【春におすすめ】関西地域から日帰りで行けるスポット15選♡

陽射しが柔らかく、水も温む季節。春の到来を感じて、気持ちがわくわくしてきますね♪せっかくですから少しだけ時間をつくって、若葉が芽吹き、梅や桜がほころぶ様子を見に出かけませんか?ここでは、春を感じることができる関西地域の日帰りスポットをご紹介します♡春はあっという間に過ぎてしまいます。さっそくお出かけしましょう!

『春を感じたい人』
『関西からの日帰り旅行を考えている人』におすすめ!

1. 梅が楽しめるスポット4選

梅


一足早く春の訪れを知らせる梅の花。関西の梅の見ごろは2月から3月です♡昔から花といえば梅の花を指すほど、梅は匂い高く、存在感のある花として認識されていました。

 

1:京都府 北野天満宮

北野天満宮「photo@北野天満宮」


北野天満宮は、全国に約12,000社ある天満宮・天神社の総本社で、学問の神様として名高い菅原道真を祀っています。

北野天満宮には、白梅・紅梅・しだれ梅など約50種類の梅の木約1500本が植えられます。そのため最盛期の2月中旬以外でも、1月初めから3月中までどの時期に行っても梅を楽しむことができますよ

北野天満宮

アクセス方法 バス停「北野天満宮前」下車すぐ

2:滋賀県 彦根城

彦根城「photo@彦根城」


国宝・彦根城内には、約400本の紅梅や白梅が植えられている梅林があります♡

江戸時代には米蔵があった場所が、1950年に彦根城が新日本観光地百選に選ばれたことを記念して、梅林として整備されました。毎年3月下旬頃に見頃を迎えます。

彦根城

アクセス方法 JR琵琶湖線「彦根駅」下車、徒歩約15分

3:京都府 城南宮

城南宮「photo@城南宮」


京都の南に位置し、方除の大社として知られている城南宮。『源氏物語』で描かれる「六条院」を理想として、白河上皇が四季の移ろいを楽しむ庭として、城南宮の造営に取り組んだと言われています。

毎年2月中旬から3月にかけて、「しだれ梅と椿まつり」が開催されます。梅の淡いピンクと、椿の鮮やかな赤の対比がとても美しい光景です♡

城南宮

アクセス方法 京都市営地下鉄「竹田駅」下車、徒歩約15分

 

4:奈良県 月ケ瀬梅渓

奈良の梅「photo@月ヶ瀬梅渓」


関西でも屈指の梅林として知られている月ケ瀬梅渓。名張川をはさんだ雄大なV字渓谷の山肌に、約1万本の梅が植樹されています。季節には紅白の梅の花があたり一面を埋め尽くし、まるで桃源郷に迷い込んだような感覚を味わえます♡

江戸末期から明治時代には文人墨客も多く訪れ、芭蕉もこの風景に魅了され、句を残しています。

月ヶ瀬梅渓

アクセス方法 伊賀鉄道「上野市駅」から、三重交通バス約30分「尾山」下車、徒歩5分

2. 桜が楽しめるスポット4選

京都の桜


日本人の心の花といっても過言ではない桜。桜は満開の時期は短く、すぐに散ってしまいます。残念な気持ちもしますが、だからこそ見ごろは逃したくない!その美しさを記憶にとどめておきたいですね♡

 

1:大阪府 万博記念公園

万博記念公園「photo@万博記念公園」


万博記念公園は、1970年に開催された大阪万博会場の跡地に整備された文化公園です。花の名所としても知られていて、春には「万博記念公園桜まつり」が開かれます♡期間中は夜桜のライトアップが実施されます。

万博記念公園

アクセス方法 大阪モノレール「万博記念公園駅」「公園東口駅」すぐ

 

2:奈良県 吉野山

吉野山「photo@吉野山」


古くから日本一の桜の名所として知られる奈良県の吉野山。春に山全体で約三万本もの桜が開花している様は、壮観です!

その光景は「千本桜」「一目千本」(一目で千本の桜が目に入る豪華さ)などと形容されてきました。一生に一度は目にしたい光景です♡

吉野山

アクセス方法 近鉄吉野線「吉野駅」からロープウェーや徒歩

 

3:和歌山県 和歌山城

和歌山城「photo@和歌山城」


和歌山城内にはソメイヨシノを中心に約600本の桜が植えられていて、毎年3月下旬から4月上旬の見ごろには、多くの人がお花見に訪れます♡

岡口門から二の丸庭園まで、風情ある桜並木が続き、桜のトンネルの下を散策する人でいっぱいに。一の橋付近にはシダレザクラもあり、白亜の天守閣と桜のコラボレーションに日本の春を感じられます。

 

和歌山公園敷地内の各所でも桜を楽しむことができ、夜桜のライトアップもあるので、一日いても楽しめますよ◎

和歌山城

アクセス方法 JR「和歌山駅」からバスで「公園前」下車徒歩すぐ

 

4:京都府 円山公園

円山公園「photo@円山公園」


円山公園は、国の名勝に指定されている京都市東山区にある公園です♪圓山公園とも表記され、祇園枝垂桜に代表される桜の名所です。

明治維新までは八坂神社の敷地だった場所に造園された約8600平方メートルもある美しい日本庭園を誇ります。四季を通じて美しい景色が楽しめますが、祇園枝垂桜が満開になった様は、刹那的で言葉を失うほど美しく、毎年多くの人でにぎわいます♡

