冬に北陸地方に行くならここは外せない!おすすめスポット12選◎

千枚棚

冬の北陸地方と言えば、降りしきる雪や日本海の荒波といったイメージがある人も多いのではないでしょうか。太平洋側より雪の多い北陸地方は、それゆえに冬景色を楽しめる景勝地やイベントがたくさんあるのです♡日本海の冬のグルメを味わい、夜は温泉に浸かる、そんな北陸地方ならではのお楽しみスポットを12選ご紹介します!

『冬に北陸地方に行きたい人』
『冬の北陸地方のおすすめスポットを知りたい人』におすすめ!

1.星峠の棚田【新潟県】

棚田photo@星峠の棚田


新潟県の十日町市には棚田がいくつもありますが、最も人気があるのが田んぼ約200枚が広がる「星峠の棚田」。「にほんの里100選」にも選ばれ、田んぼに水が張られて水鏡が見られる春と秋や、秋の雲海が見られる時期には、全国から多くのファンが絶景を見に訪れます♪

春から秋にかけても美しいのですが、雪の積もった棚田も、まるで物語のワンシーンのような美しさ。特に朝日や夕陽が雪に反射してきらめくさまは、とても幻想的♡

星峠の棚田は私有地なので、農耕車や作業の邪魔にならないように、マナーを守って鑑賞しましょう◎

星峠の棚田(十日町市観光協会)

2.つなん雪まつり【新潟県】

つなんphoto@つなん雪まつり


新潟県の最南端にある津南町は、日本有数の豪雪地帯で、真冬には3m以上の雪で覆われます。そんな津南町で3月に開催される「つなん雪まつり」は、雪を楽しみ、雪の美しさを表現する冬のイベントです♡

国内最大規模のスノーボードジャンプ大会や、集落の繫栄・家内安全を祈る「どうろく神焼」などの伝統行事が行われ、夜にはスカイランタンが夜空を明るく照らし出します♪豪雪地ならではの春の訪れを告げるお祭りにぜひ足を運んでみてください^^

つなん雪まつり

3.GALA湯沢【新潟県】

苗場photo@GALA湯沢


関東から日帰りで行けるスキー場として有名なGALA(ガーラ)湯沢スキー場。上越新幹線のガーラ湯沢駅に直結しているので、東京駅から出発して1時間半後にはスキー場に到着し、すぐにスキーやスノーボードが楽しめます♡もちろんレンタルも充実しているので手ぶらでOK♪

改札を出るとすぐにチケット売り場があり、着替えを済ませたらゴンドラに乗ってスキー場へ。平坦なコースも多いので、初心者でも大丈夫。ふわふわのパウダースノーで滑りやすく、山頂からの景色も抜群♡

JRが運営しているスキー場なので、新幹線代金込みの割引チケットもありますよ♪ICからも3kmとアクセスしやすいので、電車でも車でも気軽に行けるスキー場です^^

GALA湯沢スキー場

4.立山黒部アルペンルート「雪の大谷」【富山県】

立山黒部photo@立山黒部アルペンルート「雪の大谷」


富山県立山町にある立山駅から長野県大町市の扇沢駅まで続く「立山黒部アルペンルート」は、剱岳や立山三山をはじめとした壮大な山々が見られる山岳観光ルートです。春から秋にかけては、ロープウェイに乗って若葉や紅葉を見下ろしながら空中散歩を楽しめます♡

立山室堂平周辺は世界的な豪雪地帯で知られ、中でも「大谷」は20mを超す積雪が見られることも。ここを除雪して作られた「雪の大谷」は、人気の観光スポットで、4月中旬から6月中旬にかけて雪の間を歩くイベントも行われています。ぜひその迫力を肌で感じてみてください^^

立山黒部アルペンルート「雪の大谷」

5.称名滝【富山県】

称名滝photo@称名滝


立山黒部アルペンルートと言えば、日本一の350mという落差を誇る称名滝を忘れてはいけません♪立山連峰が源泉の称名滝は、新緑の頃や紅葉の美しい秋も絶景ですが、おすすめは雪解け水が流れ込み、水量が一気に増える春。ごうごうと音を立てながら滝つぼに流れ込むさまは圧巻♡

国の天然記念物に指定されているのも納得の壮大さで、この時期には運が良ければ、滝周辺に幻の「ハンノキ滝」や「ソーメン滝」が見られることも。冬にも訪れることができますが、雪が深く、称名滝探勝路では雪崩によって斜面になっている箇所もあるので、注意が必要です。

冬場でも凍ることなく勢いよく流れているさまを見られることも多い称名滝。体力に自信のある方は挑戦してみてはいかがでしょうか^^

立山黒部アルペンルート「称名滝」

6.富山市ガラス美術館【富山県】

ガラスphoto@富山市ガラス美術館


北陸でアートを楽しむなら、富山市ガラス美術館がおすすめ♪薬で有名な富山市は、薬瓶の製造も盛んに行われ、戦前にはガラス工場が10社以上もあったそう。こういった歴史を踏まえ、ガラスの街づくりを進めてきた富山市は、2015年にこの美術館を開館しました。

こちらの建物は、美術館の他にも図書館などが入っている複合施設で、外壁にはガラスやアルミ、御影石が使用されています。館内には、国内外の数多くのガラス作品が並び、企画展も随時開催されており、見る者の目を楽しませています♡

