死ぬまでには行きたい!国内の有名な美術館20選!

美術館

あなたは、美術館に興味はありますか?今まで一度も行ったことのない方も、すでにいくつかお気に入りの美術館がある方も必見!今回は、人生でぜひ一度は訪れてほしい国内の有名おすすめ美術館を20選ご紹介します◎自分好みの美術館をみつけて、今後の旅の参考にしてみてくださいね^^♪

『美術館に行きたい人』
『国内の美術館について知りたい人』におすすめ!

※本サイトはアフィリエイト広告による収益が発生しています。

1. 雪の美術館(北海道)

旭川

撮影:Allen Hsu 『雪の美術館』


北海道旭川市ならではの「雪の美術館」は、あのディズニー映画「アナと雪の女王」の雰囲気に似ていると話題になり、一気に知名度が上がった美しい美術館です◎1991年5月に建築され、建築費用は建物だけでも45億円、調度品なども入れると60億円と、ぜいたくな印象です^^

雪をイメージして造られており、氷の回廊や教会、クリスタルルームなど、その美しさは幻想的で映画のヒロインになった気分に♡

 

雪の美術館

営業時間 9:00~17:00
入館料 大人800円・大学生600円
閉館日 年中無休(年末年始休館)
電話番号 0166737017

「雪の美術館」

2. 彫刻の森美術館(神奈川県)

箱根

撮影:nakimusi 『彫刻の森美術館』


神奈川県の箱根にある、「彫刻の森美術館」◎その名のとおり、彫刻アートに特化した美術館となっています^^箱根の大自然をそのまま生かし、国内初となる野外美術館(オープンエアーミュージアム)を取り入れ、1969年に開館しました◎

ヘンリー・ムーアやロダンといった近代・現代を代表される彫刻家たちの野外彫刻をおよそ120点展示してあります♪その他、ピカソ館や室内展示場、箱根の源泉を利用した足湯スポットもあり、一日中楽しめるスポットとなっています^^

 

彫刻の森美術館

営業時間 9:00~17:00
入館料 大人1,600円・大学生1,200円
閉館日 年中無休
電話番号 0460821161

彫刻の森美術館

3. 国立西洋美術館(東京都)

上野

撮影:Chao-Wei Juan 『国立西洋美術館』


東京の上野にある、「国立西洋美術館」◎フランス政府から寄贈返還された、「松方コレクション」の保存・公開のための美術館として1959年に開館し、国の重要文化財に指定されているほか、2016年7月には世界文化遺産に登録されました!

建物は、20世紀を代表する建築家であるル・コルビュジエが設計を手掛けています◎モネの「睡蓮」は非常に人気があり、見る者を楽しませてくれるでしょう^^

 

国立西洋美術館

営業時間 9:30~17:30
金・土 9:30~20:00
GW期間中の金・土・日・祝休日,7/11~9月の金・土,プレミアム・フライデー 9:30~21:00
入館料 大人500円・大学生250円
閉館日 毎週月曜日、年末年始、20/10/19~22年春(予定)まで
電話番号 0357778600

国立西洋美術館

4. 地中美術館(香川県)

香川

撮影:準建築人手札網站 Forgemind ArchiMedia 『地中美術館』


「地中美術館」は、香川県の離島にある、直島にある美術館です◎「自然と人間を考える場所」をコンセプトとしており、2004年に設立されました!

なんと、建物の大半が地下にあるという非常に珍しい造り!安藤忠雄氏の設計です◎なかでも目を引くのが、モネの「睡蓮」三連作^^ホワイトキューブのなか、自然光のみで鑑賞できるぜいたくな展示室となっています◎

 

地中美術館

営業時間 3/1 ~ 9/30 10:00 ~ 18:00
10/1 ~ 2月末 10:00 ~ 17:00
入館料 2,100円
閉館日 月曜日
電話番号 0878923755

地中美術館

5. 鳥取砂丘 砂の美術館(鳥取県)

