【関東】カラフルなチューリップ畑が楽しめる♡おすすめスポット15選

あけぼの山

寒い冬が過ぎたら、行ってみたいところはどこですか?冬の間に春の訪れをじっと待っていた花々が咲き始めるのを見るのも、春の楽しみの一つですよね^^特に、チューリップにはさまざまな形や色があり、見る者を幸せな気持ちにしてくれます♡今回は、関東でカラフルなチューリップ畑が見られるスポットを15選ご紹介します♪

『関東でチューリップ畑が見られるスポットに行きたい人』
『カラフルなチューリップ畑を見たい人』におすすめ!

1.那須フラワーワールド(栃木県)

那須1photo@那須フラワーワールド


夏の避暑地として知られる那須高原には、那須フラワーワールドがあり、春、夏、秋にはさまざまな花々を愛でることができます♡チューリップの見ごろは4月下旬から5月上旬ごろで、約300種類25万本のチューリップが絨毯のように一面に咲く姿は圧巻♪

チューリップ畑の背景には那須連峰が望め、清々しい気分を味わえますよ^^

 

那須フラワーワールド

2.あしかがフラワーパーク(栃木県)

あしかがphoto@あしかがフラワーパーク


JR両毛線富田駅から歩いて13分のところにあるあしかがフラワーパークでは、8つの花の季節が設定されており、四季を通じていろいろな花々が見られます♡チューリップの見ごろは3月上旬から4月下旬。約2万本のチューリップが園内各所に咲き乱れます♪

こちらのフラワーパークの名物は、栃木県の指定記念物である樹齢約150年の大藤です。大木から垂れ下がる藤の花は妖艶で美しく、見ごろの4月中旬以降は入園者も急増します。毎年3月上旬から4月中旬には、「春の花まつり」も開催されますよ^^

 

あしかがフラワーパーク

3.国営ひたち海浜公園(茨城県)

ひたちphoto@国営ひたち海浜公園


一面に咲くネモフィラで全国的に有名になった国営ひたち海浜公園ですが、4月中旬から下旬にかけては、色とりどりのチューリップ畑も楽しめます♡約230品種、27万本のチューリップ畑が、風車やかわいらしいオブジェを背景に咲く風景はとてもフォトジェニック。インスタ映え抜群です♪

たまごの森フラワーガーデンではチューリップの他にさまざまな種類のスイセンもあり、みはらしの丘のネモフィラと合わせてたくさんの花畑が見られるのがいいですね^^敷地は東京ドーム約41個分の広さなので、レンタサイクルをして、心地よい風に吹かれながら園内を回るのがおすすめです。

クラフトハウスや遊園地もあるので、心ゆくまでお花見を楽しんだ後は、ものづくりをしたりアクティブに遊んだり、思いきりレジャーを楽しめますよ。

 

国営ひたち海浜公園

4.霞ヶ浦総合公園(茨城県)

霞ヶ浦総合公園photo@霞ヶ浦総合公園


霞ヶ浦の湖岸沿いにある霞ヶ浦総合公園も、春になると、オランダ型風車前に約3万本のチューリップが一面に咲きます♡見ごろは4月中旬から下旬にかけて。のどかな風景の中に現れるカラフルな花畑に心が癒されます。

同時期に園内を散策すれば、桜や椿、木蓮、藤の花なども見られることができ、春の花を満喫できます♪散策がてら、足を運んでみてはいかがでしょうか^^

 

霞ヶ浦総合公園

5.あけぼの山農業公園(千葉県)

あけぼの山photo@あけぼの山農業公園


風車の前に咲き誇るチューリップ畑と言えば、千葉県柏市にあるあけぼの山農業公園もおすすめです。約16万本のさまざまな種類のチューリップが一面に咲き、見る者を楽しませてくれます♪風車前の広場は、夏にはひまわり、秋にはコスモスが咲き、年間を通じて楽しめますよ^^

