【うさぎの島が人気!】大久野島の魅力・楽しみ方をご紹介

Views:45

瀬戸内海に浮かぶ大久野島。ここはうさぎの楽園として知られ、700羽もの人なれした野生のうさぎたちに出会えます。しかしこの島は一時期地図から抹消された「幻の島」としての歴史も。そんなラビットアイランドへのアクセス方法や楽しみ方、うさぎとの触れ合い方を詳しくご紹介いたします!うさぎ好きな方は必見です♪

『うさぎの島で癒されたい人』
『変わった観光地を探している人』におすすめ!

 うさぎの島として人気の大久野島は一体どんな島?

大久野島8photo@大久野島


瀬戸内内海にうさぎの島と知られる島があるのはご存知でしょうか。そこでは野生なのに人なれしたうさぎたちが出迎えてれます♡

どうしてそんな島があるのでしょうか。。

またこのリゾートのような島には意外な過去が。

大久野島の歴史にも少し触れながら、うさぎの楽園での楽しみ方を詳しくご紹介いたします!

 

 大久野島の概要

大久野島

photo@大久野島


大久野島は瀬戸内海に位置する芸予諸島のひとつで、1934年に国立公園に指定された周囲4.3キロメートルの小さな島です。そこには700羽以上のうさぎが生息されていると言われ、とにかく歩けばうさぎに出会うという、うさぎ好きには楽園のような島と言えるでしょう。

すべて野生のうさぎですが、人に慣れており、えさを取り出す「ガサガサ」という音に反応して寄ってきます。
そんな、1日うさぎと触れ合えるような島であることから「うさぎの島」と言われています。

 

 宿泊は可能?

photo bymerec0『大久野島』


うさぎの聖地として知られる大久野島の宿泊施設はひとつしかないですが、キャンプ施設もあり、選択肢はあります。また釣りや温泉、プールなどのアクティビティも楽しむことができ、のんびりとウサギに触れ合いながら時間を過ごせる島なのでないでしょうか?

 

 どうしてうさぎがたくさんいるの?

photo bylohasteru『大久野島』


そもそもなぜこんなにうさぎがいるのでしょうか。島外の小学校から8羽のうさぎがこの島に放たれて野生化した後、700羽まで増えたと言われています。

その後、国民休暇村や大久野島ガス資料館などの観光施設の建設により、うさぎたちが人に慣れ、現在は「うさぎの楽園」として年間10万人の観光客が訪れているのです。

 

 大久野島の知られざる歴史

大久野島6photo@大久野島


こうしてうさぎの聖地として知られている大久野島ですが、どんな歴史をもった地域なのでしょうか。

 

リゾートアイランドのような趣のある大久野島ですが、島には旧日本軍の軍事施設の跡が残されています。明治30年代に日露戦争開戦のために砲台を作っていた島で、第一次世界大戦のころは化学兵器をつくる軍事施設が作られていました。

photo bylohasteru『大久野島』


このような施設で働いていた人たちは長らく健康被害にも苦しみ、またこれら化学兵器でも多くの方が命を落としました。

今はうさぎ島と知らている大久野島ですが、以前は毒ガス島と呼ばれ、化学兵器の製造・保管地でもあった事から第一次世界大戦中は地図上から抹消されていた「幻の島」でした。
そのため、この島には大久野島毒ガス資料館があるのですね。

photo bymerec0『大久野島』


 アクセスや注意事項は?

photo bymerec0『大久野島フェリー』


うさぎ島は島であるためフェリーに乗らないといけませんが、広島竹原市の忠海港から約15分と、そんなに本州から遠くはありません。大久野島内は車の走行は禁止であるため、桟橋付近の駐車場に停めるのが良いでしょう。

 

 大久野島の宿泊施設

大久野島には一つしか宿泊施設はありません。それが「休暇村 大久野島」です。加えて飲食店も1か所のみで、こちらも休暇村にあるレストランだけです。

そのため、島に渡る前に自分で食料や弁当を持参しても良いかもしれません◎また「休暇村 大久野島」は桟橋から無料送迎バスも運行しているため、島を巡るのに利用するのも良いでしょう。休暇村ではレンタサイクルもあります。そちらを利用するのもおすすめです◎

 

 うさぎとのふれあい方や注意点

大久野島2

photo@大久野島


さぁ、実際にうさぎと触れ合ってみましょう!島にはうさぎがたくさんいますが、たくさん群れている場所が休暇村の芝公園。島にはペレットなど売っていますが、野菜や果物は売っていません。事前に用意する必要があります。

 

 エサの注意点

ニンジンやキャベツ、リンゴやバナナなどを切ってタッパーに入れて行きましょう。ただしネギやニラ、タマネギは不適切で、またお菓子やパンなどもうさぎの餌としては良くありません。カット野菜をメインに用意しましょう。またスーパーの袋から出す音でウサギはダッシュしてくる模様。もう餌をくれるとわかっているのですね。

 

 ゴミは持ち帰ること

エサをやった後は、ごみは持ち帰りましょう。うさぎはなんでもかじる修正があるため、プラスチックやビニールなどを体内に入れた場合死んでしまうケースがあります。責任をもってごみの処理をしましょう。

 

 うさぎを見ても触らない!

