【2020年】大阪で秋スイーツを堪能できるおすすめスポット15選

新型コロナウイルスや長雨の影響でなかなか季節を感じられなかった2020年にも、食欲の秋が到来!最近はさまざまなお店で、栗やさつまいも、かぼちゃやぶどうなどの秋食材を使ったおいしいスイーツが出回るようになりましたね。そこで今回は、秋の味覚を堪能できる、大阪の秋スイーツスポットを15ヶ所ご紹介します!

『秋の味覚を使ったスイーツを楽しみたい人』
『大阪で秋スイーツを食べ歩きたい人』におすすめ!

1.太閤園

※写真はイメージです。


「太閤園」は100年以上の歴史と、8000坪もの広大な敷地を持つ、格式高い迎賓館です。明治に関西財界で活躍した藤田男爵が築造した庭園と邸宅を、迎賓の場へと進化させたのがはじまりで、以来各界の要人やサミットなどの会合にも利用されるようになりました。

そんな太閤園では、ダイニングレストラン「LUXELE」とラウンジカフェ「ブリエヴェール」で、芋、栗、かぼちゃをふんだんに使ったディナーやビュッフェ、パフェなどのスイーツを楽しめます♪

中でもおすすめなのが、LUXELEで開催されている「いもくりなんきんスイーツ&ランチビュッフェ」!秋の味覚をたっぷり使ったスイーツは食べ放題なので、たくさん食べたい人にぴったりですよ♡2020年は11月20日までの開催なので、一度参加してみてはいかがですか?

 

太閤園 公式HP

2.蜜香屋

※写真はイメージです。


「蜜香屋」は、農家さんと一緒に土づくりから取り組んださつまいもでつくる、芋スイーツを味わえる焼き芋専門店です。安納芋やシルクスイートなどの品種を食べ比べできる焼き芋をはじめ、芋チップスやぜんざいなど、さまざまな食べ方と味で芋を楽しめます。

大阪には蜜香屋が数店舗ありますが、特に人気が高いのが中崎町にある本店。パッと目を引く焼き芋カラーの外観と、温かみのある木目調の内装がかわいいお店です♡

本店にはカウンターやテーブル、座敷などが備わっていますが、こぢんまりとしていて混みやすいので、テイクアウトして食べ歩きするのがおすすめですよ。

 

蜜香屋 公式HP

3.氷とお芋の専門店 らんらん

photo@「安納芋」


「氷とお芋の専門店 らんらん」は、名前の通りかき氷と芋スイーツを専門に扱うスイーツ店です。テレビ番組「マツコの知らない世界」のかき氷回で取り上げられたこともあり、かき氷の季節には連日多くの人でにぎわいます。

こちらのお店で秋に楽しみたいのが、安納芋を使った季節限定かき氷「芋づくし」と、干し芋やスイートポテトなどの芋スイーツをたっぷり味わえる「食べ尽くしプレート」!

このプレートを含む芋スイーツは一年中楽しめますが、実は季節によって使うさつまいもの種類や内容を変えているそう。秋は徳島の最高級芋「鳴門金時里むすめ」をメインに使っているので、ぜひ他の時期に使っているさつまいもとの味の違いを楽しんでみてください♪

 

らんらん 公式HP

4.高級芋菓子 しみず

photo by:John Dunsmore『梅田スカイビル』


「高級芋菓子 しみず」は、人気観光地・梅田スカイビルから徒歩10分の好立地にある、焼き芋と芋スイーツの専門店。黒と白を基調にしたスタイリッシュな外観と、温かみのある木の内装がおしゃれなお店です。

こちらのお店の芋スイーツの特徴は、しっかり追熟させたさつまいもを使っていること。普通は長くても21日程度しかしない追熟を、しみずではなんと40日間もしているというから驚きですね!

甘さを最大限まで引き出されたさつまいもを使ったスイーツは、ねっとりした食感と甘さでとにかく絶品♡芋パフェや和スイートポテトなど、まざまな芋スイーツが一年中楽しめるのもうれしいポイントです◎

 

高級芋菓子 しみず 公式HP

5.カヌレ ドゥ ジャポン

※写真はイメージです。


「カヌレ ドゥ ジャポン」は名前の通り、フランス菓子・カヌレを専門に扱う洋菓子店です。とはいえ、こちらのカヌレは普通の洋菓子店のものとは別物。和の素材と日本の四季の移ろいを組み合わせて独自につくりあげた、「日本のカヌレ」を楽しめるんですよ♪