敷地は東京ドーム約3個分の広さで、果樹園や日本庭園、ハーブ園、水生植物園などがあります。農産物販売所やバーベキューガーデンもあり、自分の手で収穫した野菜をその場で食べるプランなど、五感で自然を楽しめる工夫が満載の公園です◎

こちらのチューリップが見ごろを迎えるのは4月中旬ごろで、「あけぼの山農業公園チューリップフェスティバル」も開催。吹奏楽やステージイベントなどもあり、模擬店で食べ物も販売しているので、ゆっくりと楽しめるお祭りです♡

 

あけぼの山農業公園

6.佐倉ふるさと広場(千葉県)

佐倉photo@佐倉ふるさと広場


関東のチューリップ畑と言えば、約100品種70万本という関東最大級規模のチューリップが見られるのが、ここ佐倉ふるさと広場。日本とオランダの友好を記念して建てられた風車が特徴で、毎年春には「佐倉チューリップフェスタ」が開催されます♪

4月中旬に見ごろを迎え、フェスタ期間中にはチューリップの掘り取り販売やオランダ衣装の貸し出しと写真撮影などもあり、インスタ映えするイベントが盛りだくさん♡背景には印旛沼が広がり、豊かな自然の中でチューリップを鑑賞できますよ^^

 

佐倉ふるさと広場

7.ふなばしアンデルセン公園

ふなばしアンデルセンphoto@ふなばしアンデルセン公園


園内に咲く四季折々の花や、池、クラフト館やアスレチックなど、老若男女が楽しめる公園として人気を集めるふなばしアンデルセン公園。こちらでは、なんと12月上旬にチューリップが咲き始めます!めずらしい「アイスチューリップ」が見られる場所として、注目されています♪

南半球から夏に輸入したチューリップの球根を冷蔵保管して球根に冬だと錯覚させ、秋に屋外へ植え替えることにより、春が来たと感じて開花するのが、このアイスチューリップ。おもしろい仕組みですよね^^

毎年1月いっぱいは「チューリップまつり」が開催され、約20品種5万本のチューリップ畑が楽しめます。寒空の下に広がるカラフルなチューリップ畑は必見です♡

 

ふなばしアンデルセン公園

8.日比谷公園(東京都)

日比谷公園photo@日比谷公園


東京の真ん中、千代田区でチューリップが楽しめる場所が、ここ日比谷公園。こちらの花壇には四季折々の花々が植えられ、行き交う人々の癒しの場となっていますが、3月中旬から4月中旬にかけては1万5千株のチューリップが一面に咲きます♡

背景にそびえるビルとのコントラストは他では見られない貴重な光景です^^

 

日比谷公園

9.国営昭和記念公園(東京都)

昭和記念公園撮影:shuzo serikawa『撮影場所:国営昭和記念公園』


立川市と昭島市にまたがり、東京ドーム約39倍の敷地面積を誇る国営昭和記念公園。園内には、フットサルコート、プール、バーベキューガーデン、ドッグラン、子どもの森など子どもから大人まで楽しめる施設がたくさんあります♪

年間を通してその季節の花々が見られるので、散策スポットとしても有名です。チューリップは3月下旬から4月下旬にかけてが見ごろ。渓流広場に約242品種、23万本のチューリップが一斉に咲き乱れるさまは息をのむほど♡

この時期には「フラワーフェスティバル」も開催され、桜やポピー、菜の花やネモフィラなどが順を追って咲いていき、訪れる人々を楽しませてくれます^^

 

国営昭和記念公園

10.猿江恩賜公園(東京都)

猿江撮影:Takayuki Miki『撮影場所:猿江恩賜公園』


東京都江東区にある猿江恩賜公園は桜並木が美しいことで知られ、スカイツリーとのコントラストもめずらしく、多くの人が花見に訪れるスポットです。4月上旬から中旬にかけてはチューリップも見ごろを迎え、約1万本の色とりどりのチューリップ畑を楽しめます^^

4月中旬頃には「チューリップフェスタ」も開催され、ミニコンサートなどのイベントもあり、毎年多くの人でにぎわっています♪

 

猿江恩賜公園

11.横浜公園・山下公園(神奈川県)

