ひとり旅で星空にひたりたい…*【星の絶景スポット10選】

綺麗な星空を見たい、美しい星に憧れる、いつかは満天の星空を眺めてみたいと思ったことはありませんか?いざ、ひとりで星空を見に行こうと思い立っても、絶景の星空スポットが分からないといった場合も。さらには、宿泊する宿やホテルにも悩んでしまうといった方にぜひおすすめしたいスポットを10ご紹介していきます^^

『ひとり旅で星の絶景スポットに行きたい』
『綺麗な星空を見たい』人におすすめ!

1:小浜島(沖縄県)

小浜島撮影:Hidetsugu Tonomura 『小浜島』


沖縄の離島、リゾート地の小浜島◎日本で一番赤道に近い八重山諸島のひとつであり、実は世界屈指の星空の名所なのです♡

一度国内の天文学者が選ぶ全国星空スポットランキング1位に認定されたこともあり、日本でも有数の星空として知られています!

そして、日本で最も多くの星座が観測できる地でもあります♪88個ある星座のうち、小浜島で見ることのできる星座はなんと84個!
21個ある一等星もすべて観測できてしまいます!

 

宿泊するなら「はいむるぶし」がおすすめ!

はいむるぶし撮影:ume-y 『はいむるぶし』


「はいむるぶし」とは、南十字星の意味♡コテージ風のリゾートホテルが、はいむるぶしです^^全室コテージで、それぞれ離れているためまるで別荘に泊まりに来たような気分♪

 

おすすめは、園内ナイトツアー!はいむるぶしは国立公園内にあるため、園内は大自然そのものなのです◎部屋からではなく、暗闇から眺める満天の星空は絶景以外のなにものでもありません♪

6~12月には南十字星を見ることができます^^

はいむるぶし 公式サイト

2:阿智村(長野県)

スター写真はイメージです。


長野県・阿智村で開催されている、「日本一の星空ナイトツアー」プランはとても人気があります♪このプランでは、星空観賞・天体観測だけでなく、標高1,400m地点までロープウェイで星空遊覧、星空の下での野外ライブなど他にも楽しみが満載♡

阿智村は、鉄道も走っておらずアクセスが決していいとは言えませんが、訪れる人が絶えることがありません◎

 

阿智村は、日本一暗い村と言われており、環境省の全国星空継続観察で、「星が最も輝いて見える場所」の1位に選ばれたこともあるのです!

 

宿泊するなら「石苔亭いしだ」がおすすめ!

阿智村photo @ 「阿智村」


阿智村には、星空以外にもおすすめが♪

国内トップクラスのph値を誇る昼神温泉があるのです♡「美人の湯」とも呼ばれ、その美肌効果には感動!

その昼神温泉郷で最も名の知れた旅館が、「石苔亭いしだ」です^^数寄屋造りの佇まい、素晴らしい料理にも定評があります◎

石苔亭いしだ 公式サイト

3:摩周湖(北海道)

摩周湖photo @ 「摩周湖」


「神秘の湖」とも呼ばれる摩周湖では、摩周湖星紀行という星空観賞ツアーが開催されています♡

東北海道のなかでも中央に位置する「摩周湖・屈斜路湖・硫黄山」のある町は、人口約7800人の弟子屈(てしかが)という町◎

摩周湖を見下ろすことのできる第1・第3展望台は、ほぼ360度見渡せる絶好の展望台です!また、視界を遮るような高い山などがなく、平地が広がっているため、自分の目線から星を見ることも可能となります^^

 

宿泊するなら「川湯観光ホテル」がおすすめ!

川湯温泉撮影:Rie NAKAYA『川湯温泉』


「摩周湖星紀行」ツアーの出発地が、川湯観光ホテルとなります!

