北海道の「おすすめ絶景スポット」をエリア別にご紹介◎

Views:43
富良野

日本の中でも北に位置する北海道は、広大な土地と自然が魅力の観光地として、多くの世代の人々から愛されています。そんな北海道に旅行に行きたいと考えている人はいませんか?北海道に行く前に知っておきたいエリア別の絶景スポットをご紹介します。絶景スポットを巡り忘れられない素敵な旅にしていきましょう!

『北海道旅行を考えている人』
『北海道の絶景を見たい人』にオススメ!

北海道・南部・函館エリアのオススメ絶景エリア7選

北海道の南部に位置する、有数の観光地ともいわれている「函館エリア」

年間の平均気温は9.5℃とその寒さに驚くかもしれませんが、これは北海道の中では暖かいほうだというから驚きですね。
自然がいっぱいで穏やかな雰囲気のある函館では、四季折々の海の幸が楽しめたり、絶景の観光エリアなど訪れた人たちの心を魅了します。

そんな「函館エリア」で、オススメの絶景エリアをご紹介します。

ベイエリア・赤レンガ倉庫

赤レンガ

函館の有名な観光地「ベイエリア・赤レンガ倉庫」は見逃せません。

赤レンガ倉庫が立ち並ぶベイエリアでは、美しい運河とそのまわりを巡るクルージングや、カフェなどを利用できます。
レストランやショッピングスポットもあるため、絶景だけでなくちょっとしたショッピングやお土産選びにも便利です。

運河の景色に癒されながらの食事や、カフェで休憩をするのも良いですね。

ベイエリア・赤レンガ倉庫

営業時間 9:30〜19:00(季節により変動あり)
電話番号 0138-27-5530
北海道函館市末広町14番12号

参考サイト

函館山

北海道

市電「十字街電停」から徒歩10分の場所に位置する「函館山」。
函館といえば「函館山」といっても過言ではないほど、有名な絶景スポットです。

日本全国の夜景スポットの中でもとくに人気があり、『100万ドルの夜景』だと評判です。
北海道に訪れたら絶対に外してはいけない観光エリアですね。

函館山

営業時間 4月25日~10月15日 10:00~22:00
10月16日~4月24日 10:00~21:00
電話番号 0138-23-3105
北海道函館市末広町14番12号

参考サイト

函館山ロープウェイ

函館山を登るには、交通機関で登る方法とロープウェイを利用するふたつの方法があります。

ロープウェイは3分ほどで頂上に着き、約10分間隔で運行しているため待ちくたびれる心配もありません。
乗車している3分間は、函館の景色をしっかり堪能できますよ!
景色から目を離さないでくださいね♪

函館山

営業時間 4月25日~10月15日 10:00~22:00
10月16日~4月24日 10:00~21:00
電話番号 0138-23-3105
北海道函館市末広町14番12号

参考サイト

五稜郭公園

五稜郭

バスで「函館駅前」〜「五稜郭公園前」から徒歩15分の場所に位置する五稜郭公園は、土方歳三の活躍の舞台である場所とも言われており、歴史好きの方からも人気のある観光エリアです。

敷地内には五稜郭タワーもあり、函館の景色と歴史について学べます。

また五稜郭タワー限定で販売されてるお土産グッズもあるため旅のお土産を購入する場として立ち寄るのもオススメです!

五稜郭公園

営業時間 4月21日〜10月20日 8:00〜19:00
10月21日〜4月20日 9:00〜18:00
五稜星の夢期間中(冬季) 9:00〜19:00
1月1日(初日の出営業) 6:00〜19:00
電話番号 0138-51-4785
函館市五稜郭町43-9

参考サイト

立待岬

津軽海峡

市電「谷地頭」から徒歩15分の場所に位置する立待岬は、箱根山の南端ある岬です。
この谷地頭は津軽海峡も見える絶景スポットとして知られています。

岬周辺には広場もあり、散策して函館の自然を満喫することもできますよ。
また近くには温泉などもあるため、ゆっくりと巡り疲れを癒しのもおすすめです◎

立待岬

電話番号 0138-27-3333
北海道函館市住吉町

参考サイト

白糸の滝

白糸のたき
JR「函館駅」から車で1時間の場所に位置する白糸の滝は、季節によって様々な情景を映し出し、四季を感じられる絶景スポットの一つです。

北海道で稼動する最古の水力発電所である「定山渓発電所」の戻り水が流れ落ちる小さな滝を見られるのがここ「白糸の滝」。
駅から少し離れた場所にあるため車が必須となりますが、北海道の自然とマイナスイオンを感じられるこの場所で癒されるというのはいかがでしょうか?

