世界一周を検討している人に◎パスポートの役立つ情報まとめ!

パスポート

世界一周を検討している方で、パスポートについての準備や情報、不安点などはないでしょうか?不安をおもちの方のために、世界一周の前に準備しておくべきことやトラブルに遭った時の対処法、トラブルにならないための予防策などをご紹介していきます^^楽しくワクワクする世界一周旅行♪万全の体制で楽しんでくださいね♡

『世界一周を検討している人』
『パスポートについての情報を知りたい人』におすすめ!

1.世界一周前にパスポートで準備しておくべきこと

パスポートの作成

ゲット

世界一周するには、まずパスポートがなくては始まりません!まだ持っていない方は、さっそく作成(申請)しましょう♪住民登録されている各都道府県のパスポート申請窓口で作成可能です◎

 

パスポート申請に必要な書類は以下のとおり♡

  1. 一般旅券発給申請書:1通(窓口にて入手可能)
  2. 戸籍謄本(戸籍抄本):1通(申請日前6ヶ月以内に作成したもの)
  3. 住民票の写し:1通(申請日前6ヶ月以内に作成したもの)
  4. 証明写真:1葉(申請日前6ヶ月以内に撮影したもの)
  5. 申請者本人と確認できる書類(マイナンバーカード・運転免許証・健康保険証・学生証など)

なお、パスポートには2種類あり、有効期限が10年間のパスポートは赤色で20歳未満の方は取得できません。作成手数料は、16,000円です。一方、有効期限が5年間のパスポートは紺色で年齢制限がありません。作成手数料は、11,000円です。

通常、1週間程度で受け取ることが可能ですが、申請窓口が混雑する旅行シーズン前などにはさらに時間がかかる可能性がありますので、早めの作成をおすすめします◎また、有効期限が切れてしまっているパスポートは、新規で再び作成(申請)する必要があります◎

 

外務省:パスポート申請について

パスポートの更新

更新

有効期限内のパスポートを既に持っている場合には、まず有効期限がいつ切れるのかを確認しましょう!世界一周しているあいだにパスポートが有効期限切れになってしまっては大変なので、万が一に備えてパスポートの更新を行います◎

この場合、持っているパスポートをいったん返納して、新たなパスポートを発給してもらいます(パスポート番号が変わります)。ちなみに、パスポートの更新申請ができる方は、以下のとおり♡

 

  • パスポートの残存有効期間が1年未満である(1年以上あっても海外に長期滞在する場合には、パスポート電話案内センターに相談しましょう)
  • パスポートの査証欄が残り少ない(増補の項目に詳細掲載)
  • パスポートの損傷
  • パスポートの氏名や本籍の都道府県名が変更になった

 

また、必要書類は以下のとおりです^^

  1. 一般旅券発給申請書:1通
  2. 証明写真:1枚
  3. 有効なパスポート:1冊
  4. 戸籍謄本(戸籍抄本):申請日前6ヶ月以内に発行したもの(特別な場合に必要)
  5. 住民票の写し:申請日前6ヶ月以内に発行したもの(特別な場合に必要)コピーではなく原本

東京都生活文化局:パスポート更新について

パスポートの増補

増補

パスポートの増補とは、数多く渡航することで、出入国管理等管理証印(スタンプ)で余白のページが少なくなってきた場合に、1冊1回限り40ページ増やすことができるというものです◎ちなみに、2回目以降からは新規発行になります。

 

手続きに必要書類はこちら♡

  1. 一般旅券査証欄増補申請書:1通
  2. 有効期間中のパスポート:1冊

未成年で申請を行う際には、申請書裏面の「法定代理人署名」欄に親権者の署名が必要となります◎親権者が遠方に住んでいる場合には、同意書が必要です。増補申請にかかる手数料は、2,500円となります^^

 

東京都生活文化局:パスポート増補について

2.世界一周中パスポート紛失の際などトラブル対処法

旅行保険会社に連絡

電話

海外では、命の次に大事と言っても過言ではないパスポート◎そんなパスポートを紛失・盗難・消失してしまった場合には、契約している海外旅行保険会社に連絡をしましょう。パスポートを失くした経緯を説明します。

また、強盗に遭うなどして盗まれた場合でけがを負っているときには、キャッシュレス治療が可能である病院を紹介してもらうことができます。ただ、世界一周旅行中であり、近くにキャッシュレス提携病院がないという場合も。

そうしたときには、ひとまず最寄りの病院で治療してもらい、診断書や領収書を必ず受け取りましょう!それらの証明書によって、保険で補償がなされることになります。

 

不正利用されないようカード・携帯を止める

カード

強盗や盗難、スリに遭った場合などは、早急にクレジットカード・キャッシュカードなどを不正利用されないために、止めなくてはなりません。カード会社に連絡をすることで、即座に利用停止してもらうことができます◎

携帯電話・スマホを盗まれたことによりどこにも電話ができないといった場合には、宿泊中のホテルや宿、近くの飲食店などで事情を説明して、電話を貸してもらいましょう。英語や言語に不安がある場合に備えて、緊急時の英語だけでも覚えておくと安心です◎