鳥取

撮影:Cheng-en Cheng 『鳥取砂丘 砂の美術館』


2006年11月、「砂の美術館」は開館しました◎「砂で世界旅行」をコンセプトとした美術館であり、毎年テーマをさまざま変えながら、楽しく優美な展示が開催されています^^

その会期が終わると、砂の像は元の砂へとかえってゆくのです。限られた期間のみ像となって現れる儚さゆえの美しさが非常に幻想的ですね◎また、「砂の美術館」へ行くのであれば、ぜひ鳥取砂丘にも足を運んでみましょう♪

 

鳥取砂丘 砂の美術館

営業時間 9:00~18:00
土曜 9:00~20:00
入館料 600円
電話番号 0857202231

鳥取砂丘 砂の美術館

6. 青森県立美術館(青森県)

青森

撮影:Kotaro Akama 『青森県立美術館』


2006年7月、「地域と風土に密着した芸術を発信する」というコンセプトを基に、「青森県立美術館」は開館しました◎遺跡発掘の現場から着想を得て設計されたといわれる建物は、まさにホワイトキューブ。青木淳氏により設計されたものです◎

青森県出身のアーティストである、奈良美智氏の「あおもり犬」はぜひ見ておくことをおすすめします^^

 

青森県立美術館

営業時間 10/1~5/31 9:30~17:00
6/1~9/30 9:00~18:00
入館料 大人510円・大学生300円
閉館日 毎月第2、第4月曜、年末年始
電話番号 0177833000

青森県立美術館

7. 金沢21世紀美術館(石川県)

金沢

撮影:tsuda 『金沢21世紀美術館』


2004年、「金沢21世紀美術館」は開館しました◎コンセプトは、「新しい文化の創造」「新たなまちのにぎわいの創出」です^^今となっては、金沢観光では絶対に外すことができない!というほどのおすすめ人気スポットですよ♪

屋内の展示スペースだけにとどまることなく、屋外にも実にさまざまな大型アート作品が展示されており、飽きることなく楽しむことができるでしょう^^

なかでも注目を浴びているのが、アルゼンチンのレアンドロ・エルリッヒの作品で、上から見るとプールのように見えるのですが、実際にはガラスに10㎝ほどの水が張られているだけ、というもの。上から見ても良し、下から見ても良し。さまざまな角度から不思議空間を味わいましょう♪

 

金沢21世紀美術館

営業時間 10:00~18:00
入館料 大人450円・大学生310円
閉館日 月曜、年末年始
電話番号 0762202800

金沢21世紀美術館

8. MOA美術館(静岡県)

モア

撮影:Liwei 『MOA美術館』


1982年に開館した、「MOA美術館」◎熱海の一望を見渡すことのできる、高台に位置している私立の美術館です^^日本庭園が美しく、秋には日本で最も遅いとされる紅葉を愉しむことができ、冬には一足早く春の訪れを感じることができ、四季折々の景色を楽しむことができます◎

岡田茂吉氏のコレクションを基盤としており、国宝をはじめとした東洋美術を中心に、絵画や書跡、工芸など約3,500点を所蔵しています◎

 

MOA美術館

営業時間 9:30~16:30
入館料 大人1,600円・大学生1,000円
閉館日 木曜
電話番号 0557842511

MOA美術館

9. 国立新美術館(東京都)

乃木坂

撮影:Kentaro Ohno 『国立新美術館』


2007年、日本で5番目となる国立美術館として、「国立新美術館」は開館しました◎コレクションを持つことがなく、国内最大級の大きさを持つ展示スペースを生かし、さまざまな展覧会を開催しています^^

建物は、有名建築家である黒川紀章氏が設計しており、全面がガラス張りの特徴のある美しい流線美が目を引きます。東京のど真ん中、六本木のアートスポットとしておすすめです♪

 

国立新美術館

営業時間 10:00~18:00
入館料 展覧会毎に異なる
閉館日 毎週火曜日、年末年始
電話番号 0357778600

国立新美術館

10. 豊田市美術館(愛知県)