白糸の滝

電話番号 0544-22-1155(お問い合わせ番号)
北海道函館市木直

参考サイト

函館公園

函館公園

(写真はイメージです。)

市電「青柳町」から3分、函館山のふもとに位置する広大な敷地をもつ「函館公園」です。
園内にはミニ遊園地や動物飼育施設も設置されており、多くの人々でにぎわいます。

また桜の名所としても知られており、春になると売店なども立ち並び遠くから観光に来る方も多くいます。
春の夜桜を見に訪れる絶景旅もオススメです♪
観光だけでなくアクティビティサービスもあり、訪れた人々を退屈させない楽しみの多い観光スポットではないでしょうか?

函館公園

営業時間 8:45~17:30
電話番号 0138-22-7255
北海道函館市青柳町17

参考サイト

美瑛・富良野・旭川エリアのオススメ絶景エリア6選

富良野のラベンダー畑「ファーム富田」

北海道のラベンダーは7月ごろに見頃を迎え、早いときには6月から見頃を迎えることもあります。

そんな夏ごろに北海道を訪れる予定の方におすすめしたい絶景スポットは、富良野のラベンダー畑「ファーム富田」です。
ラベンダー園は道内でも各地に多数存在しますが、とくに人気が高い「ファーム富田」。

ファーム富田には7つの花畑があり、年間で約100万人もの人々が訪れる人気スポットです。
夏だけでなく季節によって様々な花を楽しむことができますよ◎

ファーム富田

営業時間 8:30~18:00 花人の舎、4月下旬~9月
9:00~16:30 花人の舎、10月~4月中旬
8:30~17:00 ポプリの舎、4月下旬~10月
8:30~17:00 蒸留の舎、香水の舎、4月下旬~9月
電話番号 0167-39-3939
北海道中富良野町基線北15号

参考サイト

ぜるぶの丘

ぜるぶの丘

旭岳や十勝岳連峰などの美しい自然を背景に、ラベンダーやひまわりなどの花畑を見られる「ぜるぶの丘」。
「さわやかな風薫る丘でみんなで楽しく遊ぶ」をコンセプトにつくられた園内では、展望台からその絶景を眺めることができ、日常を忘れゆったりとした時間を楽しむことができます。

また、北海道限定のお土産が販売されている店、北海道ならではの美味しい食事を楽しめるレストラン、新鮮な野菜が販売されている販売所も存在します。
そちらも合わせてチェックしてみてくださいね!

ぜるぶの丘

営業時間 4月~10月8:30~17:00
11月~3月9:00~17:00
電話番号 0166-92-3160
北海道上川郡美瑛町大三

参考サイト

大雪山旭岳ロープウェイ

旭岳

標高1100mの旭岳山麓駅から大雪山系の主峰旭岳の5合目、標高1600mにある姿見駅までを結ぶ101人乗りのロープウェイが「大雪山旭岳ロープウェイ」です。

搭乗時間は約10分間で、その間の空中散歩では、雄大な自然を堪能することができます。

季節によって様々な表情を見せてくれます。
春や秋ごろには登山コースを利用してハイキングを楽しみ、寒くなってきた冬の時期には、スキーコースやウィンタースポーツを楽しむ場所としても利用できます。

絶景を堪能できるだけでなく、アクティビティとしての遊び方もある魅力的な観光スポットです。

大雪山旭岳ロープウェイ

営業時間 【日曜祝日】9:00~16:00(3/1~5/10は17:00まで)
【土曜日】9:00~16:00(3/1~5/10は17:00まで)
【祝前日】9:00~16:00(3/1~5/10は17:00まで)
【平日】9:00~16:00(3/1~5/10は17:00まで)
電話番号 0166-68-9111
北海道上川郡東川町旭岳温泉

