梅雨に行きたい!雨の恵みが感じられる国内絶景スポット20選◎

梅雨の季節が近づいてくると、あのじめじめとした感触を思い出して憂鬱になってしまいますよね!つい、まったりと室内で過ごしたくなってしまいます^^;でも、それじゃあ、もったいないですよ♪なぜなら、雨の日だから美しい場所、雨上がりにしか見られない絶景があるからです!今回は梅雨にこそ出掛けたくなる場所をご紹介します◎

『雨の日だからこそ見られる絶景を知りたい人』
『梅雨の時期になると憂鬱で出掛けたくないと思っている人』におすすめ!

大雪山国立公園(北海道)

大雪山国立公園撮影:Martin Chen 場所『大雪山』


大雪山国立公園は日本最大の国立公園です!春夏秋冬、どの季節も美しいですが、雨上がりの澄んだ空気と日の光に輝く希少な高山植物は必見です♪湯量が豊富な温泉郷もあるので、雨で冷えた体を温めることもできます◎

また、6月から雲海のシーズンになるので、気象条件が合えば幻想的な雲海も見ることができますよ♡

 

大雪山国立公園連絡協議会

白神山地(青森/秋田)

白神山地撮影:ajari 場所『白神山地』


白神山地は約13万ヘクタールの森林地帯で、青森県の南西部から秋田県の北西部く広大な敷地です!貴重な生態系が保たれたブナの林は世界遺産(自然遺産)に認定されています◎

その林に雨が降り注ぐ光景は美しく、幻想的ですよ♪

 

白神山地ビジターセンター

本土寺(千葉)

本土寺撮影:shuzo serikawa 場所『本土寺』


6月の花といえば思い浮かぶのはやはり紫陽花ですよね♪本土寺は、”紫陽花寺”とも呼ばれている紫陽花の名所の一つです!紫陽花が咲き誇る庭園でこころ静かな時間を過ごしてみませんか?

 

本土寺

大山千枚田(千葉)

大山千枚田撮影:Hideya HAMANO 場所『大山千枚田』


千枚田はいろいろな場所にありますが、大山千枚田は雨水だけで耕作を行っている唯一の天水田です!まさに、雨の恵みが感じられる絶景ですね♪

雨上がりの日に訪れれば、きらきらとした美しい水面が見られますよ◎

 

大山千枚田

尾瀬(群馬)

尾瀬場所『尾瀬』


尾瀬は独特な気候や地形をしており、900種類を超える高山植物が生育しています!水芭蕉が咲き誇り、尾瀬のベストシーズンともいわれているのが6月です♪湿原を抜ける道は木道になっているので、滑りにくい靴で出掛けましょう◎また、尾瀬ではその独特な生態系や貴重な動植物を守るためにさまざまなルールがあります!

訪れる前にはルールをよく確認し、現地ではガイドの人などの指示をしっかり守ってくださいね♪

 

尾瀬保護財団

白山神社(東京)

白山神社撮影:sakaki0214 場所『白山神社』


都内の紫陽花の名所は文京区にある白山神社です!この神社には、菊理姫命、伊弉諾命、伊弉冊命が祭られ、縁結びの神様でもあります◎

周辺には、小石川植物園や六義園もあるので、庭園を巡ってリラックスするのもいいですね♡

 

白山神社

六義園

小石川植物園

等々力渓谷(東京)

等々力渓谷撮影:wtnb75t 場所『等々力渓谷』


等々力渓谷は都内にある唯一の渓谷で、都内とは思えない緑豊かな環境です!

雨の日でも気軽に出掛けられる立地でありながら、マイナスイオンがたっぷり癒されたいときや一人静かに考え事をしたいときにもおすすめの場所ですよ◎

 

等々力渓谷公園

河口湖大石公園(山梨)

河口湖大石公園撮影:Dal Lu 場所『河口湖大石公園』


河口湖大石公園では、6月下旬から梅雨明けの頃まで紫陽花ではなく、ラベンダーが咲き誇ります!また、それに合わせて毎年ハーブフェスティバルも行われます♪

フェスティバルでは、地元の物産品を販売する特設テントや屋台が並びます◎ラベンダー色の大草原と富士山の組み合わは絶好の写真スポット♡インスタ映え間違いなしの1枚をあなたも撮ってみてくださいね^^

 

KAWAGUCHIKO NATURAL LIVING CENTER

下田公園(静岡)

下田公園撮影:Yamaguchi Yoshiaki 場所『下田公園』


300万輪の紫陽花が群生しているのは、伊豆下田にある下田公園です!

6月の1ヵ月間は、あじさい祭りが開催されており、さまざまなイベントが行われています♪特別な宿泊プランを用意しているホテルもあるので、昼間はあじさい祭りを楽しんで、夜は温泉でほっこりしてください♡

 

下田公園(伊豆下田観光協会公式サイト)

奈良井宿(長野)

奈良井宿撮影:Trevor Dobson 場所『奈良井宿』


奈良井宿は中山道に11あった宿場の1つで、江戸時代には行き交うで人々で栄えていました!当時にタイムスリップしたかのような街並みは、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています♪

奈良井宿が雨の日におすすめの理由は、この地域が木曽ヒノキで有名で、建物や橋といった建築物にもヒノキ使われているから◎ヒノキはもともと香りのよい木材ですが、雨が降るとその香りが強まり、街を歩いているとふわっとヒノキのいい香りが感じられます♪まさに、雨の日ならではの癒しですね♡

 

奈良井宿観光協会

形原温泉(愛知)

形原温泉場所『形原温泉』


形原温泉の”あじさいの里”には、5万株の紫陽花が植栽されています!毎年行われるあじさい祭りには咲き誇る紫陽花を見るために、10万人もの観光客が訪れるほど

夜にはライトアップされるため、昼間とは違った美しさも観賞できますよ♪また、あじさいの里にはゲンジボタルが生息しており、運がよければ咲き誇る紫陽花を縫うように舞う美しいゲンジボタが見られます♡

 

形原温泉

三千院(京都)

三千院場所『三千院』


京都駅周辺の喧騒から離れた場所にある三千院は、神秘的な雰囲気です!