愛知

撮影:Kenta Mabuchi 『豊田市美術館』


「豊田市美術館」は、国内外を問わず近・現代の美術作品を展示している総合美術館です◎1995年に開館しました^^

実は、この美術館の外観はインスタ映えスポットとしても有名なのです♪乳白色の壁に、グリーンのスレートでできた直方体。設計は、ニューヨーク近代美術館やGINZA SIXなども手掛けた有名な建築家、谷口吉生氏です◎敷地内には、茶室もあり、四季折々の自然を楽しむこともできますよ♡

 

豊田市美術館

営業時間 10:00~17:30
入館料 大人300円・大学生200円
閉館日 毎週月曜、年末年始
電話番号 0565346610

豊田市美術館

11. MIHO MUSEUM(滋賀県)

滋賀

『photo @ MIHO MUSEUM』


「MIHO MUSEUM」は、滋賀県内の山中にある、非常に特殊でユニークな美術館です◎1997年11月、滋賀県信楽の山間に開館しました^^コンセプトは、「美術を通して、世の中を美しく、平和に、楽しいものに」です◎

遊歩道からトンネルと橋を経てたどり着く美術館は、非常に規模の大きなものとなっています!アクセスが不便と感じる方も多いかもしれませんが、一度は行ってみる価値アリです♪

 

MIHO MUSEUM

営業時間 10:00~17:00
入館料 大人1,300円・大学生1,000円
閉館日 月曜日
電話番号 0748823411

MIHO MUSEUM

12. チームラボボーダレス(東京都)

東京

撮影:senngokujidai4434 『チームラボボーダレス』


「チームラボボーダレス」とは、境界のないアート群による「地図のないミュージアムのこと」です^^2018年6月、お台場に堂々のオープンを果たした、最新鋭のデジタルアートミュージアムです◎オープンしてから5ヶ月目にはすでに、来場者数は100万人を突破!

「さまよい、探索し、発見する、境界なくつながっていく1つの世界」をコンセプトとしています。床がミラー状になっていたり、ヒールやサンダルはNGだったりと注意事項もあるため、事前にご確認くださいね^^

 

チームラボボーダレス

営業時間 10:00~19:00
土日祝 10:00~21:00
入館料 大人3,200円
閉館日 第2・第4火曜日

チームラボボーダレス

13. 大塚国際美術館(徳島県)

徳島

撮影:annintofu 『大塚国際美術館』


「大塚国際美術館」は、日本最大級の常設展示スペースを有する「陶板名画美術館」です◎

館内には、誰もが目にしたことのあるような有名な複製画がずらり♪そんな中でも特に目を引くのが、システィーナ礼拝堂の天井画を完全再現したもので、ミケランジェロが描いた絵画の全貌を鑑賞することができますよ^^

 

大塚国際美術館

営業時間 9:30~17:00
入館料 大人3,300円・大学生2,200円
閉館日 月曜
電話番号 0886873737

大塚国際美術館

14. 三鷹の森ジブリ美術館(東京都)

三鷹

撮影:lohasteru 『三鷹の森ジブリ美術館』


宮崎駿監督のジブリ作品が好きな方必見♡「三鷹の森ジブリ美術館」には、連日のように遠方から観光客が訪れる、とても有名で人気のあるアートスポットです^^

館内には、至るところにジブリ映画の登場人物が♡受付にはトトロの姿、ふわふわで気持ちよさそうなネコバス、屋上には「天空の城ラピュタ」のロボット兵が守り神として君臨しています♪

 

三鷹の森ジブリ美術館

営業時間 10:00~18:00
入館料 1,000円
閉館日

毎週火曜、年末年始

電話番号 0570055777

三鷹の森ジブリ美術館

15. 国立国際美術館(大阪府)

大阪

撮影:iwaryo 『国立国際美術館』


なんといっても、奇抜でユニークな外観が印象的な「国立国際美術館」は、大阪の中之島に位置しています◎完全地下型の美術館ということで、珍しいこともあり多くの観光客が訪れます^^

