憧れの世界一周旅行へ行ってみたい!【世界一周旅行に必要なことまとめ】

握手

一昔前よりも身近になった海外旅行。身近になった分、1ヵ国行くだけでは物足りない…もっといろんな国に行ってみたい!世界一周旅行してみたい!と思った人も少なくはないはず。でも「世界一周旅行」ってどんなもの?費用も高いんじゃないの?という心配も。そんな不安を解消できるような、世界一周旅行に必要なことをまとめました!

『世界一周について知りたい人』
『世界一周にチャレンジしてみたい人』におすすめです!

 世界一周とは

世界地図と飛行機

 人類初の世界一周旅行

遡ること15世紀ポルトガルの大航海時代、人類で初めて世界一周旅行に挑戦したフェルディナンド・マゼラン一行が、スペインの艦隊を引き連れ史上初となる世界一周を達成しました。マゼラン本人は志半ばで戦死してしまいましたが、残った艦隊が1522年に世界一周を成し遂げたのです。「マゼラン海峡」「マゼランペンギン」など、マゼランの名にちなんで名づけられているんですよ。

 

 世界って何か国あるの?

世界の国って何か国あるのか?ふと考えてみると「そういえば知らない…」という人も多いですよね。実は明確な答えがなく、何を基準にして考えるかというところで変わってくるのです。

国際連盟に加盟している国で考えれば193ヵ国、日本が国として承認している国となると196ヵ国となります。例えば日本側の考えとして、台湾は中国の一部、パレスチナなども国として認めていません。しかし、100か国以上渡るベテラン旅行者が集まるアメリカの同好会(トラベラーズセンチュリークラブ:TCC)では独自の国リストがあり、そこには320以上もの国が存在しています

 

 世界一周の定義

一概に「世界一周」と言っても「5大陸を全て制覇したら?」「世界中を100か国以上回ったら?」と人によってイメージはまちまち。 正確な定義や決まりはハッキリとはありませんが、太平洋と大西洋をそれぞれ1回ずつ横断し地球を一周して、出発地に戻ってくることをイメージしておくと良いかもしれません。

世界一周の旅行を身近に感じられる♡おすすめブログ9選

 世界一周のモデルルート

モデルルート

行きたい国があったり、日程の問題で行ける国が制限される、予算をなるべく抑えたいなど、世界一周旅行でも人によって旅の内容は様々ですよね。

世界一周旅行をするにあたって一番重要かつ楽しい事は巡るルートを決めることではないでしょうか。時期や予算、はたまた世界情勢を考えながら「どこで何しよう」と計画している時間も旅の醍醐味です。

 

 お勧めはゴールデンルート【西回り】

日本を出発して西から西へ、東南アジアから攻めていくルートは人気がありゴールデンルートと呼ばれています。日本と同じアジア圏内でまず旅に慣れるということで、初心者の人でも挑戦しやすいようです。

 

  • フライト時間が短い
  • 時差が少ない
  • 英語圏内ではないため、日本語が比較的通じやすい
  • 物価が安い
  • 日本人旅行者が多い などなど。

 

 アメリカを制覇したい【東回り】

東回りとなると、しょっぱなから太平洋横断となり10時間以上のフライトが必須です。しかし、予算的にも体力的にもまだまだパワーが有り余っている時なので「勢いに乗せて横断したい!」「アメリカ大陸をじっくり制覇したい」という人にはオススメです。

 

  • 費用がかかるアメリカ大陸を最初に制覇するため余力が出来る
  • アジアが最後になるため、日本が恋しくなったり、予算がきつくなった場合は旅を切り上げやすい

 

一気にヨーロッパへ!

ヨーロッパ重視の人は一路ヨーロッパへ向かうというのもルートの一つです。陸路を利用してアジア圏内に行くも良し、アメリカ縦断するも良し。ただし、ヨーロッパもやはり物価が高いので、最初の勢いでお金を使いすぎて、予定変更になってしまう可能性も…。

一気にヨーロッパまで飛ぶことでマイル数を稼いで、賢く旅行するという方法もありますよ。

 

どこの国に行きたいかリストアップ

何か月も世界中を旅する世界一周では、綿密に計画を…と行きたいところですが、旅慣れたバックパッカーの皆さんは結構行き当たりばったりな人も多いようです。途中で同じ旅行者に出会い、あの国へ行ってみたい!と奮起したり、現地にもっと滞在していたい…と愛着がわいたり、その理由も様々。

しかし、やはり共通することは「行きたい国をしっかり決めておくこと」は大前提のようです。

 

 夏を追いかける?!