参考サイト

就実の丘

丘

(画像はイメージです。)

旭川市の西神楽地区にある丘陵地帯で、口コミや雑誌、SNSなどで徐々に人気が高まっている絶景観光エリアが「就実の丘」す。

ジェットコースターのようなアップダウン道路からは旭川市街遠景、大雪山連峰・十勝岳連峰を一望でき、絶景観光地として注目が集まっているのです。

天気がいい日にレンタカーを借りてドライブがてら立ち寄りたいですね。
北海道らしい大自然も満喫できるので、ゆっくりしたい気分のときなどにおすすめです!

就実の丘

旭川市西神楽就実地区

参考サイト

四季彩の丘

四季彩の丘
広い大地に広がる「四季彩の丘」は7haもの花畑が魅力の絶景スポットです。
季節によって変化を感じられる30種類の花が迎えてくれます。

ここでは自然を堪能するだけでなく、アルパカ牧場やペンションなども設置されているので、それぞれ目的に合わせて楽しむことができます◎

ウィンターシーズンになるとスノーモービルなども体験することができ、絶景を堪能するだけでなく冬をしっかり満喫することができます!

敷地内にあるレストランでは、美瑛産の食材を豊富に使ったメニューも用意されているので、四季彩の丘に訪れた記念としてぜひ、立ち寄ってみるのもおすすめです。
フレッシュなミルクを使用してつくられたソフトクリームは、とくにイチオシです◎

四季彩の丘

営業時間 12月下旬~3月中旬 9:00~16:00 スノーランド
4月~10月 9:00~17:00 展望花畑
電話番号 上野ファーム
北海道上川郡美瑛町新星第3

参考サイト

上野ファーム

上野ファーム

色とりどりの花が咲き誇る癒しの庭園「上野ファーム」では、まるで絵本の世界に迷い込んだかのようなメルヘンチックな庭園の絶景を楽しむことができます。

四季によって咲く花は異なるため、訪れる度に違う景色が迎えてくれるはず。
何度訪れても飽きることがありません。
北海道の美しい花々を、庭園を巡りながら鑑賞する旅なんて素敵ですよね◎

上野ファーム

営業時間 4月下旬~10月中旬(冬季休業) 10:00~17:00
電話番号 0166-47-8741
北海道旭川市永山町16-186番地

参考サイト

小樽・札幌エリアのオススメ絶景エリア6選

札幌もいわ山ロープウェイ

藻岩山

日本の新三大夜景とされ、愛され続けている夜景と自然が素晴らしい北海道の観光名所「札幌もいわ山ロープウェイ 」。

札幌市の中央に位置し標高531mの藻岩山(もいわやま)からの、夕暮れから夜にかけての夜景はまさに絶景。
訪れた人の心を魅了すると言います。

また、展望レストラン「ザ・ジュエルズ」は札幌で1番高い位置にあるレストランで、北海道の食材を使用した絶品料理を堪能できます。
お土産売り場では、藻岩山のキャラクター「もーりす」も販売されているため、旅のお土産としてお忘れなく!

札幌もいわ山ロープウェイ

営業時間 夏季:4/1~11/20 10:30~22:00 (上り最終21:30)
冬季:12/1~3/31 11:00~22:00 (上り最終21:30)
電話番号 011-561-8177
北海道札幌市中央区伏見5-3-7

参考サイト

小樽運河

小樽の観光名所のひとつとして親しまれている「小樽運河」。
大正12年に完成、北海道の海運を支えた歴史ある風景として、現在でも多くの人が観光に訪れています。
運河沿いにある石畳の歩道は、夜には遊歩道にガス灯がともり、昼とは違った景色を楽しめます。