毎月1日には、その時期の旬の食材を使った「季節のカヌレ」が販売されています。9月~11月の秋の時期には、さつまいもや栗、かぼちゃなどの定番食材から、キャロットエピスなどの珍しい食材を使ったカヌレを味わえます。おいしくてちょっと珍しいカヌレで、日本の季節の移り変わりを感じるのもいいですね♡

 

カヌレ ドゥ ジャポン 公式HP

6.MICASADECO&CAFE

※写真はイメージです。


「MICASADECO&CAFÉ」は大阪をはじめ、東京や京都などで高い人気を誇る、パンケーキや自家製グラノーラなどの健康志向メニューを扱うカフェです。数多くのWEBメディアでも取り上げられており、なんば駅の近くという好立地も合わせて連日大人気のお店です。

9月からは秋の食材を使った、ランチやスイーツメニューを楽しめます。特に「ほうじ茶と栗のふわふわブリュレパンケーキ」と「栗のモンブランラテ」は、大きな栗が上にドンッとのっていて、見た目も味も大満足な一品です!栗とふわふわパンケーキに目がない人は、ぜひ食べに訪れてみてください♪

 

MICASADECO&CAFE 公式HP

7.FRUIT GARDEN 山口果物

※写真はイメージです。


「FRUIT GARDEN 山口果物」は、大阪のド真ん中・上町台地に居を構える、「ライフスタイルにもっと果物を!」をコンセプトにかかげた果物屋さんです。店内にカフェを併設しており、新鮮な果物をたっぷり使った絶品スイーツを堪能できます。

こちらのお店では季節の果物を使ったさまざまな季節限定商品を提供しており、秋は徳島産の「里むすめ」という品種を使った、さつまいもスイーツを楽しむことができます。

特におすすめなのが、石焼き芋のシロップをたっぷりかけた「石焼き芋かき氷」!濃厚な芋の甘さと、石焼き芋ならではの香ばしさを味わえます♡提供は11月からとかき氷を食べるには寒そうですが、寒さを押しても食べる価値ある一品ですよ!

 

山口果物 公式HP

8.雪ノ下

※写真はイメージです。


「雪ノ下」は、大阪の人気スイーツ店として必ず名前が挙げられる、パンケーキブームの火付け役にもなったスイーツ店です。有精卵や低温殺菌牛乳、本場産地から輸入したコーヒー豆や茶葉など、厳選食材を使った絶品のスイーツやドリンクを堪能できます。

秋には全国から厳選したかぼちゃでつくったペーストをのせた、「カボチャのパンケーキ」を楽しめます。和菓子のような上品な甘さのかぼちゃペーストと、ふわふわのパンケーキとのマリアージュが最高ですよ♡

ちなみにこちらのお店は路地裏にあり、一見さんにはなかなか見つけづらくなっています。常連さんにしかたどりつけない隠れ家感、なんだかワクワクしちゃいますね♪

 

雪ノ下 公式HP

9.おやつcafe HOLIC

※写真はイメージです。


「おやつcafe HOLIC」は、谷町4丁目駅から徒歩4分の所にある、「日常におやつの時間を」をコンセプトにしたこぢんまりとしたカフェ。旬の食材を使った焼き菓子やケーキを楽しめるお店です。

お店のラインナップは時期によって異なり、ケーキは季節で、スコーンは週替わりで味や使う食材が変わります。秋は「ほうじ茶スコーン」や「モンブラン」、「パンプキンタルト」などを味わえます。

Instagramでメニューなどの最新情報が発信されているので、訪れる前にどんなラインナップがあるか調べておくといいですよ◎

 

おやつcafe HOLIC 公式HP

10.カフェ&ブックス ビブリオテーク

※写真はイメージです。


「カフェ&ブックス ビブリオテーク」は、全国展開もしている大人気ブックカフェ。大阪駅から徒歩5分の好立地にあるファッションビル・E-MAの中にあり、仕事帰りなどに一息つけるお店として人気を集めています。

こちらのお店のおすすめは何といっても、店内で手作りされたしっとりもちもちのパンケーキ♪9月からは「モンブランフェア」を開催しており、マロンクリームとプラリネクリームをたっぷりトッピングした絶品パンケーキを楽しめますよ。

「パンケーキはあまり……」という人は、「モンブランパウンドケーキ」や「モンブラン食べ比べプレート」がおすすめです(^^)とにかく栗づくしのスイーツがたくさんあるので、読書タイムのお供に頼んでみてはいかが♡

 

カフェ&ブックス ビブリオテーク 公式HP

11.ショコラティエ パレ ド オール

photo@「JR大阪駅」


「ショコラティエ パレ ド オール」は、梅田マダム御用達の高級チョコレート専門店です。高級ファッションブランドビル「HERBIS PLAZA ENT」の4階に居を構えており、JR大阪駅を一望できる圧巻のロケーションの中で、絶品チョコを味わうことができます。

