【関東】体を動かして温まろう♪おすすめアイススケート場10選

アイス

日本のあちらこちらで紅葉を楽しむ人の姿が見られます。気候のいい秋が過ぎて冬が来ると、お出かけしたくても寒くて家にこもりがち……なんていう人も多いのではないでしょうか。今年の冬は体を動かして、楽しみながら身も心も温まりましょう♪そんな冬をめざすあなたに、関東でおすすめのアイススケート場を10選ご紹介します!

『関東のアイススケート場が知りたい人』
『ウィンタースポーツをしたい人』におすすめ!

1.東京スカイツリータウン(東京都)

スカイツリーphoto@スカイツリー


友達やカップルでスケートをするなら、盛り上がるロケーションで楽しみたいですよね♪東京スカイツリータウンの4階スカイアリーナでは毎年期間限定で、「東京スカイツリータウンアイススケーティングパーク」が開催されます。

そびえたつ東京スカイツリーを見上げながらスケートを楽しめるとあって、毎年大人気なのです◎特に夕方から夜にかけては、東京スカイツリーのライトアップを眺めながらスケートができるので、カップルにも好評♡スケート靴を履いたまま、飲食ができる点も便利ですね。

子どもの時にスケートをしたけどしばらくやっていないから不安という人にも、10分100円でコーチから受けられるワンポイントレッスンがあるので、安心して楽しめますよ^^開催時期は毎年1月上旬から3月上旬なので、ホームページで確認してみてくださいね。

 

東京スカイツリータウン施設情報

2.明治神宮外苑(東京都)

明治神宮外苑撮影:shi.k『撮影場所:明治神宮外苑』


明治神宮を参拝した後に散策を楽しめる場所として人気なのが明治神宮外苑。四季折々の花や紅葉が美しく、聖徳記念絵画館やさまざまなスポーツ施設があるので、芸術も運動も満喫できるスポットです♡

スポーツ施設の中でも明治神宮外苑アイススケート場は、国立競技場駅から徒歩1分とアクセスしやすく、国際大会が開かれる本格的なリンクなので、一般開放日は混み合うことも。冬休みや春休み、夏休みには初心者にスケート教室も開催しています♪

520円を払えばシューズもレンタルできるので、手袋だけ持参すればOK!1日の使用料金は1,370円ですが、平日の15時から入場すれば1,050円でお得に滑れますよ^^

※新型コロナウイルスの影響により現在一般開放を休業していますが、感染状況により再開を検討していくとの事なので、ホームページで最新情報をご確認ください。

 

明治神宮外苑アイススケート場

3.トレッサ横浜(神奈川県)

トレッサ撮影:keyaki『撮影場所:トレッサ横浜』


神奈川県で手軽にアイススケートを楽しめる場所のひとつが、横浜市港北区にあるトレッサ横浜。こちらのショッピングモールの中に、毎年期間限定で「トレッサ横浜わくわくアイスワールド」が開催され、今季は2020年11月4日~2021年2月23日の予定となっています♪

南棟1階のイベント広場が会場となることが多いのですが、リンクがそれほど広くないので、週末は子ども達でいっぱいになってしまうことも。平日の利用がおすすめです◎アイススケートで体を動かした後はお食事をしたり、ショッピングをしたりゆっくりとした時間を過ごせますよ^^

 

トレッサ横浜

トレッサ横浜

4.こどもの国(神奈川県)

こどもの国撮影:k yamada『撮影場所:こどもの国』


横浜市にあるこどもの国といえば、子供の頃に行ったことがある人もいるのではないでしょうか。大人になってから訪れる子どもの国の楽しみ方は、なんといってもその自然を愛でること。約100ヘクタールの広大な土地に桜や梅、椿やモミジなどが植えられ四季の移り変わりを楽しめます♡

そんなこどもの国には、開放感あふれる屋外スケート場があり、毎年12月中旬~2月下旬まで利用できます。広々としたリンクで外の景色を眺めながら滑るアイススケートは最高な気分になれますよ♪リンクには大きな屋根もついているので雨や雪の日でも大丈夫♡

スケートを楽しんだ後は、園内にある「雪印こどもの国牧場」で、牛やポニー、ウサギやモルモットなどと触れ合ってみてはいかがでしょうか^^大人になっても一日中遊べるスポットです。

 

こどもの国

こどもの国

5.アクアリンクちば(千葉県)

ちば※画像はイメージです


関東で通年アイススケートができる本格的なリンクなら、アクアリンク千葉も利用者に人気の高い施設のひとつ。清掃工場(クリーンエネルギーセンター)から出される余熱と蒸気を使い、アイススケート場とジャグジーやサウナ、プールなどを運営しています。

アイススケート場は国際規格リンクの大きさを有しており、フィギュアスケートやアイスホッケーの大会も開催されています。大人向けのスケート教室もあり、頻繁に生徒を募集しているので、初心者でも無理なく上達することができますよ^^

※新型コロナウイルスの影響により、現在アクアゾーン(プール)は休業しており、スケートリンクのみの営業となっています。また、2020年9月~2021年3月は、スケート一般営業時間を午前9時から午後6時までとしています。最新の情報はホームページでご確認ください。

 

アクアリンクちば

アクアリンクちば

6. 姉崎公園(千葉県)

アクアブリッジphoto@東京湾アクアライン


千葉県にあるアイススケート場で気軽に利用できるスポットなら、市原市姉崎海岸にある姉崎公園内のスケート場もおすすめです♪姉崎公園には人工芝が張られた多目的広場やサッカー場、プールもあり、近隣住民が運動を目的に集まる憩いの場となっています。