また、北海道といえば冬場の雪景色も楽しみの一つ。
春から冬にかけてまったく違う表情を見せてくれますよ。

「小樽運河」周辺には、石造り倉庫の地ビールレストランも設置されています。
地元の「小樽ビール」が運営するビアレストランで、地ビールやソーセージをつまむことができます。

小樽運河

電話番号 0134-32-4111
北海道小樽市港町

参考サイト

旭展望台

旭展望台

(写真はイメージです。)
小樽駅の裏手にある標高190mの丘陵地にある展望台「旭展望台」。

頂上までは歩いて登ることもでき、ハイキング気分を味わえます。
晴れた日には暑寒別連峰(増毛連山)を臨むことができます。

映画「最終兵器彼女」のロケ地にも使用されているため、映画のシーンに出てきた場面を巡って写真撮影をしてみるのも楽しいかもしれません。

旭展望台

営業時間 24時間営業(冬季を除く)
北海道小樽市富岡2丁目

参考サイト

小樽天狗山

天狗山

標高532.4mの小樽のシンボル的な山が「小樽天狗山」です。

ロープウェーから眺められる小樽の夜景が魅力で、記念の写真を撮ることもできます。
また敷地内には多数の展望台があり、夜景だけでなく、昼間も楽しめる観光エリアとして人気を集めています。

ハイキングはもちろんのこと、大人も子供も楽しめる「天狗山スライダー」やリスに触れ合える「シマリス園」、「天狗山神社」など見所、遊べるスポットが盛りだくさん!
冬になるとスキー場へと変身し、スキーなどを楽しむこともできます。

海の幸をつかったラーメンやカレー、ピザなどのほかにデザートが食べられるレストランもあるので、お腹が空いたときは寄り道することも可能です。
お土産エリアでは天狗山オリジナル商品も販売されていますよ◎

小樽天狗山

営業時間 2017.11.25(土)~ 2017.12.08(金) 9:24〜20:48(上り) 9:24〜21:00(下り)
2017.12.09(土)~ 2018.03.25(日) 9:00〜20:48(上り) 9:00〜21:00(下り)
電話番号 0134-33-7381
北海道小樽市天狗山

参考サイト

JRタワー展望室 タワー・スリーエイト

札幌

北海道内で1番の高さを誇るといわれている、JRタワーの最上階に位置する展望室「JRタワー展望室 タワー・スリーエイト」。

720円(大人の一般料金)で入場することができ、中に入ると全方位から札幌の街並みを眺めることができます。

訪れる時期によっては、新年の初日の出や夏の花火大会、七夕、クリスマスイベント、年越しなど季節によってそれぞれ異なるイベントに参加することもできるので、事前にチェックしてみてくださいね。

隠れオススメ絶景スポットは、トイレの中から見える絶景です。
訪れた際には、トイレに行くのを忘れないでくださいね♪

JRタワー展望室 タワー・スリーエイト

営業時間 10:00~23:00(最終入場22:30)
電話番号 011-209-5500
札幌市中央区北5条西2丁目5

参考サイト

白い恋人パーク

白い恋人
北海道といえば北海道土産として大人気のスイーツ「白い恋人」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

この「白い恋人」の製造過程や体験をおこなえるお菓子の製造工場「白い恋人パーク」が、札幌にあります。

館内では限定商品が販売されているほかに、自分で体験してオリジナルの白い恋人をつくれるイベントも。
旅の思い出として、ピッタリです。

また外には美しい庭園があり、絶景スポットとしてもオススメです。
季節ごとに美しい花々が咲き誇ります。
冬にはイルミネーションも見られるので合わせてそちらもチェックしてみてくださいね◎

白い恋人パーク

営業時間 9:00~18:00
北海道札幌市西区宮の沢2-2-11-36

参考サイト

知床エリアのオススメ絶景エリア6選

カムイワッカ湯の滝

カムイワッカ 北海道斜里郡斜里町のカムイワッカ川にかかる滝が「カムイワッカ湯の滝」です。

「カムイワッカ」とは、アイヌ語で「神の水」を表す言葉で、滝の温度は約30℃ほどあるため暖かい時期になると滝壺で入浴する人もあらわれ、温泉地としても人気の観光地です。