9月~10月にかけて味わいたいのが、「パフェ パレドオール 栗ジャポネ」!喧嘩してしまいそうな柿と栗の和の甘味と、濃厚なチョコの洋の甘味を絶妙に調和させた珠玉の一品です。食べ進むごとに変わる秋の味覚に、スプーンが止まらなくなっちゃいます♪

同時期に新発売されている、秋限定のメープルシロップを使ったボンボンショコラや、タブレットチョコもおすすめです。期間限定かつなくなり次第終了のものもあるので、ほしい人はお早めに(^^)

 

ショコラティエ パレ ド オール 公式HP

12.ホテルニューオータニ大阪


photo by:Chris J『ホテルニューオータニ大阪』


「ホテルニューオータニ大阪」は、大阪城公園駅や京橋駅から徒歩数分の好立地にあるラグジュアリーホテル。すぐ隣に自然豊かな大阪城があり、客室から望める自然のロケーションも最高です。

こちらのホテルで人気が高いのが、季節ごとに内容が変わるスイーツビュッフェ。カフェラウンジの「SATSUKI LOUNGE」では、9月から栗やぶどうを使った、「サンドウィッチビュッフェ&スイーツプレゼンテーション」が開催されています。

10月には「かぼちゃのモンブラン」など、ハロウィーン仕様 のスイーツも登場予定。どちらも11月までと長く楽しめちゃいます♡

 

ホテルニューオータニ大阪 公式HP

13.コンラッド大阪

photo@「大阪メトロ駅」


「コンラッド大阪」は、大阪メトロ駅直結の観光利用に最適なホテルです。中之島フェスティバルタワーの33階に位置するホテルのため、ロケーションがとにかくバツグン!全室から地上200メートルのパノラマビューを楽しめます。

こちらのホテルでぜひ訪れたいのが、40階にある「40スカイバー&ラウンジ」。地上200mの絶景を望みながらお茶とスイーツを楽しめるアフタヌーンティーが、最高のひと時を提供してくれますよ。

9月から10月までは、栗や紫サツマイモ、イチジクなどを使ったハロウィーン仕様のアフタヌーンティーを楽しめます。秋らしいシックな色合いのスイーツは、インスタ映え間違いなし◎

 

コンラッド大阪 公式HP

14.リバーカフェ

photo by:yuukin「阪急梅田駅」


「リバーカフェ」は梅田の阪急三番街にある、「美味しい健康」をコンセプトにしたカフェ。店内にはオールや舵輪などインテリアで飾られており、まるで川に停泊しているボートの中でくつろいでいるような気分を味わえます。

「一汁六菜バランス定食」などの栄養バランス抜群の食事メニューももちろんおすすめですが、この時期に食べておきたいのが、安納芋を贅沢に使った「スイートポテトパフェ」や「焼きケーキ」などの秋スイーツ♪

どこを食べても安納芋の濃厚な甘さを味わえるスイーツは、食べないと大損といっても過言ではありません!インスタ映え抜群の、かわいくておしゃれな見た目もGood♡

 

リバーカフェ 公式HP

15.cafe太陽ノ塔 別館

photo by:Kentaro Ohno『中崎町』


「cafe太陽ノ塔 別館」は、大阪に5店舗を構える人気カフェ「太陽ノ塔」のひとつ、中崎町にあるカフェです。洋風コンセプトの他4店舗とは異なり、別館だけは和テイスト。木のぬくもりが感じられる和モダンな内装で、ゆっくりくつろげる座敷も備えています。

こちらのお店でおすすめなのが、「紫芋のモンブラン」と「安納芋のパフェ」。特にパフェは、おさつスティックとバニラアイスのマリアージュが最高です☆甘→しょっぱいで、延々と食べ続けられちゃいますよ。

 

cafe太陽ノ塔 別館 公式HP

どこのお店の秋スイーツも、見た目も味もピカイチのものばかりでしたね!上記以外にも、栗やかぼちゃなどの秋食材を使ったスイーツ店はまだまだたくさんあるので、食べ過ぎには気をつけて♡お気に入りの秋スイーツを見つけてみてくださいね♪

※新型コロナウイルスの影響で、多数のお店で営業時間の変更や臨時休業が行われています。お店の公式HPで最新の情報を確認し、感染対策を充分に行った上で出かけるようにしてください。

秋の味覚を楽しもう♡関西の県別ご当地グルメおすすめ14選をご紹介

【2020】関西近郊の秋が旬のおすすめフルーツ狩りスポット10選♡

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。