直行便がないこともあり、最低でも1週間ほどあると慌ただしくなくていいでしょう♪ただし、スコットランドには、島や移動が不便な場所もあるので、それらを訪れたい場合には、さらに追加の日数が必要です!

ロンドンからエジンバラ周辺だけを観光するために訪れる場合は、2泊3日もあれば、有名どころを観光できます◎

基本情報

国名:グレートブリテン及び北アイルランド連合王国

首都:エジンバラ

言語:英語及びスコットランド・ゲール語

通貨:UKポンド

時差:日本より9時間遅い(サマータイム中は8時間)

ゲール語は、ケルト文化圏で話される言葉の一つです!アイルランドなどでも話されています。現在は、学校で習っていても話せないという人も多いので、会話を聞く機会はないかもしれません。しかし、標識などは併記されているいるので、気にしてみてくださいね♪

旅の予算はどのくらい?

UKポンド


スコットランドへの旅行の場合、ツアーの種類もさまざまです!スコットランド内で周遊するものやロンドン・湖水地方など、英国内のほかの地域と組み合わさったものなど、好みや予算によって選んでくださいね。

今回は、スコットランドのみのツアーの例をご紹介します♪

周遊ツアーの例

料金:113,000円~/人

日数:7日間

訪問都市:エジンバラ・グラスゴー

特徴:エジンバラ→グラスゴー間の列車の旅も楽しめる

ちょっとリッチなツアーの例

料金:156,000円~/人

日数:7日間

訪問都市:エジンバラ

特徴:お城のような4つ星ホテルに泊まれる

 

*鉄道でスコットランド2都市周遊* <エジンバラ×グラスゴー>7日間

お城のようなレンガ造りホテル『ラディソンブル』宿泊◆<エジンバラ>7日間

※料金や内容は、時期によって変わります。詳細は、ご自身で確認してください。

おすすめ①:エジンバラ市街地散策(エジンバラ)

エジンバラ市内場所『エジンバラの市街地』


エジンバラの市街地は、全体が世界遺産に認定されています。お天気のいい日なら、ショッピングや食べ歩きをしながら、街を散策するのがおすすめです。

エジンバラ(英国政府観光庁)

おすすめ②:エジンバラ城(エジンバラ)

エジンバラ城場所『エジンバラ城』


エジンバラ城は、エジンバラを象徴する建物です!現在も、中世の姿をそのままに残すたてものの入り口には伝統的な衣装を着た衛兵が立っています♪本物の兵士の人たちですので、写真を撮るときも、お仕事の邪魔をしないようにしましょう^^;

ハリーポッターでは、ホグワーツのモデルになったといわれています♡

エジンバラ城(英国政府観光庁)

おすすめ③:ロイヤル・ミリタリー・タトゥー(エジンバラ)

ロイヤル・ミリタリー・タトゥー写真『ロイヤル・ミリタリー・タトゥー』


エジンバラ城で、8月に3週間にわたって行われるイベントです!軍の音楽隊による演奏やショーなど、スコットランドの伝統が集結するといっても過言ではありません。
各地からこれを目当てに観光客が訪れる、人気のイベントなので、事前のチケット購入が必須です♪

※2020年は8月7日から29日まで行われます。

ロイヤル・ミリタリー・タトゥー(英国政府観光庁)

The Royal Edinburgh Military Tattoo(公式)【英語】

おすすめ④:ケルヴィングローヴ美術館&博物館(グラスゴー)

ケルヴィングローヴ美術館&博物館場所『ケルヴィングローヴ美術館&博物館』


ケルヴィングローヴ美術館&博物館は、収蔵品の多さだけでなく、グラスゴーでもっとも美しい建物として人気です♪絵画だけでなく、自然史のコーナーや甲冑・武器の展示もあります◎ゴッホやモネなど巨匠の作品を含む8,000点以上が無料で見られるのもうれしいですね♡

ケルヴィングローヴ美術館&博物館(英国政府観光庁)

おすすめ⑤:グラスゴー大聖堂

グラスゴー大聖堂場所『グラスゴー大聖堂』


街のシンボルであり、グラスゴーの守護聖人である聖マンゴーのお墓が地下にあります!スコットランドでは、宗教改革で教会が破壊されてしまったため、現存する唯一の中世教会です♪ステンドグラスは、増築されたもので、比較的新しいですが、大変美しく、荘厳な雰囲気をしています◎

グラスゴー大聖堂【英語】」

おすすめ⑥:ウィスキー蒸留所巡り(アイラ島)

ブナハーブン蒸溜所場所『ブナハーブン蒸溜所』


スコットランドを代表するものといえば、スコッチウィスキーです!特に、アイラ島は、小さな島の中に、8つもの蒸留所があり、ウィスキーの聖地ともいわれています♪ウィスキー好きの人も、これから大人の味を覚えたい人も、ぜひ、本場のスコッチウィスキーを体験してください◎

Islay.com【英語】

おすすめ⑦:妖精のプール(スカイ島)

妖精のプール場所『妖精のプール』


北部のスカイ島にあるのが、妖精のプールです!スコットランドらしい、不思議な雰囲気の絶景を見ることができます♪スカイ島には、ほかにもオールドマンオブストーという奇妙な岩の景色もあるので、絶景が好きな人は、ぜひ訪れてくださいね♡

The Isle of Skye【英語】

スコットランドは、ケルト独特の文化や中世の建物を残しながら、エジンバラやグラスゴーでは、近代的な大都市の部分も併せ持つ、独特な地域です!また、本当に魔法使いや妖精が住んでいそうな絶景も見ることができます♪

ツアーでは、ロンドンと合わせて、短期間だけ滞在するものもありますが、機会があれば、スコットランド各地をじっくりと訪れる旅のプランを立ててみてくださいね。きっとその不思議な魅力にはまりますよ♡

【イギリス】食事がまずい?それでも行きたい魅力的な観光地20選♡

【卒業旅行はイギリスへ!】全力で楽しむための基礎知識と楽しみ方★

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。