カメラ
バックパッカーや旅行好きの間では「世界一周するには夏を追いかけるとラクになる」というキーワードがあります。

理由は明解。持っていく荷物を減らすことが出来るからです。防寒具はただでさえかさばるので、せっかく準備万端で行ったとしても使う機会がなかったらもったいないですよね。

 

 各国・各地域のイベントやシーズンも調べる

せっかく世界一周に行くのですから、各国のお祭りやイベントなどもチェックして回りたいところ。もちろん、その国のベストシーズンも考慮しておくと良いでしょう。

世界には1年中みられる観光地もあれば、期間限定の観光地なども沢山。ベストなタイミングで世界一周出来たら最高ですよね。

 世界一周にかかる費用

電卓をうつ人

どこの国にどれくらい滞在するか、どの国に行くかなど世界一周といっても多種多様になってくるので、費用ももちろん異なってきます。

現地の物価は尚の事、航空券1つとっても値段はバラバラ。また、どんなスタイルの旅にしたいのか、安さ重視のバックパッカースタイルか、お金の使い方も変わってきます。

 

 平均費用150万~200万が基本

「お金持ちじゃないと世界一周なんて無理でしょ!」という時代は過ぎ、以前に比べて世界一周も多様化し、身近なものになってきました。

それでもまだまだ費用は高額で決して安くはありませんが、一生に一度世界一周を経験してみたいという人には手が届く存在になっています。

とりあえず200万貯金を目標に、もう少し豪華な旅にしたいのなら300万を目安にしておくと良いかもしれませんね。

 

 予算の組み方

ざっとこの4つに絞って振り分けすれば、どこにいくら使えるか・宿泊施設や観光地を選んでいく目安になるでしょう。

  1. 出発前の準備金
  2. 飛行機や陸路の長距離移動の料金
  3. バスや電車の近距離移動の料金
  4. 生活費

 

 世界一周に必要な期間

期間

個人旅行の最短は10日間、平均は1年間

期間もどのくらい滞在するか、どこのルートで廻るかによって異なってきます。

前述した通り、世界一周に厳密な決まりはありませんので、一方通行で太平洋と大西洋を跨いで二か国旅したとしても世界一周最短の旅になるのです。

逆に、期間の制約のない人は、好きなだけ長く旅を続けています。
学生の長期休暇を利用したり、社会人なら一旦退職して世界一周旅行。
再就職するためにも1年を目途に、という人も多いようです。

 

 世界一周クルーズツアーで約100日間、平均3~4か月

各旅行代理店の世界一周ツアーの内容によって様々ですが、よく聞く「豪華客船で行く!世界一周クルーズ」のツアー日程だと100日程度になります。

 

 航空連合などが発行する世界一周航空券は1年間の期限付き

有効期限と最低旅行日数や上限が設けられている世界一周航空券。

このチケットを利用する場合は上限いっぱいまで利用する人が多いです。

 

 世界一周旅行を取り扱う旅行代理店

旅行サイト

 世界一周堂

日本で世界一周を専門的に取り扱う初の旅行会社です。

専門的に取り扱っているだけあって、沢山の事例を扱っており、自分の希望を伝えると簡単な見積もりをメールで送ってくれます。

全くの初心者で何もわからないけど世界一周にチャレンジしてみたいという人、とにかく相談に乗ってもらいたいという人は是非利用してみてはどうでしょうか。

世界一周堂

 H.I.S

世界一周旅行は勿論、周遊旅行にも特化しています。

旅先で困ったことがあったり、万が一のことがあった場合でも24時間日本語で対応してくれます。

ツアーの組み合わせも400万通りあり、場所・地図・プランから好きなように選んでプランを組み立てることが出来ます。

H.I.S 世界一周旅行

 STW

はらぺこあおむしのイメージキャラクターで知られる、「海」をテーマにしたマリンツアーから現在まで成長してきた会社で、主に海外旅行・海外ツアーを取り扱っています。

様々な追加オプションがありながらも、リーズナブルな価格で評判が高いです。

STW

 JTBグランドツアー

日本の旅行会社の中でも評判が良いJTBのグループ会社

パッケージツアーから個人旅行まで幅広く対応してくれます。

やはり大手ならではの安心感・抜群のサポート力、また現場を熟知した専門のコンシェルジュが、オーダーメイドの最適な旅プランを提案してくれます。

JTBグランドツアー

 阪急交通社

『心に旅を』をテーマに、様々な旅行を取り扱う事で業界内でもトップクラスの阪急交通社

中でもトラピックスという旅行パッケージブランドが有名で、主に新聞広告などのメディアを中心とした販売方法です。

他にもe-very(イーベリー)という「あったらいいな」という希望が実現する自由自在な旅を作れるブランドもあります。

阪急交通社

 憧れの世界旅行へ…!

帽子をかぶった女性

いかがでしたか?

イメージしていた世界一周旅行よりも、もう少し身近なものになったのではないでしょうか。

「一度は行ってみたい」と思っていた人、「いつか行ってやる!」と意気込んでる人、是非参考にしてみてください。

続いておすすめの記事はこちら

「世界一周航空券」で幼い頃の夢を叶えよう!賢く活用する方法をご紹介

世界一周旅行の費用はどれぐらい必要?その平均やお得になる方法をご紹介◎

世界一周クルーズをするには?気になる費用や日本発着のクルーズ船をチェック!

世界一周チケットとは何?【世界一周チケットの種類や特徴を比較まとめ】

 

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。