またエサを求めてダッシュしてくるうさぎではありますが、触れられることや抱っこは苦手です。無理強いすると骨折してしまう恐れがあるため気を付けましょう。特に耳をもって持ち上げるのは絶対にNG。うさぎの耳は体温調節するための器官です。

 

 当たり前だけどタバコポイ捨ては禁止!

加えてたばこのポイ捨ても禁止です。うさぎにとってたばこは大変な害です。そしてサイクリングする際もうさぎに気を付けて決められたルートだけ走行しましょう。

 

 うさぎ島をもっと楽しむには

photo bymerec0『大久野島』


うさぎ島をもっと楽しむにはどうしたらよいでしょう?うさぎとのふれあいをもっと深めたい場合、海辺のキャンプ場でテントで寝泊まりという方法もあります。また、大久野島は海水浴場やプールが夏に開かれます。水遊びしながらウサギに触れ合うという楽しみ方もできます♪加えてテニスや釣りもできます。

 

平和学習のために大久野島ガス資料館で、今の平和なうさぎ島とは程遠かった時代の歴史に思いを巡らす事も、島のひとつの過ごし方と言えるでしょう。

 

 休暇村を利用してみる

休暇村に泊まる場合も楽しみはいっぱい。全て南向きの客室で抜群のロケーションでゆっくりのんびりできます。温泉浴場はヤシの木に囲まれており、まさにリゾート!朝夕は地元の食材を使った料理で舌鼓。まさに楽園ですね。

 

 休暇村でもっと楽しむ詳しい情報

大久野島3

photo@大久野島


 客室の種類

大久野島唯一の宿泊施設である「休暇村 大久野島」。その客室の種類はゆったりとした和室とシンプルな和室、そして洋室もご用意しています。バス・トイレ付から喫煙・禁煙まで自由に選べます。全て南向きで目の前の芝生公園ではうさぎたちが群がっており、のんびりできますよ♪

 

 温泉

大浴場は2種類あり、瀬戸内海を眺望できる展望浴場です。大沓の湯、そして小沓の湯ともに男女の浴室があり、特に小沓の湯からは瀬戸内海の夕陽をみながらくつろげます。日帰り入浴もできます。

  • 日帰り入浴:11:00~18:00
  • 料金:大人410円 小人360円

 料理

瀬戸内海のお魚や地元農家の有機野菜のバイキングから懐石料理、串揚げやかき揚げ、じゃがボールなどの名物屋台から連泊でも嬉しい日替わりメニューまでご用意。朝も30種類の地元食材にこだわったバイキングが楽しめます。

 

 アクティビティ

アクティビティの中に「うさぎさんたちと季節を感じる 朝のお散歩会」が実地されており、所要時間30分程の季節の植物を観察しながらのお散歩会があります。他にも大久野島ビジターセンターで竹和紙の紙すき体験が楽しめます。

竹和紙の紙漉体験

  • 時間:11:00~15:00(要予約)
  • 料金:500円

 プール

夏季限定で運営されるプールも夏の楽しみのひとつです。
瀬戸内海がすぐそばにあり、まさに南国ムード満載ですね!

  • プール営業時間:9:00~17:00
  • 料金:宿泊客の場合大人:300円 小学生200円 4歳以上100円
  • ビジターの場合大人:400円 小学生300円 4歳以上200円

 キャンプ場

大久野島5

photo@大久野島


前述したキャンプ場は休暇村内なので安心で安全。テントは設営済みでホテル内のレストランやバイキングも利用でき、初心者にもらくちんです。目の前はオーシャンビューでゆったりと休めます。雨や災害の時も安全なキャンプ施設です。

キャンプ場から徒歩5分の温泉にもつかれますし、夜は満天の星空を満喫できます。BBQ用具や毛布、調理器具などもレンタルできます。ただし大久野島内には食料品店がないので前もって食料は用意する必要があります。

 

テントの宿泊プランは食事あり、なしなどのプランがあり、用途に合わせて選べます。詳しくはホームページにて。

休暇村 大久野島

 まとめ

大久野島7

photo@大久野島


うさぎの聖地、大久野島。海水浴やプール、釣りやサイクリングを楽しむこともでき、そして休暇村大久野島では温泉で夕陽を眺めたり、瀬戸内海の魚や地元の食材を使用した料理に舌鼓をうったりと楽しみ方はいろいろ。

うさぎたちが怪我をしないよう自然環境に配慮しながら、うさぎたちに癒されにラビットアイランドに足を運んでみてはいかがでしょうか♪

 

続いてこちらの記事もおすすめ♪↓

猫好きさん集まれ!学生旅行は「猫の島」でのんびり過ごそう

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。