川湯温泉は、硫黄の臭いが漂う本物の温泉街◎
星空観光だけでなく、東北海道を楽しむためにはとても好立地なのが川湯観光ホテルなのです♪

展望黄金大浴場、露天風呂など温泉はすべて源泉かけ流しです!
和室・洋室揃っており、とても素敵な部屋ばかり^^

川湯観光ホテル 公式サイト

4:清里高原(山梨県)

山梨photo @ 「山梨県」


山梨県は、東京と隣接しているということもあり、とても好アクセス♪

清里高原だけでなく、富士山、3,000m級の南アルプスの山々も見ることができ、標高1,200mの高台の展望台には言葉通りの大パノラマが広がっています!

清里・美しの森駐車場は、関東を代表する星空スポットなのです^^

宿泊するなら「清里高原ホテル」がおすすめ!

八ヶ岳photo @ 「八ヶ岳」


東京から約2時間という好アクセスであり、八ヶ岳山麓の標高1,470mに位置する「天空の楽園 清里高原ホテル」◎
この地は日本有数の天体観測地となっており、街灯も規制されるほど!

周辺は国立公園に指定されており、天文ファンには知られた人気のホテルなのです♡
毎晩、館内の天文台には望遠鏡を使った星空観察会が開催されています◎

清里高原ホテル 公式サイト

5:上高地(長野県)

上高地photo @ 「上高地」


上高地は、標高約1,500mに位置しています!
上高地の夜空は、まるで大自然のなかのプラネタリウムのように満天の星空が広がります♡

ホテルの照明も、深夜になるとほとんど消えるため、ホテルの周囲でも十分に星空を眺めることができます!

宿泊するなら「上高地ルミエスタホテル」がおすすめ!

上高地photo @ 「上高地」


上高地ルミエスタホテルでは、月4日ほどプロのカメラマンを招き、「星空撮影会」を開催しています!
撮影会が行われていない日でも、天体望遠鏡で星空観賞が可能です♡

全室で、地下150mから湧き出た自家源泉の温泉を引いています!
上高地で100%源泉かけ流しの天然温泉に入れるホテルは、わずか2軒のみ!

星空と温泉両方楽しむことができます♪

上高地ルミエスタホテル 公式サイト

6:四万十市(高知県)

四万十photo @ 「四万十川」


四万十市は、旧環境庁が「星空の街」として認定したほど綺麗な星空が見えることで有名です◎
この認定とともに設置されたのが、四万十市天体観測施設♪

口径36cmの反射望遠鏡「四万十スター」が設置されており、肉眼では見ることができないほどの惑星や天体現象の観測が可能です^^

もちろん、肉眼でも美しい星空を鑑賞することができます◎

宿泊するなら「新ロイヤルホテル四万十」がおすすめ!

夜空写真はイメージです。


新ロイヤルホテル四万十には、「ひとり旅プラン」が用意されているため、ひとりでも気兼ねなく宿泊することができます♪

四万十観光には大変便利な立地であり、各種観光スポットへ行く拠点として有効です◎
四万十川の幸、太平洋の幸を堪能できます^^

新ロイヤルホテル四万十 公式サイト

7:南阿蘇(熊本県)

南阿蘇photo @ 「南阿蘇」


活火山である「阿蘇山」のつくりだした巨大なカルデラ内にある、本格的な天文台とツイン・プラネタリウム!

ホテルが併設されている、全国でも珍しい星空が楽しめることに特化されている施設となっています^^

宿泊するなら「森のアトリエ」がおすすめ!

月写真はイメージです。


南阿蘇の大自然のなか、思いきり美しい星空を眺めることのできる宿として大人気♡

天体望遠鏡は、なんと九州で一番の大きさ!反射望遠鏡で月を見ると、クレーターまではっきり見ることができます!

星空解説のプロフェッショナルである「星のコンシェルジュ」がその日の天候など、宿泊客に合わせて最適な星空の散歩を提供してくれます♪

プラネタリウムも併設されているため、万が一雨の夜でも、満天の星空を再現してくれることでしょう◎

森のアトリエ 公式サイト

8:石垣島(沖縄県)

石垣photo @ 「石垣島」


2018年3月30日、西表石垣国立公園が日本初の「星空保護区(ダークスカイパーク)」に認定されました!国内では初であり、世界では59番目の認定となりました◎

石垣島は、天文学者が選ぶ日本一美しい星空で1位を獲得しています◎さらに、石垣島は「日本三選星名所」にも認定されており、88星座のうち、八重山では84の星座を見ることができます♪

 

宿泊するなら「沖縄エグゼス石垣島」がおすすめ!