富山市ガラス美術館

7.兼六園【石川県】

兼六園photo@兼六園


北陸へ旅行するなら、金沢は外せないという人も多いのではないでしょうか。日本三大名園のひとつである兼六園は、四季折々の表情が美しく、いつ訪ねても楽しめますが、雪景色はまた格別♡

17世紀の中ごろに、加賀藩によって金沢城の周りに造られた藩庭がはじまりとされる兼六園。江戸時代を代表とする池泉回遊式庭園として、国の特別名勝にも指定されています。雪とのコントラストは絶景で、毎年2月中旬頃にはライトアップも行われ、幻想的な空間が浮かび上がります^^

兼六園

8.近江町市場【石川県】

近江市場photo@近江町市場


兼六園を満喫したあとには、金沢城や金沢21世紀美術館など、行き場所に迷うほど見どころの多い金沢。徒歩だけでなくバスで移動することもできるので、1日フリー乗車券を購入しておくのがおすすめ。おなかが空いたら、市の中心部にある近江町市場に寄ってみましょう♪

日本海の冬の味覚、加能ガニや香箱ガニがずらっと並ぶさまは圧巻。店頭で炉端焼きをしている店もあり、人気の近江町コロッケも販売しているので、食べ歩きも楽しめます^^

鮮魚は袋詰めや配送もしてもらえるので、気軽におみやげにできますよ♪鮮魚の他にも漬物や乾きものなど、海の幸はもちろん、精肉や果物、雑貨屋さんまで、見て回るだけでワクワクできるスポットです。

近江町市場

9.白米千枚田【石川県】

千枚棚photo@白米千枚棚


石川県輪島市白米町には、「白米千枚田」と呼ばれる棚田があり、大小さまざまな田んぼが海沿いの傾斜面に連なっています。青い海と緑の棚田、特に水田に青い空が映り込む5月ごろはそのコントラストが美しく、国の名勝にも指定されました。

近くには国道249号があるので、ドライブをしながらこの1004枚の棚田を眺められるのも人気のポイント♪夏の緑、秋の稲穂も美しいのですが、冬になると夕方以降にライトアップが行われ、水田の形を縁取る無数のライトがきらめくさまは、まるで絵画のよう♡

白米千枚棚(輪島市公式)

10.東尋坊【福井県】

東尋坊photo@東尋坊


日本海の荒々しさを体感したい人は、越前加賀海岸国定公園の特別保護区となっている東尋坊がおすすめ。長年の間荒波に削られて、荒々しい形状となった岩肌の柱状節理が1kmも続く東尋坊は、20m以上の断崖もあり、見ているだけでも飲み込まれそうな迫力です◎

マグマが冷えて固まり、波に侵食されて柱の形になったスポットというのは、世界中でも珍しく、他にはノルウェーと韓国で見られるだけ。国の天然記念物でありながら名勝に指定されるのも納得の壮大さ。冬の日本海は波が高いので、さらに迫力が増します♪

遊覧船に乗って、ライオン岩やろうそく岩などの珍しい岩を間近で体験してみてはいかがでしょうか。越前海岸には、「日本の夕陽百選」にも選ばれたほどの美しい夕焼けが見られるスポットもあるので、ぜひ自然の雄大さをじっくりと味わってみてくださいね^^

東尋坊

11.福井県立恐竜博物館【福井県】

恐竜博物館photo@福井県立恐竜博物館


北陸で自然科学に親しめるスポットと言えば、ここ福井県立恐竜博物館。カナダの古生物学博物館、中国の自貢恐竜博物館と並び、世界三大恐竜博物館とされています◎さまざまなメディアの国内博物館ランキングでも常に上位に挙がる、人気スポットです♪

30体以上の恐竜の化石や模型が展示され、大きな恐竜の模型が動いたり、体験型のコーナーがあったりと、子どもから大人まで楽しく学べる工夫がたくさん♡ショートムービーもあるので、くつろぎながら恐竜の歴史について学べますよ^^

春から秋にかけては全国から来場者が訪れる福井県立恐竜博物館。寒い冬の時期は、館内が空いてゆっくり見て回れるのでおすすめです♪

福井県立恐竜博物館

12.芦原温泉【福井県】

温泉撮影:極地狐『芦原温泉』


寒い北陸の冬を旅行するなら、夜は温泉に入って体を温めたいと思うもの。福井県あわら市にある芦原温泉は、国内有数の温泉街であり、「関西の奥座敷」という別称で、古くから文豪たちに親しまれてきました。

農地で使用する灌漑用の井戸から温泉が湧き出たという不思議な由来を持つ芦原温泉は、日本百景にも選ばれています◎金沢にも近いので、北陸旅行の旅の拠点としてもおすすめです♪

芦原温泉(あわら市観光協会)

以上、冬に北陸地方を旅行するならここは外せない!というスポットや食べ物を12選ご紹介しました^^寒さの厳しい北陸の冬だからこそ味わえるバラエティ豊かな体験をぜひしてみてくださいね♪

【北陸のスキー場】おすすめ10選◎注目の人気ゲレンデはここ!

 

【北陸ひとり旅】(石川・富山・福井)の紅葉スポット15選

 

 

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。