スケート場は一周150mと広々としたリンクで、周囲とぶつかることについてそれほど神経質にならずにならなくてもよさそう♪靴のレンタルはもちろん、日曜日にはサンデースケート教室、冬休みにはウィンターイベントがあり、初心者にも楽しく利用できる施設です。

姉崎公園からは左前方に東京湾アクアラインが望め、日が沈むころには心を癒されるような光景が広がります♡アイススケートを楽しんだ後に堪能してみるのはいかがでしょうか^^

 

姉崎スケート場

姉崎公園

7.川口市立グリーンセンターアイススケート場(埼玉県)

川口駅photo@川口駅


埼玉県でアイススケートを楽しみたい人は、川口市にある植物園「川口市立グリーンセンター」がおすすめ♪約15ヘクタールもある園内には菖蒲園やつつじ山、花壇が広がり、四季折々の花々を鑑賞できます。大温室では年間を通じて熱帯植物が見られ、鑑賞温室では冬でも洋ランを楽しめますよ♡

園内には休憩所やレストランもあり、ゆったりとした時間を過ごせる植物園です♪川口市立グリーンセンターには屋外プール場があり、夏には流れるプールとして、冬にはその水を凍結させてスケート場として運営しています。

市が運営しているので利用料金が安く、400円でスケート靴もレンタルできるので、週末はファミリーで賑わっています◎アイススケートで体を温めた後は、園内をのんびりと散策して自然に親しむのもいいですね^^

 

川口市立グリーンセンター

川口市立グリーンセンター

8.笠松運動公園アイススケート場(茨城県)

スケート2※画像はイメージです


茨城県内で大きなスケートリンクがあるスケート場といえば、笠松運動公園です。ひたちなか市、那珂市、那珂郡東海村にまたがる運動公園で、2002年には全国高等学校総合体育大会の会場にもなり、その時に屋内プール兼アイススケート場が造られました◎

2020年のスケートリンクは9月24日に一般開放され、2021年の3月まで使用できる予定となっています。事前に電話やホームページ、窓口での予約が必要ですのでご注意ください。

新型コロナウイルス対策により、滑走や休憩の際のマスクの着用が利用条件となっています。また、リンクサイドやラウンジで食事を取ることは禁止されており、一回退場してから2階の休憩室や観覧席を利用するなど新しいルールが施行されているので、利用時にはよく確認しましょう。

 

笠松運動公園  

笠松運動公園

9.日光霧降スケートセンター(栃木県)

霧降高原photo@霧降高原


栃木県日光市には日光駅から車で5分程度の場所に、日光霧降スケートセンターがあります。毎年7月中旬から4月下旬にかけて利用できる屋内アイスアリーナは、30m×60mの国際規格を満たしている大きなリンクで、広々と気持ちよく滑走できます^^

毎年11月上旬から2月下旬には、一周400m、幅16mの屋外スピードリンクも一般開放され、新鮮な空気の中で滑るアイススケートは最高です♪利用料金は屋内アイスアリーナが1,200円、屋外スピードリンクが1,560円となっています。6回分の回数券もあるので、近くの人にはお得ですね◎

 

日光霧降スケートセンター

日光霧降スケートセンター

 

霧降高原

朝からアイススケートを楽しんだ後にまだ体力が余っているなら、霧降高原を散策してみてはいかがでしょうか^^霧降高原といえば、6月中旬~7月中旬頃にキスゲの花を見られることで知られ、夏には霧降ノ滝の清涼を求めに多くの人が訪れる観光スポットです♪

あまり知られていませんが冬季の霧降高原も美しく、女峰山東山麓に広がる高原が夏とは違う黄色や茶色に彩られ、風流を感じられますよ。ハイキングコースが整備されているので、安心して散策できるのもうれしいですね♡

真冬にはスノーシューハイクをすることもでき、雪山や雪の原を滑りながら壮大な景色を楽しめるので爽快な気分を味わえます。霧降高原には立ち寄り湯や温泉旅館もあるので、アイススケートや散策で疲れた体を癒し、ぜひゆったりとした時間を過ごしてくださいね。

霧降高原

10.桐生スケートセンター(群馬県)

桐生市photo@桐生市


群馬県でスキーをしたい!そんな人におすすめなのが、群馬県東部地区で唯一のアイススケート場である桐生スケートセンターです。冬季に開くスケートリンクは47m×24mと広々としており、スケート教室も開催されているので、初心者でも安心して滑れます^^

使用料は大人1人1日1,010円で、靴の貸し出しは380円とリーズナブル。一カ月6,140円の定期使用料コースもあるので、通い詰めて上達したい人にはこちらがお得ですね♪

新型コロナウイルスの影響により、理想的な換気の困難さや密を回避するのが難しいことから、2020年度の開場が中止となっています。今後の状況につきましては、ホームページで最新情報をご確認ください。

 

桐生スケートセンター

桐生スケートセンター

 

以上、冬に関東で楽しめるアイススケート場を10選ご紹介しました♪寒い冬には、アイススケートで体を動かして楽しみながら温まってみてはいかがでしょうか^^

※新型コロナウイルスの影響により、今後開場時間の変更や開場の中止が見込まれるアイススケート場もあります。必ず、事前にホームページでご確認ください。

関東方面で行きたくなる!おすすめスキー場ランキング10選♡

スキー旅行で冬を楽しもう!大人数の学生グループにおすすめのスキー場10選◎

 

 

 

 

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。