カムイワッカ湯の滝 

北海道斜里町字岩尾別 知床国立公園内

参考サイト

知床五湖

知床

知床連山を背景に、原生林の中にたたずむ5つの神秘的な湖が「知床五湖」です。
「知床五湖」は雪がとけたあとの4月下旬~晩秋の11月にかけて開放されます。

「高架木道」と「地上遊歩道」のふたつの歩き方を選択することができます。
高架木道は比較的緩やかなつくりで、車椅子やベビーカーのかたでも利用することができ、約40分ほどで往復できます。

続いて地上遊歩道ですが、フィールドハウスから二湖~一湖を歩く約1.6キロの「小ループ」と、五湖~四湖~三湖~二湖~一湖という順ですべての湖を巡る約3キロの「大ループ」のしっかりコースも用意されています。
新鮮な空気や自然を楽しめるイチオシの観光スポットです。

知床五湖

営業時間 7:30~18:00
電話番号 0152-24-3323
北海道斜里郡斜里町遠音別村

参考サイト

フレペの滝

フレペ

知床半島プユニ岬東の断崖からオホーツク海に流れ落ちる「フレペの滝」。
広々とした草原では、大自然とともに野生の動物も見ることができます。
地中の水が崖からほろほろとこぼれてオホーツク海に注ぎ込む姿から、別名「乙女の涙」としても知られています。
冬にはスキーやスノーシューを履いて訪れるかたも多い絶景スポットです。

フレペの滝

営業時間 夏季8:00〜17:30
冬季9:00〜16:00
電話番号 0152242114
北海道斜里郡斜里町大字遠音別村字岩宇別531番地
参考サイト

セセキ温泉

セセキ

(写真はイメージです。)


ドラマ「北の国から」
で知名度を一気にあげた「セセキ温泉」
岩で囲まれた露天風呂で、満潮時には海水で入れなくなってしまうため秘湯としても有名です。

また、旅行誌やメディアに取り上げられることも多く、知名度が高い場所でもあります。
少し変わった露天風呂につかりながら、北海道の大自然と景色を堪能してみるのはいかがでしょうか?

セセキ温泉

電話番号 (夏季:瀬石番屋):0153-89-2654
(夏季以外):0153-88-2384
北海道目梨郡羅臼町瀬

参考サイト

オシンコシンの滝

オシンコシン

「日本の滝100選」にも選ばれており、オホーツク海や知床連山を遠望することができることで有名な「オシンコシンの滝」
特徴的なのは途中で2つに分かれているということ。
その姿から「双美の滝」とも言われています。

階段を利用して途中まで登ることができ、間近で見る滝の姿は圧巻。
展望台から見る流氷もまた、絶景スポットの一つです。

オシンコシンの滝

北海道斜里郡斜里町ウトロ西0

参考サイト

ゴジラ岩

ゴジラ

(写真はイメージです。)
高さ15メートルほどあるゴジラの形をした「ゴジラ岩」

実は日本中各地でゴジラ岩は存在し、世界遺産として選ばれた知床にも「ゴジラ岩」が存在します。

周辺には、源泉を使用した「ゴジラの手湯」もあるので、立ち寄るのもいいかもしれません。
どの角度からが1番ゴジラのように見えるか、写真を撮って競うというのも面白そうですね!

ゴジラ岩

北海道斜里郡斜里町ウトロ東50

参考サイト

まとめ

北海道の絶景オススメエリアについてご紹介しました。
日本の新三大夜景を始め、北海道には溢れる自然の迫力を感じられるような景色など、数多くの魅力的な観光エリアがあります。
厳選した絶景を直接目でみて、その壮大さを感じていただければと思います!

続いてこちらの記事もおすすめ!↓

【日本の絶景30選】日本人なら一度は行っておきたい!おすすめ絶景スポットをご紹介

卒業旅行は北海道の温泉へ行こう!【人気・穴場温泉10選】

カメラを持って海外旅行へ!持ち運びの注意点と目的別おすすめカメラ7選

気になる「国内旅行保険」について値段や特徴など比較◎

 

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。