世界一周クルーズをするには?気になる費用や日本発着のクルーズ船をチェック!

クルーズ

世界一周クルーズと聞くディナーやカクテルパーティーなどとても豪華な世界を想像してしまうかもしれませんが、実際の世界一周クルーズはリーズナブルなものなど様々あります。今回は世界一周クルーズにかかる費用やメリット・デメリットなどをご紹介します。これを知ったら、世界一周クルーズも夢ではないと思えるかもしれません!

『世界一周クルーズに興味がある人』
『世界一周クルーズの船を本格的に探している人』におすすめ!

世界一周クルーズとは?

クルーズ
世界一周クルーズとは大型客船に乗船して20カ国前後の国をおおよそ3か月ほどかけて旅をする船旅です。
世界中には沢山のクルーズ船がありますが、実際に「世界一周」のクルーズを行なっているのは世界中で約10隻前後のみになります。

近年はクルーズブームがあり「クルーズ=世界一周」と想像してしまいますが、実際は旅をする時期も船の種類も限定されています。

 

世界一周クルーズはいつでもできるもの?

飛行機のようにフライトが頻繁にあるわけではなく世界中でも世界一周が可能な客船も限られているように、世界一周に出発できる期間も決まっています。

世界一周旅行に乗船できる期間は、基本的に年に一度、1月~4月の間のみです。

ただし、よく巷に貼ってあるポスターでも知られるピースボート(5月もしくは9月)やチャーター便などの場合は近年では毎年4月初旬~5月にかけて出発する船が多いです。

 

世界一周クルーズの乗船場所

ベニスから乗船

乗下船地は、客船の保有国によって変わります。

たとえば、世界で最も有名な豪華客船「クイーン・エリザベス号」や「クィーン・ヴィクトリア号」は、「タイタニック」の母港としても知られるイギリスの南部のサウサンプトンから。
全室バルコニー付きで話題の「セブンシーズ・マリナー」は、アメリカのサンフランシスコからと、海外船の場合の乗下船地は海外になります。

海外の豪華客船に乗船をする場合は乗下船地までの往復航空代、現地での移動代等が別途かかりますのでご注意下さい。

 

日本からの世界一周クルーズ

日本を代表するクルーズ船といえば、日本郵船の子会社、郵船クルーズが所有・運航している日本発の豪華客船「飛鳥II」でしょう。
横浜発着と神戸発着があるので関西の方も、関東の方もそれぞれに近いところから乗船が可能です。
海外客船顔負けの豪華客船ながらスタッフは当然日本人が多く、船上での食事も和食の割合が多いです。
そんな点も日本人には人気の秘密かもしれません。

 

タイプは異なりますが、街の中でよくポスターを見かけるリーズナブルな価格で世界一周ができると定評な「ピースボート」も「飛鳥II」同様に、横浜/神戸それぞれを発着ポイントにしている客船です。

 

また、2019年には、大手旅行会社JTBが、日本で初めてのプレミアムクラス外国客船”サン・プリンセス”による日本発着世界一周チャータークルーズを販売しています。

現在日本は、シニア世代を中心にクルーズ人口も増加しているということで今後もこのようなチャータークルーズが多く出向することになるかもしれませんね。

 

世界一周クルーズにかかる平均費用は?

旅行費用
クルーズ船といえばいわゆるすべて込みの「オールインクルージブ(アルコール類は含まず)」だと思っている方も多いかもしれませんが、意外に「オールインクルージブ」スタイルを持っているクルーズ船は世界中で限られています。

世界一周クルーズの場合、通常客船の料金に含まれているものは以下になります。

 

通常料金に含まれるもの

  • 宿泊代(客室代)
  • 食事(1日3食以上)
  • 船内エンターティメント&カルチャープログラム費用
  • 船内ジム&プール等の共有施設利用
  • パーティ参加費用 など

 

通常料金に含まれないもの

  • 自宅~港間の移動費
  • 有料レストラン
  • アルコール(含まれる場合もあり)
  • 有料ソフトドリンク
  • 記念撮影
  • スパ/美容室
  • 大浴場
  • カジノ
  • ランドリーサービス
  • 託児所利用料
  • 寄港地でオプショナルツアー など。

 

クルーズ船を代表するあの世界的豪華客船「クィーン・エリザベス」の一番ランクが低いクラスが400万円代。
こちらで上記の物が全て含まれます。

最低ランクのクラスでそれぞれの世界一周旅行を見積もってみるとおおよそ300万円~。(あくまでも平均でありこれ以下、これ以上もありえます)。

これに加えて海外クルーズ船になると毎日のチップ代金(おおよそ10~15ドル)がかかる他、アルコールや美容室を利用すればサービスチャージが15%かかりますので、50万円ぐらい多く見積もっておけばよいでしょう。

世界一周をクルーズでするメリット・デメリットは?

