撮影にも観光にも♡国内工場の夜景おすすめ10選!

「工場萌え」って知っていますか?数年前からコンビナートなど、工場の夜景をSNSにアップする人が増えています。最近は撮影はもちろん、新たな観光地として注目されるようになりました。そこで今回、川崎マリエンや四日市市ドーム前など、国内の有名な工場夜景の撮影スポットをピックアップしました♪ぜひ参考にしてくださいね!

『国内の工場夜景に興味がある』
『いつもとは違ったを楽しみたい』におすすめ!

1.北海道 潮見公園展望台

photo@潮見公園展望台


北海道にある室蘭市は古くから「鉄」の街として、工業で発展しました。現在は製鉄所の工場群が、観光地として人気を集めています。

特に夜景は日本大工業夜景のひとつに数えられるほど。年間を通して、国内だけでなく海外からも、多くの人がカメラ片手に撮影に訪れる工場夜景のメッカです。

残念なことに室蘭の工場夜景のメインである「JXTGエネルギー室蘭製造所」は2019年3月に生産停止しましたが、集合煙突等のライトアップは継続されています。室蘭の街の中には工場夜景を一望できる場所が幾つかありますが、その中でも代表的なのが「潮見公園展望台」です。

白鳥大橋、イトキン浜といった室蘭の観光名所と工場群を同時に眺めることができる撮影スポット◎北海道に行ったらなら、ぜひ足を伸ばしてみましょう♡

潮見公園展望台の基本情報

住所:北海道室蘭市みゆき町3

アクセス:JR「東室蘭」駅から徒歩約10分

潮見公園展望台

2.埼玉県 川崎マリエン

photo@川崎マリエン


神奈川県川崎市は日本屈指の大工業地帯です。夜になると工場群の灯が海面に浮かび上がり、幻想的な景観が広がります。

そんな有名な川崎市の工場夜景を眺めるなら、「川崎マリエン」がおすすめ♪

埋め立て地の東扇島にある施設で、360°街並みを一望できる展望タワーを備えています。空気が澄んだ日には東京スカイツリーや羽田空港まで眺めることができ、特に夜景は日本夜景遺産にも認定されるほど有名◎

工場夜景を鑑賞するなら、展望室の西側に移動しましょう。富士山をバックにライトアップされた工場群の煙突や横浜火力発電所の美しいロケーションを堪能できます。ロマンチックな工場夜景を眺めながら、デートするのもおすすめ♡

川崎マリエンの基本情報

住所:川崎市川崎区東扇島38-1

連絡先:044-287-6000(受付)

利用時間:09:00~21:00(展望室)

休館日:12/31~1/3

料金:無料

アクセス:JR「川崎」駅東口11・12番乗り場から市営バス「川05系統東扇島循環」乗車~「川崎マリエン前」下車

川崎マリエン

3.茨城県 神栖市港公園

撮影者:hoshner sigmaniax


神栖市と鹿嶋市にまたがる鹿島臨海工業地帯は、最近新しい工場夜景スポットとして注目されています。

広大な工業地帯に製鉄所や製油所、化学工場がひしめきあい、神栖市側、鹿嶋市側から、それぞれ違う景観が見られるのも人気の理由◎工場夜景を撮影しようと、県外から訪れる人も少なくありません^^

さまざまなところから夜景を眺められますが、「神栖市港公園」は公園内にある展望タワーから工場全体を見渡せるので、撮影スポットとしても人気のある場所です♪

17時に展望塔が閉館してしまうため、夜景を見る期間や時間は限られてしまいますが、興味があるならぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

工場群と街並みの絶妙なコントラストをじっくり堪能できますよ^^

神栖市港公園の基本情報

住所:茨城県神栖市東深芝10

連絡先:0299-92-5155(港公園管理事務所)

利用時間:08:30~17:00/1月1日のみ06:00~17:00

休館日:毎月第1水曜(祝日の場合翌日)・年末年始

料金:大人200円/小人(中学生以下)・70歳以上100円

※上記情報はすべて展望塔のみ、1階管理棟は要問合せ

アクセス:JR「鹿島神宮」駅下車、タクシーで約15分

神栖市港公園

4.三重県 四日市ドーム前

photo@四日市ドーム前


国内での「工場夜景」ブームの火付けとなり、多くのカメラマンから聖地と呼ばれている三重県四日市。「四日市コンビナート」という巨大な工場群が海沿いに位置し、迫力のある空間をつくりだしています!