また、アイフォンを盗まれてしまったら、「iphoneを探す」という機能を使い、デバイスの中身の全消去を行います。パソコンでicloudにアクセスする必要があるため、ホテルの従業員の方などの力を借りましょう。ノートパソコンやipadを持参しており、wifi環境であれば一番安心ですね。さらに、念のためApple IDのパスワードも変更しておくことをおすすめします。

 

警察で紛失(盗難)証明書を取得

証明書

世界のどこの国にいるときに紛失(盗難)証明書を取得せねばならなくなるのかにもよりますが、警察官との会話は基本的に英語であるため、現地に友人や信頼できそうな知り合いがいる場合には、付き添ってもらうと良いでしょう◎

 

  • 紛失した日(盗難に遭った日)
  • そのときの実際の状況
  • 紛失したものの型番・形・色

また、パスポートの再発行に必要な紛失届の証明書を発行してほしい旨を伝えなければなりません。こうした万が一のときのためにも、パスポートの旅券番号などの控えをメモしておき、別のバッグに入れておくなどの予防策を万全に取っておくべきです。

 

帰国するなら渡航書の申請

渡航書

早急に帰国する必要がある場合には、「渡航書の申請」を行います◎パスポートの再発行や保険会社に証明書などの提出をするのは、帰国後で大丈夫です。

 

渡航書の申請に必要な書類は、以下のとおり^^

  1. 渡航書発給申請書:1通
  2. 戸籍謄本(戸籍抄本)か日本国籍が確認できるもの(運転免許証でも可)
  3. 写真
  4. 旅程の確認ができるもの(航空券のチケットや旅行のスケジュールなど)

運転免許証で本人確認ができた場合、発給までの流れがスムーズに進み、早ければ当日に渡航書が発行されることも!ただし、基本的には翌日の発行となります◎

3.トラブルを起こさないための提案

流しのタクシーを拾わない

タクシー

流しのタクシーは拾わないに越したことはありません。運転手が強盗犯という可能性もあるからです。映画じゃないんだから、と侮っているようでは世界一周旅行はできません><トラブルに遭わないための予防対策は、自分自身にしかできないことを覚えておきましょう!

タクシーに乗る際には、ホテルや店から電話をしてもらい、タクシーを呼んでもらうのがおすすめです^^

 

人通りの多い道を歩く

混雑

なるべくであれば、閑散とした道よりも人通りの多い道を選びましょう◎人通りが少ないと、強盗犯が襲ってきたり後ろからバイクなどによる盗難に遭ったりする可能性があります!

また、あまりよく知らない国で人通りの少ない裏路地などを歩いていると、実は地元のスラム街で犯罪に巻き込まれてしまうといった可能性も捨てきれません。近道だから、かわいらしい猫や犬がいたからといった理由は、通用しません。実際に強盗に遭うリスクを回避するためにも、自らそうした道を選ばないことが賢明であると言えます。

 

バッグを後ろにしない・開けっ放しにしない

盗難

日本では、リュックサックなどを体の後ろに背負うことは当たり前となっています。また、ウエストポーチを体の後ろに回したり、トートバッグを腕より後ろに持ったりする人も多く見かけます。

ただし、こうしたバッグの持ち方を海外で行うと、大変危険です!日本人は、基本的に日常生活のなかでスリに遭うことや盗難に遭うことを想定して行動していないため、バッグのチャックを開けられても気付かない場合も多くあります。自分の視界に入る範囲にバッグは常に持つように心がけましょう◎

 

交通機関で寝ない

寝る

日本では、電車やバスのなかなど、移動中に眠るのはよく見る光景です◎ただし、海外では移動中に眠ってはいけません!見事にスリに遭う危険があります。日本は、それほどの安全大国であるということを自覚することになるはずです。

時差ボケ、歩き疲れ、観光疲れで眠くなることも多々あるとは思いますが、座らないなどの工夫をして起きておくように注意しましょう◎

 

パスポートケースとウエストポーチをつないでおく

パスポートケース

セキュリティポーチを使用して、首からぶら下げたりウエストポーチやバッグとパスポートケースをつなげておくのは、安全でおすすめの持ち歩き方法です^^また、腹巻きなどをして服のなかに大事なものを閉まっておくのも良いでしょう◎

ただし、自分自身もいざ使用するときには取りづらいので、いちいち面倒に思うかもしれません。それでも、パスポート自体の使用頻度はそれほど高くはないはずなので、パスポートだけは万全のセキュリティのなか、持ち歩くことをぜひおすすめします◎

 

まとめ

日本は非常に治安が良い国であるため、パスポート犯罪というものに馴染みがありません。しかし、海外ではパスポートをめぐる犯罪は頻繁に起きており、世界一周旅行をしているともなれば、さまざまな国へ行き、なかには、治安面に不安がある国もあるかもしれません。

海外には危険もつきものですが、それ以上に楽しい出来事と多く出会うことでしょう◎パスポートを紛失してしまっても、落ち着いて冷静に対処すれば無事に帰国もできますし、盗難に遭っても保険に入っていれば大丈夫です^^

怯えながら世界一周しても楽しくありませんので、最低限の注意を払いつつ、思いきり世界一周を楽しみましょう♡

世界一周女子旅!女性が安全に楽しむための事前準備と注意点◎

経験者に聞いた!世界一周を通じて分かったこと◎

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。