今後の展覧会の予定として、世界中から注目を集めるアーティストのヤン・ヴォーの日本の美術館初の大規模個展やロンドン・ナショナル・ギャラリー展なども予定されており、目が離せません♡

 

国立国際美術館

営業時間 10:00~17:00
入館料 大人430円・大学生130円
閉館日 月曜日
電話番号 0664474680

国立国際美術館

16. 足立美術館(島根県)

足立

撮影:Ryohei Noda 『足立美術館』


「足立美術館」は、実業家の足立全康のコレクションを展示するために、1970年に開館されました◎見どころのひとつとして、5万坪におよぶ日本庭園があります^^

アメリカの日本庭園専門誌にて、「庭園日本一」に選出されたほか、フランスの旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では、最高ランクとなる三ツ星評価を得ている、日本で最も人気のある美術館なのです!

 

足立美術館

営業時間 4月~9月 9:00~17:30
10月~3月 9:00~17:00
入館料 大人2,300円・大学生1,800円
閉館日 年中無休
電話番号 0854287111

足立美術館

17. 森美術館(東京都)

森

撮影:Wei-Te Wong 『森美術館』


2003年、「森美術館」は現代アートの美術館として、六本木ヒルズ森タワーの最上層に開館した美術館です◎

ミュージアムカフェや天空レストランも併設してあります^^ぜひ、六本木ヒルズの最上階にて、最先端のアートの世界に触れてみてはいかがでしょうか◎

 

森美術館

入館料 大人1,800円・大学生1,200円
電話番号 0357778600

森美術館

18. 佐川美術館(滋賀県)

佐川

撮影:Yusuke SAKAI 『佐川美術館』


「佐川美術館」は、佐川急便株式会社が創業40周年となる記念事業の一環として、琵琶湖を望むことのできる美しい自然に囲まれた、近江・守山の地に1998年3月に開館しました◎

グッドデザイン賞(施設部門)・中部建築賞・照明普及賞優秀施設賞・日本建築学会2000年作品選奨など、今まで数々の受賞歴があります♪

 

佐川美術館

営業時間 9:30~17:00
入館料 大人1,000円・大学生600円
閉館日 毎週月曜、年末年始
電話番号 0775857800

佐川美術館

19. 十和田市現代美術館(青森県)

十和田

撮影:芳蘭 徐芳蘭 『十和田市現代美術館』


「十和田市現代美術館」は、2008年に開館されており、アートによりまちづくりを推進するプロジェクト「Arts Towada」の拠点とされています◎

ひとつの作品に、ひとつの展示室、というように、鑑賞者は一つひとつゆっくりと室内を鑑賞しながら堪能できる新しい設計となっていますよ^^

 

十和田市現代美術館

営業時間 9:00~17:00
入館料 1,200円
閉館日 月曜、年末年始
電話番号 0176201127

十和田市現代美術館

20. 東京国立近代美術館(東京都)

千代田

撮影:Daisuke Sakai 『東京国立近代美術館』


日本で最初の国立美術館として、1952年開館した、皇居のほど近くに佇む「東京国立近代美術館」です◎

重要文化財を含む13,000点超の国内最大級のコレクションを所蔵しており、明治~現代までの幅広きジャンルによる展示を鑑賞することができますよ^^

 

東京国立近代美術館

営業時間 10:00~17:00
金曜・土曜 10:00~20:00
入館料 大人500円・大学生250円
閉館日 月曜、年末年始
電話番号 0357778600

東京国立近代美術館

ここまで、日本国内の有名な美術館を20選ご紹介してきました♡
あなたが行きたくなるような美術館は、いくつありましたか♪

気軽に行けるところにはぜひ足を運んで、遠出しなくては行けないところへは、十分に旅の計画を立てて美術鑑賞を楽しみましょう♡

死ぬまでに行きたい海外の美術館10選◎有名なあの作品を見に行こう♪

【海外ひとり旅】人生を変える一歩!新しい自分に出会える国10選◎

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。