夜になると無機質な建物がライトアップされ、まるでSF映画外のセットのような光景◎リピーターが多いのも納得の美しさです^^

四日市の工場夜景は規模が大きく、いろいろなところで見ることができますが、海からの眺めを楽しんだり、撮影したりするなら「四日市ドーム前」がおすすめ。通称、霞ヶ浦緑地エリアと呼ばれる場所で、四日市ドームや競輪場がある沿岸沿いの緑地です。

対岸にたくさんのプラントと保税タンク群が見られる撮影スポットとして有名で、水面に工場の照明が反射する美しい景色も一緒に楽しめますよ♪

四日市ドーム前の基本情報

住所:三重県四日市市大字羽津甲5169(四日市ドーム)

アクセス:近鉄名古屋線「霞ヶ浦」駅下車、徒歩約15分

四日市ドーム前

5.三重県 四日市港ポートビルうみてらす14

撮影者:yoco**


「四日市ドーム前」と同じく、工場夜景の鑑賞&撮影スポットとして人気の高い「四日市港ポートビルうみてらす14」。

四日市港管理組合が運営している超高層ビルの14階にある展望室で、パノラマ感溢れるコンビナート群の夜景を楽しめます◎また、工場夜景はもちろん、四日市の街並みや中部国際空港まで一望でき、2015年に日本夜景遺産にも認定されたとか◎

ここで工場夜景をじっくり眺めたいなら、夕暮れ時に訪れるのがポイントです!陽が落ちてから、刻一刻と夜景に変化する幻想的な美しさを堪能できますよ♪

写真撮影する際、室内照明が映区こまないように暗幕を受付で貸してくれる心配りもうれしいですね^^

四日市港ポートビルうみてらす14

住所:三重県四日市市霞2-1-1 四日市港ポートビル

連絡先:059-366-7006

利用時間:10:00~17:00/土日祝日~21:00

休館日:毎週水曜(祝日の場合開館)/年末年始

入館料:大人(高校生以上)310円、中学生以下無料

アクセス:JR「富田浜」駅下車、徒歩約15分

四日市港ポートビルうみてらす14

6.静岡県 ふじのくに田子の浦みなと公園

photo@ふじのくに田子の浦みなと公園


日本七大工場夜景に数えられる静岡県富士市。2016年には第7回全国工場夜景サミットが開催されたことから一気に有名になりました。

人気のビュースポット「ふじのくに田子の浦みなと公園」からは日本の名峰、富士山をバックに工場夜景の絶景を楽しめます。もともと「ふじのくに田子の浦みなと公園」は富士山を眺めるための展望スペースが多数設置されている公園◎

中でも展望施設「富士山ドラゴンタワー」からは富士山と工場夜景のコントラストが素晴らしいと絶賛されています^^実際に世界遺産の富士山ときらめく工場群、そして田子の浦港の水面に工場の灯が反射する様子は息をのむ美しさ!

ぜひ、1度は訪れてみたい観光地です♡

ふじのくに田子の浦みなと公園の基本情報

住所:静岡県富士市前田地先

連絡先:0545-33-0495(静岡県田子の浦港管理事務所)

アクセス:JR「吉原」駅下車、タクシーで約10分

ふじのくに田子の浦みなと公園

7.大阪府 市道高砂1号線

photo@市道高砂1号線


大阪府高石市の堺泉北臨海工業地帯は関西で有名な工場夜景のひとつです。

石油やガス、鉄鋼といった複数のプラントが一ヵ所に集まり、いろいろな角度からその圧巻の景観を堪能することができます。特に「市道高砂1号線」からの眺めは絶景♪

大阪国際石油精製株式会社が道路脇間近に建っており、ライトに浮かび上がる水蒸気や無数に絡み合う配管など、まるで近未来の建物をイメージさせるよう◎ほかの工場夜景とはまた違った、独特の雰囲気があるので撮影スポットとしても人気です^^