苔むす庭と木々は雨の日にはより一層、美しく神秘的な雰囲気が増します◎また、三千院は紫陽花の名所としても知られていますので、ぜひ訪れてみてください♡

 

三千院

三室戸寺(京都)

三室戸寺撮影:tomoko 場所『三室戸寺』


50種1万株の紫陽花を見ることができるあじさい園があるのが三室戸寺です!

こちらも”あじさい寺”と呼ばれている紫陽花の名所です。普段は紫陽花の種類を意識することはないと思いますが、それぞれの違いを楽しんでくださいね♪

 

三室戸寺

矢田寺(奈良)

矢田寺撮影:small-life.com 場所『矢田寺』


京都の陰に隠れてしまいがちな奈良にも”あじさい寺”があります^^矢田寺はあじさい寺としてだけでなく、お地蔵様のお寺としても知られています♪25,000平方メートルの境内のには、約60種類1万株の紫陽花が6月上旬から咲き誇ります!

関西の都市部に比べると1週間から10日ほど見頃が遅いそうなので、忙しくて気が付けば見逃してしまった!という人も訪れてみるといいですよ♪また、60種の中には5月中旬に咲き始める早咲きの紫陽花や逆に9月中旬まで咲く遅咲きの紫陽花もあるので、梅雨以外の雨の日のお出かけスポットとしてもおすすめ◎

 

矢田寺

熊野古道(和歌山)

熊野古道場所『熊野古道』


古代から熊野への参拝のための道だった熊野古道は、”熊野参詣道”として世界遺産にも認定されています!

現代では癒しを求める人々のハイキングコースとしても人気です♪熊野古道を囲む木々は、独特の気候の中で育まれた原始林で、雨の日には晴れの日とはまた違った魅力があります◎

 

熊野古道(熊野本宮)

松江市(島根)

宍道湖撮影:parcalto 場所『松江市/宍道湖』


水の都と呼ばれる松江では、松江に降る雨を”縁雫”と呼んでいます♪これは縁結びの地でもある松江の雨が、”こころをリセットし、あなたのもとへ素敵なご縁を運ぶ”というコンセプトのもとに名づけられたものです◎

市内には”雨粒御伝”という雨粒の形をした可愛らしい石像が8体あるので、巡ってみるのもいいですね♡松江市では例年、梅雨の時期に”縁雫観光月間”としてさまざまなイベンを行っているので、情報をチェックして出掛けてみてくださいね!

 

水の都 松江

千光寺(福岡)

千光寺撮影:gtknj 場所『千光寺』


福岡のあじさい寺は、久留米市にある千光寺です!境内には7,000株の紫陽花が植えられています◎あじさいまつりは、開花時期に合わせて行われるので、こまめに情報をチェックしてくださいね♪

 

千光寺

見帰りの滝(佐賀)

見帰りの滝場所『見帰りの滝』


日本の滝100選に選ばれている見帰りの滝も紫陽花の名所です!季節になると4万株の紫陽花が咲き誇ります♪雄大な滝と色鮮やかな紫陽花のコントラストが魅力的ですね◎

6月上旬にはあじさいまつりも行われ、観光客で賑わいます!あなたも滝と紫陽花の珍しい組み合わせの美しい写真撮影にトライしてみてくださいね^^

 

見帰りの滝

高千穂峡(宮崎)

高千穂峡場所『高千穂峡』


高千穂峡は、阿蘇山の火山活動によって造られた”柱状節理”という断崖が特徴です!高千穂峡のある高千穂町が神話と伝説に彩られた場所であることもあいまって神々しささえ感じる場所です◎

柔らかい雨が降る静かな日には更に美しく、神秘的な光景になります♪高千穂町にはその他にも”棚田”や”天の安河原”など雨の日に魅力を増す観光スポットが◎また、毎晩”高千穂神楽”が観賞できますので、ぜひ訪れてみてくださいね♡

 

高千穂町観光協会

屋久島(鹿児島)

屋久島場所『屋久島』


神秘的な風景が有名なアニメの世界ようだと人気の屋久島も、雨の日に魅力を増す場所の一つです!霧の立ちこめる屋久島の地にいると本当に何か未知の生物がどこかで生きているかのような錯覚を起します^^

ただし、屋久島の雨量は都市部の比ではありません!雨具や防寒具などしっかりと準備をして、出掛けてください◎また、かなりハードな道のりですので、体力に自信のない人は止めておきましょう!

 

屋久島観光協会

 

雨の日のお出かけが待ち遠しくなるほどの場所はあったでしょうか?梅雨の時期になると、休日と雨が重なることが少なくありません。どうせなら、憂鬱な気分で過ごさずに、雨の日ならではの楽しみを見つけてください♪

まずは雨の日のお出かけに備えて、おしゃれな傘やレインブーツのショッピングに行くのもいいですね◎

【夏におすすめ】九州にある絶景の見られるおすすめ観光地20選

【夏休み】穴場観光地♪国内・海外6ヶ所厳選紹介♡

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。