円山公園

アクセス方法 京都府京都市東山区円山町473

3. 春の味覚を楽しめるスポット4選

たけのこ


冬が終わり、新しい生命が芽吹く季節となったら、春の味覚も楽しみたいですね♪穏やかな春の日は、ぜひドライブがてらおいしいものを見つけに出かけましょう

 

1:兵庫県 御津西部菜の花畑

菜の花「写真はイメージです。」


たつの市にある綾部山のふもとには、約4.5ヘクタールにわたって菜の花が植えられています。毎年1月から3月にかけて、春の味覚である菜の花のつぼみの摘み取りができます。おひたしや辛子和え、パスタやサラダなどにして、春の味覚を楽しみたいですね♪

梅の時期には、梅と菜の花のコラボレーションを楽しむことができます♡3月には「みつ菜の花まつり」が開催されます。

御津西部菜の花畑

アクセス方法 山陽電鉄「網干駅」からバス約50分「御津中学校前」下車

 

2:奈良県 信貴山のどか村

イチゴ狩り「写真はイメージです。」


奈良県信貴山のふもとにある、信貴山のどか村。1年を通して、旬の野菜や果物の味覚狩り、バーベキューや体験教室、アスレチックなど、のどかな大自然の中で遊べる農業公園です。

1月から5月頃まではいちど狩りが楽しめます♪他にも、竹の子堀りや大根、キャベツ、レタス、ブロッコリーや九条ネギなどが収穫できます。

春の恵みを探しに行ってみてはいかがでしょうか?

信貴山のどか村

アクセス方法 近鉄生駒線「信貴山下駅」から奈良交通バス「信貴山門」下車後、送迎バスで5分

 

3:三重県 御殿場海岸

潮干狩り「写真はイメージです。」


三重県の御殿場海岸は、美しい砂浜が続く、県内で最大規模の潮干狩り場です。波が穏やかで遠浅の海は潮干狩りに最適で、毎年3月下旬から夏頃までのシーズンには、多くの人が潮干狩りに訪れます♪

アサリ、バカ貝、マテ貝などの収獲が期待でき、海の家で焼き貝を味わうこともできますよ

御殿場海岸

アクセス方法 JR近鉄「津駅」から三重交通バス20分、「御殿場口」下車、徒歩5分

 

4:兵庫県 淡路島

いちご「写真はイメージです。」


淡路島の春の味覚といえば、いちごです!意外に思われるかもしれませんが、淡路島は島内各地にイチゴ狩りのできるイチゴ農園が点在しているんです

中でもコアラがいる農園として少し変わっているのが、「淡路ファームパーク イングランドの丘」。園内の菜園では、イチゴをはじめとして様々な野菜の収穫体験ができますよ。いちごの収穫体験は、採り放題ではなく、量り売りです。

土日祝は混雑するので、事前に整理券が配られます。事前にHPでチェックしてから出かけてくださいね

淡路島

アクセス方法 洲本ICから車で約15分

 

4. そのほかの春におすすめのスポット3選

春


関西の春の魅力的スポットはまだまだあります♡一日一日暖かさが増す季節です。冬で凝り固まった体を伸ばしに、お出かけしましょう♪

 

1:大阪府 淡輪遊園(あたご山公園)

淡輪「photo@淡輪」


大阪府の淡輪遊園を訪れるなら、ツツジの時期がおすすめです!ツツジは毎年4月から5月に見ごろを迎えますが、見ごろの時期は短いので、事前にタイミングを調べて出かけましょう♪

もしツツジを逃しても、穏やかな春の日に海を見ながら潮風に吹かれて過ごすのもおすすめですよ♪大阪湾や関西国際空港、遠くは明石海峡大橋まで見渡せる絶景ポイントです♡

淡輪遊園

アクセス方法 南海本線「淡輪駅」から徒歩10分

 

2:奈良県 若草山

若草山「photo@若草山」


奈良公園を見下ろす若草山は、高さ342mの芝に覆われた山です。ふもとから約40分ほどで山頂まで行ける、とてもコンパクトな山であるのも観光の魅力ですね♡

三笠山とも呼ばれていて、「三笠の山に出でし月かも」という有名な和歌にも歌われている、古くからの奈良のシンボルです。

芝生の保護のために、冬の入山は禁止されています。春には開山しますので、ぜひ訪れてみてくださいね♡そこかしこで鹿がたわむれ、桜が咲き、春霞でぼやけた奈良市内ののどかな様子を一望できます。

若草山

アクセス方法 近鉄奈良駅から徒歩約30分

 

3:兵庫県 淡路島

淡路島「photo@淡路島」


いちご狩りスポットとしてもおすすめした淡路島は、「花の島」と呼ばれているのをご存知でしたか?その中でも名所のひとつとして知られているのが、「あわじ花さじき」です。

淡路島北部の、海を望む高原に、一面の花畑が広がっています。4月上旬には、菜の花約100万本が、黄色い絨毯のように広がります◎さらに、展望台からは明石海峡・大阪湾を望む大パノラマが楽しめます。

淡路島

アクセス方法 神戸淡路鳴門自動車道「淡路IC」から車で約15分

 

さいごに

春は梅や桜にはじまり、昔から日本人にとって特別な季節です。歴史の深い関西地方には、春の見どころが本当にたくさんありますね♡

Spring has come!
さあ、お出かけしましょう♪

“春休み“に行きたい国内・海外の旅行先10選♪

北海道へ行くなら春!5月頃訪れてほしいオススメ観光スポット5選

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。