横浜公園photo@横浜公園


関東のチューリップ畑を訪れるなら候補地として忘れてはならないのが、ここ横浜スタジアムにある横浜公園。JR関内駅から徒歩3分と立地もよく、日本で初めての洋式庭園として明治9年に造られた格式ある公園です。

横浜市民や子どもたちによって秋に植えられるチューリップは、春には約70品種14万本の見ごたえあるチューリップ畑になります♡毎年、4月上旬から下旬にかけて見ごろを迎えます。

 

横浜公園

山下公園

山下公園photo@山下公園


横浜公園から中華街を抜けて、十数分歩けば山下公園に出られます。横浜ベイブリッジや港に浮かぶ船などの景観が素晴らしいこの公園には、バラの名所としても知られ、春と秋にはバラを鑑賞する人々でにぎわいます♪

春にはところどころにチューリップも咲いているので、横浜公園を訪れた後はこちらにも足を運んでみてはいかがでしょうか^^

 

山下公園

12.江の島シーキャンドル

江の島2photo@江の島シーキャンドル


湘南のシンボルとも言われる展望台江の島シーキャンドルでは、11月下旬から2月中旬にかけて、「湘南の宝石」と呼ばれるライトアップが行われます♪こちらは関東三大イルミネーションにも選ばれた幻想的な光の祭典です♡江の島一帯が光で包まれ、光の世界を歩いている気分になりますよ^^

 

江の島photo@江の島シーキャンドル


「湘南の宝石」では、アイスチューリップを楽しめる年もあり、12月下旬ころから1月下旬にかけて2万本のアイスチューリップが見られます♪夜間にはライトアップされたチューリップも♡アイスチューリップが見られるかどうかは、事前にホームページで情報を確認してみてくださいね。

 

江の島シーキャンドル

13.大宮花の丘農林公苑(埼玉県)

大宮撮影:TANAKA Juuyoh (田中十洋)『撮影場所:大宮花の丘農林公苑』


埼玉県でチューリップ畑を楽しみたいなら、大宮花の丘農林公苑がおすすめ。園内には約3ヘクタールの花畑が広がり、春には桜の木の下にチューリップが咲き誇ります。桜とチューリップが同じフレームに入るので、インスタ映えも抜群♪

チューリップは、3月下旬から4月上旬頃が見ごろです。カラフルなチューリップの絨毯を楽しみたいなら、4月上旬が最適です^^

 

大宮花の丘農林公苑

14.国営武蔵丘陵森林公園(埼玉県)

森林公園撮影:TANAKA Juuyoh (田中十洋)『撮影場所:国営武蔵丘陵森林公園』


全国で初めての国営公園である国営武蔵丘陵森林公園の敷地面積は、なんと東京ドーム約65個分!!植物園やアスレチック広場、サイクリングコースなども整備され、子どもから大人まで一日楽しめる公園です♪

3月中旬から4月初旬にかけて約4品種18,000本のチューリップが見られます。自然に囲まれているので、新鮮な空気の中を散策しながら鑑賞するチューリップはまた格別です♡

 

国営武蔵丘陵森林公園

15.ぐんまフラワーパーク(群馬県)

ぐんまphoto@ぐんまフラワーパーク


赤城山のふもとにあるぐんまフラワーパークは、四季折々の花フェスタを開催し、年間を通して来場者を楽しませてくれます♡4月上旬から下旬にかけては、約70種20万本のチューリップが次々に開花し、あちらこちらで一面のチューリップを見られます♪

4月に開催される「チューリップフェスタ」期間中は、チューリップソフトも販売しているので、味わってみてはいかがでしょうか^^

 

ぐんまフラワーパーク

以上、関東でカラフルなチューリップ畑が見られる場所を15選ご紹介しました♪春の訪れを感じたら、ぜひ足を運んで楽しんでみてくださいね^^

【一都六県】お花見の季節!関東周辺の桜の名所をご紹介♡

【花見】ひとり旅に!桜のおすすめ花見スポット15選♡

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。