夕日
世界一周は、海を渡らなくても空からでもいける…
ということで、ここではクルーズ船を利用して世界一周旅行をするメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

世界一周をクルーズでするメリット

 

  • その1、移動時間も有意義

実際は移動をするのですが、大型船での移動になるので、部屋にいたり、ジムやプール、ヨガなどのお好きなアクティビティーをしながら次の国に移動できます。
身体的にも精神的にも楽ですよね。

 

  • その2、観光するのに余計な荷物を持っていかなくてよい。

旅ガール

観光をするにも、小さなバックにお財布やパスポートなど必要品をいれるだけ。
「あ、あれ忘れたかも!」なんてこともほとんどなし。
ちょっと外で具合が悪くなっても気軽に帰れる客室がある点も、異国の地では助かりますよね。

 

  • その3、コスパが良い

飛行機を使って陸地で実際に現地のホテルに宿泊してクルーズ旅行同様のクオリティーで世界一周旅行をした場合、実は1日2万や3万円以上の費用がかかります。

クルーズ船の場合(日本発着)で考えても、部屋代、食事代、移動代全部含めて1日2万円~。


クオリティーの高い旅を求める場合は、断然にクルーズ船の方がお得です。

 

世界一周をクルーズでするデメリット

飛行機

  • その1、海外発着の船を利用する場合その国まで移動の費用や時間がかかる。

日本は発着の世界一周が可能なクルーズ船は日本の会社の船やJTBが今回初めて行うチャーター船のみ。
「クィーン・エリザベス号」を始めとする世界有数の豪華客船に乗船希望であれば、往復航空代、に加えて現地までの移動費がさらにかかり経済的、肉体的にも負担がかかります。

 

  • その2、長い間同じ国に滞在できない。

クルーズ船はおおよそ3か月で20か国以上の国をまわりますので、それぞれの国での停泊期間がスケジュールとしてきまっており一定の時間、日数しか同じ国に滞在することができません。

 

  • その3、年代がほぼ決まってきている

世界一周クルーズはたいてい100日以上と旅行期間が長い事と、一括で支払う費用が普通の旅よりも高額な為なのか、定年退職をされたシニア世代の方に人気があるようです。

対して料金がリーズナブルなこととボランティア活動をすることによってコストも抑えられるピースボートは、老若男女問わず参加されている方が多いようです。

 

日本発の世界一周するクルーズ船を比較

大小のクルーズ船
世界一周と聞くと日数もおおよそ3か月ちょっと長期の旅になるだけでなく、乗船する客船や部屋のランクによっても費用がグッとかわるもの。

今回は日本を乗下船地にする船をピックアップし、おおよそ3か月ほどかかる世界一周の旅をした場合を比較してみました。

 

 飛鳥II

2018年の世界一周旅行の費用では、K:ステートと呼ばれるバルコニーなしのランクの部屋の場合、通常価格が4,125,000円、早期申込み割引き利用すれば3,671,000円になります。

さらに、 飛鳥IIの場合規定の支払い日数までに全額を支払えば15%お得になる「早期全額支払割引」、「ワールド特別割引」の場合は20%オフになるお得な支払サービスも充実しています。

ちなみに、一番高級な部屋タイプである「ロイヤルスイート」利用の場合、通常価格は、26,250,000円(2018年度)とかなりの料金の差があります。

 

 ピースボート

世界で一番リーズナブルな世界一周旅行を提供しているといっても良いピースボート。
一部屋4人の相部屋タイプの「フレンドリータイプ」と呼ばれる部屋を利用した場合の
クルーズ料金(106日間)は、1,290,000円~。


2020年に2020年に就航するピースボートエコシップでも1,800,000円~。
新しいボートでありながらかなりお得な価格設定になっています。

停泊国での国際交流も活発な他に、ピースボートのボランティアに登録して事前にボランティアをすることにより割引価格で世界一周の旅に乗船できるという制度もあるようです。

 

 JTB世界一周チャータークルーズ「サン・プリンセス」

プレミアムクラス外国客船「サン・プリンセス」を利用したJTB主催の日本発着世界一周チャータークルーズ。
日本発のチャータークルーズということで注目を集めていますが、全額支払いで40万円引きの早割を使った場合は、1,880,000円になり、計算すると食事やエンターテイメントを含めて一日約2万円の宿泊代金になるため、大変お得なクルーズになっています。

 

ツアーやクルーズ経験が豊富なJTBですから、船内でのエンターテイメントや食事のメニューなども期待できますよね。

また、クルーズ三大エリアとよばれる地中海、カリブ海、アラスカそして、スエズ運河とパナマ運河の世界三大運河の2つの通航を運行することもJTBのチャータークルーズを選ぶポイントの一つかもしれません。

 

手の届かない高価な旅だとおもっていた世界一周クルーズですが、実際は部屋のクラスや船などにこだわらなければもっと身近に参加できる旅行スタイルなのかもしれませんね。
みなさんもお休みとお金を貯めて、世界一周クルーズに参加してみてはいかがでしょうか?

続いておすすめの記事はこちら!↓

 

世界一周旅行の費用はどれぐらい必要?その平均やお得になる方法をご紹介◎

世界一周チケットとは何?【世界一周チケットの種類や特徴を比較まとめ】

憧れの世界一周旅行へ行ってみたい!【世界一周旅行に必要なことまとめ】

旅をする意味って何?あなたもきっと行きたくなる旅の魅力BEST20

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。