石垣島photo @ 「石垣島」


全室オーシャンビューであり、石垣島の美しい海が目の前に広がります♪

星空スポット「石垣島星空ファーム」には、360度地平線が広がる全天パノラマビューが!星が真横に見えるという貴重な体験をすることができます◎

星空を眺めながら、ひとり贅沢に「島時間」をゆっくりと過ごしてみませんか♪

沖縄エグゼス石垣島 公式サイト

9:角島灯台(山口県)

灯台photo @ 「角島灯台」


角島灯台は、イギリスの技師が建立したもので、石造りの灯台としては日本では最も美しいと言われています◎
130年経った今現在も、毎日点灯しています!

105段あるらせん階段を上がっていくと、目の前には360度のパノラマビューが広がります♪

9月末~2月末まではライトアップされます^^

宿泊するなら「ホテル西長門リゾート」がおすすめ!

海photo @ 「角島灯台」


コバルトブルーの海を見渡すことができる露天風呂♪
部屋でもオーシャンビューの眺望を楽しむことができます^^

ホテルから眺める角島と海の景観は、「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」のひとつにも選ばれています◎

ホテルのバスで行く「角島ナイトツアー」で、夜の灯台まで連れて行ってくれます!

ホテル西長門リゾート 公式サイト

10:琵琶湖(滋賀県)

琵琶湖photo @ 「琵琶湖」


琵琶湖の北側にある余呉湖では、時期が合えば天の川や月食などを見ることができ、風が少ない日には湖面に反射して見えることも!

琵琶湖の湖畔にある「白鬚神社」の鳥居と満天の星空を同時に見るのもおすすめです◎

宿泊するなら「琵琶湖マリオットホテル」がおすすめ!

琵琶photo @ 「琵琶」


琵琶湖マリオットホテルは、日本一大きな湖である琵琶湖のほとりに位置しています!
2017年7月にオープンしたばかりの新しいホテルです♪

プラネタリウムがあり、星空案内人のお兄さんが絶妙なトークで解説してくれます^^

琵琶湖マリオットホテル 公式サイト

星を綺麗に見るためのポイント

空
綺麗な星空を見たいけれど、なかなか満点の星空に出会えないと感じたことはありませんか?

実は、美しい星空に出会うためにはポイントがあるのです◎どうすれば星を綺麗に見ることができるかを、まずは学んでいきましょう♪

 

晴れている

まず一番大事なことは、晴れていること!晴れていなくては、星を見ることはできません!

天気予報を確認するのが手っ取り早いですが、同じ「晴れ」でもまったく雲がないのか、80%が雲に覆われているのか(「晴れ」の定義は、雲量が80%以下)の判断は難しいため、まずは晴れているかどうかを確認してから、他の条件とも照らし合わせてみると良いでしょう^^

 

空が暗い場所に行く

大都市圏や市街地から離れた場所が良いでしょう◎

人工の光の影響を受ける場所から少しでも離れることによって、綺麗な星空を見ることも不可能ではありません♡街灯・人家・車の往来・自動販売機の灯りなどに注意を払うだけでも違う景色が見られるでしょう♪

 

空気が澄んでいる

標高が高い場所や、工場などが近くにない場所が良いでしょう◎景色がぼやけてしまう原因は、空気中の湿度やチリ・ホコリなどのためです。

夏より冬の方が空気が澄んでおり、星も綺麗に見えることが多いです♡また、夏でも台風や雨が降った後には、空気が澄んで満天の星空が見えることも♪

 

星空を楽しめる場所は国内でも様々な場所にあり、ひとり旅をしながら巡ってみるのも面白そうですよね!天体観測をプッシュしている宿に泊まれば、楽しみも倍増!

ぜひ素敵な星めぐりの旅をお楽しみください♪

星ふる旅行先ベスト5選♡ 卒業旅行は満点の星空のもとで*

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。