ドライブがてら気軽に行けるのも魅力的ですね。

市道高砂1号線の基本情報

住所:大阪府高石市高砂2-1

アクセス:阪神高速4号湾岸線浜寺IC~車で約5分

市道高砂1号線

8.山口県 晴海親水公園

photo@晴海親水公園


山口県周南市の「周南コンビナート」はたくさんの工場が立ち並び、遠くからでもダイナミックな工場夜景を眺めることができます。

おすすめのビューポイントは「晴海親水公園」。海を挟んで対岸に広がる工場夜景が人気で、インスタやツイッターにもよくアップされている絶好の撮影スポットです◎公園内はヤシの木が植えられており、開放感あふれる雰囲気♪工場夜景観賞だけでなく、市民や観光客の憩いの場になっています。

日中は散策しながらくつろいで、夜は工場夜景を楽しんではいかが?

晴海親水公園の基本情報

住所:山口県周南市晴海町6-3

アクセス:JR「徳山」駅下車、徒歩約15分

晴海親水公園

9.福岡県 手向山公園

※画像はイメージです。


近代日本を支えた福岡県北九州の工業地帯。エリアが広大なため、工業夜景のビュースポットもたくさんあるのがここの特徴です。

どこから見てよいか迷ってしまいますが、初めて訪れるなら、工場群と北九州市の街並みを一望できる「手向山(たむけやま)公園」に向かいましょう。門司区と小倉北区の境にある手向山に整備されており、宮本武蔵のゆかりの地としても有名です。

園内にある二か所の展望台からは門司方面、小倉方面それぞれの工場夜景が眺められます^^

アクセスも比較的便利なので、ドライブがてら立ち寄るのもよいですね♪

手向山公園の基本情報

住所:福岡県北九州市小倉北区赤坂4

アクセス:JR「小倉」駅、または「門司」駅下車、タクシーで約5分

手向山公園

10.北九州市工場夜景クルーズ

photo@北九州市


見どこが数多い北九州市の工場夜景。せっかく訪れるのだから、いろいろなスポットを回ってみたいものですよね。「工場夜景クルーズ」なら、工場群を一通り見られるだけでなく、ガイドさんの解説付きでじっくり工場夜景を堪能できます。

しかも、関門海峡など北九州市のメイン観光スポットも案内してくれるので、ツアー感覚で楽しめますよ♪北九州の夜景観賞定期クルーズは月や曜日ごとに何コースか分かれているので、事前に調べて予約しましょう。

夜に浮かび上がるきらびやかな工場群は日中とはまた違った雰囲気で、工場夜景初心者も十分に楽しめます。

北九州市夜間鑑賞定期クルーズの基本情報

会社名:関門汽船株式会社

場所:北九州市門司区西海岸1-4-1

電話:093-331-0222(門司営業所)

アクセス:JR「門司港」駅下車、徒歩約3分

運行時間:各コースによって異なる

料金:大人2500円/小学生1250円

定休日:悪天候の場合中止

北九州夜間鑑賞定期クルーズ

迫力満点の工場夜景を楽しもう!

幻想的な美しさを誇る工場夜景。観光地としても有名な国内の撮影スポットをピックアップしてご紹介しました♪

工場地帯は昼と夜でまったく印象が変わります。観光で行く機会があったら、ぜひ両方の時間を訪れて、比べてみてはいかがでしょうか?鑑賞にも撮影にもおすすめの工場夜景をぜひ楽しみましょう!

【カラフルな街】思わずカメラを構えたくなる海外の観光地9選♡

国内の穴場卒業旅行先10選!変わった思い出作りに♪

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。